国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第1784号】 【尖閣】 国有化で地権者と売買契約を結んだ政府の部署はどこだったのか?

2013/01/29

>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━━━━ 平成25(2013)年1月29日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
           日台共栄のためにあなたの力を!!
<<INDEX>> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ [Vol.1784]
1>>【尖閣】 国有化で地権者と売買契約を結んだ政府の部署はどこだったのか?
2>>【尖閣】 台湾、日米に事前通告 尖閣抗議船 中国“共闘”ジレンマ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆【ネット署名(第6期)】台湾出身者の戸籍を中国から台湾に改正しよう!!
  http://www.shomei.tv/project-1988.html
  *第6期ネット署名数:775 人(1月29日現在 第5期からの継続署名数)
  *第6期署名期間:平成24(2012)年11月1日〜平成25(2013)年1月31日

● 第19回「日本李登輝学校台湾研修団」お申し込み【締切:3月20日】 
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0139.reg

● 日本初上陸!「台湾フルーツビール」お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0132.reg
  *現在「台湾ビール」が品切れとなっています。入荷があり次第ご案内します。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>>【尖閣】 国有化で地権者と売買契約を結んだ政府の部署はどこだったのか?

 昨年9月10日、民主党政権下、藤村修官房長官が記者会見で、政府が尖閣諸島に関する閣
僚会合を官邸で開き、魚釣島、南小島、北小島の3島を20億5000万円で地権者から買い取
り、国有化すると決定し、正式発表した。翌11日の閣議で予備費の支出による購入を決
め、その日のうちに地権者と売買契約を交わした。

 これが「尖閣諸島の国有化」だったが、この国有化に対し、尖閣諸島の領有権を主張す
る中国や台湾が猛反発、中国では各地で反日デモが繰り返された。台湾でも日本交流協会
台北事務所へのデモや尖閣諸島への海上デモが行われたことは未だ記憶に新しい。

 ところで、国有化というが、いったい政府のどの部署が地権者と売買契約を結んだのだ
ろう。当時のニュースを振り返ってみてもはっきりしない。

 例えば日経新聞は「購入後は海上保安庁が管理する。中国に配慮して船の待避(船だま
り)施設や気象観測所などの建設は見送る方針だ」と伝え、また産経新聞も「購入後は海
上保安庁の管理とするが、灯台や漁船待避施設などの整備は行わない方針」とほぼ同様の
ことを伝え、国有化後の維持・管理は海上保安庁が行うとのみで、売買契約は政府のどの
部署が結んだのかは明らかにされなかった。

 最近、海上保安庁関係の資料を入手したところ、なんと「取得」すなわち売買契約も登
記手続きも海上保安庁が行ったと記してあり驚いた。売買契約の締結も、維持・管理も海
上保安庁だった。以下にその資料の該当箇所を紹介したい。

≪本年9月10日の「尖閣諸島の取得・保有に関する関係閣僚会合」において「尖閣諸島の取
得・保有に関する関係閣僚申し合わせ」が行われ、魚釣島、南小島及び北小島の所有権を
国が速やかに取得すること、取得及び管理は海上保安庁において行うこと等が申し合わさ
れました。

 さらに、9月11日の閣議において尖閣諸島の購入経費として一般会計予備費20.5億円を
使用することが決定され、その後海上保安庁において所有者との売買契約締結、登記手続
きなどを行い尖閣諸島は全て国が所有することとなりました。なお、国有化の理由として
は、前記申し合わせに「尖閣諸島における航行安全業務を適切に実施しつつ、尖閣諸島の
長期にわたる平穏かつ安定的な維持・管理を図るため」とされており、今後は「関係省庁
は、内閣官房の総合調整の下、尖閣諸島の長期にわたる平穏かつ安定的な維持・管理を図
るため、その取得・保有に際し、相互に緊密に協力する」こととなっております。≫

 国土交通省の外局である海上保安庁の年間予算は約1800億円。1万2000人を擁しているか
ら、そのうち半分の940億円は人件費だという。

 平成25年度の予算の概算要求額をみても、巡視船艇・航空機等の整備や巡視船艇の整備
など「海洋権益保全のための海上保安体制の強化」として382億6700万円、「東日本大震災
の教訓を踏まえた防災対策の強化等」として102億1600万円などで、とても「灯台や漁船待
避施設などの整備」に回す予算は取れない状況にある。

 補正予算として198億円が計上されたが、これとて領海警備に使う巡視船6隻やヘリコプ
ター1機の新造費など警備態勢強化のためだ。

 やはり「灯台や漁船待避施設などの整備」「船の待避(船だまり)施設や気象観測所な
どの建設」は、予算上できない。国土交通省なら予算もあるのでそのような整備や建設も
可能だが、予算のない海上保安庁に売買契約をさせ、維持・管理も行わせることで、実質
的になにもしない状況を意図したことが看て取れる。民主党政権が中国に配慮して、この
ような措置を取ったことは明白だろう。

 しかし、中国に「配慮」したことで、逆に中国の猛攻を受けることになったのは何とも
皮肉としか言いようがないが、民主党政権が決めた尖閣諸島の「平穏かつ安定的な維持・
管理を図る」こととは、日本は尖閣諸島には手も足も出さない、何もしない状況を実質的
につくることだったのだ。これを「売国奴政権」あるいは「媚中政権」と言わずして、い
ったいなんと呼ぶのだろう。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>>【尖閣】 台湾、日米に事前通告 尖閣抗議船 中国“共闘”ジレンマ

【産経新聞:平成25(2013)年1月26日】

【台北=吉村剛史】沖縄県・尖閣諸島への主権を主張する台湾の抗議船と巡視船が尖閣沖
の接続水域に一時侵入した問題で、台湾当局が日米両国に対し、抗議船の出港を認めると
事前通告していたことが25日、分かった。こうした事前通告は初めて。尖閣での中台“共
闘”を演出しようとする中国に対し、統一工作の一環とみて警戒する台湾側のジレンマが
うかがえる。

 台湾当局の幹部らが明らかにしたところによると、事前通告は「中華民国(台湾)は自
由民主国家であり、法律上の問題がなければ遊漁船の出港を阻止できない」とする内容。

 台湾は尖閣への主権を主張する一方、尖閣で「大陸(中国)とは連携しない」との立
場。事前通告は、尖閣を「固有の領土」とする台湾の立場を弱めかねないものの、日米に
背景を説明することで、共闘という誤ったイメージが広がるのを防ぐとともに、抗議船出
港の悪影響を最小限に抑えようとしたとみられる。

 今回、台湾の抗議船が接続水域に入った際、中国の海洋監視船が近づいてきたが、台湾
の巡視船は電光掲示板で「中華民国の海域から直ちに離れよ」と警告、中台連携と受け取
られないように注意している。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【日本李登輝友の会:取り扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

● 李登輝・中嶋嶺雄『THE WISDOM OF ASIA』(『アジアの知略』英語版)お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0138.reg

● 林建良氏新著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』≪特別頒価≫ お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0136.reg

● 台湾産天然「カラスミ」お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0135.reg

● ボリュームたっぷり「飲茶5袋セット」お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0111.reg

● 映画『父の初七日』DVD(日本語字幕)お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0126.reg

● 盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0122.reg

● 李登輝元総統も激賞の映画『跳舞時代』DVDお申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0120.reg

● 『台湾歌壇』(第17集) お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0123.reg

● 友愛グループ機関誌『友愛』(第1号〜第12号)お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0082.reg

● 廖継思著『いつも一年生』お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0075.reg

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

 入会案内 http://www.ritouki.jp/guidance.html
 入会お申し込みフォーム http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0005.reg

-----------------------------------------------------------------------------------------
◆メールマガジン「日台共栄」

 日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会
 の活動情報とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
 日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
 〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
 TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
 E-mail:info@ritouki.jp
 ホームページ:http://www.ritouki.jp/

●事務局:
 午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先: 

 銀行口座
 みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
 日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
 (ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

 郵便振替口座
 加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
 口座番号:0110−4−609117

 郵便貯金口座
 記号−番号:10180−95214171
 加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

 ゆうちょ銀行
 加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
 店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
 *他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2011  Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。