国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第1823号】 【日台漁業協議】 台湾側漁民の操業範囲の拡大に日本側が原則的に同意

2013/03/21

>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━━━━ 平成25(2013)年3月21日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
            日台共栄のためにあなたの力を!!
<<INDEX>> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ [Vol.1823]
1>>【日台漁業協議】 台湾側漁民の操業範囲の拡大に日本側が原則的に同意
2>> 台湾のPM2.5─大気汚染PM2.5に関する注意喚起  日本交流協会台北事務所
3>> 林建良氏が「女性自身」で中国の「PM2.5」についてコメント
4>> 4月6日、熊本県支部が台湾映画「緑の海平線」上映会
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆【ネット署名(第7期)】台湾出身者の戸籍を中国から台湾に改正しよう!!
  http://www.shomei.tv/project-2048.html
  *第7期ネット署名数:129人(3月21日現在)
  *第7期署名:2013年2月26日〜5月31日

● 美味台湾「台湾フルーツビール・台湾ビール」お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0132.reg
  *お待たせしました。間もなく「台湾ビール」が入荷します!

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>>【日台漁業協議】台湾側漁民の操業範囲の拡大に日本側が原則的に同意

 日台漁業協議の予備会合が大詰めを迎えている。昨日(3月20日)、香港の「香港中評
社」というメディアは日台漁業協議についての論評で「日本が漁業協議で台湾の要求をの
み、譲歩することは空想に過ぎないと主張。最近の協議で日本は肝心な部分で譲っておら
ず、結局は台湾に不利になる」と主張したという。

 昨日の台湾の「中央通信社」のニュース(下記)を見ても、そのような兆候は伝えてい
ない。むしろその逆で、今朝の産経新聞によると「台湾の林永楽外交部長が台湾側漁民の
操業範囲の拡大に『日本側が原則的に同意した』と語った」と伝えている。

 香港紙の論評は日台を離間させようという意図が見え見えだ。17日夜には台湾の中華保
釣協会の漁船団が「日本と水面下で交渉することを防ぐため」に「台湾当局の目をかいく
ぐり、尖閣の接続水域を航行した後、台湾に戻っていた」(Record China:3月21日)と伝
えられるから、中国と連携し、日台漁業協議の進展を邪魔して日台離間を謀ろうとする側
はよほど焦っているとみえる。

 台湾の報道によれば、「台湾漁船の作業区域は現在の『仮の法執行ライン』より拡大
し、経度と緯度によって海洋資源保護区が設立されるはず」で、これに日本の水産庁が反
対していたという。しかし、日本側が原則的に同意したことで、漁業協定締結も視野に入
ってきたようだ。

-----------------------------------------------------------------------------------------
台日漁業交渉 外交部長「早ければ早いほどよい」
【中央通信社:2013年3月20日】

 (台北 20日 中央社)台湾の林永楽外交部長(=外相)は20日、日本との間の操業範囲
を画定するための台日漁業交渉について、次回予備会合は早ければ今月末にも開催したい
と希望、「早ければ早いほどよい」と改めて強い期待を示した。日程はまだ決まっていない。

 13日に東京で開かれた2回目の予備会合では、昨年11月の第1回会合に続き、台日から外
交・漁業・海上保安などの関係者が出席、漁業協定締結に向けた操業水域設定と漁業資源
保護などで意見交換が進められたが、特に操業範囲については双方にまだ隔たりがあり、
早期の次回会合開催で一致し終了している。

 林外相はその翌日に「大きな進展があった」「日本は善意を示している」と成果を評
価、操業範囲は緯度を基準に設定する方向が望ましく、1カ月以内に次の会合を開きたいと
述べていたが、20日には「3月末か4月初めにも」とさらに前のめりに。台湾の操業範囲拡
大にも自信を見せているが、いずれもまだ話し合いを進めている最中だとしている。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 台湾のPM2.5─大気汚染PM2.5に関する注意喚起  日本交流協会台北事務所

 日本では「PM2.5」に対しての関心が高いのに、台湾ではほとんどそのニュースを見か
けないし、インターネットの天気予報を見ても「PM2.5」についての情報がない。日本よ
り中国に近い台湾なのに変だなと思っていた。

 昨日、日本交流協会台北事務所が発表した「大気汚染PM2.5に関する注意喚起」を読ん
で得心した。台湾では「PM2.5」など「空気品質」の汚染状況については中央気象局(交
通部)ではなく、行政院の環境保護署が担当しているという。インターネットの天気予報
をみていても「PM2.5」情報は出てこないわけだ。

 ちなみに、日本李登輝学校台湾研修団に参加を希望している方からも「PM2.5」に関す
るお問合せをいただいている。環境保護署の発表を見ると、台湾全土で日本の基準値の70
マイクログラムを超すことはほとんどなく、訪問する台東地区でもほとんど影響はないよ
うだ。ただし、喘息(ぜんそく)などを持っていて、どうしても不安が残るという場合
は、「PM2.5」を95%以上遮断する「N95」というマスクを着用すればいいようです。

-----------------------------------------------------------------------------------------
大気汚染PM2.5に関する注意喚起
【日本交流協会台北事務所:2013年 3月 20日】

1.中国における大気汚染について

 現在,北京等を中心として,大陸各地で深刻な大気汚染が発生しています。特に問題と
なっているのは「粒子状物質(PM10,PM2.5)」です。粒子状物質には,工場のばい
煙,自動車の排気ガスなどの人為由来,黄砂,森林火災など自然由来のものがあります。
また,粒子として排出される一次粒子とガス状物質が大気中で粒子化する二次生成粒子が
あります。

 粒子状物質は,PM10(直径10ミクロン以下),さらにはPM2.5(直径2.5ミクロン以
下)と,粒子の直径が小さくなるほど,肺の奥,さらには血管へと侵入し易くなり,現在
問題になっている「PM2.5」は,直径が人の髪の毛の約40分の1という微粒子で,肺の
奥,さらには血管まで侵入し,ぜんそく・気管支炎,肺がんや心臓疾患などを発症・悪化
させ,死亡リスクも増加させるといわれています。

 高齢者や子供,肺・心臓に疾患のある方は,大気汚染に対してより高いリスクを有する
ため,特に注意が必要です。

2.一般的な対策

 大気汚染の激しい時(注)の対策としては,一般的に以下の方法が考えられます。
  (1)不要不急の外出を控える。
  (2)外出時にマスクを着用する(「N95」という規格を満たしたマスクは,PM2.5を
   95%以上遮断します)。
  (3)屋内では空気清浄機等を使用する。

 (注)日本の環境省では,注意喚起のための指針として,1日平均1立方メートル当た
  り,70マイクログラムを暫定的な指針としています。これを超える場合は「不要不急
  の外出や屋外での長時間の激しい運動をできるだけ減らす」としており,70マイクロ
  グラム以下の場合は「特に行動を制約する必要はないが,高感受性者は,健康への影
  響がみられることがあるため,体調の変化に注意する」としています。

   因みに台湾の事情については,下記3.の通りで,1月、2月、3月の数値を見ると、
  一部の地域で70を超えることもあります。

3.台湾における大気汚染関連情報 

 台湾においてもかかる大気汚染の観測は行われており,台湾に渡航・滞在を予定されて
いる方または既に台湾に滞在されている方は,各種関連報道などに注意されるとともに,
下記に掲載しているホームページ等から関連情報を入手されて,要すれば上記2.の対策を
とられるようお勧めします。

行政院環境保護署   http://taqm.epa.gov.tw/pm25/zh-tw/PM25Table.aspx
                http://taqm.epa.gov.tw/taqm/zh-tw/PsiForecastMap.aspx
                   http://taqm.epa.gov.tw/taqm/zh-tw/PsiForecastMap.aspx

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3>> 林建良氏が「女性自身」で中国の「PM2.5」についてコメント

 現在発売中の「女性自身」(3月19日発売の4月2日号)が「PM2.5 室内でも危ない!!
 家庭内対策マニュアル7カ条」と題し、2ページにわたって警鐘を鳴らしている。

 その冒頭、「『中国ガン』(並木書房刊)の著書もある、中国の大気汚染問題に詳しい
林建良医師はこう語る」として、コメントを発表している。掲載は174ページ。聴診器を首
にかけた林建良氏の写真も掲載。

 「女性自身」では「PM2.5対策」のみに絞っているが、林氏の『中国ガン─台湾人医師
の処方箋』は、揚子江が巨大な排水溝となっているなど、中国の環境汚染がいかにひどい
かを描く。

 また、なぜ中国は人類を滅ぼしかねない「ガン」なのか、そのガン体質を徹底的に暴い
て、中国という「ガン」の実態を詳しく伝えている。

 本書は本会でも取り扱っている。申し込みフォームから申し込んでいただくと、自宅に
居ながらにして、本会会員も一般の方も、書店より安く入手できます。

● 林建良氏新著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』≪特別頒価≫ お申し込み
 http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0136.reg

-----------------------------------------------------------------------------------------
林建良(りん・けんりょう)
1958(昭和33)年、台湾・台中市生まれ。1987(同62)年、日本交流協会奨学生として来
日。東京大学医学部博士課程修了。医学博士。「台湾正名運動」の発案者。現在、メルマ
ガ「台湾の声」編集長、日本李登輝友の会常務理事、台湾独立建国聯盟日本本部中央委
員、台湾団結聯盟日本代表、日光日台親善協会顧問。主な著書に『日本よ、こんな中国と
つきあえるか?─台湾人医師の直言』、漢文版『母親 e名叫台湾─「正名運動」縁由』、
共著に『中国の狙いは民族絶滅』など。
-----------------------------------------------------------------------------------------

・書 名:『中国ガン─台湾人医師の処方箋』
・著 者:林 建良
・体 裁:四六判、並製、228ページ
・版 元:並木書房
・定 価:1575円(本体1500円+税)
・発 売:2012年12月20日発売

-----------------------------------------------------------------------------------------

◆頒 価:会員:1,300円 一般:1,400円 (送料:1冊=160円)
     *日本国内のみ
     *入会ご希望の方も会員価格

◆お申込:申し込みフォーム、またはFAX・メールにて。
     申し込みフォーム:http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0136.reg

◆申込先:日本李登輝友の会
 〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
 TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
 E-mail:info@ritouki.jp

◆支払い:代金後払い(郵便局・銀行) 本と一緒に請求書を送付します。

-----------------------------------------------------------------------------------------
林建良著『中国ガン』お申し込み書 *お申し込み確認後、1週間以内にお届けします!

・注文数:    冊
・振込先:郵便局・銀行 (○で囲んで下さい)
・ご氏名:
・会 籍:会員・一般・入会希望(○で囲んで下さい)
・ご住所: 〒
・電 話:
・E-mail:

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
4>> 4月6日、熊本県支部が台湾映画「緑の海平線」上映会

 春光天地に満ちて快い時候、時下ますますご清祥の段、お慶び申し上げます。平素は格
別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。

 さて、このたび大東亜戦争末期に神奈川県高座郡の軍需工場での募集に応じた8400余名
にのぼる台湾の12歳から15歳の少年工をドキュメンタリーで描いた映画「緑の海平線」を
上映致します。

 彼らは戦後、「日本は心の祖国」という意識のもと、「台湾高座会」という組織を結成
し、台湾と日本の親善交流活動を続けてきました。しかしながら、構成員の平均年齢も80
を越え、同会の開催も困難となり、今年の5月9日が最後の大会となります。

 3・11の震災に際して250億円を超える義援金を台湾の人々から拝受し、WBCの日台戦
では球場で日台の野球ファンが心温まる感謝の意思を伝え合い、日本と台湾の親善交流の
発展を祝福しつつも、台湾高座会の歴史を識ることで今後の日台関係の深化に向けて、気
持ちを新たにして戴ければ幸いです。

・映画「緑の海平線」 監督:郭亮吟 製作:藤田修平 2007年作品 60分

 平成25年3月16日

                     日本李登輝友の会 熊本県支部長 廣瀬 勝

◆日 時:4月6日(土)午前9時30分より

◆場 所:くまもと県民交流館「パレア」10階 会議室6
      〒860-8554 熊本市中央区手取本町8番9号 テトリアくまもとビル
      TEL:096-355-4300(受付時間 9:00〜19:00)

◆参加費:会員の方:1000円(支部会費として)
     非会員の方:無料(但し、カンパをお願い致します)

◆昼食会:上映会後、昼食会を行いますのでお時間のある方は申し出て下さい。

◆申込み:メールかFAXで。
      E-mail:houreinoyado@ivory.plala.or.jp
      FAX:0967-46-4425

◆主 催:日本李登輝友の会 熊本県支部(略称:熊本李登輝友の会)
      〒869-2504 阿蘇郡小国町西里2917
      TEL:0967-46-5525 FAX:0967-46-4425
      E-mail:houreinoyado@ivory.plala.or.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【日本李登輝友の会:取り扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

● 李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0142.reg

● 李登輝・中嶋嶺雄『THE WISDOM OF ASIA』(『アジアの知略』英語版)お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0138.reg

● 林建良氏新著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』≪特別頒価≫ お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0136.reg

● 映画「台湾人生」DVDお申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0064.reg

● 映画『父の初七日』DVD(日本語字幕)お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0126.reg

● 盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0122.reg

● 李登輝元総統も激賞の映画『跳舞時代』DVDお申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0120.reg

● 『台湾歌壇』(第17集) お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0123.reg

● 友愛グループ機関誌『友愛』(第1号〜第12号)お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0082.reg

● 廖継思著『いつも一年生』お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0075.reg

● 台湾産天然「カラスミ」お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0135.reg

● ボリュームたっぷり「飲茶5袋セット」お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0111.reg

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

入会案内 http://www.ritouki.jp/guidance.html
入会お申し込みフォーム http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0005.reg

-----------------------------------------------------------------------------------------
◆メールマガジン「日台共栄」

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の
活動情報とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先: 

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2011  Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2013/03/21

    公主病(お姫様病)

    台湾人の男性と付き合うと、デートの費用は全て彼が負担

    カバンも日傘も持ってくれますし、「日焼けがイヤだから車がないならでかけな〜い」

    学校や会社への朝晩の送迎

    台湾人の、全然わがままじゃないと思ってた女友達も

    毎日職場へ3時ごろに彼がおやつやコーヒーを届けてました

    なお、離婚率は高い模様