国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第1790号】 台湾人を救った廣枝音右衛門を慰霊顕彰する台湾人部下と日本人青年

2013/02/05

>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━━━━ 平成25(2013)年2月5日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
           日台共栄のためにあなたの力を!!
<<INDEX>> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ [Vol.1790]
1>> 台湾人を救った廣枝音右衛門を慰霊顕彰する台湾人部下と日本人青年  傳田 晴久
2>> 廣枝音右衛門のお墓と顕彰碑を参拝─今でも台湾で尊敬され慰霊祭斎行  室 和代
3>>【祝】 台湾と日本、医材開発・手術訓練で協力する2つの「覚書」に調印!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆【ネット署名(第6期)】台湾出身者の戸籍を中国から台湾に改正しよう!!
  http://www.shomei.tv/project-1988.html
  *第6期ネット署名数:790 人(2月5日現在 第5期からの継続署名数)
  *第6期署名期間:平成24(2012)年11月1日〜平成25(2013)年2月14日

● 第19回「日本李登輝学校台湾研修団」お申し込み【締切:3月20日】 
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0139.reg

● 日本初上陸!「台湾フルーツビール」お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0132.reg
  *現在「台湾ビール」が品切れとなっています。入荷があり次第ご案内します。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 台湾人を救った廣枝音右衛門を慰霊顕彰する台湾人部下と日本人青年  傳田 晴久

 本誌では、台南在住の傳田晴久(でんだ・はるひさ)氏が発行する「台湾通信」を発行
のたびにご紹介しています。1月31日、下記のご挨拶文とともにお送りいただきましたので
ご紹介します。

 お送りいただいた「廣枝音右衛門氏」は、昨年9月20日から23日に行った本会主催の「日
台シンポと廣枝慰霊祭ツアー」に傳田氏が参加、この体験を元に書かれています。

 ちなみに、廣枝音右衛門(ひろえだ・おとうえもん)のお墓と遺徳顕彰碑は茨城県取手
市にあり、本会茨城県支部が支部設立後の第一弾として参拝しています。この模様を茨城
県支部担当の室和代(むろ・かずよ)さんが本会機関誌「日台共栄」に発表していますの
で、次にご紹介します。

 なお、原題は「廣枝音右衛門氏」でしたが、本誌掲載にあたり「台湾人を救った廣枝音
右衛門を慰霊顕彰する台湾人部下と日本人青年」と改題し、また読みやすさを考慮し、適
宜、漢字をひらがなに開き、改行も施していることをお断りします。

-----------------------------------------------------------------------------------------

 伝田です。ご無沙汰いたしております。皆様いかがお過ごしですか?

 こちらはいよいよ春節(旧正月)一週間前です。テレビのCMや新聞は春節一色です。
陽気の方は少し暖かくなり、日中は快適ですが、朝晩はやはり少々寒い感じです。

 ようやく台湾通信No.70「廣枝音右衛門氏」が完成いたしました。これは昨年の9月末に
行われた廣枝音右衛門氏慰霊ツアーに参加して学んだことをベースに書きました。
大東亜戦争中、フィリピンの市街戦で台湾の兵士数百人を救い、自らは自決された日本人
廣枝音右衛門氏と彼の慰霊を続ける台湾の元兵士、さらにその偉業を引き継ごうという日
本人の物語です。お読みいただければ幸いです。

                                    傳田晴久

-----------------------------------------------------------------------------------------

廣枝音右衛門氏
【台湾通信(第70回):2013年1月31日】

◆はじめに

 今回は立派な3人の方々を紹介いたします。

 1番目の方は、台湾通信No.66で飛虎将軍として祀れている日本人飛行士杉浦茂峰(すぎ
うら・しげみね)少尉を紹介しましたが、台湾には神様として祀られているもう一人の日
本人がおられ、廣枝音右衛門(ひろえだ・おとうえもん)警部という方です。この方は大
東亜戦争末期、フィリピン、マニラ市で玉砕命令が出ていた部下の台湾人兵士500人余の命
を救い、自らは拳銃で自決されたという。

 2番目の方は廣枝警部の部下で、戦後ただ一人で、命の恩人である警部の慰霊を続けてお
られる劉維添(りゅう・いてん)氏です。

 さらに3番目の方は劉維添氏が執り行う慰霊祭に感じるところあり、劉維添氏の志を継ぎ
たいと考えておられる渡邊崇之(わたなべ・たかゆき)氏です。

 この話は昨年2012年9月22日に行われた「廣枝音右衛門氏慰霊祭ツアー」に参加し、お聞
きしたものです。以下に3人の方々をご紹介いたします。

◆廣枝音右衛門(ひろえだ・おとうえもん)警部

 廣枝氏は1905年(明治38年)神奈川県足柄下郡に生まれ、逗子開成中学、日本大学予科
を経て、23歳の時佐倉歩兵第57連隊に入隊、軍曹となり、満期除隊後小学校教員となっ
た。1930年、台湾に渡り、競争率100倍という警察官試験に合格し、台湾総督府巡査となっ
た(26歳)。

 32歳で巡査部長、34歳で警部補、38歳で警部に昇進、その間台湾の基隆、新竹、竹南、
苗栗、大湖など各地で勤務したが、1943年(昭和18年)に結成された海軍巡査隊の総勢
2000名の総指揮官に任命され(39歳)、マニラの守備に就いた。

 昭和20年2月、米軍の反撃により、戦況は日増しに悪化し、日本軍は遂に特攻作戦を開始
し、棒地雷や円錐弾による戦車への体当たりを敢行する。当然、廣枝隊長の海軍巡査隊に
も突撃命令が下されたが、廣枝隊長は部下を集め、「諸君はよく日本のために戦ってくれ
た。だがもうよい。戦闘の続行は戦備からも不可能である。そうはいっても、今ここで軍
の命令通りに玉砕することは犬死に等しい。故国台湾には、諸君の生還を心から祈ってい
る家族がいる。この際米軍に投降し、捕虜になってでも生きて帰れ。責任は私がとる。私
は日本人だからね」と言い残して、自らは壕に入り、拳銃で頭部を打ち抜き、自決したと
言います。昭和20年2月23日午後3時頃のこと。享年40歳。(『台湾と日本・交流秘話』展
転社からの引用)

◆劉維添(りゅう・いてん)氏

 劉維添氏は廣枝音右衛門氏の部下で海軍巡査隊の小隊長を務めておられたという。生年
月日はお聞きしていないが、去年(2012年)91歳というから1921年(大正10年)のお生ま
れでしょうか。

 去年の慰霊祭の当日朝、心臓発作を起こされたということで、慰霊祭ツアー参加者は大
変心配しましたが、その日の午後、かなりご無理されたと思うが、我々にお会いくださっ
た。とても91歳には見えないくらい、背筋もピンと伸びておられ、まさに矍鑠(かくしゃ
く)とされていました。

 次項で述べる渡邊崇之氏作成のコラム「日台絆のバトンリレー」によると、劉維添氏は
1943年志願して海軍巡査隊に入隊し、廣枝音右衛門氏と行動を共にするようになった。廣
枝隊長自決後、劉維添小隊長は隊員を引き連れて米軍に投降し、台湾に戻った。

 戦後31年過ぎたころ(1976年)、かつての戦友と共に、台湾中部は苗栗県竹南鎮の獅頭
山勧化堂にて廣枝音右衛門氏の英霊安置の式典を行った。出来れば「廟」を建立したかっ
たが、当時は中国国民党政権による戒厳令下、とても日本人を祀る廟の建設などできよう
はずもなく、獅頭山に永代佛としての供養をお願いした。

 お位牌を作り、毎年9月26日に慰霊祭を執り行っておられる。戦友も次々と他界し、今で
は劉維添氏が只おひとりで慰霊のお祀りを催されているといいます。

 劉維添氏は1985年に彼の激戦地マニラに赴き、廣枝隊長自決の場を訪ね、土を採取し、
茨城県取手市にお住まいだった廣枝氏の未亡人ふみ夫人にお渡ししたという。さらに、夫
人逝去後、劉氏は「警部もおさびしいだろうと思い、奥様のお名前もお位牌に入れさせて
いただきました」とのことです。

◆渡邊崇之(わたなべ・たかゆき)氏

 上に記述した内容の多くは渡邊崇之氏のコラムや前記『交流秘話』などからの引用です
が、3人目の立派な方はこの渡邊氏です。氏は1972年生まれと言いますから、現在40歳でし
ょうか、台湾にお住まいで、経営コンサルティングをなさっているとのことです。

 渡邊崇之さんは友愛会のメンバーで、一昨年(2011年)7月の月例会で「日台絆のバトン
リレー:マニラ市街戦から受け継ぐ絆のバトン」と題するスピーチをされました。それは
廣枝音右衛門氏が先の大戦末期に部下の台湾人兵士を玉砕させることなく台湾に帰還させ
たという話と、戦後自決された廣枝隊長の慰霊を一人で続けておられる劉維添氏を紹介す
るモノでした。

 スピーチの最後に渡邊さんは次のように述べられました。

≪先代の日本人たちが台湾に遺した無形の遺産を台湾の皆さんがしっかり受け継ぎ、後世
に残そうとしてくれています。悲しいかな、台湾にも日本にも歴史の断絶、世代の断絶が
あり、なかなか子々代々語り継がれることが難しくなっています。私たちの世代でできる
ことは皆さんの思いを少しでも吸収して、後世に伝えていくことであります。

 マニラ市街戦で唯一の生存者と成られた劉維添氏による慰霊祭も今、その絆が消えてい
こうとしています。何とか、私たちの世代でそれを後世に残すことが出来ればと思ってお
ります。≫

 昨年(2012年)9月に行われた慰霊祭ツアーのバスの中、渡邊崇之氏は劉維添氏の思いを
引き継いでいきたいとの決意を語られました。

◆おわりに

 「子は親の背中を見て育つ」と言います。部下は上司の行動をじっと見ています。そし
て部下は上司の善行を学び、真似をする。その部下が又その姿を学ぶ。善行は次から次へ
とつながっていきます。日本や台湾にはそのような流れがあるようです。

 対するは易姓革命の考えでしょう。天子は天命を受けて国家を統治しているから、天子
の徳が衰えれば天命も革(あらた)まり、有徳者(他姓の人)が新たに王朝を創始すると
いう考え方です。これは私には「断絶」と映ります。

 私の前職は経営コンサルタントでしたから、現役時代は盛んに改善、改革、経営改革を
提唱し、推進してきました。今にして思いますと、改革(断絶)していいものと断絶させ
てはいけないものがあるように思われます。確かに何でもかんでも先人の真似をしていれ
ばいいということはありませんが、先人の行いはすべて悪であると決めつけるのはいかが
なものでしょうか。

 多くの台湾人の命を救い、自らは自決した上官の恩に報いようとする部下が、同僚が
次々に亡くなって行った後、 一人になっても慰霊を続ける台湾人、そしてその姿を見て心
に感ずるものがあり、その思いを引き継いでいこうという人がいる。

 丁度この「台湾通信No.70」の構想を練っている時、箱根駅伝の中継放送がありました。
考えてみますと、我々日本人は駅伝が好きです。中学、高校、大学、実業団……一本のた
すきを、厳しい条件下で引き継いでいく競技は多くのドラマを生み、感動を与えてくれま
す。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 廣枝音右衛門のお墓と顕彰碑を参拝─今でも台湾で尊敬され慰霊祭斎行  室 和代

【機関誌「日台共栄」:平成24(2012)年7月号】

◆ご長男夫妻も参列

 桜もちらほら咲き始めた4月1日、昨年12月4日に設立された茨城県支部(佐藤元支部長)
主催により、茨城県取手市内に建立されている廣枝音右衛門(ひろえだ・おとうえもん)
のお墓と遺徳顕彰碑への参拝が行われました。この日は、ご長男の廣枝晃比古(ひろえ
だ・てるひこ)氏ご夫妻からお話を伺えるということで、支部顧問の黄文雄(こう・ぶん
ゆう)副会長など支部会員10名と、他支部や一般の方も含めて23名が集まりました。

 廣枝音右衛門とは、海軍巡査隊の大隊長として、大東亜戦争末期に部下であった台湾籍
日本兵2000名の命を自らの死をもって救った人物です。

 1976(昭和51)年9月26日、廣枝音右衛門に命を救われた劉維添氏(90歳)ら部下だった
方々が台湾の苗栗県南庄郷の山腹にある仏教寺院、獅頭山勧化堂に廣枝をお祀りして供養
する英魂安置式を行いました。それから毎年欠かさず、劉維添氏らは慰霊祭を執り行って
います。

 この慰霊顕彰の動きが日本にもすぐに伝播し、翌年11月、ふみ未亡人の住む茨城県取手
市にある弘経寺(ぐぎょうじ)の墓域に、元台湾新竹州警友会の奉賛により遺徳顕彰碑が
建立されました。弘経寺は取手駅から徒歩10分ほどのところにある浄土宗の古刹で、境内
には桜や杉の大木などもある堂々たるお寺です。

 お寺の前で参加者が集合し、まず廣枝晃比古夫妻に比留間保夫(ひるま・やすお)副支
部長から挨拶があり、続いて、事務局長の薄井保則(うすい・やすのり)氏より今回の参
拝の意義などについて説明がありました。

 廣枝音右衛門は明治38(1905)年、神奈川県足柄郡片浦村(現・小田原市)に生まれ、
日本大学を卒業後、昭和五年に台湾に渡って警察官になります。新竹州竹南郡政主任勤務
の時、大東亜戦争の戦線拡大により台湾で結成された総勢二千名にも及ぶ海軍巡査隊の総
指揮官に海軍巡査として任命されました。

 昭和18(1948)年12月に廣枝隊長の海軍巡査隊はフィリピンのマニラに渡ります。戦局
が厳しくなった20年2月、軍上層部から米軍に対する総攻撃の命令を受け、棒地雷と円錐弾
が配られ、全員玉砕の命令に、廣枝隊長は苦悩します。

 日頃より温厚な人柄ながら、並々ならぬ慈愛と勇気と責任感をもち、台湾人から慕われ
ていた廣枝隊長は決意しました。 「諸君には故国台湾で生還を待つ人がいる。ここで玉砕
するのは犬死に等しい。責任は私がとるから生き延びてほしい」と。そして2月23日午後3
時ごろ、自ら拳銃二発で頭を撃ち自決しました。享年40。

 本日はその慰霊と顕彰のため参拝します、との説明でした。

◆日台の絆・廣枝音右衛門

 次に、台湾の獅頭山勧化堂にも参拝した当会会員の片木裕一(かたぎ・ゆういち)氏か
らこの参拝に至るまでの説明がありました。廣枝の部下の劉維添氏が台湾で慰霊祭を行っ
ていて、当会会員の渡邊崇之氏が劉氏に出会って詳しい話を伺って感銘を受け、その話を
渡邊氏から聞き、ご遺族と連絡をとって本日の参拝につながったということでした。

 続いて、廣枝晃比古氏からお話を伺いました。まず本日の墓参に多くの参加者が集まっ
てくれたことへの感謝の言葉を述べ、父と別れた時はまだ9歳だったので、父の果たした意
味がよく分からなかったということなど、体調があまり優れない中、側に奥様を伴われて
お話し下さいました。

 日当たりのよい墓地の、南方に面したところに廣枝家のお墓があり、その横に遺徳顕彰
碑が建っています。すでに茨城県支部の方々によってお墓と顕彰碑は清められ、花が供え
られていました。石碑には「ああ壮烈 義人 廣枝音右衛門」と刻まれ、経歴やフィリピ
ンに派遣されてから自決されるまでのことが詳しく刻まれています。

 参加者は一人ひとりが焼香し、頭を垂れました。それから顕彰碑の前で廣枝ご夫妻を囲
んで記念撮影し、黄文雄顧問の解説を伺って改めて感慨に浸ったあと、碑を後にしました。

 その後、取手駅近くの店に宴席を設け、それぞれ台湾との出会いやつながりを述べて親
交を深めました。まさに「日台の絆」というべき廣枝音右衛門のような人物を通じ、今後
も台湾との絆を強めようとの思いを新たにした、とても有意義な春の一日でした。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3>>【祝】 台湾と日本、医材開発・手術訓練で協力する2つの「覚書」に調印!

 日台間では姉妹都市や観光・教育交流など様々な協力関係が結ばれているが、今度は医
材開発と外科手術教育訓練についての2つの覚書が2月1日に交わされたという。

 昨年12月7日、共同通信社と「今後、各言語でのニュース交換のほか、写真やムービーな
どあらゆるニュースコンテンツで協力を進める」ことで合意し、日台初となるメディア同
士の「ニュース協力覚書」に調印した台湾の国営通信社、中央通信社がそれを伝えている
のでご紹介したい。

-----------------------------------------------------------------------------------------

台湾と日本、医材開発・手術訓練で協力へ
【中央通信社:2013年2月2日】

 (台北 2日 中央社)台湾の秀伝医療グループと神戸国際医療交流財団の間で、今月1
日、医材開発と外科手術教育訓練についての2つの覚書が交わされた。今後、双方のバイオ
医学産業や内視鏡外科手術の発展促進が期待される。

 今回調印されたのは「医材開発協力覚書」と「外科手術教育訓練覚書」。

 経済部工業局によると前者は双方が医材技術や医療経験、投資などについての交流と協
力、後者は秀伝アジア低侵襲手術センター(=写真)と神戸国際フロンティアメディカル
センターとの間で進められる生体肝教育をテーマとした医療技術提携についてのもの。

 同局ではこの2つの覚書調印が将来、彰浜バイオパーク(台湾中部)での産業育成や、台
日間での医療テクノロジーの研究開発、医材技術協力、製品量産化の大きな後ろ盾となる
と指摘。

 さらに、台湾での手術用器材、内視鏡外科手術用機器、手術関連映像ソフトなど高付加
価値医療器材の開発の一助となるばかりでなく、台湾に内視鏡手術など高度医療の発展に
ついて新しい契機をもたらし、台湾のバイオテクノロジー、医材、薬品など医療各分野で
の産業促進に寄与することが期待されるとしている。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【日本李登輝友の会:取り扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

● 李登輝・中嶋嶺雄『THE WISDOM OF ASIA』(『アジアの知略』英語版)お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0138.reg

● 林建良氏新著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』≪特別頒価≫ お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0136.reg

● 台湾産天然「カラスミ」お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0135.reg

● ボリュームたっぷり「飲茶5袋セット」お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0111.reg

● 映画『父の初七日』DVD(日本語字幕)お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0126.reg

● 盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0122.reg

● 李登輝元総統も激賞の映画『跳舞時代』DVDお申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0120.reg

● 『台湾歌壇』(第17集) お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0123.reg

● 友愛グループ機関誌『友愛』(第1号〜第12号)お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0082.reg

● 廖継思著『いつも一年生』お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0075.reg

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

入会案内 http://www.ritouki.jp/guidance.html
入会お申し込みフォーム http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0005.reg

-----------------------------------------------------------------------------------------
◆メールマガジン「日台共栄」

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の
活動情報とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先: 

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2011  Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。