国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第1729号】 小田村四郎会長が台湾高座会第25回聯誼大会に祝辞

2012/11/12

>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━━━━ 平成24(2012)年11月12日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
            日台共栄のためにあなたの力を!!
<<INDEX>> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ [Vol.1729]
1>> 小田村四郎会長が台湾高座会第25回聯誼大会に祝辞
2>> 錦連著『台湾今昔物語』にみる日本の憲兵  傳田 晴久
3>> 二松学舎大柏高:2年生、修学旅行で台湾の高校と交流/千葉
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆【ネット署名(第6期)】台湾出身者の戸籍を中国から台湾に改正しよう!!
  http://www.shomei.tv/project-1988.html
  *第6期ネット署名数:647人(11月12日現在 第5期からの継続署名数)
  *第6期署名期間:平成24(2012)年11月1日〜平成25(2013)年1月31日

◆ 本会青年部が「台湾料理教室」(12月2日開催)スタッフを募集!
  ご連絡先:info@ritouki.jp TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101

● 日本初上陸!「台湾フルーツビール」お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0132.reg

● 第8回台湾出身戦歿者慰霊祭【11月23日】お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0131.reg

● 日本李登輝友の会「平成24年 日台共栄の夕べ」【12月23日】お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0127.reg

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 小田村四郎会長が台湾高座会第25回聯誼大会に祝辞

 11月10日、台湾少年工出身者でつくる台湾高座会(李雪峰会長)の第25回聯誼大会が台
湾・桃園県中●市で開かれ、約600名が集い盛大に開催された。

 日本からは、台湾高座会の日本側カウンターパートである高座日台交流の会の石川公弘
(いしかわ・きみひろ)会長、高座日台の会の佐野た香(さの・たか)会長、明石元紹
(あかし・もとつぐ)明石元二郎台湾総督令孫で明石会会長、斎藤毅(さいとう・つよ
し)台湾協会理事長、松澤寛文(まつざわ・ひろふみ)同協会理事、そして本会の小田村
四郎会長の名代として柚原正敬(ゆはら・まさたか)事務局長、本会理事でもある呉正男
(ご・まさお)氏などが来賓として臨み、また100名を超える人々が参加。

 また、台湾からは亜東関係協会の廖了以会長の名代の王慶亮・同会文教組長、交流協会
台北事務所から樽井澄夫(たるい・すみお)代表と尾形誠(おがた・まこと)駐在武官、
蔡焜燦・李登輝民主協会会長などが来賓として臨んだ。

 台湾高座会の大会は毎年、台湾の23地区の持ち回りで開かれていて、今回は桃園県中●
市を中心とする「楊梅区会」が主催した。大会には李登輝元総統も「堅固高座情誼 促進
台日交流」の言葉を贈られていて、配布された冊子の冒頭に配されていた。

 大会は10時30分から始まり、亡くなった台湾少年工への黙祷、両国国歌斉唱、台湾高座
会会歌「故郷を離れて」の合唱に引き続き、主催した楊梅区会の■獻煌会長や李雪峰会長
の挨拶、来賓として王・亜東関係協会文教組長、樽井・交流協会台北事務所代表、石川・
高座日台交流の会会長、佐野・高座日台の会会長、明石・明石会会長、蔡・李登輝民主協
会会長が次々に挨拶し、瞬く間に予定の時間が過ぎた。

 その後、12時半過ぎから昼食会が始まったが、60テーブルが並ぶ会場はまさに壮観。1年
ぶりの再会を喜び合う姿が各テーブルで見られた。

 来年5月、台湾高座会は来日70年を迎え、座間市で「台湾高座会留日70周年歓迎大会」を
開催する予定で、「来年、第二の故郷で会おう」と誓い合って盛会裡に終えた。

 下記に小田村四郎会長の祝辞をご紹介したい。

●=瀝の三水偏が土偏 ■=擔の手偏がない
-----------------------------------------------------------------------------------------
祝 辞

 李雪峰会長はじめ台湾高座会の皆様、今年も第25回全国聯誼大会が盛大に挙行されます
ことを心からお祝い申し上げます。

 昨年の東日本大震災に対しましては、台湾の皆様から世界史に例のない程の大きな御芳
志を頂きましたことに深く感謝申し上げます。これは日本全国民の思いであり、今年の春
の園遊会におきまして天皇陛下から貴国の馮寄台前大使に対し、直接感謝のお言葉を賜り
ましたことは、私共日本国民としても大変有難く存じております。お蔭様で日本政府の対
応の不適切にも拘らず、被災地の復興は順調に進んでおり、原発事故に見舞われた福島県
にも活気が戻って来ております。 

 さて、今年はサンフランシスコ平和条約及び日華平和条約が発効してから60年になりま
す。これによって日本は独立主権を回復し、国際社会に復帰することができました。その
後、1972年に田中内閣による痛恨の日台断交の結果、日台間に正規の外交関係が失われて
しまいました。しかし両国民はかつての多年の同胞でありますから、民間同士の交流は続
き、それは李登輝政権以来益々活発化して今日に至っております。この間、台湾高座会は
台湾亭を新築御寄贈されたことをはじめ、日台交流に絶大な貢献をして来られたことに深
く感謝申し上げます。 

 近時、中国は成長著しい経済力を背景に、軍事力の驚異的拡大を遂げ、台湾はもとより
日本に対しても重大な脅威となって来ました。彼等は南支那海を制圧し、台湾を自国の
「核心的利益」だと公言し、東支那海でも沖縄県尖閣諸島を自国の固有の領土だと称して
領海侵犯や不法上陸を繰返しており、最近では沖縄併呑まで口にするようになりました。
日本も台湾も、自国の領土は一歩たりとも譲ることはできません。

 昨年、米国が東アジア重視、東アジア回帰を公言したことは、日台両国をはじめイン
ド、ASEAN諸国など自由諸国にとっては大いに歓迎されますが、同時に各国連携を強
化して自国の主権を自ら守るための一層の努力が要請されます。特に日台両国は運命共同
体として密接に協力し、東亜の安定に貢献して行わなければならないと思います。 

 終わりに、第25回全国聯誼大会の御盛会と台湾高座会の御繁栄、会員の皆様の御健勝を
心からお祈り申し上げます。

 平成24年11月10日

                       日本李登輝友の会会長 小田村 四郎

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 錦連著『台湾今昔物語』にみる日本の憲兵  傳田 晴久

 本誌では、台南在住の傳田晴久(でんだ・はるひさ)氏が発行する「台湾通信」を発行
のたびにご紹介しています。昨日、下記のご挨拶とともにお送りいただきましたのでご紹
介します。

 なお、原題は「台湾今昔物語(錦連著)」でしたが、内容は日本人憲兵の話でしたので
「錦連著『台湾今昔物語』にみる日本の憲兵」と改題しています。また、読みやすくする
ため漢字を適宜ひらがなに開き、改行も施していることをお断りします。

-----------------------------------------------------------------------------------------

 傳田です。あっという間に1ヶ月がたってしまいました。皆様いかがお過ごしですか。
台南は今、日中は少々暑いですが、朝晩は快適です。

 台湾通信No.67「台湾今昔物語」をお送りいたします。当地の著名な作家錦連さんがお書
きになったエッセイですが、戦前の台湾にいた日本の憲兵についてのエピソードを綴って
おられます。

 私はかねてテレビドラマなどに出てくる日本軍の憲兵の姿に違和感を持っていました。
サーベルをガチャガチャさせて怒鳴りまくる姿しか記憶にありませんでした。しかし、
『台湾今昔物語』に出てくる憲兵は・・・・。

 もちろんすべてがそうだとは言いませんが、こういう人もいたんだということは記録し
ておくべきことと思います。お忙しいと思いますが、ご覧いただければ幸いです。

                                    傳田晴久

-----------------------------------------------------------------------------------------
錦連著『台湾今昔物語』にみる日本の憲兵
【台湾通信(第67回):2012年11月11日】

◆はじめに

 前回の台湾通信「飛虎将軍廟」をお読みくださった友人が、「……何が何でも昔の軍人
や役人は悪だったという、現在の日本に(日本のマスコミに)蔓延している不毛な歴史観
に比べ、台湾の方々のほうが素直に生きておられる気がします。」というコメントをくだ
さいました。私は彼にお礼を申し上げると共に「今度、台湾通信に『悪』でない憲兵のお
話を書きましょう」と約束しました。

 台湾の著名な作家錦連さんがお書きになった『台湾今昔物語』に、戦時中の庶民の生活
が活写され、軍人にまつわる逸話がいろいろ紹介されていますので、今回はそれをご紹介
することにしました。

◆錦連さんと『台湾今昔物語』

 錦連さんは1928年台湾の彰化市に生まれ、現在高雄市に在住し、今年(2012年)83歳に
なられる。氏は私も参加させていただいている「台日南部志の会」の創立者で、現在は名
誉会長を務めておられる。

 この『台湾今昔物語』は高雄市政府文化局が2011年11月に出版した錦連さんのエッセイ
集(日文版、中文版)です。高雄市長の陳菊さんが「序」で、「日本領台末期から国民党
政府が内戦に敗れて台湾に撤退して来た後の台湾を背景にした当時の庶民のこまごまな生
活の様相や,日本軍民間の複雑に絡み合った微妙な愛憎を活写している」と書かれている。

 内容全体については、高雄市文化局長の史哲さんが「鉄道局の電報通信員の職に在っ
て、戦乱に明け暮れた時代、一般庶民の生活をつぶさに観察し、一般の人々が余り気にし
ていなかった民衆の人性の輝き、南洋に征って戦死したはずの台湾人日本兵の突然の帰
還、228事件中、九死に一生を得た駅の出札掛、米空軍の猛烈な空爆下、列車乗務して
いた車掌、書中日本人教師と学童との子弟間の濃やかな人情物語、乱世の中にあって流離
顛沛の生涯を余儀なく送った人々・・・・・」と紹介されている。

 尚、錦連さんは2010年高雄文芸賞を授与されています。

◆「日本の憲兵」

 本書には日本の憲兵にまつわる話が3話紹介されているが、ふたつはおっかない憲兵で、
ひとつは優しいと言うか、人間的な憲兵の話です。まず優しい憲兵のお話を引用させてい
ただく。

≪……列車の到着時刻を待つ間、毎日手持ちぶさたそうな憲兵さんが一人、ホームを行っ
たり来たりしている。堂々たる恰幅で、軍装凛々しく惚れぼれさせられる。腰につけて居
る武器は固そうな革ケースに入っている拳銃一挺だけ。戦時に入ったとは言え、平和な日
常に兵隊の姿を目にしたことは全く記憶にない。まして拳銃のようなものはそれだけで子
供の好奇心をそそるに十分であった。改札口を通ってホームに入ると、すぐ憲兵さんを取
り囲みピストルを見せてくれとせがむ。毎週まといつくので彼はいつも、「うるさいな
あ、あっちへ行け」と言って取り合わない。いつも子供のような学生がしつこく粘るので
ある時、とうとう根負けして、「よし、見せてやる」と言って革ケースの蓋を開けた。と
ころが中は空っぽ。「ピストルが入ってないじゃないか!」我々は失望と不平の声を上げ
たが、彼は「そんな必要はない」と断固とした口調で言い放った。後年私はこの一幕をよ
く思い出して考えるのだが、全く「そんな必要はなかった」のだ。……≫(P.185「日本の
憲兵 第1話」より引用)

 第2話、第3話はおっかない憲兵、そうです、その憲兵はすぐ殴るのです。ひとりは駅の
出札掛と切符を求める公務員との諍いをとがめて、

≪……双方の言い分を聞いたあと、憲兵は、「よし、分かった。眼鏡を外せ!」と大喝し
た。それはこれから顔を殴ると言う合図で公務員の男はびっくりして困惑の表情を浮かべ
たが眼鏡を外した途端、憲兵は低い上体を背伸びして相手の顔を拳骨で二三発殴りつけ
た。そして、「よし!行け!」と言うなりその場を離れた。男は屈辱に顔を紅潮させて鞄
を取ると街の広場の方へ出て行った。あっけない結末でもめ事を処理する当時の憲兵にし
てみれば日常茶飯事であったかも知れないが、それが戦時に於ける世相であった。≫(P
188「日本の憲兵 第2話」より引用)

 もう一人の第3話は、憲兵隊の取り調べの様子である。夜更けに電信掛張君が誤報(空襲
警報)を発信し、大騒ぎになった翌朝、

≪……やがて憲兵は主任と張君を従えて上りの列車に乗り込み、台中憲兵隊へ連行してい
った。……彼らが憲兵隊に着くと尋問が始まるのであるが、何か答えた途端、厳しい顔を
した隊長がいきなり主任と張君を殴り、「きさまたち、ふざけていやがる」と怒号した。
それから答える度にまた何度か殴られ、調書を取られてサインをしたあと、やっと帰され
たのだと言う。≫(P191「日本の憲兵 第3話」より引用)

◆私が知っている憲兵

 終戦時5歳であった私はもちろん日本の憲兵さんの姿、言行を知る由もない。最初に見た
憲兵は米軍というか、進駐軍の「MP」であった。GHQ(第一生命ビル)の玄関の両側
に白いヘルメットをかぶり、拳銃をぶら下げた2人の、いかめしいMPが立っていたのを見
かけた記憶がある。

 そして疎開先の信州の山奥、戸隠村の神社にMP(だったと思う)が来たのを覚えてい
る。伯父が神主であり、神社を案内していたが、彼らは16ミリの撮影機を持って神主の所
作を撮影していたが、柏手を打つ姿を何回もやらされるので、伯父はいい加減嫌気をさし
たのか、陰でぺろりと舌を出していた。この時のMPはあまり怖い感じがしなかった。

 台湾に初めて来た30年ほど前のこと、台北の飲屋街(林森北路)、ある店で仕事仲間と
飲んでいると、いきなり薄暗い部屋の電気がピカピカと点滅し、明るくなった。このピカ
ピカはその筋の人(私服の警官)が来たという警告である。客の隣に座っていた小姐は一
斉に立ち上がり、私は座ってなんかいませんという風情である。

 当時、ライセンスを持たない小姐は客の隣に座ってはいけなかった。そして憲兵が数
人、ドヤドヤと階段を下りてきた。そしてカービン銃を横にして我々に向け、一人ひとり
チェックを始めた。台湾人の同僚が「出ましょう、出ましょう」といって私達を地上に連
れ出す。私は「面白そうだから見ようよ」というと、その同僚は「伝田さん、いけませ
ん、あの鉄砲には弾が入っています」という。

 なんでもこの日、南部の高雄から凶悪犯が台北のこの辺りに逃げ込んだので、一斉捜査
をしていたんだそうです。この時の憲兵は恐ろしいと思いましたが、後ほど総統府の警備
をしている若い憲兵のあどけないと言っていいような顔を見たときは、あぁ、こういう人
もいるんだと思った。

 その後、数年前ですが、台湾で中国語を勉強しているとき、言語交換しましょうという
ことで中年の陳さんと付き合い、彼の田舎(屏東)のお家を訪ねたことがあり、そのとき
部屋の壁にオートバイに乗った憲兵の写真があり、「これ私です」と紹介された。「え
っ、あなた憲兵だったの?」と思わず聞いてしまった。彼は実に優しい高校の先生でした
が、数年前に急病死してしまいました。

 私が知っているもうひとりの憲兵は、テレビドラマなどに出てくる憲兵です。これは憲
兵なのか、特高(特別高等警察)なのか定かではありませんが、サーベルをガチャガチャ
言わせながら、怒鳴り散らし、ものすごくおっかない「人」です。こういうステレオタイ
プ(紋切型)に憲兵を表現しないとドラマ、物語にならないのでしょうか。

◆鉄拳制裁

 第2話の憲兵がぶん殴ったのはいわゆる「鉄拳制裁」でしょう。辞書によると鉄拳制裁と
は「げんこつで殴ってこらしめること」とあります。異論はあるでしょうが、秩序維持の
ため、あるいは教育の一環として鉄拳制裁が効果的なこともあるのではないでしょうか。

 諍いの原因は、公務員氏が出張許可証と乗車賃の現金を持った手を出札掛の小さな窓口
にいきなり突っ込んだので、出札掛の女性が思わず手にした算盤でその手を叩いたという
のが事の発端でした。喧嘩両成敗であれば2人ともぶんなぐられるはずですが、憲兵は公務
員氏のみ殴っている。憲兵は双方の話を聞いた後で殴っているから、憲兵は先に手を出し
た方が悪いと判断したか、公務員氏が欧巴桑(編集部註:「おばさん」は台湾語でも「お
ばさん」)にまくしたてられたかでしょう。

 こういう諍いをまともに取り合っていてはおそらく収拾つかないでしょう。どちらにも
それなりの言い分があり、双方決して折れないでしょう。当地の欧巴桑たちの口げんかは
すさまじいので、おそらく憲兵さんは少しでも余分に悪そうな方に鉄拳制裁を食らわせることによっておさめたのだと思います。

 第3話も鉄拳制裁です。いきさつはよく解らないが、憲兵隊長は「きさまたち、ふざけて
いやがる」と言って殴っているので、これは鉄拳制裁と思われます。裁判も無しに、憲兵
が庶民を罰する権限が当時あったかどうかわかりませんし、現代の人権感覚で当時の憲兵
を裁くことはいかがなものでしょうか。

◆おわりに

 行動や考え方が固定的・画一的であり、新鮮味のない事を「ステレオタイプ」と言いま
す。冒頭の友人のコメント「……何が何でも昔の軍人や役人は悪だったという云々」はま
さにステレオタイプの典型です。このような見方では真の姿は見えてこないし、正しく伝
えることは困難でしょう。

 私は全ての憲兵がみないい人ばかりだったと言うつもりはありません。中には、第1話の
ような憲兵もいたという事実が大切と思います。日本統治が、台湾であれ、朝鮮であれ、
すべて悪だったのではなく、良い面もあったということを封殺するのはいかがかというこ
とです。

 錦連さんは、書き残しておくべき事柄がまだまだたくさんあり、時間が足りないと仰っ
ておられます。一見些細なことと思われる事柄でも、それを書き留めておくことは後にそ
の時代を理解するときに重要な資料になると言います。

 拳銃の革ケースの中が空っぽであったという事実は、まったく「そんな必要はなかっ
た」時代があったことを我々に伝えてくれます。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3>> 二松学舎大柏高:2年生、修学旅行で台湾の高校と交流/千葉

 日本の高校生が修学旅行で台湾へ行くケースが増えている。本誌前号で、山形県の県立
東根工業高校の2年生128人が11月7日から3泊4日で台湾へ修学旅行に行ったニュースを動画
とともに紹介したばかりだが、今度は千葉県柏市の二松学舎大学付属柏高校の2年生225人
が台湾に修学旅行に行ったという。毎日新聞がそれを伝えているのでご紹介したい。 

-----------------------------------------------------------------------------------------
二松学舎大柏高:2年生、修学旅行で台湾の高校と交流/千葉
【毎日新聞:2012年11月11日 地方版】

 【台北・大谷麻由美】修学旅行で台湾を訪れている柏市の二松学舎大学付属柏高校(木
村誠次校長)2年の生徒225人は9日、台北市立大直高校(黄文振校長)を訪問し、同校2年
の生徒約240人と交流会を開いた。互いに合唱やダンスを披露し、台湾名物のタピオカミル
クティーを飲みながら、中国語、日本語、英語を交えた会話も飛び交った。

 沖縄県・尖閣諸島(台湾名・釣魚台)の領有権を巡って、台湾の漁船団が9月末、尖閣
の日本領海に侵入するなど日台関係がぎくしゃくした。二松学舎柏高は初の海外修学旅行
で、この時期に訪台することを心配する声が保護者から上がった。

 だが、二松学舎柏高の吉田有香さん(17)は「台湾の人たちは優しかった。日本語を話
す人も多い」と感激した様子だった。大直高の李韋頡さん(16)は「台日関係は密接だか
ら、主権問題に影響されないと信じている。普段は接点のない日本人をこの機会に理解し
たい」と話していた。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【日本李登輝友の会:取り扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

● 李登輝元総統も激賞の映画『跳舞時代』DVDお申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0120.reg

● 映画『父の初七日』DVD(日本語字幕)お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0126.reg

● 盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0122.reg

● 「ありがとう台湾オリジナルTシャツ」お申し込み *在庫切れ:緑・M、L、LL 白・L、LL
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0097.reg
  *詳細は本会HPに掲載↓
  http://www.ritouki.jp/news/distribution/t-shirts.html

● 『台湾歌壇』(第17集) お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0123.reg

● 友愛グループ機関誌『友愛』(第1号〜第12号)お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0082.reg

● 廖継思著『いつも一年生』お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0075.reg

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 日本李登輝友の会「入会のご案内」

  入会案内 http://www.ritouki.jp/guidance.html
  入会お申し込みフォーム http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0005.reg

-----------------------------------------------------------------------------------------
◆ メールマガジン「日台共栄」

  日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の
  会の活動情報とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

● 発 行:日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
      〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
      TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
      E-mail:info@ritouki.jp ホームページ:http://www.ritouki.jp/

● 事務局:午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

● 振込先: 銀行口座
       みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
       日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
       (ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

      郵便振替口座
       加入者名:日本李登輝友の会
       口座番号:0110−4−609117

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2011  Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。