国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第1817号】 【東日本大震災】 日本人留学生たちが「ありがとう台湾」の感謝イベント

2013/03/11

>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━━━━ 平成25(2013)年3月11日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
            日台共栄のためにあなたの力を!!
<<INDEX>> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ [Vol.1817]
1>>【東日本大震災】 日本人留学生たちが「ありがとう台湾」の感謝イベント
2>>【東日本大震災】 日本の“戦隊ヒーロー” 再びゴミ拾いで「謝謝台湾」
3>>【東日本大震災】 日本の「感謝広告」が台湾の教科書に
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆【ネット署名(第7期)】台湾出身者の戸籍を中国から台湾に改正しよう!!
  http://www.shomei.tv/project-2048.html
  *第7期ネット署名数:85人(3月11日現在)
  *第7期署名:2013年2月26日〜5月31日

● 本会青年部「第2回台湾料理教室」お申し込み【開催:3月30日】
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0140.reg

● 第19回「日本李登輝学校台湾研修団」お申し込み【締切:3月20日】 
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0139.reg

● 李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0142.reg

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>>【東日本大震災】 日本人留学生たちが「ありがとう台湾」の感謝イベント

 東日本大震災から2年目を迎えるにあたり昨日(3月10日)、台湾・淡水において、台湾
の大学に留学している学生たちが昨年に引き続いて「日台・心の絆〜震災から2年後の東北
に向けて」のイベントを開催した。主催は「ありがとう台湾イベント実行委員会」(古堅
一希代表、内田直毅実行委員長)。その模様をNHKが映像とともに伝えているので、下
記にご紹介したい。

 ちなみに、ニュースの中で「宮城県の被災地を訪れてきた学生」および「イベントを主
催した日本人の学生」とは実行委員長の内田直毅(うちだ・なおき)氏で、内田氏は現
在、国立台湾大学農業経済系に在籍する1年生。李登輝元総統と同じ学部で学んでいること
を誇りにしている、広島出身の学生だ。

 それにしても、被災地の復興はなかなか進まない。まだまだ「普通」の生活ができてい
ない。本当にもどかしい。

 李登輝元総統は1999年9月21日の台湾大地震に際して、現行法令の制限を受けない「緊急
命令」を発動した。6ヵ月間という期間を限定しての発動だった。大規模災害に際し、異常
事態を乗り越えるためには平時の法律や制度では対応できないのだから、当たり前の決断
だった。

 しかし、日本の民主党政権は「緊急命令」を発動しなかった。平時の法律や制度が手枷
足枷になったのは、その後の事態が証明している。

 今さら当時の政府の失態をあげつらってみても致し方ないが、それをカバーして余りあ
る台湾からの多大な支援だった。台湾に留学中の日本人学生たちの「恩返し」の気持ち
は、台湾の人々にしっかり伝わったようだ。

 このイベントを何回か案内し、募金も呼びかけた本誌からも、募金に応じていただいた
方々に心からの感謝の意を表したい。

-----------------------------------------------------------------------------------------
台湾の震災支援に感謝のイベント
【NHK:2013年3月10日】
動画:http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130310/k10013095691000.html

 東日本大震災から2年になるのに合わせて、多額の義援金を送ってくれた台湾の人たちへ
の感謝の気持ちを伝え、日本と台湾の交流を深めていこうというイベントが、台北の近郊
で行われました。

 このイベントは、台湾に留学している日本の大学生たちが企画したもので、会場となっ
た台北近郊の川沿いの広場には、地元の人たち数百人が集まりました。

 最初に、日本の学生たちが「台湾の方たちの支援は忘れません」とあいさつし、被災地
におよそ200億円の義援金を送ってくれたことへの感謝の気持ちを伝えました。

 このあと、宮城県の被災地を訪れてきた学生が報告を行い、地域によって復興のスピー
ドに差があり、漁業や観光業が回復せず、いまだ多くの被災者が困難な生活を続けている
現状を紹介し、引き続き復興を応援してほしいと訴えました。

 会場では、台湾への感謝の気持ちを表した被災地からのメッセージや写真などが展示さ
れたほか、日本と台湾の人たちが被災地に送る千羽鶴を一緒に折って交流を深めていまし
た。

 イベントに訪れた台湾の男性は、「感謝のメッセージを見てうれしく思いました。でき
るだけ早く被災地が復興することを願っています」と話していました。

 また、イベントを主催した日本人の学生は、「日本と台湾の理解が深まり、双方の交流
がより活発になればいいと思います」と話していました。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>>【東日本大震災】 日本の“戦隊ヒーロー” 再びゴミ拾いで「謝謝台湾」

 昨日は、台湾の大学に留学している学生たちが昨年に引き続いて「日台・心の絆〜震災
から2年後の東北に向けて」のイベントを開催し、その前日の3月9日には、名古屋を拠点に
活動している「NGOアース」も、昨年に続いて東日本大震災への台湾からの支援に感謝を伝
えようと台北でゴミ拾い活動を行った。中央通信社の記事を下記にご紹介したい。

 日台の将来をになう青年たちのこのような気持ちは、必ずや実を結ぶ日がくると確信し
ている。すでにそれは、野球の第3回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の応
援でも現れている。

 本会青年部は3月9日、台湾代表とキューバ代表の試合が行われた東京ドームの周辺で、
台湾代表を応援する皆さんに震災支援の感謝の気持ちをこめた応援ペーパーをお渡ししま
した。なんと2000枚も用意した応援ペーパーは試合開始前までになくなった。

 実はチラシ配布を経験した方なら容易にわかるが、2000枚のチラシを受け取ってもらう
というのは、通常なら2日くらいかかる。しかし、3時間くらいで瞬く間になくなってしま
った。日台双方でいかに関心が高いかを如実に示している。相思相愛の日本と台湾ならで
はの現象だろう。

-----------------------------------------------------------------------------------------
日本の“戦隊ヒーロー” 再びゴミ拾いで「謝謝台湾」
【中央通信社:2013年3月10日】
http://japan.cna.com.tw/Detail.aspx?Type=Classify&NewsID=201303100004

 (台北 10日 中央社)戦隊ものの“5色レンジャー”のような衣装に身をつつみゴミ広い
などを行う「NGOアース」(名古屋市)が9日、東日本大震災への台湾からの支援に感謝を
伝えようと、昨年に引き続き台北でゴミ拾い活動を行った。小学校に現れた100人あまりの
ヒーローに、多くの人が拍手を送った。

 NGOアースは昨年、巨額の義援金と力強い励ましをくれた台湾にお礼がしたいと、震災か
ら1年を迎えるのを前に来台し、台北市街地でのゴミ拾いや宜蘭県での田植えボランティア
などを行った。今年は、自分達の手で街をきれいにすることに共感した台湾の人たちも加
わり、昼過ぎに小学校に集まった一行(=写真)は、市内の夜市や駅などに向かいながら
一路ゴミ拾いを続けた。

 協力したフォトグラファーの辻将之さんは、台湾の人々に宛てて綴られた被災者からの
感謝メッセージを1000枚以上の写真に収めてきた。12日までの間、台北メトロの駅出口な
どで被災地の写真を紹介するという。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3>>【東日本大震災】 日本の「感謝広告」が台湾の教科書に

【産経新聞:平成25(2013)年3月8日】

 【台北=吉村剛史】東日本大震災で巨額の義援金を寄せた台湾に対し、日本の対台湾窓
口機関、交流協会台北事務所(大使館に相当)が昨年3月、台湾の新聞などで展開した「感
謝広告」が、来年2月以降の台湾の教科書に掲載されることになった。

 採用された広告は、宮城県石巻市の中学生らが、古タイヤを利用した手製の太鼓を打っ
ている場面に、「元気です。ありがとう台湾」と書かれている。

 台湾の教科書出版大手の中学3年生用「公民」の「世界公民の基本素養」の項で、国際社
会への関心の重要性を紹介する部分に資料として掲載される。

 震災後、日本は各国の主要新聞に感謝広告を掲載したが、台湾が対象外だったことに批
判の声が上がり、民間有志が募金で台湾の新聞に感謝広告を掲載。震災1年の昨年3月に
は、交流協会が感謝広告やCMを作成し、台湾の新聞に掲載し、テレビで放映した。

 広告は、昨秋、台湾の別の教科書会社が高校の公民教科書に掲載を検討していたが、取
り上げ方をめぐって日台双方の思惑が異なり、物別れとなっていた。

-----------------------------------------------------------------------------------------

*中学校3年生の公民教科書に採用された広告は中央通信社のニュースが掲載しています。

◆交流協会作成の震災支援感謝広告、台湾の教科書に掲載へ[2013/3/8]
 http://japan.cna.com.tw/Detail.aspx?Type=Classify&NewsID=201303080004

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【日本李登輝友の会:取り扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

● 日本初上陸!「台湾フルーツビール」お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0132.reg
*現在「台湾ビール」が品切れとなっています。入荷があり次第ご案内します。

● 李登輝・中嶋嶺雄『THE WISDOM OF ASIA』(『アジアの知略』英語版)お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0138.reg

● 林建良氏新著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』≪特別頒価≫ お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0136.reg

● 映画「台湾人生」DVDお申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0064.reg

● 映画『父の初七日』DVD(日本語字幕)お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0126.reg

● 盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0122.reg

● 李登輝元総統も激賞の映画『跳舞時代』DVDお申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0120.reg

● 『台湾歌壇』(第17集) お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0123.reg

● 友愛グループ機関誌『友愛』(第1号〜第12号)お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0082.reg

● 廖継思著『いつも一年生』お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0075.reg

● 台湾産天然「カラスミ」お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0135.reg

● ボリュームたっぷり「飲茶5袋セット」お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0111.reg

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

入会案内 http://www.ritouki.jp/guidance.html
入会お申し込みフォーム http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0005.reg

-----------------------------------------------------------------------------------------
◆メールマガジン「日台共栄」

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の
活動情報とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先: 

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2011  Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 下津井よいとこ2013/03/11

    3月11日付の新聞(産経新聞(東日本版)等)に「台湾と日本 想いはひとつ」と題した台湾観光局の広告が出ています。

       

      「台湾ではひとあし先に桜が満開になり、陽光ふりそそぐ春を迎えている今日この頃、日本でも桜の季節を心待ちにしていることと思います。

      あれから二年、台湾での復旧・復興への関心はいまだに高く、日本へのさまざまな支援が各所で続けられています。

      これからも希望と元気をお届けしながら、日本の皆さんを応援していきたいと思います。共に笑顔で歩み続けていけるように・・・。」



        との、激励の便りが掲載されています。



      地震発生直後より、台湾各界から様々な形での支援や励ましが我が国に寄せられていることにあらためて感謝申しあげます。

      復興への道のりは未だ未だ険しいものがあります。日本人同士支え合いながら、台湾をはじめ各国からの支援を十分活かしながら、再建に邁進してゆく模様を、これからも温かく見守って欲しいと思います。

     何時の日か、復興が成し遂げられた東北地方の姿を台湾の人達に見て頂きたいと思います。