国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第1746号】 歴史定位─棺を覆いて事定まる  迫田 勝敏(ジャーナリスト)

2012/12/07

>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━━━━ 平成24(2012)年12月7日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
           日台共栄のためにあなたの力を!!
<<INDEX>> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ [Vol.1746]
1>> 歴史定位─棺を覆いて事定まる  迫田 勝敏(ジャーナリスト)
2>> 台湾の達人・片倉佳史さんと行く 台湾200%満喫の旅Vol.4 ≪締切:12月25日≫
3>> 12月8日、片倉佳史氏を講師に「日本と台湾を考える集い」
4>>「台湾の声」サーバー不調の際の対応【編集部よりお知らせ】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

*12月2日から5日まで本誌が発行されませんでしたので、「どうしたんですか」というご
 心配の声を何通かいただきました。ありがとうございます。本会役員や支部長とともに
 李登輝元総統との懇談会や蔡焜燦先生たちとの絆の交流、交流協会台北事務所との意見
 交換会などで訪台していて発行できませんでした。後日、参加者からも「充実した内容
 だった」と高評いただいた「李登輝先生と役員・支部長懇談会訪台団」について報告い
 たします。
                                 (本誌編集部)

◆【ネット署名(第6期)】台湾出身者の戸籍を中国から台湾に改正しよう!!
  http://www.shomei.tv/project-1988.html
  *第6期ネット署名数:690人(12月7日現在 第5期からの継続署名数)
  *第6期署名期間:平成24(2012)年11月1日〜平成25(2013)年1月31日

● 冬の定番「台湾ポンカン」お申し込み【締切:本日(12月7日)】
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0134.reg

● 台湾産天然「カラスミ」お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0135.reg

● ボリュームたっぷり「飲茶5袋セット」お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0111.reg

● 日本初上陸!「台湾フルーツビール」お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0132.reg
  *現在「台湾ビール」が品切れとなっています。入荷があり次第ご案内します。

● 日本李登輝友の会「平成24年 日台共栄の夕べ」【12月23日】お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0127.reg

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 歴史定位─棺を覆いて事定まる  迫田 勝敏(ジャーナリスト)

【台湾ダイジェスト:12月号】

 台湾の雑誌にこんな漫画が載った。男がわめいている。「大変だ。外国人が総統は馬鹿
だと知っているぞ。重大な国家機密の漏洩だ。早く調べろ」──。英国の著名経済誌「エ
コノミスト」が馬英九政権の批判記事を掲載、野党側はそれみたことかと「無能総統」と
あらためて非難、政府側は同誌に抗議するといきり立つ騒ぎになった。

◆「総統は馬鹿」? 英誌報道 

 エコノミストは同誌ネット版に「Bumbler・Ma(馬)」と題して馬総統は失政
で世論の非難を浴びていると台湾の現状を書いた。問題はこの「Bumbler」という
言葉。台湾の新聞はこれを「笨蛋」と訳し、一面トップで伝えた。「笨蛋」は日本語にす
れば「間抜け」や「馬鹿」の意味で「馬鹿な馬総統」となる。

 外国誌から公然と「馬鹿だ」とレッテルを貼られては、馬総統のメンツは丸潰れ。政府
側からは同誌に抗議という声も出た。だが、そんなことをすれば恥の上塗りだ。それこそ
「国家機密」を自分から世界中にばら撒くようなものだ。外交部は誤解もあると英誌に政
策の実績などを説明するとし、総統府は「反省すべきは反省し、改善すべきは改善して全
力で前に進む」と談話を発表した。

 その発表を聞いて早速、新聞に投書が載った。「一生懸命なんてしないでほしい」と。
なぜ? 馬総統が一生懸命にやればさらに悪くなるだけ。自分は上に乗っかるだけで、周
囲や下の人たちに任せればいい──という趣旨だ。「皇帝でもいいからなにもするな」と
いうこと。そうかもしれない。馬総統は他人の意見を聞くことが少ないとよく聞く。

◆批判に晒されるのも仕事

 「馬鹿総統」と転電されたエコノミスト誌は「馬鹿というのは誤訳で、正しくは失敗者
だ」といった趣旨の返答をし、波紋を鎮めている。ちなみに英和辞典を引くと「ドジな
人」、「無能なため失敗する人」、「へまをやる人」などとある。「馬鹿」はないが、で
もニュアンスはそれに近い。要するに野党側がいつも言う「無能」ということではない
か。

 もともと民主国家では指導者は常に批判に晒されるもので、それが仕事の一部だ。それ
にいちいちむきになって反論したり、抗議したりしていたのでは大物ではない。「近いう
ちに」と言いながら、なかなか解散しないため野田首相は「嘘つき」と言われた。内心は
ともかく、それで野田首相は、怒り狂いはしなかった。遅くはなったが、小学生時代の成
績表には「バカが付くほど正直といわれた」と反論したうえで、解散日を宣言、民主党内
からも「バカ正直解散」といわれた。政治家は言い訳ではなく、実績で答えるべきだ。

◆公約反故で支持率低下

 馬総統は4年前、「狂勝」して総統に就任したものの、選挙戦の公約は次々に反故にして
きた。昨年は、民間のベアを促すのだといって公務員の給料を3%アップしたが、民間企業
の7割以上は賃金凍結だ。

 馬総統の呼びかけは無視されていると批判され、「ベアをすれば、企業は赤字で経営破
たんするから止むを得ない」と前言を翻した。ならば国家財政は史上最悪の赤字で破綻寸
前なのになぜ公務員のベアをしたのか。選挙の票狙いといわれても仕方ない。

 こんな調子だから民間の世論調査では支持率が13%にまで低下した。10月の失業率はま
た上昇、若者は7人に1人が失業。平均給与は14年前の水準のままだ。

◆与党内でも「無能」の酷評

 だから与党陣営でも馬総統批判は広がる。王建[火宣]・監察院長は「馬総統は自分の歴
史的評価(歴史定位)を求めているが、もう確定している。それは『無能』だ」と酷評し
た。

 確かに馬総統は歴史上の自分の評価を気にしているともいわれる。だから中国との関係
改善で、やがては統一を果たし「ノーベル平和賞」をねらっているのだとも。統一の暁に
どれだけの台湾人が喜ぶのだろうか。顔写真に卵をぶつけられるだけでは済まないかもし
れない。「歴史定位」は一般市民が決めるもの。まずはよい政治をすることだ。

 小学2年生の女の子がコンビニでお菓子を盗み捕まったという記事が載っていた。単身の
母親は2人の子を抱え、7月から失業、家賃も払えず、追いたてを食っている。ろくに食事
もできずに職探しに必死で、もちろん娘も満足に食べていない。それで万引き。こんな世
の中を直すのが政治家の責務だろう。

 「棺を覆いて事定まる」という。馬総統の「歴史定位」は捕まった女の子やその母親た
ちが決める。(了)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 台湾の達人・片倉佳史さんと行く 台湾200%満喫の旅Vol.4 ≪締切:12月25日≫
   台湾文化の真髄に触れる旅〜台湾南部編〜 2013年1月24日〜1月27日
 
 毎回大好評をいただいている片倉佳史(かたくら・よしふみ)さんプロデュースの「台
湾200%満喫の旅」。今回は南国の大都会・高雄を中心に台湾南部を巡ります。高雄の歴
史、地理、郷土文化はもちろん、客家や原住民族の文化にも触れます。全行程、片倉佳史
さんに同行していただき、ご説明をいただきます。

 台湾文化の真髄にたっぷりと触れられる盛りだくさんの4日間です。日本語世代の老人と
の交流や知られざる歴史スポットの探訪など、従来のツアーではなかなか体験できない内
容も盛り込んでいただいています。

 名解説で知られる片倉さんのご案内で、より深く台湾を体験してみませんか。

 もちろん、前回と同様、全行程のお食事は片倉さんのアレンジで、奥深い美食文化をご
堪能いただきます。

 ホテルは高雄最高級ホテルと名高い「高雄85大楼金典酒店(スプレンダーホテル)」を
ご用意いたしました! また、高雄への移動もちょっぴり贅沢に台湾新幹線のグリーン車
をご用意しております。

-----------------------------------------------------------------------------------------
◆詳細は「台湾の達人・片倉佳史さんと行く台湾200%満喫の旅 Vol.4」からどうぞ!
 http://kyouei.shop26.makeshop.jp/shopdetail/002000000010/brandname/
 
◆お申し込みはお手軽な申し込みフォームからどうぞ!
 http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0137.reg
-----------------------------------------------------------------------------------------
☆ツアー日程:2013年1月24日(木)〜1月27日(日)

1月24日(木)
 成田空港 CI-107 9:40 成田空港発→12:40 桃園空港着
 台湾新幹線・グリーン車で高雄へ
 高雄の最高級ホテル「高雄85大楼金典酒店」にチェックイン!
 ≪台北では味わえない高雄の絶品小籠包を楽しみます≫

1月25日(金) 
 高雄市内の歴史建築をご案内します
 ≪昼食は個性派レストランで伝統的な台湾料理を賞味≫
 午後はバスで郊外に足を伸ばします。
 旗山老街と歴史建築を散策。美濃では客家の文化に触れます
 ≪夕食は客家料理を味わいます≫
 
1月26日(土)
 模型の軍艦を祀る保安堂を参拝。旧岡山神社跡地を訪問します
 ≪岡山名物の羊肉料理を満喫!≫
 ≪鼓山でビックリ!ジャンボかき氷に挑戦!≫
 高雄の港町・旗津をゆったり散策
 戦争與和平紀念公園と打狗鐵道故事館で高雄の台湾史をご紹介します
 ≪港町・高雄の海鮮料理をお楽しみいただきます≫

1月27日(日) 
 高雄市政府・高雄市立歴史博物館へ
 台湾新幹線・グリーン車で帰りも桃園駅へ向かいます
 桃園空港 CI-106 16:50 桃園空港発→20:45 成田空港着

・宿 泊  高雄:高雄85大楼金典酒店

・参加費  成田空港:12万円  現地参加:7万5千円(いずれもツイン利用)

       *成田空港からの場合、諸費用・燃油サーチャージを含みます。
       *シングルご希望の場合、2万円追加となります。

・定 員  30人(最少催行人数は15人)
 
・お申込  お手軽な申し込みフォーム、メール、FAXで。【ホームページからも可】
       申し込みフォーム http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0116.reg
       E-mail:tour@nt-kyoei.jp
       FAX:03−3868−2101
 
・締 切  12月25日(火)(定員になり次第、締め切らせていただきます)
 
・主 催  台湾200%満喫の旅委員会
 
・受 託  共栄ツアーズ(東京都知事登録旅行業3-6208号)
 
      *パスポートは3ヵ月以上の残余期間[有効期限が2013(平成25年)4月28日
       以降]が必要です。必ずご確認願います。
 
◆共栄ツアーズ 杉本・片木
 〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9-2A
 TEL:03-3868-2102 FAX:03-3868-2101
 E-mail:tour@nt-kyoei.jp
 ホームページ:http://kyouei.shop26.makeshop.jp/

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3>> 12月8日、片倉佳史氏を講師に「日本と台湾を考える集い」

【片倉佳史の台湾便り:2012年12月6日発行 第64号】
http://katakura.net/

 日本は寒い日が続いていますね。皆さん、いかがお過ごしでしょうか。

 12月8日の土曜日に大阪で講演の機会をいただき、今、その準備を進めています。「日本
と台湾を考える集い」主催の講演で、おかげさまで、すでに満席に近い状態になっている
そうです。ただ、残席はまだあるそうなので、ご都合のつく方、ぜひおこしいただければ
と思います。

 今回は取材日記や調査記録、執筆活動などを通して感じた台湾の魅力、郷土文化、そし
て、旅行ネタを織り込みながらお話ししてみたいと思っています。台湾好きの方々はもち
ろん、これから台湾に行って見たい!とお考えの皆さんにもご満足いただけるようなトー
クを目指したいと思います。

 会場は大阪梅田の駅に近く、とても便利です。関西方面での講演はあまり機会が多くな
いので、私自身、楽しみにしております。

 当日はささやかながら、書籍の販売などもさせていただく予定です。お申し込み、お問
い合わせは日本と台湾を考える集い事務局(t.forum.kansai@gmail.com)までお願いいた
します。また、質問も受け付けておりますので、何かありましたら、申し込み時にお寄せ
ください。

講演会「片倉佳史in大阪」

◆日 時:平成24年12月8日(土)18時15分〜20時45分(17時45分開場)

◆場 所:大阪市立総合生涯市民学習センター 第一研修室
      大阪駅前第二ビル5階
      JR・阪神・阪急・地下鉄各駅からすぐ(交通至便!)
      http://osakademanabu.com/umeda/

◆参加費:一般1,000円 学生500円

◆お申込:以下にメールにてお申し込みください。
      t.forum.kansai@gmail.com

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
4>>「台湾の声」サーバー不調の際の対応【編集部よりお知らせ】

*本誌と兄弟メルマガのメルマガ「台湾の声」からのお知らせです。

読者の皆様

 日頃のご愛読に感謝いたします。

 11月28日および29日、サーバーの不調により本誌の配信が出来ませんでした。

 もし、万が一、何らかの事情で現在のE-Magazineサービスでの配信が出来なくなった場
合は、別のサービスで配信を行わざるを得ません。

 一方、現サービスでは、本誌編集部は読者のメールアドレスを収集しないという設定で
発刊しています。もちろんサーバーには登録されているはずですが、これを編集部が参照
することはできません。

 万が一、現在のE-Magazineサービスが使用できなくなった場合、他のサービスへの移行
が必要なのですが、その際に、編集部で把握している読者のアドレスに関しては、こちら
で再登録を行えますが、それ以外の読者の方には、ご自身で行っていただくか、編集部に
ご連絡をいただきたいのです。

 本誌は毎日配信を登録しています。もし配信が不可能になった場合、別サービスへの移
行を一週間以内に行う計画です。もし一週間たっても記事が送られてこないという場合
は、編集部<taiwannokoe@googlegroups.com>にお問い合わせいただければ幸いです。

 また、別サービスへの移行を行った場合は、現在、更新をしていない公式ブログ:
http://taiwannokoe.blogspot.jp/ や、台湾独立建国聯盟日本本部ホームページ、協力関
係にある日本李登輝友の会を通じて、正式に移行先を告知させていただきます。

 2012年12月7日

                 台湾の声編集部<taiwannokoe@googlegroups.com>

(なお、2011年4月7日配信の別サーバーからの発行の件は、E-Magazineが運営を継続した
ため、結局、変更せずに現在に至っています)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【日本李登輝友の会:取り扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

● 李登輝元総統も激賞の映画『跳舞時代』DVDお申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0120.reg

● 映画『父の初七日』DVD(日本語字幕)お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0126.reg

● 盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0122.reg

● 「ありがとう台湾オリジナルTシャツ」お申し込み *在庫切れ:緑・M、L、LL 白・L、LL
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0097.reg
  *詳細は本会HPに掲載↓
http://www.ritouki.jp/news/distribution/t-shirts.html

● 『台湾歌壇』(第17集) お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0123.reg

● 友愛グループ機関誌『友愛』(第1号〜第12号)お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0082.reg

● 廖継思著『いつも一年生』お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0075.reg

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 日本李登輝友の会「入会のご案内」

  入会案内 http://www.ritouki.jp/guidance.html
  入会お申し込みフォーム http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0005.reg

-----------------------------------------------------------------------------------------
◆ メールマガジン「日台共栄」

  日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の
  会の活動情報とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

● 発 行:日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
      〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
      TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
      E-mail:info@ritouki.jp ホームページ:http://www.ritouki.jp/

● 事務局:午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

● 振込先: 銀行口座
       みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
       日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
       (ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

      郵便振替口座
       加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
       口座番号:0110−4−609117

      郵便貯金口座
       記号−番号:10180−95214171
       加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

      ゆうちょ銀行
       加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
       店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
       *他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2011  Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。