国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第1805号】 【日台漁業協議】 2月28日に第2回予備協議を予定!

2013/02/22

>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━━━━ 平成25(2013)年2月22日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
            日台共栄のためにあなたの力を!!
<<INDEX>> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ [Vol.1805]
1>>【日台漁業協議】 2月28日に第2回予備協議を予定!
2>>【良書紹介】 李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』
3>> 2月24日、台湾独立建国聯盟日本本部が蕭錦文氏らを招いて「台湾2・28時局講演会」
4>> 蕭錦文氏も登場する映画「台湾人生」DVDのご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● 李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0142.reg

● 映画「台湾人生」DVDお申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0064.reg

● 台湾独立建国聯盟日本本部「台湾2・28時局講演会」お申し込み【開催:2月24日】
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0084.reg

● 本会青年部「第2回台湾料理教室」お申し込み【開催:3月30日】
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0140.reg

● 第19回「日本李登輝学校台湾研修団」お申し込み【締切:3月20日】 
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0139.reg

◆【ネット署名(第6期)】台湾出身者の戸籍を中国から台湾に改正しよう!!
  http://www.shomei.tv/project-1988.html
  *第6期ネット署名数:797人(2月14日現在 第5期からの継続署名数)
  *第7期署名:間もなく開始しますので、しばらくお待ちください。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>>【日台漁業協議】 2月28日に第2回予備協議を予定!

 昨年11月30日に東京で開かれた第17回日台漁業協議の予備協議は、次の開催が待たれて
いたが、昨日の報道によれば2月28日に予定されているという。

 ただ、この第2回目の予備協議では台湾側に有利な条件が提示される可能性が強まったと
して、沖縄県の漁業協同組合長会らは水産庁などに要請団を派遣するとも伝えている。

 一方、台湾の馬英九総統は2月20日、3つの理由を挙げて「中国と連携しない」「中国と
の共闘はありえない」と表明した。

 理由を明らかにしたのは初めてだというが、昨日の本誌でもお伝えしたように、馬氏は
自ら提案した「東シナ海平和イニシアチブ」をどのように推進していくかを記した「東シ
ナ海平和イニシアチブ推進綱領」では、中国を引き入れ、台湾・日本・中国の間で漁業会
談を開き、共同で資源を開発しようと提案している。

 李登輝元総統はこのような馬氏の姿勢を「日台離間を画する中国を利するもの」と厳し
く批判している。

 馬氏が「中国と連携しない」「中国との共闘はありえない」と表明するのは、まず「東
シナ海平和イニシアチブ」と「東シナ海平和イニシアチブ推進綱領」を破棄してからが筋
だろう。こういうダブルスタンダードを取っている限り、日本はもちろん、台湾内におい
ても信頼は得られまい。

 漁業協議の内容が気になるが、ポイントは「北緯27度以南」に中国漁船を入らせないこ
とだろう。

-----------------------------------------------------------------------------------------
尖閣漁業権 台湾に譲歩案 県漁協、配慮要請へ
【沖縄タイムス:2013年2月21日】

http://article.okinawatimes.co.jp/article/2013-02-21_45564

 尖閣諸島周辺海域の漁業権をめぐって、28日に予定されている日本と台湾の漁業協議の
予備協議で台湾側に有利な条件が提示される可能性が強まり、県漁業協同組合長会(古波
蔵廣会長)は20日、那覇市の水産会館で臨時集会を開き、県内漁業者の利益に配慮するよ
う外務省や水産庁などに要請する方針を固めた。関係漁協の組合長を中心とした要請団を
つくり、県や県漁業協同組合連合会と3者で25日に上京する。

 日台漁業協議は2009年2月以来中断していたが、昨年11月に本協議再開に向けた予備協議
が始まった。28日の予備協議で、外務省が漁業権問題で台湾に譲歩する案を示す可能性が
あるとして、組合長会は(1)交渉では沖縄の漁業者の意向を十分に尊重すること(2)
日本側が主張する排他的経済水域(EEZ)の地理的中間線を基本として協議する−こと
などを求める方針。

 複数の県内漁業関係者によると、外務省から北緯27度以南の漁場を条件付きで台湾側に
認める案が示される可能性があるという。

 臨時集会で組合長らは、尖閣諸島と先島諸島の間で台湾漁船の操業を認めれば、「手も
足も出ない」と懸念。「漁業者が不利益を被らないよう、要請行動でくさびを刺す必要が
ある」と指摘する声が上がった。

 県内漁業者は現在、台湾漁船とのトラブルを恐れ、尖閣諸島周辺を含む先島諸島北側の
マグロ漁場での操業を自粛しているという。マチ類の資源管理のため、禁漁している保護
区でも台湾漁船の違法操業が後を絶たないため、これまでにも安全操業できるよう政府に
要請してきた経緯がある。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>>【良書紹介】 李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

 228事件の被害者にして、二二八紀念館の日本語解説員をつとめる蕭錦文(しょう・きん
ぶん)氏は、この事件の真相をぜひ日本人に伝えたいと思い、著名な歴史学者で国立台北
教育大学教授の李筱峰氏が1998年1月に玉山社出版から上梓した『解読二二八』が「私の見
聞と体験した事件の真相が書かれている」として、3年の歳月をかけて日本語訳を完成。そ
れが本書だ。

*日本での取り扱いは日本李登輝友の会だけです。

-----------------------------------------------------------------------------------------
蕭錦文 [しょう・きんぶん] 略歴

1926(大正15)年4月8日、台湾・台北市に生まれる。新竹中学校を中退後、無尽会社に勤
務するも陸軍志願兵に応募し合格しビルマ戦線に従軍。1946年5月に復員後、義父の経営す
る新聞社「大明報社」に記者として勤務。1947年、二二八事件処理委員会委員だった義父
が政府の追殺から逃走したことで事件に巻き込まれ、行方を探る理由で逮捕。過酷な拷問
後、銃殺寸前で釈放。その後、印刷業に携わるも、1997年2月、二二八紀念館の開館と同時
にボランティア解説員に志願。2000年からは総統府のボランティア解説員も兼任し現在に
至る。翻訳書に李筱峰著『二二八事件の真相』(原題『解読二二八事件』、2009年)。日
本語世代台湾人の半生を取り上げた映画「台湾人生」(酒井充子監督)に登場する5人のう
ちの1人。
-----------------------------------------------------------------------------------------

◆頒 価:会員=1,000円   一般=1,300円
     *送料:1冊=160円(日本国内のみ)
     *入会ご希望の方も会員価格です。

◆お申込:申し込みフォーム、またはメール・FAXにて
     ・申し込みフォーム:http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0142.reg
     ・メール:E-mail:ritoki.jp.youth@gmail.com
     ・FAX:03−3868−2101

◆申込先:日本李登輝友の会
      〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
      TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101 E-mail:info@ritouki.jp

◆支払い:代金後払い(郵便局・銀行) 本と一緒に郵便払込取扱票・請求書を同封。

-----------------------------------------------------------------------------------------
李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』お申し込み書

・注文数:    冊
・ご氏名:
・ご住所: 〒
・電 話:
・E-mail:
・会 籍:会員・一般・入会希望(○で囲んで下さい)
・振込先:郵便局・銀行 (○で囲んで下さい)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3>> 2月24日、台湾独立建国聯盟日本本部が蕭錦文氏らを招いて「台湾2・28時局講演会」
   馬英九が目論む2・28事件の風化!―歴史の生き証人、蕭錦文氏を迎えて

 馬英九政権下で台湾と中共はますます関係を深め、「平和的統一」の方向へ進んでいま
す。ミサイル配備を背景に、経済関係、人的往来、メディアの独占を通して、中共は徐々
に台湾の独立性を無きものにしようとしています。一方で馬英九は、中国人が台湾人を大
虐殺した2・28事件の記憶を風化させようとしています。2・28事件こそ、台湾人が建国に
立ち上がった原点であり、無残に叩きのめされたことも併せて、決して忘れてはならない
歴史です。

 そこで、今年の第1部は、2・28事件の受難者であり、二二八紀念館設立当初よりボラン
ティア・ガイドを務める蕭錦文氏をお招きしてお話を伺います。第2部は、チベット、ウイ
グル、南モンゴルの方々に、中国の巧妙かつ暴力的な侵略・支配を受けた経験を語ってい
ただき、それぞれの民族が文化と自由独立を守るため、中国の覇権主義とどう立ち向かう
か、共に考える機会にしたいと思います。

                        【使用言語:日本語 当日受付可】

 2013年1月吉日

                    台湾独立建国聯盟日本本部 委員長 王 明理

                   記

◆日 時:2013年2月24日(日) 13:30〜16:30(13:00開場)

◆会 場:アルカディア市ヶ谷(私学会館)5階 穂高の間

      東京都千代田区九段北4-2-25 TEL:03-3261-9921
      [交通] 地下鉄・JR総武中央線「市ヶ谷」駅 徒歩3分

◆内 容:第1部 基調講演「国民党政権下で進む2・28事件の風化」

         蕭 錦文[二二八紀念館ボランティア・ガイド]

     第2部 パネルディスカッション「中国の覇権主義にどう立ち向かうか」

         イリハム・マハムティ[日本ウイグル協会会長]
           オルホノド・ダイチン[モンゴル自由連盟党幹事長]
           ペマ・ギャルポ[チベット文化研究所名誉所長]*予定
         蕭 錦文[二二八紀念館ボランティア・ガイド]

           *コーディネーター:黄 文雄[台湾独立建国聯盟日本本部前委員長]

◆参加費:1,000円(学生:無料)

◆申込み:申し込みフォーム、メール、FAXにてお申し込みを。

     申し込みフォーム:http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0084.reg
     E-mail:wufijapan@googlegroups.com
     FAX:03-3359-8475

◆主 催:台湾独立建国聯盟日本本部
      〒162-0067 東京都新宿区富久町8-24-2F
      TEL:03-3351-2757 FAX:03-3359-8475
      E-mail:wufijapan@googlegroups.com
      HP:http://www.wufi-japan.org/

◆後 援:在日台湾同郷会、在日台湾婦女会、メルマガ「台湾の声」、日本台湾医師連
     合、怡友会、アジア自由民主連帯協議会、日台交流教育会、日本政策研究セン
     ター、台湾研究フォーラム、日本文化チャンネル桜、日本李登輝友の会

●問合先:TEL:03-3868-2111                                                 
-----------------------------------------------------------------------------------------
台湾2・28時局講演会 お申込書

お名前:

お電話:

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
4>> 蕭錦文氏も登場する映画「台湾人生」DVDのご案内

 映画「台湾人生」は、台湾各地、そして日本へと舞台を移しながら、台湾で最も波乱に
満ちた時代を生きた“日本語世代”5人(蕭錦文さん、楊足妹さん、タリグ・プジャズヤン
さん、宋定國さん、陳清香さん)の人生を振り返ります。

 時代に翻弄されながらも、ふたつの時代を力強く歩んだ彼らがそれぞれの人生を語ると
き、私たちはその言葉の背後に、もうひとつの歴史の姿を垣間見ることになります。NH
K「JAPANデビュー」では無視された元日本人の心の叫びに耳を傾けてください。

 全国各地で大きな反響を巻き起こし、ロングランヒットとなった酒井充子監督初作品の
傑作ドキュメンタリー、待望のDVD化! 

・監督:酒井充子 製作年・国:2008年・日本 発売・販売元:マクザム
・カラー/4:3スタンダード/片面1層/本編81分+特典/音声:1.オリジナル日本語 他
 〈ドルビー・デジタル・モノラル〉/特典:縮小版パンフレット封入、劇場予告編収録

-----------------------------------------------------------------------------------------

◆頒 価:会員=3,150円  一般=3,360円

     *送料1枚:160円(5枚セット:送料無料) 日本国内のみ
     *入会ご希望の方も会員価格。
     *当会だけの特典として酒井充子監督からのメッセージカードもプレゼント!

◆お申込:申し込みフォーム、またはメール・FAXにて

     ・申し込みフォーム:http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0064.reg
     ・E-mail:info@ritouki.jp
     ・FAX:03−3868−2101

◆申込先:日本李登輝友の会
      〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
      TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101 E-mail:info@ritouki.jp

◆支払い:代金後払い(郵便局・銀行) DVDと一緒に郵便払込取扱票・請求書を同封。

-----------------------------------------------------------------------------------------
映画「台湾人生」DVDお申し込み書

■注文数    枚      ■振込み方法 郵便局  銀行

■ご氏名          (会員・一般)     ■電話番号             

■ご住所 〒                                      
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【日本李登輝友の会:取り扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

● 日本初上陸!「台湾フルーツビール」お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0132.reg
*現在「台湾ビール」が品切れとなっています。入荷があり次第ご案内します。

● 李登輝・中嶋嶺雄『THE WISDOM OF ASIA』(『アジアの知略』英語版)お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0138.reg

● 林建良氏新著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』≪特別頒価≫ お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0136.reg

● 台湾産天然「カラスミ」お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0135.reg

● ボリュームたっぷり「飲茶5袋セット」お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0111.reg

● 映画『父の初七日』DVD(日本語字幕)お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0126.reg

● 盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0122.reg

● 李登輝元総統も激賞の映画『跳舞時代』DVDお申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0120.reg

● 『台湾歌壇』(第17集) お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0123.reg

● 友愛グループ機関誌『友愛』(第1号〜第12号)お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0082.reg

● 廖継思著『いつも一年生』お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0075.reg

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

入会案内 http://www.ritouki.jp/guidance.html
入会お申し込みフォーム http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0005.reg

-----------------------------------------------------------------------------------------
◆メールマガジン「日台共栄」

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の
活動情報とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先: 

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2011  Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2013/02/22

    台湾は韓国人お断りのお店やタクシーがある素晴らしいところ。 

    2ヶ月前に行ったけど高確率で日本語話せる人いるし、すっげー優しかった。 





    >「韓国人は八百長試合を行い、孔子を韓国人と主張する文化泥棒」

     

    どの部分が暴言? 事 実 だ が ?

     韓国人は、どの国でも無邪気に言いたい放題。

     少しでも何か言われようものなら、差別されたと大騒ぎ。

     韓国人について事実を言うと処分される台湾や日本。嫌になるね。





    Korean Go Home!!  Korean Go Home!!  Korean Go Home!!

     

    koreans are hated (韓国人は嫌われてる)

     koreans are racist (韓国人は人種差別主義者)

     koreans are insane (韓国人は狂ってる)

     koreans are liars (韓国人は嘘つき)

     koreans are crazy (韓国人はマジキチ)

     koreans are rude (韓国人は乱暴)

     why koreans are liar (なぜ韓国人は嘘つきか)

     (Google 検索候補より)