国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第1820号】 安倍総理が東日本大震災2周年追悼式に出席した台湾を「大切な友人」と表明

2013/03/16

>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━━━━ 平成25(2013)年3月16日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
            日台共栄のためにあなたの力を!!
<<INDEX>> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ [Vol.1820]
1>> 安倍総理が東日本大震災2周年追悼式に出席した台湾を「大切な友人」と表明
2>> 本日14時、新潟県支部が第11回総会を開催 ≪講演会・懇親会は一般参加も可≫
3>> 台湾:中国との軍事連携は時期尚早…国防部見解
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆【ネット署名(第7期)】台湾出身者の戸籍を中国から台湾に改正しよう!!
  http://www.shomei.tv/project-2048.html
  *第7期ネット署名数:100人(3月16日現在)
  *第7期署名:2013年2月26日〜5月31日

● 本会青年部「第2回台湾料理教室」お申し込み【開催:3月30日】
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0140.reg

● 第19回「日本李登輝学校台湾研修団」お申し込み【締切:3月20日】 
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0139.reg

● 李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0142.reg

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 安倍総理が東日本大震災2周年追悼式に出席した台湾を「大切な友人」と表明

 3月11日に国立劇場で政府主催による東日本大震災2周年追悼式が開かれ、安倍政権はこ
の追悼式典で台湾の待遇を見直し、昨年の一般席から外交使節団向けの来賓席とし、国名
などを読み上げる指名献花に加えた。

 当日は天皇、皇后両陛下がご臨席になり、各国の駐日使節や各界の代表、閣僚、国会議
員など1,000名余が参列して厳粛かつ荘厳に執り行われた。台湾を代表して参列した沈斯
淳・台北駐日経済文化代表処代表は各国使節とともに指名の追悼献花を行った。

 ところが、周知のように、これに反発して中華人民共和国が厳粛な追悼式を欠席した。
「追悼式で台湾の関係者を外交使節や国際機構と同等に扱った」からだという。

 何とも子供じみた対応だ。ましてや東日本大震災の犠牲者を悼む式典である。こういう
ところに「政治」を持ち込むのはまったくいただけない。

 日本には「村八分」という言葉がある。共同体の掟を破った者が結婚式などに声を掛け
られなくなることを指す言葉だ。では、残りの「二分」は何かというと、火事と葬式だと
いう。火事のときの消化活動と葬式の手伝いは許されるそうだ。

 追悼式はいわば葬式に縁する。そこに台湾を招待しなかった昨年は日本の慣習にもはず
れた民主党政権の大失態だった。それをカバーされたのが、陛下ご主催の春の園遊会だっ
たことは、本誌ですでに書いた。

 では、台湾と中国に対して日本政府はどのような対応をしているかというと、戸籍問題
における法務大臣への「要望書」などでも指摘しているように、日本は平成17年9月から台
湾観光客に対するビザ免除を恒久化、つまり「ノービザ」とし、平成19年9月には台湾と自
動車運転免許証の相互承認を行っている。しかし、中国とはこのようなことは行っていな
い。中国人観光客はビザを取らなければ日本に入国できないし、中国の運転免許証も日本
では使えない。

 さらに昨年7月には、外登証を廃止し在留カードを交付するに際して「国籍・地域」欄を
設け、台湾出身者は「中国」ではなく「台湾」と明記している。同時に実施された外国人
住民基本台帳でも、台湾出身者の「国籍・地域」は「台湾」と表記するようになっている。

 挙げればキリがないが、このように日本は台湾を中国とは明らかに異なった対応をして
いる。その延長線上に追悼式があり、日本独自の慣習もある。その上、台湾は東日本大震
災に多大な支援をしている。来賓として指名献花するのは当たり前だろう。台湾の待遇を
見直した今回の安倍総理の措置に非はない。まさしく「礼儀正しい」措置だった。

 だから、追悼式が終わった後に安倍総理がfacebookにつづった感懐が多くの人の共感を
呼んだのだ。台湾を「大切な日本の友人」とし、中国の欠席を「残念」としつつ、日台・
日中関係の将来をも暗示させるような「私達はこれからも礼儀正しくありたい」と述べた
facebookの全文を下記にご紹介する。

 それに対し、台湾の林永楽・外交部長(外相に相当)は即座に「日台関係重視の姿勢を
明確に感じる」と反応している。

-----------------------------------------------------------------------------------------
【安倍晋三facebook:平成25(2013)年3月11日(水)】

 3月11日の東日本大震災慰霊式典に「台湾の代表の取り扱い」を理由に中国が欠席いしま
した。

 昨年行われた慰霊式典では、台湾の代表は招待され出席していたにも関わらず名前すら
読み上げられませんでした。

 震災発生時、台湾は世界のどの国よりも多額の200億円を超える義援金を贈ってくれた大
切な日本の友人です。台湾の人々の気持ちを傷つける非礼な対応でした。

 今年はこの対応を改め、台湾に対し感謝の意を込めて「指名献花」をしていただくこと
にいたしました。

 このことに対して中国が代表を送らなかったことは大変残念なことであります。

 しかし私達はこれからも礼儀正しくありたいと思います。

 そして多くの支援をいただいた台湾をはじめ全ての国に対して、感謝の思いでいっぱい
であります。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 本日14時、新潟県支部が第11回総会を開催 ≪講演会・懇親会は一般参加も可≫
   記念講演は井貝正基・同支部常任理事「「裏から見た日・台・中」

 今年も寒い日が続いておりますが、皆様にはお変わりなくご活躍のこととお慶び申し上
げます。

 当支部は皆様のご理解とご協力により第11回の総会を迎えることが出来ました。

 昨年の自民党の政権復帰による経済の活性化、真正保守政治の進展など日本の前途に光
が見えてきた感のある今日この頃ですが、一方、尖閣諸島に於ける中国の動きは世界の輿
論をもってしても粉砕すべき事柄であります。

 このような時局に、台湾・中国との往来が多く又関係団体の要職を多く務める新潟県支
部常任理事である井貝正基氏を講師として記念講演をお願い致しました。

 ご多用中のところ恐縮ではございますが、お誘いあわせの上、ご参加くださいますよう
お願いいたします。

                   日本李登輝友の会新潟県支部 支部長 瀬藤功

                  記

1.日  時:平成25年3月16日(土)午後2時より(受付1時30分)

2.会  場:イタリア軒 5F 春日の間 TEL:025-224-5111(代表)

3.議  題:                 2:00〜2:50

       (1) 会長あいさつ
       (2) 平成24年度の経過報告について
       (3) 平成25年度の予定について
       (4) 平成25年度役員について

4.記念講演:演題「裏から見た日・台・中」   3:00〜4:00 【一般参加可 無料】
       講師 日本李登輝友の会新潟県支部 常任理事 井貝正基氏

       我が国の「戦後近代史」を研究テーマとし、国・地方の議員と親交を重ね
       戦後の近代史を勉強する。台湾、中国へ渡航すること数十回を重ね、両国
       の裏側から見た庶民の生活評には定評がある。現在、柏崎市にて電機設備
       店を自営する。

5.懇 親 会:                  4:15〜6:00 【一般参加可 有料】
       総会終了後、懇親会をおこないますので、併せてご参加ください。
       (なお、懇親会費は5,000円です。当日受付にて)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3>> 台湾:中国との軍事連携は時期尚早…国防部見解

 台湾は米国との距離が縮み、中国との距離が少しずつ開き始めている。

 去る3月10日、台湾はアメリカと次官級による「TIFA」(台米貿易投資枠組み協
議)」を5年8カ月ぶりに開いた。

 一方、中国が反対するにも拘らず、総統の馬英九氏は17日、第266代ローマ法王の就任ミ
サに出席するためバチカン市国に向けて出発する。また、「4年ごとの国防計画見直し」
(Quadrennial Defense Review)を発表した13日も、中国は依然として軍事的脅威である
との見方を示し、中国と台湾の「軍事的信頼醸成措置」(CBM)は「十分な政治的な相
互信頼が確立されるまでは、慎重な態度で臨むべきだと説明」(中央通信社)し、中国と
の信頼関係に至っていないことを明らかにしている。毎日新聞の記事から紹介したい。

-----------------------------------------------------------------------------------------
台湾:中国との軍事連携は時期尚早…国防部見解
【毎日新聞:2013年3月15日】

 【台北・大谷麻由美】台湾国防部(国防省)は13日、「4年ごとの国防政策見直し」(Q
DR)を発表し、中国との「両岸(中台)軍事安全相互信頼メカニズム」の構築について
「現在の環境はまだ整っておらず、慎重に検討・推進していく」と時期尚早との見解を示
した。

 4年前のQDRでは、同メカニズムの段階的な構築を提示しており、今回は後退した。昨
年5月にスタートした2期目の馬英九政権では、米台の軍事連携が大幅に進む計画。QDR
は中国との距離を感じさせるものとなった。

 昨年11月に北京で開かれた第18回中国共産党大会の政治報告で、胡錦濤前総書記は
「(中台)同胞の感情を融和させ、両岸軍事安全相互信頼メカニズムの構築を協議した
い」と踏み込んだ。QDRは、これに対する台湾側の回答。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【日本李登輝友の会:取り扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

● 日本初上陸!「台湾フルーツビール」お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0132.reg
*現在「台湾ビール」が品切れとなっています。入荷があり次第ご案内します。

● 李登輝・中嶋嶺雄『THE WISDOM OF ASIA』(『アジアの知略』英語版)お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0138.reg

● 林建良氏新著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』≪特別頒価≫ お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0136.reg

● 映画「台湾人生」DVDお申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0064.reg

● 映画『父の初七日』DVD(日本語字幕)お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0126.reg

● 盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0122.reg

● 李登輝元総統も激賞の映画『跳舞時代』DVDお申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0120.reg

● 『台湾歌壇』(第17集) お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0123.reg

● 友愛グループ機関誌『友愛』(第1号〜第12号)お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0082.reg

● 廖継思著『いつも一年生』お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0075.reg

● 台湾産天然「カラスミ」お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0135.reg

● ボリュームたっぷり「飲茶5袋セット」お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0111.reg

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

入会案内 http://www.ritouki.jp/guidance.html
入会お申し込みフォーム http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0005.reg

-----------------------------------------------------------------------------------------
◆メールマガジン「日台共栄」

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の
活動情報とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先: 

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2011  Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2013/03/16

    安倍晋三の統治の概念は外的環境整備から始まるようです。日米同盟を固めるためにASEANから入ったのは、偶然の産物とはいえうまく利用したのではないかと思えます。TPPで果たして中国を封じ込められるのかは疑問ですが、台湾を取り込むにはTPPに踏み込まざるを得ないのも一理あるとみています。何がなんでもTPP反対は、大東亜戦争開戦に反対する論理と似ていませんか? アメリカとは同盟を組みつつ、片務関係を是正し、自立への道を模索してゆかなければならない日本の国家としての責務の一つがしんどいTPPへの取り組みであるように思います。

  • 名無しさん2013/03/16

    安倍政権が米国と足並みを揃えて「中国包囲網」を敷きつつある。その本気モードに馬英九はようやく気がついたようだ。台湾は今後、厄介な中国に踏み込む勇気はない。台湾は自己主張を捨て、日台漁業交渉は日本のペースで結着するだろう。

  • 名無しさん2013/03/16

    着々と確実に前進してますね。