国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第1811号】 【修学旅行】 李登輝元総統を訪問 19日台湾で岡山学芸館高生20人

2013/03/03

>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━━━━ 平成25(2013)年3月3日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
            日台共栄のためにあなたの力を!!
<<INDEX>> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ [Vol.1811]
1>> 【修学旅行】 李登輝元総統を訪問 19日台湾で岡山学芸館高生20人
2>> 【尖閣】 尖閣で「中台連携」を否定した台湾声明  吉村  剛史(産経新聞台北支局長)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆【ネット署名(第7期)】台湾出身者の戸籍を中国から台湾に改正しよう!!
  http://www.shomei.tv/project-2048.html
  *第7期ネット署名数:58人(3月3日現在)
  *第7期署名:2013年2月26日〜5月31日

● 本会青年部「第2回台湾料理教室」お申し込み【開催:3月30日】
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0140.reg

● 第19回「日本李登輝学校台湾研修団」お申し込み【締切:3月20日】 
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0139.reg

● 李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0142.reg

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 【修学旅行】 李登輝元総統を訪問 19日台湾で岡山学芸館高生20人

 日本李登輝友の会では台湾への修学旅行を勧めているが、岡山県の岡山学芸館高校(森
靖喜学園長)が3月18日から修学旅行で台湾を訪れ、李登輝元総統を表敬訪問し、八田與一
の烏山頭ダムなどを訪問する。

 産経新聞がその内容を伝えているので下記にご紹介したい。記事にもあるように李登輝
元総統を表敬訪問するに際しては、本会が微力ながらお手伝いさせていただいている。

 なお、岡山学芸館高校の森靖喜学園長は生徒たちに先駆けて日本李登輝学校台湾研修団
や本会岡山県支部の台湾研修ツアーに参加、率先垂範して原動力となっている。この熱意
に押され、今回の修学旅行には父兄など10余人も同伴する予定となっている。

◆ 岡山学芸館高校
  http://www.gakugeikan.ed.jp/teacheres.php

-----------------------------------------------------------------------------------------
李登輝元総統を訪問 19日台湾で岡山学芸館高生20人
【産経新聞:平成25(2013)年3月1日】

 岡山学芸館高(岡山市東区)の生徒らが今月、台湾を訪問、李登輝元総統に面会する。
さらに、日本人技師が建設、台湾の農業発展に貢献したダムなども訪ねる予定で、生徒ら
は「学校や教科書では教わらない歴史を学び、交流を深めたい」と思い描いている。

 訪台するのは1、2年生20人で、18日から4泊5日の日程。昨年に続いて2回目の訪問だが、
「日本李登輝友の会」などの尽力で、李元総統との初の面会が19日午後に実現した。

 同高では、学生時代に台湾の歴史教育や政治を研究した社会科の小笠原健二教諭(28)
が昨年秋から「台湾講座」を開き、関心を高めてきた。受講した生徒からは「中国と台湾
の違いが良くわかった」などと感想が寄せられたという。

 滞在中、日本人土木技術者、八田與一氏が10年の工期をかけて昭和5(1930)年に完成さ
せた台湾中部の烏山頭ダムを見学。このため、事前研修会では八田氏の功績を描いたアニ
メ映画を鑑賞、現在も八田氏が台湾で尊敬されていることなどを学んだ。昨年、姉妹校提
携した屏東市にある屏栄高級中も訪れる。

 2年生の徳田悠祐さん(17)は「台湾が日本の統治下にあったことも知らなかった。李さ
んのお話を聞けるのは感激。高校生の間に視野を広げたい」。左直栞さん(17)は「映画
で八田さんの強い意志を感じた。李元総統からは台湾をどう発展させたかを聞いてみたい
です」と期待感を高めていた。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 【尖閣】 尖閣で「中台連携」を否定した台湾声明  吉村  剛史(産経新聞台北支局長)

 馬英九総統が2月18日、中国に拠点を持つ台湾企業の関係者(台商)との会合に出席、尖
閣問題をめぐって「中国と連携しない」「中国との共闘はありえない」と表明したこと
は、すでに本誌で紹介してきたが、産経新聞が「事実上『政治対話の拒否宣言』ともいえ
る内容だった」として、解説記事を掲載しているのでご紹介したい。

 ただ、本誌では何度も指摘していることだが、馬英九氏が昨年8月5日に発表した「東シ
ナ海平和イニシアチブ」に続き、9月7日、彭佳嶼において、この「東シナ海平和イニシア
チブ」をどのように推進していくかを記した「東シナ海平和イニシアチブ推進綱領」を発
表し、そこには台湾と日本と中国が対話し協議しようと書かれていた。漁業交渉について
も「二国間と多国間の漁業会談および、その他の漁業協力交流を開き、漁業協力と管理メ
カニズムを構築する」と明記している。

 この「東シナ海平和イニシアチブ」とその推進綱領を破棄しない限り、どれほど「中国
と連携しない」「中国との共闘はありえない」と繰り返したとて、口舌の徒でしかない。

 また、馬英九政権が本当に「中国と連携しない」「中国との共闘はありえない」という
なら、中国を排除する台湾側の姿勢を盛り込んだ内容の日台漁業交渉案を示して、早急に
まとめる努力をすべきだろう。

-----------------------------------------------------------------------------------------

尖閣で「中台連携」を否定した台湾声明  吉村  剛史(産経新聞台北支局長)

http://sankei.jp.msn.com/world/news/130303/chn13030307000000-n1.htm

 沖縄県・尖閣(せんかく)諸島に対し、中国同様に主権を主張してきた台湾が2月8日、
中国が平和的解決に向けた構想を示さないことや法的見解の相違などを列挙し、尖閣での
中台連携を否定する声明を発表した。従来この問題で「大陸(中国)と連携しない」とし
てきた台湾だが、具体的な理由に踏み込んだのは初めて。尖閣周辺海域の扱いが焦点とな
る日台漁業協議への中国の干渉や、中国の軍備増強による地域の安定への影響などにも批
判的に言及しており、2008年以降、経済を軸に対中関係を改善させてきた馬英九(ばえい
きゅう)政権にとって、事実上「政治対話の拒否宣言」ともいえる内容だった。

◆解決姿勢に相違

 声明は台湾の外交部(外務省に相当)が春節(旧正月)休暇直前の2月8日、ホームペー
ジ上に「釣魚台(ちょうぎょだい=尖閣の台湾での呼称)列島の主権声明」「中国大陸と
合作しない立場」と題して公表した。

 内容は(1)法的見解の相違(2)争議解決姿勢の相違(3)「中華民国」の統治権への中
国の不承認(4)中国の干渉が及ぼす日台漁業協議への影響(5)地域の安定や国際社会の
関心に必要な配慮−の5項目で構成されている。

 このうち(2)では、馬英九総統(62)が昨年8月、「争議の棚上げ」「資源の共同開
発」などを盛り込んで提唱した「東アジア平和イニシアチブ」を中国側が無視し、中国が
尖閣に関して国際司法裁判所に委ねることに反対していること、また中国が過去にイン
ド、旧ソ連、ベトナムなど周辺国と領土紛争を繰り返し、尖閣でも平和的解決の具体的構
想を示していないことなどを列挙した。

 (5)では中国が近年、海軍力や空軍力の増強に力を入れ、中国が太平洋進出の戦略上定
めた台湾も含む「第1列島線」の突破をもくろんでいることを指摘。台湾は従来、日米と
政治、経済、安全保障上の緊密な関係があり、軽々に中台連携すれば、地域の安定に影響
する、との理由をあげた。

◆「中華民国の統治権」

 特に(1)と(3)は、台湾の「中華民国」としての存在を、中国が承認していないとい
う点に立ち、法的理由から連携を否定している。

 馬政権は「1つの中国」の建前で、中台間の自由貿易協定に相当する経済協力枠組み協
定(ECFA)を結ぶなど対中融和を進めてきたが、台湾においては終始「その中国と
は、中華民国のこと」としてきた。

 この「中国」の解釈を各自で行うとする台湾の姿勢は、「中華民国は1949年に滅びた」
とする立場の中国としては本来容認できない考えだが、関係改善の中、事実上黙認してきた。

 しかし、尖閣での中国側の共闘の働きかけに対し、今回の声明で台湾は日台断交前の
「日華平和条約」(52年)を尖閣への主権主張の根拠として示し、「中華民国の統治権」
を承認していない中国とは交渉はできず、尖閣での連携も「困難」と説明した。

 これらは中台間の戦争状態に正式に終止符を打つ「平和協定」締結を含め、中国が「平
和統一」を視野に馬政権に期待を示してきた政治対話に関し、馬総統からの事実上の拒否
のサインともいえそうだ。

◆日台漁業協議再開視野か

 ただ、声明はホームページの片隅に掲載されたものの、記者発表などはなく、春節休暇
明けの18日、馬総統が与党・中国国民党内座談会で中国で働く台湾人ビジネスマンらに、
これを3項目に要約して中台連携の不可能を説明。ようやく内外メディアが事実報道した。

 中国とは経済面で関係を深めつつも、日米との政治、経済、軍事上の関係も損ねない、
とする方針を、中国側を刺激しないよう、日米にこっそり示したかっこうで、その背景と
しては(4)が浮上する。

 尖閣周辺海域の扱いが注目される日台漁業協議は、操業の線引きなどで暗礁に乗り上
げ、2009年以降、中断していた。しかし、東日本大震災以降の日台関係の緊密化などを受
け、昨夏、再開機運が高まったが、台湾の抗議船、巡視船の領海侵入や接続水域進入で進
展はたびたび足踏みしている。

 特に、対外的に「中台連携」と映った台湾巡視船団の放水などでは、米国からも馬政権
に「強い懸念が示された」(日台交渉筋)とされ、日本側交渉筋には、声明は「日台漁業
協議再開と協定に向けた中国への根回しのひとつ」との見方も浮上している。

                         (よしむら・たけし 台北支局)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【日本李登輝友の会:取り扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

● 日本初上陸!「台湾フルーツビール」お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0132.reg
*現在「台湾ビール」が品切れとなっています。入荷があり次第ご案内します。

● 李登輝・中嶋嶺雄『THE WISDOM OF ASIA』(『アジアの知略』英語版)お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0138.reg

● 林建良氏新著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』≪特別頒価≫ お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0136.reg

● 映画「台湾人生」DVDお申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0064.reg

● 映画『父の初七日』DVD(日本語字幕)お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0126.reg

● 盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0122.reg

● 李登輝元総統も激賞の映画『跳舞時代』DVDお申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0120.reg

● 『台湾歌壇』(第17集) お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0123.reg

● 友愛グループ機関誌『友愛』(第1号〜第12号)お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0082.reg

● 廖継思著『いつも一年生』お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0075.reg

● 台湾産天然「カラスミ」お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0135.reg

● ボリュームたっぷり「飲茶5袋セット」お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0111.reg

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

入会案内 http://www.ritouki.jp/guidance.html
入会お申し込みフォーム http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0005.reg

-----------------------------------------------------------------------------------------
◆メールマガジン「日台共栄」

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の
活動情報とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先: 

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2011  Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。