国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第1755号】 台湾は安倍政権を歓迎し交流の深化と関係強化に高い期待感!

2012/12/18

>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━━━━ 平成24(2012)年12月18日】

        ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
            日台共栄のためにあなたの力を!!
<<INDEX>> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ [Vol.1755]
1>> 台湾は安倍政権を歓迎し交流の深化と関係強化に高い期待感!
2>> 冊子「遥かなり台湾」(第5集)発刊  喜早 天海(日本と台湾の懸け橋になる会世話人)
3>> 12月23日、本会が中嶋嶺雄氏を講師に「日台共栄の夕べ」を開催!【締切:12月20日】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● 林建良氏新著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』≪特別頒価≫ お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0136.reg

◆【ネット署名(第6期)】台湾出身者の戸籍を中国から台湾に改正しよう!!
  http://www.shomei.tv/project-1988.html
  *第6期ネット署名数:699人(12月18日現在 第5期からの継続署名数)
  *第6期署名期間:平成24(2012)年11月1日〜平成25(2013)年1月31日

● 中嶋嶺雄氏を講師に「平成24年 日台共栄の夕べ」【12月23日】お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0127.reg

● 日本初上陸!「台湾フルーツビール」お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0132.reg
  *現在「台湾ビール」が品切れとなっています。入荷があり次第ご案内します。

● 台湾産天然「カラスミ」お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0135.reg

● ボリュームたっぷり「飲茶5袋セット」お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0111.reg

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 台湾は安倍政権を歓迎し交流の深化と関係強化に高い期待感!

 一昨日、投開票の衆議院総選挙で安倍晋三総裁を擁する自民党が圧勝したことについ
て、台湾の多くが歓迎し、交流の深化と関係強化に高い期待を寄せている。

 台湾メディアによれば、林永楽・外交部長は「今回の日本の総選挙の結果は台日関係に
とってプラス」と評価し、施顔祥・経済部長も「台湾と日本の経済協力および台日の企業
提携にとって、これまで以上にいい機会が生まれるのではないか」と期待感を示している。

 また、中国国民党の李鴻鈞立法委員(超党派議員連盟「台日国会交流聯誼会」会長)は
「安倍政権が誕生すれば関係発展のチャンスがより高まる」と表明している。

 台湾との間では漁業協議交渉が行われているが、外交部の柯森耀次長は「双方には意思
疎通の意向があり、日本の新政権が発足後も前向きな方向に前進するだろう」と語っている。

 日本にある台北駐日経済文化代表処の陳調和副代表も「台湾に対し深い理解を持つ安倍
政権は台日関係の推進に好材料となる」との見方を表示したことを伝えている。

 このような台湾側の見方を象徴しているのは、外交部が選挙の最終結果が発表される前
の16日夜に報道発表文を出したことだろう。下記に、それを伝えるNHKニュースを紹介
するが、台湾側の安倍政権に対する期待感は、日本人が想像する以上に大きく高い。

 ちなみに、台湾からは石原慎太郎氏の動きにも期待の声が挙がっているが、自民党と連
立を組む公明党に関するコメントは見当たらない。

-----------------------------------------------------------------------------------------
台湾“安倍政権で交流に期待” 
【NHKニュース:2012年12月17日】

 衆議院選挙で、自民・公明両党が過半数を獲得し、政権が交代することについて、台湾
の外交部は声明を出し、安倍政権が誕生し、日本と台湾の交流がさらに進むことに期待を
示しました。

 衆議院選挙の結果について、台湾の外交部は声明で、「安倍総裁が率いる自民党が勝利
したことから、日本の有権者が安倍総裁に大きな期待を寄せたことが分かる」として、安
倍政権が誕生する見通しとなったことを前向きに受け止めています。

 さらに、声明では、安倍総裁について、祖父の代から3代にわたって台湾に友好的で、
おととしも台湾を訪れて馬英九総統と会談しているなどと評価したうえで、「台湾と日本
は経済や文化などの交流が進んでおり、自民党が政権を取ったあとも、双方の関係がさら
に安定的に発展することを信じている」と期待を示しました。

 また、台湾のメディアは、安倍総裁が沖縄県の尖閣諸島の領有権を巡って強硬な立場を
示していると指摘する一方、いわゆる「親台派」であり、島の周辺海域を対象にした日本
と台湾の漁業交渉には積極的に応じるだろうという、専門家の見方を伝えるなど、肯定的
な論調が目立っています。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 冊子「遥かなり台湾」(第5集)発刊  喜早 天海(日本と台湾の懸け橋になる会世話人)

【メルマガ「遥かなり台湾」:2012年12月15日】

 メルマガ記事を配信し続けて早いもので、今年8月で満10年になりました。一時は配信
を中断したこともあり、やっとこのような形で2年ぶりに一冊にまとめることができ感慨
深いものがあります。

 本と言ってもパソコンで編集したものを印刷屋に持ち込んで製本してもらっただけなの
ですが、自分のやってきたことを記録(カタチ)として残しておくことと、戦前の台湾を
知っている人たちが年々少なくなっているので、その人たちの書きしるしたものを残して
おくのが目的なのです。

 この2年間振り返ってみると、東日本大震災が何と言っても最大の出来事でした。その時
に台湾の人たちから多額な義援金が寄せられ感謝してもしきれないものがあります。その
おかげでNHKのど自慢が開催されたと言っても過言ではないでしょう。

 この冊子ではメルマガ配信記事から抜粋したものや未公表分も含めて載せてあります。
第四章の「移民村」、第五章の「日台の絆」の文章は雑誌や他のメルマガから転載したも
のであり、第六章の白冷[土川]の項では北國新聞社からご協力いただき多面的に紹介する
ことができました。

 今回も発刊にあたり、寄稿してくださった方々、文字入力してくれた方、快く記事の転
載許可して下さった方々、発刊するたびに支援して下さる方々などなど多くの人たちのお
かげでできあがりました。深く感謝申し上げます。

 もし皆様方の中で購読希望者がおられましたら、その旨メールをお寄せください。PD
Fファイルにしたものでよければ、送らせていただきます。

書 名 「遥かなり台湾」(第5集)
発刊日 2012年12月師走
頁 数 144ページ

目 次

第一章 私と台湾

 台湾の教え子との交流
 台湾の想い出
 我が師
 台湾の思い出
 今

第二章 台湾あれこれ

 NHKのど自慢IN台湾
 眼科医でアイスクリーム?
 ある湾生の回顧録
 故郷の川
 講演「日本統治時代の台湾」
 カメラマン鳥井勇造
 花岡一郎、二郎
 修身書の発刊

第三章 日本とゆかりの地を旅する

 通霄(海線)を訪ねて
 永靖(彰化県)を訪ねて
 タロコ号に乗って「日本」との出会いの旅(上)
 タロコ号に乗って「日本」との出会いの旅(下)
 竹田駅にある池上文庫

第四章 知られざる史実

 台湾東部の日本人移民村
 白色テロ
 良書紹介
 李登輝総統と台中校

第五章 東日本大震災と台湾

 加油(がんばれ)日本
 台湾から祈りと激励を短歌で
 被災者は語る
 大震災で深まった日台の絆

第六章 白冷[土川]と兼六園

 白冷[土川]
 逆サイホンが結ぶ日台の絆
 白冷[土川]通水式
 北國新聞「今日の社説」
 磯田技師の長女へのインタビュー記事
 80周年記念式典に参加して

編集後記

-----------------------------------------------------------------------------------------
■発行人■ 日本と台湾の懸け橋になる会世話人 喜早天海

■会のホームページはhttp://www.freeml.com/k37339/

◆「昔と今の台湾」を知るHP(ブログ)
 「台湾風物詩」  http://blogs.yahoo.co.jp/taichu_jp
 「台湾見聞録」  http://blogs.yahoo.co.jp/kisousan

◆ご意見、ご感想など
 Eメール:k37339@gmail.com.

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3>> 12月23日、本会が中嶋嶺雄氏を講師に「日台共栄の夕べ」を開催!【締切:12月20日】
   演題は「日台関係と日中関係」

 台湾に総統選挙ツアーを派遣して始まった本年ですが、癌を克服された李登輝元総統が4
月から「生命の旅」を始められるなど、嬉しいニュースもありました。

 本会は、4月に集団的自衛権と日台FTAに関する「政策提言」を初めて発表し、戸籍問
題に取り組み、李登輝学校研修団を派遣、桜寄贈を通じた李登輝民主協会との交流などを
行ってまいりました。そこで、この1年を振り返ってさらなる飛躍を期し、本年も「日台
共栄の夕べ」を開催いたします。

 第1部は、2007年に李登輝元総統の「奥の細道」探訪を実現、最近は日中国交樹立は正し
い歴史的選択だったのかと問い、台湾との断交は戦後日本の大きな過ちだったと断じられ
た国際教養大学学長・理事長の中嶋嶺雄先生による講演会。

 第2部の「大忘年会」は、各界からのスピーチ、台湾往復チケットや美味しい台湾名産の
果物、台湾グッズが当たる例年大好評の「お楽しみ抽選会」も行います。

 今年は10回目を迎える節目の開催。台湾にご縁のある方ならどなたでも歓迎です。ご参
加の方は準備の都合上、申し込みフォームやメールなどで事前にお申し込み下さい。

*当日は李登輝元総統と中嶋嶺雄氏の共著『アジアの知略』の英語版『The Wisdom of 
 Asia』(2012年、国際教養大学出版会刊)も販売いたします。

                   記

◆日 時 平成24年12月23日(祝・日) 午後3時〜(2時30分開場)

◆会 場 アルカディア市ヶ谷 3階 富士の間
      〒102-0073 東京都千代田区九段北4-2-25 TEL:03-3261-9921
      【交通】JR・地下鉄「市ヶ谷駅」徒歩3分

 第1部:講 演 会 15:00〜16:30
     中嶋嶺雄先生「日台関係と日中関係」

      [なかじま・みねお]国際教養大学理事長・学長
      昭和11(1936)年、長野県松本市生まれ。1960年、東京外国語大学中国科卒、
      1965年、東京大学大学院社会学研究科修了。社会学博士。専門は国際関係
      論・現代中国学・アジア地域研究。東京外国語大学教授・学長を経て現職。
      カリフォルニア大学サンディエゴ校大学院などの客員教授を歴任。平成15年
      度「正論大賞」受賞。現在、社団法人才能教育研究会会長、松本深志高校同
      窓会長などを兼務。主な著書に『なぜ国際教養大学で人材は育つのか』『日
      本人の教養』『学歴革命』ほか多数。

 第2部:大忘年会 17:00〜19:00

◆参加費 会員:8,000円(学生会員:6,000円) 一般:10,000円

     *参加費は第1部・第2部を含みます。第1部のみ参加は1,000円。
     *入会希望者と当日入会者も会員扱いと致します。

◆申込み 申し込みフォーム、メール、FAXで日本李登輝友の会まで
      申し込みフォーム:http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0127.reg
      E-mail:info@ritouki.jp FAX: 03-3868-2101

◆締 切 12月20日(木)

◆主催・お問い合せ
 日本李登輝友の会[会長 小田村四郎]
 〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
 TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
 E-mail:info@ritouki.jp ホームページ:http://www.ritouki.jp/

-----------------------------------------------------------------------------------------
「平成24年 日台共栄の夕べ」申込書(いずれかに○をつけて下さい)

・ご 氏 名:
・電  話:
・会  籍:会員・一般・入会希望 (いずれかに丸をつけて下さい)
・会員種別:賛助・正・普通・学生 (会員・入会希望者の方は会員種別に丸をつけて下さい)
・講 演 会:ご出席・ご欠席 (いずれかに丸をつけて下さい)
・大忘年会:ご出席・ご欠席 (いずれかに丸をつけて下さい)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【日本李登輝友の会:取り扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

● 映画『父の初七日』DVD(日本語字幕)お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0126.reg

● 盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0122.reg

● 李登輝元総統も激賞の映画『跳舞時代』DVDお申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0120.reg

● 『台湾歌壇』(第17集) お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0123.reg

● 友愛グループ機関誌『友愛』(第1号〜第12号)お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0082.reg

● 廖継思著『いつも一年生』お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0075.reg

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 日本李登輝友の会「入会のご案内」

  入会案内 http://www.ritouki.jp/guidance.html
  入会お申し込みフォーム http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0005.reg

-----------------------------------------------------------------------------------------
◆メールマガジン「日台共栄」

  日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の
  会の活動情報とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
 日本李登輝友の会(小田村四郎会長) 
 〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
 TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
 E-mail:info@ritouki.jp ホームページ:http://www.ritouki.jp/

●事務局:
 午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先: 

 銀行口座
 みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
 日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
 (ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

 郵便振替口座
 加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
 口座番号:0110−4−609117

 郵便貯金口座
 記号−番号:10180−95214171
 加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

 ゆうちょ銀行
 加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
 店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
 *他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2011  Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2012/12/18

    どうしてマスコミって中国や韓国の安倍さんの評価は嫌というほど流して「右傾化ガーッ」ってわめくのに、インドやフィリピン、台湾をはじめとした国々が安倍政権樹立を歓迎しているのをほとんど伝えないのか。どこの国のメディアなんだろうか・・・。