国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第1773号】 李登輝元総統から誕生祝いの饅頭「寿桃」をいただく  早川 友久

2013/01/12

>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━━━━ 平成25(2013)年1月12日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
           日台共栄のためにあなたの力を!!
<<INDEX>> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ [Vol.1773]
1>> 李登輝元総統から誕生祝いの饅頭「寿桃」をいただく  早川 友久
2>> 李登輝元総統への「誕生日お祝いメッセージ」を募集! ≪締切:1月13日≫
3>>【台湾便】 富山空港が週4に増便し新潟空港は定期チャーター便が就航
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆【ネット署名(第6期)】台湾出身者の戸籍を中国から台湾に改正しよう!!
  http://www.shomei.tv/project-1988.html
  *第6期ネット署名数:741人(1月12日現在 第5期からの継続署名数)
  *第6期署名期間:平成24(2012)年11月1日〜平成25(2013)年1月31日

● 李登輝・中嶋嶺雄『『THE WISDOM OF ASIA』(『アジアの知略』英語版)お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0138.reg

● 林建良氏新著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』≪特別頒価≫ お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0136.reg

● 日本初上陸!「台湾フルーツビール」お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0132.reg
  *現在「台湾ビール」が品切れとなっています。入荷があり次第ご案内します。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 李登輝元総統から誕生祝いの饅頭「寿桃」をいただく  早川 友久

 本誌前号でお知らせしたように、李登輝元総統は1月15日で満90歳のお誕生日を迎えられ
る。そこで、日本からお祝いのメッセージをお送りしようと呼びかけたところ、多くの方
から懇篤なメッセージをいただいている。

 このお祝いメッセージは1月14日にお届けする予定で、後日、本誌でもご紹介したい。

 その呼びかけの際に、生れられた1923(大正12)年1月15日は旧暦の11月29日に当ること
から、これまでお誕生日の祝宴を11月29日に開いてきたそうだ。

 今年の旧暦11月29日に当った1月10日、李登輝元総統のご自宅には黄昆輝・台湾団結聯盟
主席など特に親しい人々が駆けつけてお祝いし、李元総統からお祝いの饅頭「寿桃」をい
ただいたという。本会台北事務所の早川友久所長も縁あって「寿桃」をいただいたそう
で、ブログにつづっているのでご紹介したい。

-----------------------------------------------------------------------------------------
李登輝元総統、今日が旧暦のお誕生日
【台北事務所ブログ:2013年1月10日】
http://twoffice.exblog.jp/19812548/

 李登輝元総統のお誕生日は1月15日で、あと5日もすれば90歳を迎えることになります。

 ただ、総統ご自身は新暦ではなく農暦(旧暦)で祝うことを習慣にされているようで、
これまで旧暦の11月29日を誕生日として祝ってきたそうです。今年の農暦11月29日にあた
るのが本日で、農暦で数えると92歳を迎られます。

 誕生日に際し、総統からは「寿桃」が配られ、私もご縁あってお相伴にあずかりまし
た。「寿桃」とは、中華圏の風習で、誕生日を迎えた人が配る、桃をかたどったお祝いの
饅頭のことです。

 その昔、仙境といわれた崑崙山には不老長寿の桃があり、3000年に一度しか実をつけな
かったとか。そして、崑崙山の主人である西王母が、この桃が実ったのを祝って祝宴を開
いたという故事から「寿桃」が生まれたようです。

 とはいえ、現実の台湾社会は折りからの不況と、馬英九政権の迷走で決して景気のいい
話ばかりではありません。聯合晩報の報道によれば、李登輝元総統は「苦しい国民の生活
を思えば誕生日を祝う気にはならない」と話しており、祝宴も開かないということです。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 李登輝元総統への「誕生日お祝いメッセージ」を募集! ≪締切:1月13日≫

 李登輝元総統の生誕日は1923(大正12)年1月15日。間もなく満90歳の誕生日を迎えられ
ます。台湾の旧暦での年齢の数え方では92歳に当たるそうです。

 1923年の1月15日は旧暦では11月29日に当ります。そこで、例えば昨年なら旧暦11月29日
は新暦の2011年12月23日に当っていたことから、その日、王金平・立法院長や蔡英文・民
進党主席、蔡焜燦・李登輝民主協会理事長、黄昆輝・台湾団結聯盟主席など、有縁の方々
が大勢駆けつけ、台北市内のホテルで誕生日をお祝いしたそうです。

 今年の旧暦11月29日は本日1月10日。ただし、台湾の報道によれば、今年は国民が生活に
苦しんでいるときに誕生パーティはできないということで、お祝いの宴は催さないそうで
す。

 そこで、これを知った本会会員から、せめて日本からお祝いのメッセージをお贈りした
らどうか、とご提案いただきました。

 つきましては、李登輝元総統への「誕生日お祝いメッセージ」を募集いたします。お送
りいただいたお祝いメッセージは必ず李元総統にお届けいたします。募集要項は下記のと
おりです。ふるってお送りください。

 平成25年1月10日

                                日本李登輝友の会

                    記

◆メッセージ:日本語で100字以内
       1)お名前、2)お住まいの都道府県名、3)お肩書き(元職も可)を明記。

◆締 切:1月13日(日)

◆送 付:メールかFAXでお願いします。
      E-mail:info@ritouki.jp
      FAX:03-3868-2101

◆送り先:日本李登輝友の会「李登輝元総統お誕生日係」
      〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
      TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
      E-mail:info@ritouki.jp

-----------------------------------------------------------------------------------------

李登輝元総統プロフィール

1923(大正12)年1月15日、台北州淡水郡三芝庄(現在の新北市三芝郷)埔坪村に、警察
官の父・李金龍と母・江錦の次男として出生。汐止公学校に入学後、父・李金龍が日本名
として岩里政男と命名。一つ上の兄に李登欽(日本名:岩里武則)。

旧制淡水中学校、旧制台北高等学校を卒業後、1943年10月、京都帝国大学農学部農業経済
学科に入学。翌年12月、学徒動員で陸軍に入隊。終戦で除隊後に帰台。1946年4月、台湾大
学農学部農業経済学科に編入学。

1949年2月、曽文惠女史と結婚。同年8月、同大を卒業し農学部助手に就任。その後、米国
アイオワ大学大学院修士課程、米国コーネル大学大学院博士課程を修了し農学博士号を取
得。1968年、台湾大学大学院教授に就任。

1972年、行政院政務委員(無任所国務大臣)に任命され農業顧問を担当。台北市長、台湾
省政府主席、副総統を歴任後、1988年1月、総統並びに中国国民党主席に就任。台湾の民主
化を進め、1996年3月、台湾初の総統直接選挙を実施し総統に当選。2000年3月、中国国民
党主席を辞任。

2001年4月に日本を来訪し、その後、2004年12月、2007年5月、2008年9月、2009年9月に来
日。主な日本語の著書に『台湾の主張』『「武士道」解題』『最高指導者の条件』など。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3>>【台湾便】 富山空港が週4に増便し新潟空港は定期チャーター便が就航

 昨秋は長野県や群馬県が知事のトップセールスで台湾の自治体と「教育・観光協定」を
結び、三重県も今年5月に「日台観光サミット」を開催予定など、このところ地方自治体が
台湾との交流を積極的に仕掛けている。

 新潟空港には明日12日、初の定期チャーター便が就航し、富山空港では4月から現在の週
2便から週4便に増便することが決まったという。富山県もまた石井隆一知事のトップセー
ルスが実った形だ。下記にその記事をご紹介したい。

 今月24日には熊本県の蒲島郁夫(かばしまいくお)知事も訪台し、熊本空港への路線新
設を働きかけ、食品・観光に関する商談会を行う予定だ。

 この定期便就航が教育交流や青少年交流につながる。自治体の動きが日本と台湾の緊密
性を高めるのだ。これまで、このような日本の自治体と台湾との交流に圧力をかけて止め
てきたのが中国だったが、すでにその圧力は見られない。

-----------------------------------------------------------------------------------------
新潟─台湾線、12日就航 初の定期チャーター便
【新潟日報:2013年1月11日】

 新潟空港と台湾の桃園国際空港(台北)を結ぶ定期チャーター便が12日、就航する。毎
週水、土曜の計2往復。新潟空港発着の台湾への定期空路就航は初めてで、観光需要の掘り
起こしが期待される。

 運航するのは台湾の航空会社エバー航空。ダイヤは水、土曜とも午前10時50分台湾発
(午後3時新潟着)と午後4時30分新潟発(同7時35分台湾着)。当面3月30日までの予定
で、4月以降の運航については検討中。

 県は主に観光客の利用を見込む。台湾とはこれまでも不定期のチャーター便の運航が盛
んで、2011年度は23便が運航。本県への外国人観光客は東日本大震災発生後に落ち込んだ
が、県は台湾からは比較的好調だとしてスキーや雪をPRし、冬場の観光客誘致に力を入
れる。

 12日は、新潟空港で就航記念セレモニーが行われる。

-----------------------------------------------------------------------------------------
台北便 2便増週4便に
【読売新聞:2013年1月10日】

 富山空港発着の台北便が、4月から現在の週2便から週4便に増便されることが決まった。
増便要請のため、運航する中華航空(チャイナエアライン)本社(台湾・桃園県)を訪問
した石井知事が9日、記者会見で明らかにした。

 石井知事は8日に台湾から帰国。知事によると、同社の孫洪祥社長が7日、増便を承諾し
たという。

 孫社長は当初、5月から増便する意向を示していたが、台湾で人気の高い立山黒部アルペ
ンルートの全線開通を1日前倒しして4月16日としたことを受け、4月15日の週から、現行の
月、金曜日に加え、木、日曜日も運航することを決めた。

 台北便は昨年4月に週2便で就航。搭乗率が好調だったことから、7月から週3便に増便さ
れた。しかし、冬季の需要低迷を見込み、10月28日の冬季ダイヤから同2便に減便されてい
た。

 昨年4〜11月の平均搭乗率は65・2%と高く、石井知事は、冬季ダイヤでも週4便を維持す
るよう同社に要請した。

 石井知事は「どぶろく作りの体験ツアーや雪遊びなど、冬場の富山県の新しい魅力をア
ピールしたい」とし、立山黒部アルペンルート閉鎖中の冬の観光振興策に取り組む考えを
示した。

 一方、台湾訪問中に、県内企業の台湾でのビジネス展開支援窓口となる「富山県台北ビ
ジネスサポートデスク」を設置したことを報告。「台湾側の富山県に対する信頼感が大き
くなっているのを感じた」と述べた。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【日本李登輝友の会:取り扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

● 台湾産天然「カラスミ」お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0135.reg

● ボリュームたっぷり「飲茶5袋セット」お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0111.reg

● 映画『父の初七日』DVD(日本語字幕)お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0126.reg

● 盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0122.reg

● 李登輝元総統も激賞の映画『跳舞時代』DVDお申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0120.reg

● 『台湾歌壇』(第17集) お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0123.reg

● 友愛グループ機関誌『友愛』(第1号〜第12号)お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0082.reg

● 廖継思著『いつも一年生』お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0075.reg

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

 入会案内 http://www.ritouki.jp/guidance.html
 入会お申し込みフォーム http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0005.reg

-----------------------------------------------------------------------------------------
◆メールマガジン「日台共栄」

 日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会
 の活動情報とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
 日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
 〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
 TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
 E-mail:info@ritouki.jp 
 ホームページ:http://www.ritouki.jp/

●事務局:
 午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先: 

 銀行口座
 みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
 日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
 (ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

 郵便振替口座
 加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
 口座番号:0110−4−609117

 郵便貯金口座
 記号−番号:10180−95214171
 加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

 ゆうちょ銀行
 加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
 店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
 *他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2011  Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。