国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第1719号】 本会青年部が「台湾料理教室」スタッフを募集!

2012/10/30

>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━━━━ 平成24(2012)年10月30日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
            日台共栄のためにあなたの力を!!
<<INDEX>> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ [Vol.1719]
1>> 本会青年部が「台湾料理教室」スタッフを募集!
2>> 東シナ海と日台  吉村 剛史(産経新聞台北支局長)
3>>【日台漁業協議】 日本で予備会談を開き、日本側は外務省と水産庁関係者が出席
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆【ネット署名(第5期)】台湾出身者の戸籍を中国から台湾に改正しよう!!
  http://www.shomei.tv/project-1988.html
  *第5期ネット署名数:611人(10月30日現在)
  *第5期署名期間:平成24(2012)年8月21日〜10月31日

● 第8回台湾出身戦歿者慰霊祭【11月23日】お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0131.reg

● 日本李登輝友の会「平成24年 日台共栄の夕べ」【12月23日】お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0127.reg

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 本会青年部が「台湾料理教室」スタッフを募集!

 来る12月2日(日)、本会青年部主催により「台湾料理教室」を行います。つきまして、ボ
ランティアスタッフを募集いたします。40歳までの日本李登輝友の会会員であればどなた
でも大丈夫です。

 また、同時に青年部部員として活動したい方も募集いたします。こちらも40歳までの日
本李登輝友の会の会員であればどなたでも大丈夫です。

 皆様のご応募お待ちしております。ご連絡は、メールかFAXにて本会「青年部」まで
お願いします。

 平成24(2012)年10月30日

                    日本李登輝友の会 青年部部長 杉本 拓朗

◆連絡先
 〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A 日本李登輝友の会 青年部
 TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
 E-mail:info@ritouki.jp

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 東シナ海と日台  吉村 剛史(産経新聞台北支局長)

【産経新聞:2012年10月30日「台湾有情」】

 第二次大戦の日本降伏にちなむ台湾の「光復節」の25日、「1千人規模の反日デモが行
われる」というので、のぞいてみた。

 沖縄県・尖閣諸島の主権や、中台統一を主張する民間団体の集まりだったが、総統府前
に行くと話半分どころか、学生も含めて100人前後しかいない。

 前日には馬英九総統も、自身のフェイスブックで「釣魚台(尖閣諸島の台湾名)は日本
に誘拐された赤子」と厳しく指摘していたが、これら当局や一部活動家と、街の親日的な
空気は明らかに隔たりがある。

 「日中関係が悪化し、日本の政局も混沌(こんとん)とする中、日本をゆさぶり、漁業
問題などで譲歩を迫るには好機だからね」と与党・中国国民党の幹部はいう。

 とはいえ、台湾当局の姿勢がいずれ社会に浸透し、庶民の親日感情にまで影響しないと
もかぎらない。

 そんな中、台湾の鳥類研究者らが日本の研究者を招き、北部・基隆沖の離島、彭佳嶼
(ほうかしょ)で合同調査を行うというので同行させてもらった。

 同島ではアホウドリが絶滅してしまったものの、台湾の研究者は約140キロ離れた尖閣か
らのアホウドリの飛来と、再繁殖へ期待を寄せる。「野生動物の保護育成と政治は無関
係。積極的に日本に協力を請う」という言葉を、額面通りに受け取りたいが…。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3>>【日台漁業協議】 日本で予備会談を開き、日本側は外務省と水産庁関係者が出席

 昨日、日台漁業協議について外交部(外務省に相当)の林永楽・部長(外務大臣に相
当)は立法院における答弁で「日本との間で現在最も重要なのは、漁業交渉を再開して漁
業者が操業する権益を具体的に保障することだ」とした上で、「双方は交渉再開に向け
て、現在、折衝しているところだ」と述べたことを台湾メディアが伝えた。

 林・外交部長はまた、日本で予備会談を開く見通しを明らかにし、台湾側は外交部と行
政院農業委員会漁業署の関係者が出席し、日本側からは外務省と水産庁の関係者が臨むこ
とも明らかにしたという。

 第17回目となる日台漁業交渉はこれまでの様相と異なる。両国関係者の関心の高いこと
もさることながら、中国が執拗に尖閣を問題化しようとしているからだ。息の長い交渉に
なることも予想され、大所高所からの対応を切に望みたい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【日本李登輝友の会:取り扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

● 李登輝元総統も激賞の映画『跳舞時代』DVDお申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0120.reg

● 映画『父の初七日』DVD(日本語字幕)お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0126.reg

● 盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0122.reg

● 「ありがとう台湾オリジナルTシャツ」お申し込み *在庫切れ:緑・M、L、LL 白・LL
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0097.reg
  *詳細は本会HPに掲載↓
  http://www.ritouki.jp/news/distribution/t-shirts.html

● 『台湾歌壇』(第17集) お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0123.reg

● 友愛グループ機関誌『友愛』(第1号〜第12号)お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0082.reg

● 廖継思著『いつも一年生』お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0075.reg

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 日本李登輝友の会「入会のご案内」

  入会案内 http://www.ritouki.jp/guidance.html
  入会お申し込みフォーム http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0005.reg

-----------------------------------------------------------------------------------------
◆ メールマガジン「日台共栄」

  日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の
  会の活動情報とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

● 発 行:日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
      〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
      TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
      E-mail:info@ritouki.jp ホームページ:http://www.ritouki.jp/

● 事務局:午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

● 振込先: 銀行口座
       みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
       日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
       (ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

      郵便振替口座
       加入者名:日本李登輝友の会
       口座番号:0110−4−609117

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2011  Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan


規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。