国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第1821号】 【レポート】 台湾2・28時局講演会−馬英九が目論む2・28事件の風化!

2013/03/17

>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━━━━ 平成25(2013)年3月17日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
            日台共栄のためにあなたの力を!!
<<INDEX>> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ [Vol.1821]
1>>【レポート】 台湾2・28時局講演会−馬英九が目論む2・28事件の風化!
2>> 林建良・本会常務理事がチャンネル桜で自著『中国ガン』を解説
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆【ネット署名(第7期)】台湾出身者の戸籍を中国から台湾に改正しよう!!
  http://www.shomei.tv/project-2048.html
  *第7期ネット署名数:102人(3月17日現在)
  *第7期署名:2013年2月26日〜5月31日

● 本会青年部「第2回台湾料理教室」お申し込み【開催:3月30日】
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0140.reg

● 第19回「日本李登輝学校台湾研修団」お申し込み【締切:3月20日】 
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0139.reg

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>>【レポート】 台湾2・28時局講演会−馬英九が目論む2・28事件の風化!

 台湾の「2・28事件」から66年目を迎えた本年2月24日、台湾独立建国聯盟日本本部(王
明理委員長)主催により「台湾2・28時局講演会」が開かれた。今年は「馬英九が目論む
2・28事件の風化!」がテーマだった。

 会場となった東京・千代田区のアルカディア市ヶ谷は例年以上の参加者であふれ、200名
の会場は開会前に満席となり熱気に満ちあふれた。

 特に台湾から来日した、二二八紀念館ボランティア・ガイドの蕭錦文氏と親しい人が多
く、開会前から蕭氏へのお土産を手にした人々が列をなすほどだった。

 講演会と銘打っているが、実際はシンポジウム形式で行われ、基調講演は蕭錦文氏が
「国民党政権下で進む2・28事件の風化」と題して行い、続いて行われたパネルディスカッ
ションは「中国の覇権主義にどう立ち向かうか」をテーマに、黄文雄氏(台湾独立建国聯
盟日本本部前委員長)をコーディネーターに、イリハム・マハムティ氏(日本ウイグル協
会会長)、オルホノド・ダイチン氏(モンゴル自由連盟党幹事長)、ペマ・ギャルポ氏
(チベット文化研究所名誉所長)の3氏に蕭錦文氏も加わり活発に討議された。

 昨日のメルマガ「台湾の声」がそのレポートを掲載したので下記にご紹介したい。

 なお、今年の台湾2・28時局講演会については、すでに本誌でもお伝えしたように、講演
会の司会をつとめた本会の柚原正敬事務局長が日本文化チャンネル桜に出演し、当日の映
像を見ながら解説している。併せてご覧いただきたい。

◆【柚原正敬】2.28時局講演会 馬英九が目論む事件の風化[桜H25/3/4]
 http://youtu.be/IrirB8oNEiY

-----------------------------------------------------------------------------------------
レポート:台湾2・28時局講演会−馬英九が目論む2・28事件の風化! 台湾の声編集部
【メルマガ「台湾の声」:2013年 3月16日】

 2月24日日曜日の午後、東京のアルカディア市ヶ谷(私学会館)で、「台湾2・28時局講
演会−馬英九が目論む2・28事件の風化!」が行われた。主催は、台湾独立建国聯盟日本本部。

 黙祷の後、王明理委員長が、チベット人の焼身自殺についても触れながら、今回の趣旨
を説明した。また司会(柚原正敬・日本李登輝友の会事務局長)が大江康弘・参議院議員
(現在自民党と合同会派)からの電報を紹介した。

 基調講演を行った蕭錦文氏は、日本軍に志願して、出征先で目にした植民地の状況と、
日本統治下の台湾を比べ、台湾の教育の充実に感謝の気持ちを持ったと語った。

≪228事件に関連して、日本との戦争に勝ったのは米国であって中国ではないのに、また台
湾を制圧したわけでもない国民党政府が、連合国軍の指令により台湾を占領し、日本統治
時代より、もっともっと悪辣な厳しい政治を行った。陳儀が、228事件処理委員会を騙し
て、他方で援軍を呼び、その援軍が上陸と同時に、路上にいた台湾人を殺戮した。

 自分は、義父が逮捕される前に逃げたため、その代わりに逮捕され、タオルを顔の上に
かけて、上から水を流し、失神させるという「水かけ刑」という拷問を受け、最後には死
刑場に行くトラックに乗せられたが、228事件処理に関して現地調査に台湾にやってきた白
崇禧国防部長の指示で殺されずに済んだ。拷問を受けているときに「ビルマ戦線で華々し
く散ってしまえば、こんな惨めな目に遭わずに済んだのに」という思いが巡った。≫

 蕭氏はまた、228事件は、文化の低い民族が文化の高い民族を支配するという矛盾がもた
らしたと説明。さらに、今の国民党の「ひどい」政治、陳水扁前大統領が監禁されている
理由について、「国民党は台湾人に政権を渡したことが悔しかった」からその仕返しだと
分析。日本に対して、先の戦争はアジアに貢献した。「戦争についての日本の教育を変え
てほしい」とし、自虐史観ではなく、正しい歴史観を持つように求めた。

 引き続いて行われた「中国の覇権主義にどう立ち向かうか」と題したパネルディスカッ
ションは、黄文雄・前委員長の司会のもとで、ペマ・ギャルポ氏(チベット文化研究所名
誉所長)、イリハム・マハムティ氏(日本ウイグル協会会長)、オルホノド・ダイチン氏
(モンゴル自由連盟党幹事長)も加わって行われた。

 イリハム氏は、228事件と東トルキスタンのウイグル人が経験したことの共通点につい
て、「国民党も中国共産党も、ある民族を支配しようとするときにその民族の知識人を殺
す」と指摘。また、基調講演で蕭氏が「今の(馬英九)政権は中国に偏っているものの、
まだ中国に渡すにいたっていない」と分析した点について、台湾でメディアの独占状態が
危惧されている点に言及し、「メディアを封じることで、圧迫を受けている民族の声が世
界に伝わらなくさせる」と、ウイグル人が経験した中国人の迫害の手法を紹介し、厳しい
見方を示した。

 ペマ氏は、チベット人はいまでもたくさんの人々が中国政府によって政治犯として収容
されている。中国は長い間、多民族国家であると言っていたが、1年前から、ほかの民族
を、「中華民族」の統一の妨害だ、と言うようになってきた、と紹介。仏教の考えかたか
らすれば、チベット人にも半分の責任がある。それは、中国を信用し、協定を結んだこ
と、内部分裂によって侵略を許したこと、独立を放棄したことだと振り返り、「中国にい
かなる正当性も与えてはならない。連帯を組んで中国と対抗することが必要だ」と呼びか
けた。

 また「中華4000年」「中華民族」など存在しない、言語や歴史を共有しているのが民族
なのだ、とNHKの報道姿勢へ抗議をした。

 ダイチン氏は、「チベット人、ウイグル人に起こっていることは、モンゴル人にも起こ
っている」とし、「戦っているときよりも、平和なときにたくさん殺された」と、中国に
よる侵略・民族抹殺について告発した。また、宗教の自由があるというのは建前で、実際
にはその自由がないという状況を報告した。

 質疑応答では、「どの国のパスポートで日本へきているのか」という質問もあった。中
国の支配を受けている、いずれの民族も、最初に外国へ行く際は、中国パスポートという
ことになるが、チベット人の場合は、インド発行の難民パスポートがある。またウイグル
人とモンゴル人の場合は、漢民族ならすぐ取れる中国のパスポートも、ウイグルやモンゴ
ル人の場合は、政治思想についての調査が行われるため、パスポートの審査に長い期間が
かかり、発給されないケースもあるという。

 イリハム氏とダイチン氏は、中共のパスポートで出国し、来日したあと、イリハム氏は
日本国籍を取得した。ダイチン氏は、日本政府に難民申請をしているが4年にわたり却下さ
れ、今はパスポートがない状態であるという。 

 また蕭氏は、台湾の状況について、中国人による教育のせいで、お金さえあればOKと
考えるようになってしまった、と憂いた。

 閉会挨拶に立った林建良・中央委員は、日本に対し日本版「台湾関係法」の制定を求
め、一日も早くこのような会を開かないで済むようにしたいと述べ、2月28日を台湾の建国
記念日として祝えるようにしたいと訴えた。

 会場では、蕭氏が日本語に翻訳した李筱峰原著『二二八事件の真相』(日本では日本李
登輝友の会が取り扱い)、および林建良著『中国ガン』(並木書店)のサイン会も行われた。

 「228事件の風化」の告発については、あまり掘り下げることが出来なかったが、200名
分の席が満席になるこれまでにない注目の高さだった。また、当日、蕭氏へのプレゼント
が、車のトランクに入りきらないくらい寄せられた。

 また会場には、門脇朝秀・あけぼの会代表、小田村四郎・日本李登輝友の会会長をはじ
めとする長老から、吉田康一郎・元都議会議員をはじめとする若手の姿も見えた。

『台湾の声』http://www.emaga.com/info/3407.html

編集部 taiwannokoe@googlegroups.com

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 林建良・本会常務理事がチャンネル桜で自著『中国ガン』を解説

◆【林建良】ガン細胞・中国に呑み込まれないための処方箋 [桜H25/3/15]
 http://youtu.be/NBKWa19RPv8

 本会常務理事で医師の林建良氏が昨年12月に出版した『中国ガン─台湾人医師の処方
箋』について、3月13日、日本文化チャンネル桜(高澤一基・近藤永子キャスター)に出演
して解説した。

 放送は3月15日だった。反響がよい。すでに3000人近い視聴者が見ている。コメントも多
く、「是非林先生の『中国ガン』を読ませていただきます」「中国と癌細胞は似ている。
中国も癌もアポトーシスが欠如している。なるほど医者だからこその見方だな。さすが林
さん!これからも医療での活躍と台湾独立運動の活躍期待してます!!」「聞けば聞く
程、シナ人は醜悪だ。こんなシナ人に狙われた日本国は?運の尽きかな??」「えぐりだす
ような鋭い指摘ですね」などなど。

 YouTubuでもニコニコ動画でも見られるが、番組は10分ほど。ここではYouTubuの動画を
ご紹介したい。

 なお、『中国ガン─台湾人医師の処方箋』は本会で取り扱っている。申し込みフォーム
から申し込んでいただくと、自宅にいながらにして、本会会員も一般の方も、送料込みで
書店より安く入手できます。

-----------------------------------------------------------------------------------------
林建良(りん・けんりょう)

1958(昭和33)年、台湾・台中市生まれ。1987(同62)年、日本交流協会奨学生として来
日。東京大学医学部博士課程修了。医学博士。「台湾正名運動」の発案者。現在、メルマ
ガ「台湾の声」編集長、日本李登輝友の会常務理事、台湾独立建国聯盟日本本部中央委
員、台湾団結聯盟日本代表、日光日台親善協会顧問。主な著書に『日本よ、こんな中国と
つきあえるか?─台湾人医師の直言』、漢文版『母親 e名叫台湾─「正名運動」縁由』、
共著に『中国の狙いは民族絶滅』など。
-----------------------------------------------------------------------------------------

・書 名:『中国ガン─台湾人医師の処方箋』
・著 者:林 建良
・体 裁:四六判、並製、228ページ
・版 元:並木書房
・定 価:1575円(本体1500円+税)
・発 売:2012年12月20日発売

-----------------------------------------------------------------------------------------

◆頒 価:会員:1,300円 一般:1,400円 (送料:1冊=160円)
      *日本国内のみ
      *入会ご希望の方も会員価格

◆お申込:申し込みフォーム、またはFAX・メールにて。
      申し込みフォーム:http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0136.reg

◆申込先:日本李登輝友の会
      〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
      TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
      E-mail:info@ritouki.jp

◆支払い:代金後払い(郵便局・銀行) 本と一緒に請求書を送付します。

-----------------------------------------------------------------------------------------
林建良著『中国ガン』お申し込み書 *お申し込み確認後、1週間以内にお届けします!

・注文数:    冊
・振込先:郵便局・銀行 (○で囲んで下さい)
・ご氏名:
・会 籍:会員・一般・入会希望(○で囲んで下さい)
・ご住所: 〒
・電 話:
・E-mail:

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【日本李登輝友の会:取り扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

● 日本初上陸!「台湾フルーツビール」お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0132.reg
*現在「台湾ビール」が品切れとなっています。入荷があり次第ご案内します。

● 李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0142.reg

● 李登輝・中嶋嶺雄『THE WISDOM OF ASIA』(『アジアの知略』英語版)お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0138.reg

● 林建良氏新著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』≪特別頒価≫ お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0136.reg

● 映画「台湾人生」DVDお申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0064.reg

● 映画『父の初七日』DVD(日本語字幕)お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0126.reg

● 盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0122.reg

● 李登輝元総統も激賞の映画『跳舞時代』DVDお申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0120.reg

● 『台湾歌壇』(第17集) お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0123.reg

● 友愛グループ機関誌『友愛』(第1号〜第12号)お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0082.reg

● 廖継思著『いつも一年生』お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0075.reg

● 台湾産天然「カラスミ」お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0135.reg

● ボリュームたっぷり「飲茶5袋セット」お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0111.reg

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

入会案内 http://www.ritouki.jp/guidance.html
入会お申し込みフォーム http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0005.reg

-----------------------------------------------------------------------------------------
◆メールマガジン「日台共栄」

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の
活動情報とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先: 

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2011  Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。