国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第1725号】 共産党<国民党<民進党―台湾本土派はどこへ行く? 迫田 勝敏(ジャーナリスト)

2012/11/05

>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━━━━ 平成24(2012)年11月5日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
           日台共栄のためにあなたの力を!!
<<INDEX>> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ [Vol.1725]
1>> 共産党<国民党<民進党―台湾本土派はどこへ行く? 迫田 勝敏(ジャーナリスト)
2>>【日台漁業協議】 台湾が「漁場管理規範」草案を作成
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆【ネット署名(第6期)】台湾出身者の戸籍を中国から台湾に改正しよう!!
  http://www.shomei.tv/project-1988.html
  *第6期ネット署名数:621人(11月5日現在 第5期からの継続署名数)
  *第6期署名期間:平成24(2012)年11月1日〜平成25(2013)年1月31日

● 日本初上陸!「台湾フルーツビール」お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0132.reg

● 第8回台湾出身戦歿者慰霊祭【11月23日】お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0131.reg

● 日本李登輝友の会「平成24年 日台共栄の夕べ」【12月23日】お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0127.reg

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 共産党<国民党<民進党―台湾本土派はどこへ行く? 迫田 勝敏(ジャーナリスト)

【台湾ダイジェスト:11月号】

 中国の亡命作家、袁紅冰氏が面白いことを言っている。中国の台湾戦略は「国民党の共
産党化、民進党の国民党化だ」と。台湾社などが開いた座談会での発言だ。座談会を聞い
ていないので、袁氏の意味するところは分からないが、台湾の政治情勢は確かにその方向
で動いているようにみえる。この流れが続く限り、いつか台湾から台湾本土派の思いを代
表する政党はなくなってしまう…。

◆05年から国民党は共産党 

 国民党の共産党化は今に始まった話ではない。2005年4月に中国共産党の胡錦濤総書記と
中国国民党の連戦主席が北京で会談したときから始まったとみていい。会談は1945年の毛
沢東と蒋介石の重慶会談以来、実に60年ぶりの国共トップ会談だった。

 その連胡会談では「台湾独立に反対し、台湾海峡の平和と安定、中台対話促進を促進す
る」ことで合意、国民、共産両党が協力する「第三次国共合作の始まり」との観測が広ま
った。1924年の第一次国共合作は共産党員が国民党に入党した。1937年の第二次国共合作
では共産党軍(紅軍)は名称を変え、国民党の国民政府軍の指揮下に入った。過去2度の国
共合作は国民党が共産党を取り込み、いわば共産党の国民党化を促した。実際には共産党
は取り込まれたフリをして自分の勢力拡大に努めていた。

◆時計の針を戻した馬総統

 だが、今回の「第三次国共合作」は逆。共産党が国民党を取り込もうとしている。い
や、むしろ国民党が共産党にすり寄っている。馬英九総統は2008年に就任するや否や中国
人観光客を受け入れ、中国投資規制を緩和、矢継ぎ早に関係緊密化政策を打ち出し、野党
からは「傾中」と批判された。

 中国が関係改善のプレゼントとしてパンダを贈ると、輸送の沿道から中華民国旗を下ろ
すという気配りで、中華民国を消そうとしているかのよう。中国と台湾の関係は中国の中
の大陸地区と台湾地区という「一国二区」とまで言い出した。民進党政権の陳水扁総統が
言ったそれぞれ別の国という「一辺一国」論からの大きな後退であり、国民党政権だった
李登輝総統が「特殊な国と国の関係」といった1999年よりも前に時計の針を戻してしまっ
た。

 経済面で中国と一体化しようというのが一昨年の経済協力枠組み協定(ECFA)。台
湾経済は今や中国経済なしで生きられなくなろうとしている。政治面では今回の尖閣諸島
問題で「中国と共闘はしない」といいながら、現実には中国の強硬姿勢に呼応するよう民
間のデモを容認、米紙に尖閣は台湾の領土だと主張する意見広告を民間団体でなく、政府
(外交部)が掲載している。こうなると確かに国民党は共産党化してきたと思える。

◆謝歓待は中国の統戦工作?

 中国にすり寄る国民党をみて野党の民進党は批判しながらも、党の重鎮、謝長廷元行政
院長が訪中し、戴秉国国務委員や王毅台湾事務室主任と会った。これまでの民進党の幹部
の訪中でこれほど高位の共産党幹部と会ったことはない。破格の待遇に謝氏は「収穫は期
待以上」とご満悦だった。謝氏周辺には総統選の敗北は蔡英文候補に明確な対中政策がな
かったからだとの分析がある。

 その謝氏訪中に民進党内で表立っての異論はなかった。それでも奥歯にものが挟まった
ような表現は、積極評価ではないことがわかる。「中国の統一戦線工作だ」と真っ向から
批判したのは台湾団結連盟(台連)だけだった。

 民進党が中国と交流することは悪いことではないが、台連の言う通り、中国の謝歓待は
統一戦線工作の一環だろう。総統選で国民党が勝ったから、中国は歓待した。もし謝氏の
訪中が総統選前の昨秋だったら、歓待どころか、無視されただろう。

◆「国民党化」すれば民心離反

 総統選で蔡候補は昨秋、中国との関係を「現状維持」と位置づけ、さらには「台湾は中
華民国であり、中華民国は台湾」と明言した。従来の民進党の主張からみれば、国民党の
主張に近づく大転換であり、これは民進党の「国民党化」になる。「選挙のためだ」との
声もあったが、本土派からは「独立放棄か」と強い反発も出た。それでも中国の蔡評価は
なく、徹底して馬総統を支えたのだ。

 謝氏は今後、設置される民進党の中国事務委員会のトップに就任するといわれる。そこ
でどんな対中政策を打ち出すのか。傾中の馬総統の支持率は今や10%台に低迷している。
民進党の国民党化はやがては共産党化、つまりは中国化の道。台湾の民心はさらに離反す
るだろう。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>>【日台漁業協議】 台湾が「漁場管理規範」草案を作成

 2日の共同電によれば、中国政府は、尖閣諸島をめぐって領有権争いが存在することを日
本に認めさせた後、周辺海域の共同管理などを話し合う定期協議を求める対日外交方針を
固めたという。そのために「対日工作調整委員会」を設置し、そのトップに習近平・国家
副主席を指名したとも伝えている。

 中国はなんとしても日本に尖閣国有化を撤回させ、台湾と手を組んで日本に対抗したい
ようだが、一方、日本と台湾は漁業協議再開に向け着実に歩み寄っている。

 台湾外交部の課長級の担当者は「宜欄県の漁民にとって、あの海は生命線なんです。ぜ
ひ彼らの正常な漁業活動が保障されるように、私たちは前向きに日本サイドと、一歩踏み
込んだ協議をしていきたいと思っています」と、台湾で行われたシンポジウムに参加した
日本の国際コラムニストに語ったという。

 交流協会台北事務所の岡田健一・総務部長は2日、「日本と台湾とで漁業交渉再開につい
ての認識は一致しており、議題や日程はまだ調整中だが、雰囲気も方向性も前向き」と述
べたと台湾の中央通信社が伝えている。

 台湾側が日本と「一歩踏み込んだ協議」をするためにどのように「前向き」なのか、産
経新聞は「サバ・アジ漁に関する漁場管理規範の草案をまとめ、6月をサバの禁漁期と決め
た」ことなどを伝えている。下記に紹介したい。

 このような台湾側の「前向き」な具体的取り組みに対し、日本側はどのような具体案を
もって臨むのかについては詳らかではないが、中国の日台離間策のもくろみを挫(くじ)
くためにも、誠意には誠意をもって応える姿勢を示し、日台漁業協定の締結まで持ち込み
たいものだ。

-----------------------------------------------------------------------------------------
漁業協議再開へ台湾が規範草案─6月、サバ禁漁期に
【産経新聞:2012年11月4日】

 【台北=吉村剛史】台湾の行政院農業委員会漁業署(水産庁に相当)が、サバ・アジ漁
に関する漁場管理規範の草案をまとめ、6月をサバの禁漁期と決めたことが、漁業関係者ら
の話でわかった。

 沖縄県・尖閣諸島の扱いが焦点となる日台漁業協議再開に向けた調整が進む中、漁場管
理意識の高さを示し、日本側に早期再開を促すねらいとみられる。

 草案では、台湾北東海域の漁場のうち、尖閣のある北緯24度以北に禁漁区を設けた。操
業を届け出制として、漁具の制約や禁漁期を設け、漁業資源の保護育成をめざす。

 このうちサバ禁漁期は、学術報告をもとに6月1〜30日と定め、漁業署が10月30日、9月に
抗議漁船団を組んで日本領海に侵入した宜蘭県の漁民らに説明会を開き、同意を得たとい
う。

 同県蘇澳区漁会(漁業協同組合)の林月英事務局長は「漁業資源の保護育成は漁民の利
益に直結する」とし、台湾漁民の手荒い漁法に悩まされてきた日本側漁民の不安払拭も見
込む。

 現在、水産庁などで日台漁業協議再開を調整中の日本側も「実行力に疑問は残るが、民
間取り決め締結に向けた台湾側の強い意志が感じ取れる」とし、本協議前の予備会談など
が検討されている。

 尖閣周辺はサバ、アジなどの漁場で、主権を主張する台湾は尖閣を「宜蘭県」に区分。
漁民も日本統治時代以来の「100年来の伝統漁場」と強調してきた。

 日中漁業協定は北緯27度以南を規制せず、中国漁船は尖閣の日本領海外で操業できる
が、台湾は独自の暫定執法線を主張しつつも原則、中間線西側でしか操業できない。

 日台間の漁業問題の進展については、尖閣を軸に中台連携をもくろむ中国が、日台の協
力強化の動きとみて警戒感を示している。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【日本李登輝友の会:取り扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

● 李登輝元総統も激賞の映画『跳舞時代』DVDお申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0120.reg

● 映画『父の初七日』DVD(日本語字幕)お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0126.reg

● 盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0122.reg

● 「ありがとう台湾オリジナルTシャツ」お申し込み *在庫切れ:緑・M、L、LL 白・L、LL
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0097.reg
  *詳細は本会HPに掲載↓
  http://www.ritouki.jp/news/distribution/t-shirts.html

● 『台湾歌壇』(第17集) お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0123.reg

● 友愛グループ機関誌『友愛』(第1号〜第12号)お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0082.reg

● 廖継思著『いつも一年生』お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0075.reg

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 日本李登輝友の会「入会のご案内」

  入会案内 http://www.ritouki.jp/guidance.html
  入会お申し込みフォーム http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0005.reg

-----------------------------------------------------------------------------------------
◆ メールマガジン「日台共栄」

  日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の
  会の活動情報とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

● 発 行:日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
      〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
      TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
      E-mail:info@ritouki.jp ホームページ:http://www.ritouki.jp/

● 事務局:午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

● 振込先: 銀行口座
       みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
       日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
       (ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

      郵便振替口座
       加入者名:日本李登輝友の会
       口座番号:0110−4−609117

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2011  Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。