国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第1731号】 青森李登輝友の会が柚原正敬事務局長を講師に特別講演会

2012/11/14

>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━━━━ 平成24(2012)年11月14日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
            日台共栄のためにあなたの力を!!
<<INDEX>> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ [Vol.1731]
1>> 青森李登輝友の会が柚原正敬事務局長を講師に特別講演会
2>> 片倉佳史氏が国際シンポジウム「石見銀山と台湾の鉱山」で基調講演
3>>【日台漁業協議】 石垣市長らが姉妹提携する宜蘭・蘇澳鎮を訪問し交流を確認
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆【ネット署名(第6期)】台湾出身者の戸籍を中国から台湾に改正しよう!!
  http://www.shomei.tv/project-1988.html
  *第6期ネット署名数:648人(11月14日現在 第5期からの継続署名数)
  *第6期署名期間:平成24(2012)年11月1日〜平成25(2013)年1月31日

● 青年部「台湾料理教室」【12月2日】お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0133.reg

● 日本初上陸!「台湾フルーツビール」お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0132.reg
  *現在「台湾ビール」が品切れとなっています。入荷があり次第ご案内します。

● 第8回台湾出身戦歿者慰霊祭【11月23日】お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0131.reg

● 日本李登輝友の会「平成24年 日台共栄の夕べ」【12月23日】お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0127.reg

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 青森李登輝友の会が柚原正敬事務局長を講師に特別講演会
   演題は「尖閣問題とこれからの日台関係」

 日本李登輝友の会は、台湾の李登輝元総統が唱える「日台運命共同体」理念に呼応し、
日台関係を強化するために様々な親善交流活動を行っておりますが、その青森県支部であ
る私たち青森李登輝友の会も設立から6年目に入り、さらに活動を充実させているところで
す。

 そこで来る11月25日(日)、講演会と懇親会を開催し、日台交流にご関心のある県下お
よび近県の方々と懇親を深めたく存じます。当日はどなたでもご参加いただけますので、
是非お誘いあわせの上、ご参加くださいますようお願い申し上げます。

                  日本李登輝友の会 青森県支部支部長 菊池 晃

                 記

特別講演会:「尖閣問題とこれからの日台関係」

講 師:柚原正敬氏(台湾研究フォーラム顧問、日本李登輝友の会常務理事・事務局長)

     講師略歴:柚原正敬(ゆはら まさたか)昭和30年(1955年)、福島県生ま
          れ。早稲田大学中退。同57年、専務取締役編集長として出版社「展
          転社」を創立、主に天皇、靖国、大東亜戦争、南京台湾に関する著
          書約130冊を担当編集。平成7年(1995年)、台湾研究フォーラムを
          設立。展転社を退任後、同14年(2002年)、日本李登輝友の会の設
          立とともに常務理事・事務局長に就任し現在に至る。栃木県日台親
          善協会顧問、日台文化芸術交流協会理事。共著に『台湾と日本・交
          流秘話』『李登輝訪日・日本国へのメッセージ』(李登輝元総統
          2007訪日記録集)『誇りあれ、日本よ』(李登輝元総統2009訪沖記
          録集)など。

【日 時】 平成24年11月25日(日)(13時半開場)

【場 所】 アウガ5F「研修室」(青森市男女共同参画プラザ)
       青森市新町1丁目3−7  TEL.017-776-8800
       *JR青森駅より徒歩3分

【講演会】 14時〜15時30分

【懇親会】 15時30分〜17時30分

【参加費】 講演会&懇親会込みで1、000円 (当日参加OK)

【申込み】 FAXまたはメールにて、1.氏名、2.電話番号、3.懇親会へのご出欠
      をお書き添えの上、11月24(土)までに下記へご連絡お願い致します。

【後 援】 青森日台交流会、国際交流会ワイワイクラブ、救う会青森

【主 催】 青森李登輝友の会(日本李登輝友の会青森県支部)
       〒038-1311 青森市浪岡大字浪岡字稲村165-8 出町様方
       TEL:070-6619-4001 FAX:0172-62-6936
       E-mail:aomori611@gmail.com
       ブログ:http://shukuei.blog19.fc2.com/

-----------------------------------------------------------------------------------------

青森李登輝友の会特別講演会 お申込書

・氏 名:
・電 話:
・講演会:出席 欠席 (どちらかに丸をつけてください)
・懇親会:出席 欠席 (どちらかに丸をつけてください)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 片倉佳史氏が国際シンポジウム「石見銀山と台湾の鉱山」で基調講演

石見銀山で「台湾 金瓜石・瑞芳鉱山と黄金博物館展」
【台湾週報:2012年11月1日】

 世界遺産石見銀山遺跡は、16世紀前半に開発が始まり、以後400年余りにわたり採掘され
てきました。明治・大正期に石見銀山で鉱山操業していた藤田組は、日本統治時代の台湾
でも鉱山開発を行いました。

 台湾・新北市の金瓜石鉱山・瑞芳鉱山は、藤田組・田中組が鉱業権を取得して操業を開
始し、日本人が経営や技術・管理部門で関わってきました。

 このような石見銀山と台湾の鉱山のつながりに注目し、企画展示、シンポジウム、映画
上映会などを通じて石見銀山と金瓜石・瑞芳鉱山の知られざる絆を再発見します。

◆世界遺産登録5周年記念展示「台湾 金瓜石・瑞芳鉱山と黄金博物館展」

【会  期】 2012年10月31日(水)〜11月26日(月)

【会  場】 石見銀山世界遺産センター(島根県大田市大森町イ1597-3)

【開館時間】 9:00〜17:30(展示室入館受付は17時まで)

【休 館 日】 会期中は無休

【観 覧 料】 一般個人300円、一般団体250円(20名以上)、小中学生150円、小中学生団
       体100円(20名以上)

【主  催】 島根県教育委員会

【共  催】 台湾 新北市立黄金博物館、大田市

◆国際シンポジウム「石見銀山と台湾の鉱山」

 明治〜昭和初期の近代化の過程で、日本・台湾の鉱山はいかに開発されたのか。石見銀
 山をはじめとする日本の諸鉱山と金瓜石・瑞芳鉱山の交流からアプローチして近代鉱山
 の輝きを再発見する機会とします。

【開催日時】 2012年11月17日(土)13:30〜16:30

 基調講演「台湾に残る日本統治時代の遺産」 片倉佳史(台湾研究家)

 報告1)「台湾の金銅山と日本」 駱淑蓉(台湾 新北市立黄金博物館)

 報告2)「近代石見銀山と台湾」 若槻真治(島根県教育庁文化財課世界遺産室室長)

 シンポジウム「石見銀山と台湾の鉱山」

 コーディネーター:波多野想(琉球大学准教授)

 パネラー:片倉佳史、蔡宗雄(黄金博物館長)、若槻真治

【会  場】 島根県立男女共同参画センター あすてらすホール
        島根県大田市大田町大田イ236-4(JR大田市駅西隣)

【定  員】 280名

【参 加 費】 無料

【申込方法】 往復ハガキ、FAXまたはメール
        〒694-0305島根県大田市大森町イ1597-3
        石見銀山世界遺産センター シンポジウム担当宛て
        FAX:0854-89-0089  sekaiisan@pref.shimane.lg.jp

【記入事項】 1)シンポジウム「石見銀山と台湾の鉱山」参加希望 2)氏名 3)住
       所 4)電話番号

◆関連企画

林雅行監督作品 映画『風を聴く』『雨が舞う』二部作上映会
『風を聴く』
大田会場 11月24日(土)1)10:00〜 2)15:30〜

『雨が舞う』
松江会場 12月2日(日) 1)10:00〜 2)13:00〜 3)15:30〜
大田会場 11月24日(土) 1)13:00〜

前売り券(1本)500円/前売りセット券(2本)800円
当日券700円(1本)※高校生以下は無料。
松江会場:松江スティックビル交流ホール
大田会場:あすてらす第1研修室

連絡先 松江:松江キネマ倶楽部 0852-32-4181
大田:大田市文化協会 0852-82-6630 

【問合せ先】
石見銀山世界遺産センター TEL:0854-89-0183
ウェブサイト:http://ginzan.city.ohda.lg.jp
島根県教育庁文化財課世界遺産室 TEL:0852-22-5642

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3>>【日台漁業協議】 石垣市長らが姉妹提携する宜蘭・蘇澳鎮を訪問し交流を確認

 沖縄県の石垣市はいまから17年前の平成7年(1995年)9月26日、台湾・宜蘭県の蘇澳鎮
(すおうちん)と姉妹提携した。

 石垣市と蘇澳鎮(鎮は日本の町に相当)は、古い時代から双方の漁民の往来が頻繁に行
われ、また、終戦時には戦時中に台湾に疎開していた八重山の人々が蘇澳港から引き揚げ
る際に、蘇澳住民の世話になったという深いつながりがある。

 さらに、台湾との交流は戦後、石垣市の嵩田地区を中心に集団移住がなされ、パインア
ップルの種苗と水牛の導入が図られ、市の基幹産業の振興に大きく寄与した。

 石垣市の青年会議所は1980年代初頭から蘇澳鎮青年商会との人的、文化的交流を重ね、
市民レベルの交流も行われてきた。1990年代からは行政レベルでの交流も始まり、地理
的、気候的、風土、産業等の類似点も多いことから、1995年9月にチャーター便による国際
線にて蘇澳鎮を訪問、姉妹都市締結盟約書に調印した。

 昨日、石垣市の中山義隆市長や八重山漁協の上原亀一組合長らが訪問団を組んで、姉妹
都市提携する蘇澳鎮を訪問、漁業が絡んだトラブルをなくしていくため、地域同士の交流
を深めていくことを互いに確認したという。NHKが動画で中山市長の発言を紹介しつ
つ、そのニュースを配信しているので紹介したい。

 ちなみに、蘇澳鎮は台湾東北部、宜蘭懸陽平原の南端にあり、総人口5万人余。大部分は
農業が主であるが、漁業が盛んな土地としても知られ、蘇澳港は台湾3大漁港の一つ。

 このような日台の姉妹都市の結びつきが懸案の漁業協議に反映されることを期待したい。

-----------------------------------------------------------------------------------------

石垣市長ら台湾訪問し交流を確認
【NHKニュース:2012年11月13日】
動画:http://www3.nhk.or.jp/news/html/20121113/k10013463811000.html

 日本政府による尖閣諸島の国有化に抗議してことし9月に尖閣諸島沖の日本の領海に侵入
した台湾の漁船団の地元を、13日、沖縄県石垣市の市長らが訪問し、漁業が絡んだトラブ
ルをなくしていくため、地域どうしの交流を深めていくことを互いに確認しました。

 石垣市の中山義隆市長ら訪問団は、台湾北東部にある宜蘭県蘇澳鎮を13日訪れ、行政機
関や漁協のトップらと会談しました。

 蘇澳鎮の漁協に所属する漁船団は、ことし9月に、日本政府による尖閣諸島の国有化に抗
議して魚釣島沖の日本の領海に侵入するなど、強硬な姿勢をとった一方で、石垣市と蘇澳
鎮は、17年前に姉妹都市提携を結んで以来、交流を深めてきました。

 中山市長は会談の中で、「さまざまな課題も、地域の間では一つ一つ解決していけると
信じている」と呼びかけました。

 これに対し、蘇澳鎮のトップ林騰煌氏は、「尖閣諸島周辺での漁業の問題をお互いが話
し合うことにより、双方にとってプラスになる道を見い出していきたい」と応じ、漁業が
絡んだトラブルをなくしていくため、地域どうしの交流を深めていくことを互いに確認し
ました。

 日本と台湾の間では、尖閣諸島の周辺海域を対象にした漁業交渉が16年前から行われて
きましたが、ここ3年半以上、中断した状態が続いています。

 会談には、石垣市の八重山漁協の上原亀一組合長も出席し、「当事者である漁業者の間
で意見を交換し、トラブルがなくなるような漁業協定が締結されるよう環境づくりを進め
ていきたい」と述べ、地域間の交流による事態の進展に期待を示しました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【日本李登輝友の会:取り扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

● 李登輝元総統も激賞の映画『跳舞時代』DVDお申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0120.reg

● 映画『父の初七日』DVD(日本語字幕)お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0126.reg

● 盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0122.reg

● 「ありがとう台湾オリジナルTシャツ」お申し込み *在庫切れ:緑・M、L、LL 白・L、LL
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0097.reg
  *詳細は本会HPに掲載↓
  http://www.ritouki.jp/news/distribution/t-shirts.html

● 『台湾歌壇』(第17集) お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0123.reg

● 友愛グループ機関誌『友愛』(第1号〜第12号)お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0082.reg

● 廖継思著『いつも一年生』お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0075.reg

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 日本李登輝友の会「入会のご案内」

  入会案内 http://www.ritouki.jp/guidance.html
  入会お申し込みフォーム http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0005.reg

-----------------------------------------------------------------------------------------
◆ メールマガジン「日台共栄」

  日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の
  会の活動情報とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

● 発 行:日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
      〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
      TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
      E-mail:info@ritouki.jp ホームページ:http://www.ritouki.jp/

● 事務局:午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

● 振込先: 銀行口座
       みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
       日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
       (ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

      郵便振替口座
       加入者名:日本李登輝友の会
       口座番号:0110−4−609117

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2011  Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。