国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第1802号】 台湾、対中重視に誤算 輸出鈍化・雇用低迷に不満噴出

2013/02/19

>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━━━━ 平成25(2013)年2月19日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
            日台共栄のためにあなたの力を!!
<<INDEX>> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ [Vol.1802]
1>> 台湾、対中重視に誤算 輸出鈍化・雇用低迷に不満噴出
2>> 邱文章氏が在日台湾同郷会新会長に就任
3>> 台湾独立建国聯盟日本本部が台湾から蕭錦文氏を招いて「台湾2・28時局講演会」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● 第19回「日本李登輝学校台湾研修団」お申し込み【締切:3月20日】 
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0139.reg

● 日本初上陸!「台湾フルーツビール」お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0132.reg
  *現在「台湾ビール」が品切れとなっています。入荷があり次第ご案内します。

● 2月24日開催「台湾2・28時局講演会」お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0084.reg

◆【ネット署名(第6期)】台湾出身者の戸籍を中国から台湾に改正しよう!!
  http://www.shomei.tv/project-1988.html
  *第6期ネット署名数:797人(2月14日現在 第5期からの継続署名数)
  *第7期署名:間もなく開始しますので、しばらくお待ちください。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 台湾、対中重視に誤算 輸出鈍化・雇用低迷に不満噴出

 馬英九総統の支持率が13%と低迷する中、陳冲内閣は2月7日に総辞職した。中国への輸
出も伸び悩み、昨年の成長率(GDP)は1・25%と低迷。

 誰が行政院長(首相に相当)になっても対中経済の立て直しは難しいと言われていた
が、昨日、行政院副院長から新たに行政院長に就任した江宜樺氏率いる新内閣が発足し
た。江氏は1960年11月18日、基隆生まれの52歳。歴代行政院長の中でもっとも若くして院
長に就任した。当面の課題は景気回復。

 だが、台湾はこれまでの「中国頼み」の経済政策に誤算が生じ始めたという。本誌でも
先に伝えたように対中投資は3年ぶりのマイナス。台湾の経済部によると、対中投資は11年
の575件、131億ドル(1兆1610億円)だったが、12年は454件、109億ドル(9663億円)に減
少したという。日経新聞がその背景を伝えているので下記に紹介したい。

 1月31日に台湾の調査会社TISRが中国との関係について発表した世論調査によれば、
「中国を信用できない」と答えたのは69.2%にものぼる。「信用できる」の16.2%をはる
かに上回っていた。

 日経の記事も指摘するように、これでは和平協定など「馬総統が目指す中国との政治交
流などの独自政策が打ち出しにくい」のも当たり前だ。日台漁業交渉にもなんとか中国を
引き入れようとする馬総統だが、これも担当官僚から迷惑がられているという。

-----------------------------------------------------------------------------------------
台湾、対中重視に誤算 輸出鈍化・雇用低迷に不満噴出
【日経新聞:2013年2月19日】

 【台北=山下和成】台湾の馬英九政権(国民党)による中国重視の経済政策に誤算が生
じている。中国に生産拠点を作り台湾から半導体など基幹部品や素材を輸出することで経
済成長を推進してきたが、中国を含む世界の需要減速で対中輸出が鈍化。雇用改善の遅れ
や物価高と相まって経済政策全般への不満が噴出している。台湾域内投資の拡大などでテ
コ入れを目指すが、低迷する支持率が上昇に転じるきっかけがつかめない。

 「景気が回復するよう皆さんの努力を期待している」。馬総統は春節(旧正月)休み明
けの18日、国民党本部でこう語った。あいさつの冒頭に景気の話を持ってくる念の入れよ
うで、危機感の強さをうかがわせた。

 台湾の2012年の実質域内総生産(GDP、速報値)は前年比1.25%増。08年の世界金融
危機の影響を除くと3〜6%台の成長を維持してきたのに比べ、減速感が鮮明になっている。

 最大の要因は対中輸出の鈍化だ。輸出額の約3割を占める中国大陸(香港除く)向けの12
年の輸出額は前年比3.8%減の約807億ドル(約7兆6000億円)。主力のIT(情報技術)
関連製品や化学品などの需要が落ち込み、3年ぶりのマイナスとなった。

 馬政権は08年の誕生以降、中国との交流拡大による経済成長を志向してきた。この方針
を受けて台湾企業が中国生産を拡大。現地で素材や部品を加工して世界に輸出するビジネ
スモデルで成長した。ただ中国の人件費上昇や台湾との競合業種の増加で、中国依存の効
果が薄れつつある。有力シンクタンク、台湾経済研究院の洪徳生院長は「中国一辺倒の成
長モデルからは脱却すべきだ」と指摘する。

 馬政権もそうした点を認識し、昨年5月の2期目の就任時には米国や日本など他国との通
商拡大を推進する方針を示した。さらに自然エネルギー分野など新産業育成などにも注力
する方針を強調した。ただ財政健全化などの縛りを受けて12年の公共投資額は前年比7.5%
減、民間投資額も同1.4%減となる見込みで、雇用機会を生み出せていない。12年の平均失
業率は前年比0.15ポイント低下の4.24%と改善のペースは遅い。

 一方、馬政権は昨年にガソリン価格や電力料金の大幅引き上げを実施。今年1月からは
個人投資家への株式売却益への課税を復活させた。昨年11月には英誌エコノミストが馬総
統を「bumbler(へまをやる人)」と批判し、馬政権が抗議する騒ぎとなった。

 昨年末以降は輸出額など各種指標が好転しつつあるが、逆風はなお強い。台湾のケーブ
ルテレビ大手、TVBS傘下の調査会社が2月上旬に実施した世論調査では馬政権について
「満足」との回答は14%のみで、2期目の就任以降は過去最低水準が続く。一方、「不満」
は63%と多い。同業他社の調査でもおおむね似た数値が並ぶ。

 総統は4年の任期が保証されており、低支持率でも辞任の必要はない。だが馬総統が目指
す中国との政治交流などの独自政策が打ち出しにくい環境にある。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 邱文章氏が在日台湾同郷会新会長に就任

【メルマガ「台湾の声」:2013年2月18日】

 昨日(2月17日)、東京都内で在日台湾同郷会会長任期満了に伴う会長選挙が行われ、新
会長に邱文章氏が選任された。

 邱会長は埼玉県で開業している内科医で「日本李登輝友の会」「日本台湾医師連合」の
理事を務めている。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3>> 台湾独立建国聯盟日本本部が台湾から蕭錦文氏を招いて「台湾2・28時局講演会」
   馬英九が目論む2・28事件の風化!―歴史の生き証人、蕭錦文氏を迎えて

 馬英九政権下で台湾と中共はますます関係を深め、「平和的統一」の方向へ進んでいま
す。ミサイル配備を背景に、経済関係、人的往来、メディアの独占を通して、中共は徐々
に台湾の独立性を無きものにしようとしています。一方で馬英九は、中国人が台湾人を大
虐殺した2・28事件の記憶を風化させようとしています。2・28事件こそ、台湾人が建国に
立ち上がった原点であり、無残に叩きのめされたことも併せて、決して忘れてはならない
歴史です。

 そこで、今年の第1部は、2・28事件の受難者であり、二二八紀念館設立当初よりボラン
ティア・ガイドを務める蕭錦文氏をお招きしてお話を伺います。第2部は、チベット、ウイ
グル、南モンゴルの方々に、中国の巧妙かつ暴力的な侵略・支配を受けた経験を語ってい
ただき、それぞれの民族が文化と自由独立を守るため、中国の覇権主義とどう立ち向かう
か、共に考える機会にしたいと思います。      【使用言語:日本語 当日受付可】

 2013年1月吉日

                    台湾独立建国聯盟日本本部 委員長 王 明理

                   記

◆日 時:2013年2月24日(日) 13:30〜16:30(13:00開場)

◆会 場:アルカディア市ヶ谷(私学会館)5階 穂高の間
      東京都千代田区九段北4-2-25 TEL:03-3261-9921
      [交通] 地下鉄・JR総武中央線「市ヶ谷」駅 徒歩3分

◆内 容:第1部 基調講演「国民党政権下で進む2・28事件の風化」

      蕭 錦文[二二八紀念館ボランティア・ガイド]

      蕭錦文(しょう・きんぶん)氏略歴
      1926(大正15)年4月8日、台湾・台北市に生まれる。新竹中学校を中退後、
      無尽会社に勤務するも陸軍志願兵に応募し合格しビルマ戦線に従軍。1946年5
      月に復員後、義父の経営する新聞社「大明報社」に記者として勤務。1947
      年、二二八事件処理委員会委員だった義父が政府の追殺から逃走したことで
      事件に巻き込まれ、行方を探る理由で逮捕。過酷な拷問後、銃殺寸前で釈
      放。その後、印刷業に携わるも、1997年2月、二二八紀年館の開館と同時にボ
      ランティア解説員に志願。2000年からは総統府のボランティア解説員も兼任
      し現在に至る。翻訳書に李筱峰著『二二八事件の真相』(原題『解読二二八
      事件』、2009年)。日本語世代台湾人の半生を取り上げた映画「台湾人生」
      (酒井充子監督)に登場する5人のうちの1人。

     第2部 パネルディスカッション「中国の覇権主義にどう立ち向かうか」

      イリハム・マハムティ[日本ウイグル協会会長]
      オルホノド・ダイチン[モンゴル自由連盟党幹事長]
      ペマ・ギャルポ[チベット文化研究所名誉所長]*予定
      蕭 錦文[二二八紀念館ボランティア・ガイド]

     *コーディネーター:黄 文雄[台湾独立建国聯盟日本本部前委員長]

◆参加費:1,000円(学生:無料)

◆申込み:申し込みフォーム、メール、FAXにてお申し込みを。
      申し込みフォーム:http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0084.reg
      E-mail:wufijapan@googlegroups.com FAX:03-3359-8475

◆主 催:台湾独立建国聯盟日本本部
      〒162-0067 東京都新宿区富久町8-24-2F
      TEL:03-3351-2757 FAX:03-3359-8475
      E-mail:wufijapan@googlegroups.com
      HP:http://www.wufi-japan.org/

◆後 援:在日台湾同郷会、在日台湾婦女会、メルマガ「台湾の声」、日本台湾医師連
     合、怡友会、アジア自由民主連帯協議会、日台交流教育会、日本政策研究セン
     ター、台湾研究フォーラム、日本文化チャンネル桜、日本李登輝友の会

●問合先:TEL:03-3868-2111                                                 
-----------------------------------------------------------------------------------------
台湾2・28時局講演会 お申込書

お名前:
お電話:

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【日本李登輝友の会:取り扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

● 李登輝・中嶋嶺雄『THE WISDOM OF ASIA』(『アジアの知略』英語版)お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0138.reg

● 林建良氏新著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』≪特別頒価≫ お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0136.reg

● 台湾産天然「カラスミ」お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0135.reg

● ボリュームたっぷり「飲茶5袋セット」お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0111.reg

● 映画『父の初七日』DVD(日本語字幕)お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0126.reg

● 盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0122.reg

● 李登輝元総統も激賞の映画『跳舞時代』DVDお申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0120.reg

● 『台湾歌壇』(第17集) お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0123.reg

● 友愛グループ機関誌『友愛』(第1号〜第12号)お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0082.reg

● 廖継思著『いつも一年生』お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0075.reg

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

入会案内 http://www.ritouki.jp/guidance.html
入会お申し込みフォーム http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0005.reg

-----------------------------------------------------------------------------------------
◆メールマガジン「日台共栄」

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の
活動情報とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先: 

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2011  Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。