国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第1818号】 【日台漁業協議】 本日午前、第2回予備会合を交流協会で開催

2013/03/13

>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━━━━ 平成25(2013)年3月13日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
            日台共栄のためにあなたの力を!!
<<INDEX>> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ [Vol.1818]
1>>【日台漁業協議】 本日午前、第2回予備会合を交流協会で開催
2>> 帰国のWBC台湾チーム、機内で「感動のハプニング」
3>> 第19回「日本李登輝学校台湾研修団」のご案内 ≪締切:3月20日≫
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆【ネット署名(第7期)】台湾出身者の戸籍を中国から台湾に改正しよう!!
  http://www.shomei.tv/project-2048.html
  *第7期ネット署名数:94人(3月13日現在)
  *第7期署名:2013年2月26日〜5月31日

● 本会青年部「第2回台湾料理教室」お申し込み【開催:3月30日】
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0140.reg

● 第19回「日本李登輝学校台湾研修団」お申し込み【締切:3月20日】 
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0139.reg

● 李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0142.reg

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>>【日台漁業協議】 本日午前、第2回予備会合を交流協会で開催

 本日午前10時30分から、東京・六本木の交流協会において日台漁業協議の第2回予備会合
が開かれる。昨日、交流協会が発表した。下記にその全文を紹介したい。

 昨年11月30日に第1回予備会合が開かれ、2月末にも第2回が開かれるといわれていたが、
本誌でもお伝えしたように、1月下旬、台湾の遊漁船「全家福号」が尖閣諸島の接続水域に
入り先行きが危ぶまれていた。しかし、伝えられているように、安倍晋三首相が関係省庁
に対して「早期合意を目指すよう指示した」ことや台湾側も早期開催を望んでいたこと
で、ようやく懸案の漁業範囲画定に向けた話し合いが進められる予定だ。

 今回も非公開だが、5分間だけ冒頭撮影が許可されている。また、前回同様、夜にはプレ
スリリースが出されるというので、明日、本誌でもご紹介したい。

◆日台民間漁業協議 第2回予備会合の開催について
 http://www.koryu.or.jp/ez3_contents.nsf/Top/E9839240C8BD447D49257B2C000E3A8B?OpenDocument
-----------------------------------------------------------------------------------------

日台民間漁業協議 第2回予備会合の開催について

                                  2013年3月12日作成
                              公益財団法人 交流協会

 公益財団法人交流協会(日本側)と亜東関係協会(台湾側)は、第17回日台民間漁業協
議に向けた第2回予備会合を平成25年3月13日(水)に当協会会議室にて開催することに致
しました。

 同協議は対外非公開で行われます。

 なお、13日には、協議終了後(20時メド)に当協会からプレスリリースを発出する予定
です。

 報道取材要領は別紙のとおり

-----------------------------------------------------------------------------------------
【問い合わせ先】

公益財団法人交流協会 総務部部長 小松道彦
(プレス関係:総務部 長谷川)

住所:東京都港区六本木3−16−33 青葉六本木ビル7階
電話:03−5573−2600 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 帰国のWBC台湾チーム、機内で「感動のハプニング」

【サーチナニュース:2013年3月12日】

 成田空港発、台湾桃園空港(台北)経由、香港行きのキャセイパシフィック航空のCX
451便。乗客は、出発を待ちわびていた。機内放送が始まった。遅れを詫びる内容だった。
ところが最後の部分で客室乗務員が「台湾の野球ファンを代表して、チームのすばらしい
活躍にお礼を申し上げます」と語り始めた。台湾に戻る台湾チームが搭乗してたのだ。一
瞬の後、機内で拍手がわき起こった。

 台湾チームは10日、航空機数便に分乗して台湾への帰途についた。CX451便には、郭泓
志、彭政閔、彭政閔、高志綱、郭厳文、張建銘、王鏡銘選手らが搭乗していた。

 機内アナウンスはまず、乗客に対して出発の遅れを詫びた。しかし、それに続く部分
は、特に予定されていたものではなかった。客室乗務員が機転きかせたという。「この場
をお借りして台湾の全野球ファンを代表して、中華(台湾)チームのすばらしい活躍にお
礼を申し上げます。お疲れさまでした。頑張ってください」と放送した。

 多くの乗客は最初、何のことだったかよく分からなかったようだ。一瞬の後、「そう
か、この便に、帰国するWBC台湾代表の選手が乗っているのか」と理解したらしい。機
内で拍手と歓声が沸きあがった。まさに「感動のハプニング」だった。

 強豪の日本相手に、最後の最後まで互角以上に戦った。敗れはしたが、試合直後には観
客に感謝の意を示すなど、誠意と礼節を失わなかった。日本人も台湾人も、あるいはその
他の国の人も心から感動した。

 彼らとて勝負の世界に人生をかける野球人だ。悔しくなかったわけがない。後になり、
自責の念から涙を流した選手もいたという。台湾にとって「WBC決勝ラウンド初進出」
という“記録”は達成できなかった。しかし2013年WBCでの絶対に忘れられない“記
憶”として、台湾チームの姿はすべてのファンの心にしっかりと刻まれた。

                             (編集担当:如月隼人)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3>> 第19回「日本李登輝学校台湾研修団」のご案内 ≪締切:3月20日≫
   野外視察は「緑島」へ 李登輝元総統が特別講義! 修了証を授与 

 平成16(2004)年10月から始めた本会の「日本李登輝学校台湾研修団」(略称:李登輝
学校研修団)も、今回で19回を迎えます。

 李登輝学校校長の李登輝元総統による特別講義をはじめ、蔡焜燦先生や許世楷先生など
台湾を代表する有識者が日本語で講義いたします。今回は、前回に引き続き蔡英文・前民
進党主席や李明峻・台湾安保協会秘書長も予定しています。

 今回の野外視察は、戦後台湾史を知るため、言論の自由も集会の自由も禁じられた蒋政
権の圧政下、政治犯とされた人々を収容した監獄島と呼ばれた絶海の孤島「緑島」を訪
問、収監体験者の蔡焜霖先生(蔡焜燦先生実弟)にご案内いただき、また新北市内にある
景美人権博物を、やはり収監体験者の郭振純先生に案内いただく予定です。

 緑島に渡るため、初日は台東のホテルに宿泊予定ですので、現地合流は松山空港または
台東のホテルを予定しています。

 一連の研修修了後、李登輝校長が特別講義を行い、自ら一人ひとりに「修了証」を授
与、記念撮影されます。ふるってご応募ください。

*李登輝先生のご体調が優れない場合は、特別講義と修業式の内容が変更になることがあ
 りますのでご了承のほどお願いします。

                               日本李登輝友の会

-----------------------------------------------------------------------------------------

日  程: 4月19日(金) 成田空港9:40発便で台湾へ
      4月20日(土)〜4月22日(月) 終日研修(野外視察含む)
      4月23日(火) 李登輝先生特別講義・修業式。夕方便で成田空港へ帰国

企画催行:日本李登輝友の会

参 加 費:成田空港発     ツイン:148,000円     シングル:166,000円
     現地(松山空港)   参加 ツイン:102,000円  シングル:120,000円
     現地(台東のホテル)参加 ツイン:88,000円   シングル:106,000円

     *上記は本会会員の予定価格で、空港利用税や燃料特別税が含まれています。
     *宿泊は参加者数やホテルの都合によりご希望に添えない場合がありますので
      ご了承ください。

定  員:40名

申込締切:3月20日(水) (定員になり次第、締め切らせていただきます)

一般参加:研修には一般の方も参加できますが、参加費は上記会員価格プラス10,000円と
     なります(但し、申込時にご入会の方は会員価格とさせていただきます)。

そ の 他:成田空港発を基本としますが、羽田空港発や松山空港、桃園空港などからの現
     地合流についても、できる限り対処いたしますのでご相談ください。

航空会社:4月19日の成田空港9:40発チャイナエアを予定

手配会社:共栄ツアーズ(東京都知事登録旅行業第3-6208号)

申込方法:申し込みフォーム、または下記の申込書に必要事項を記入し、FAX、メール
     にてお願いします。お申し込みいただきましたら、追って所定の書類を送付い
     たします。

     ・申し込みフォーム:http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0139.reg
     ・FAX:03-3868-2101  E-mail:info@ritouki.jp

     *パスポートは3ヵ月以上の残余期間[有効期限2013(平成25)年7月23日以
      降]が必要ですので、必ずご確認願います。また締切日(3月20日)以降キャ
      ンセルの場合、キャンセル料(参加費の20%)が発生します。

【お申し込み・お問い合わせ】
日本李登輝友の会事務局
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp

----------------------------------------------------------------------------------
第19回「日本李登輝学校台湾研修団」 申込書

・ご氏名:
・ご連絡先(TEL): 
・参加タイプ(○で囲む):成田発 現地(松山) 現地(台東のホテル) その他(  )
・宿泊(○で囲む): ツイン  シングル
・パスポートNo.:
・パスポートのローマ字氏名:
・パスポートの有効期限:
・ご住所:〒
・FAX:
・E-mail:
・生年月日:    年  月  日(   歳  男・女)
・会籍(○で囲む): 会員  一般  入会希望

*お申し込みと同時にパスポートのコピーをFAXorメールでお送り願います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【日本李登輝友の会:取り扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

● 日本初上陸!「台湾フルーツビール」お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0132.reg
*現在「台湾ビール」が品切れとなっています。入荷があり次第ご案内します。

● 李登輝・中嶋嶺雄『THE WISDOM OF ASIA』(『アジアの知略』英語版)お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0138.reg

● 林建良氏新著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』≪特別頒価≫ お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0136.reg

● 映画「台湾人生」DVDお申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0064.reg

● 映画『父の初七日』DVD(日本語字幕)お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0126.reg

● 盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0122.reg

● 李登輝元総統も激賞の映画『跳舞時代』DVDお申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0120.reg

● 『台湾歌壇』(第17集) お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0123.reg

● 友愛グループ機関誌『友愛』(第1号〜第12号)お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0082.reg

● 廖継思著『いつも一年生』お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0075.reg

● 台湾産天然「カラスミ」お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0135.reg

● ボリュームたっぷり「飲茶5袋セット」お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0111.reg

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

入会案内 http://www.ritouki.jp/guidance.html
入会お申し込みフォーム http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0005.reg

-----------------------------------------------------------------------------------------
◆メールマガジン「日台共栄」

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の
活動情報とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先: 

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2011  Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。