国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第1709号】 桜募金ご協力のお願い─日本から台湾に桜の苗木を贈り一緒にお花見をしよう!!

2012/10/18

>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━━━━ 平成24(2012)年10月18日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
           日台共栄のためにあなたの力を!!
<<INDEX>> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ [Vol.1709]
1>> 桜募金ご協力のお願い─日本から台湾に桜の苗木を贈り一緒にお花見をしよう!!
2>> 台湾の大学に「日本研究センター」が続々と開設!
3>> 11月26日、台湾協会が呉正男氏を講師に講演会  【参加費無料 要申込み】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆【ネット署名(第5期)】台湾出身者の戸籍を中国から台湾に改正しよう!!
  http://www.shomei.tv/project-1988.html
  *第5期ネット署名数:588人(10月18日現在)
  *第5期署名期間:平成24(2012)年8月21日〜10月31日

● 第18回「日本李登輝学校台湾研修団」お申し込み【締切:10月22日】
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0121.reg

● 李登輝元総統も激賞の映画『跳舞時代』DVDお申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0120.reg

● 映画『父の初七日』DVD(日本語字幕)お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0126.reg

● 盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0122.reg

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 桜募金ご協力のお願い─日本から台湾に桜の苗木を贈り一緒にお花見をしよう!!

 日本李登輝友の会では平成18(2006)年からこれまで5000本を超える河津桜の苗木を台
湾に寄贈し、たいへん喜ばれています。

 この寄贈は、その前年、桜が大好きな李登輝元総統のお立会いの下、日本から台湾に桜
の苗木を寄贈、日台で協力して1万本の桜を台湾に咲かせようという趣旨の寄贈調印式を
行ってから始まっています。

 一昨年には再び李元総統にお立会いいただいて本会は李登輝民主協会(蔡焜燦理事長)
と姉妹提携し、桜を寄贈することで合意しています。

 つきましては、日台の絆を象徴するこの桜寄贈を来年(平成25年)は2月に行う予定で、
今年も「桜募金」をお願いすることといたしました。来年2月末まで行いますのでご協力の
ほどよろしくお願い申し上げます。また3月に「台湾・桜植樹式とお花見ツアー」も実施の
予定で、別途ご案内いたします。

 平成24(2012)年10月吉日

                                日本李登輝友の会

-----------------------------------------------------------------------------------------
【桜募金要項】

■ 1口=2,000円

 * 募金にご協力いただいた方は、お名前を記したプレートを植樹する桜に掛け、長く銘
   記いたします。

 * 15口(3万円)以上の篤志者の方には、蔡焜燦先生の和歌と篤志者のお名前を入
   れ、万葉仮名の第一人者として著名な蔡先生ご友人の荘有徳先生揮毫の色紙を贈呈さ
   せていただく予定です。

■ 期 間 平成24(2012)年10月18日〜同25(2013)年2月28日

● 郵便局 加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
      口座番号:00110−4−609117

  * 郵便局備え付けの「郵便払込取扱票」をお使いください(「桜募金」とお書き添えく
     ださい)。

  * 会員の方は、機関誌『日台共栄』の最後に添付の赤色の「郵便払込取扱票」をお使い
     ください。

● ゆうちょ銀行 加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
         店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417

  * 他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。

● 銀 行 三菱東京UFJ銀行 本郷支店 普通 0012742
           口座名:日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
            (ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

  * 銀行振込の場合はお名前しかわかりませんので御礼状はお出しできません。ご了承く
     ださい。

日本李登輝友の会
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp HP:http://www.ritouki.jp/

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 台湾の大学に「日本研究センター」が続々と開設!

 今年の6月、台湾の輔仁大学外語学院に「日本研究センター」が設立されたことが話題と
なったが、昨日の産経新聞の伝えるところによれば、2009年からの4年間で台湾の大学に
「日本研究センター」が次々に開設されているという。すでに国立では政治大学、台湾師
範大学、中興大学、中山大学の4校、私立では淡江大学、輔仁大学、東海大学の3校に開設
されている。

 台湾の大学では淡江大学、輔仁大学の「老舗」に続き、1994年には台湾大学にも「日本
語文学科」が設置されたが、「学部に設置された日本語科は、台湾の全大学165校のうち45
校にまで増え、さらに増え続ける見込み」だという。

 その背景には、記事では詳しく紹介されていないが「日本への熱い眼差し」があるよう
だ。昨年11月に金車教育基金会が2年ごとに発表している高校生や大学生を対象とした「国
際観に関するアンケート」では「台湾に最も友好的な国・地域」は日本が断トツの1位
(56%)で 、2位のアメリカ(40%)を大きく引き離し、3回連続のトップだった。

 ちなみに、「友好的でない国・地域」では、中国が断トツの1位(87.9%)で、これは4
回連続で1位。

 また、記事では高校生の第2外国語の選択率は「日本語が圧倒的な人気」と伝える。昨年
12月7日に台湾・教育部が発表したところによれば、2011年度1学期、233校、1,585クラ
ス、5万4658人が第2外国語を履修していて、選択率は以下のようになるという。やはり、
日本語が断トツの1位だ。

1)日本語:37,988人(69.5%)、2)フランス語:7,276人(13.3%)、3)スペイン
語:3,639人(6.7%)、4)ドイツ語:3,194人(5.8%)、5)韓国語:2,033人
(3.7%)、6)ベトナム語:243人(0.44%)、7)イタリア語:170人(0.31%)、8)
ラテン語:81人(0.15%)、 9)インドネシア語:27人(0.05%)、10)ロシア語:7人
(0.01%)

 台湾の大学に日本研究センターが相次いで開設された背景には、このような日本への
「眼差し」があるようだ。

 それに引き換え、日本の大学の現状はあまりにも寂しい。台湾語学科を設置している大
学は1校もない。「台湾研究センター」を設置しているのは早稲田大学と天理大学、中京大
学くらいか。台湾協会学校としてスタートした拓殖大学にも、台湾殖民政策を講義してい
た東京大学にも「台湾研究センター」はない。

 日本にとって台湾は「生命線」であるにもかかわらず、この体たらくだ。国交がないこ
とを理由に挙げてはならない。大学経営のため、中国に留学生を勧誘しに行っているのが
実態だからだ。日本は、台湾からの「熱い眼差し」に応えなければならない。

-----------------------------------------------------------------------------------------
台湾、留学生拡大へ本腰 現代日本研究センター相次ぎ開設─法政大には受け入れ拠点
【産経新聞:2012年10月17日】

 台湾が、日本との大学交流に積極的だ。戦後長く、日本研究が制限され、日本を知らな
い世代が増えた台湾では、2009(平成21)年から、「現代日本研究センター」設立が相次
ぎ、7大学で活動を始めた。一方、来月には東京の法政大学に日本人留学生の受け入れ拠点
を開所し、「(台湾の)高品質で、学費の安い高等教育」をPRすることになった。

                   ◇

 日本研究センターが置かれたのは、政治、台湾師範、中興、中山の国立大4校と、淡江、
輔仁、東海の私立大3校。大学院で、現代日本の政治や社会を研究し、すでに一部では、修
士号を取得することもできる。将来は、博士号の取得も可能になる、という。

 一方、学部に設置された日本語科は、台湾の全大学165校のうち45校にまで増え、さらに
増え続ける見込みだ。高校では、必修の英語を除いた第二外国語で、日本語が圧倒的な人
気を獲得し、学んでいる高校生の総人数は、2番人気の仏語の約6倍という。

 日本では、台湾の若者たちの日本ブームが取り上げられる。しかし、ある台北在住の日
本人研究者によると、教育分野では戦後、日本研究が制限され、50歳代半ば以上の教員に
日本をあまり知らない人たちが増えている。国立政治大を皮切りにセンターが誕生した背
景には、そうした人材不足を解消する狙いがある、という。

 政治大研究員の石原忠浩氏はさらに、「従来、台湾の大学の日本研究は文化・言語など
人文系に偏り、政治経済、社会など社会科学系が弱かった。日本との関係が深まるにつれ
て、現在の日本について正しい認識を持つことへの要求が高まった」と指摘する。

 2008年就任した馬英九総統は翌09年を「台日特別パートナーシップ促進年」と定めた。
国民党への政権移行で対日政策が注目されたが、馬総統は日本との実務関係を発展させる
意向を表明し、それが現代日本研究センター設立につながっている。

 一方、法政大学に開所する「日本台湾教育センター」は、東南アジアからの台湾留学生
を増やすための施策の一環だ。すでに日本のほか、ベトナム、タイ、マレーシア、インド
ネシア、インド、韓国、米国、モンゴルの8カ国に台湾教育センターが設けられた。台湾の
大学が一校ずつ、それぞれの国を担当する仕組みだ。

 日本センターの担当となったのは台北市郊外の私立淡江大で、日本の大学生や高校生に
台湾への留学を呼びかける。センター主任の郭艷娜さんは「台湾の大学は、国私立とも年
間学費が20万円から30万円ほどと安い。日本人は書類審査のみで入学できます。安全で生
活費も安いので、中国語を勉強するために留学する学生も増えています」とアピールする。

 郭さんはすでに法政大キャンパスの事務所で仕事を始めており、11月20日前後に開所式
を行う。このときには台湾の大学関係者も日本を訪れ、高校、大学を回って説明会を開く
予定という。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3>> 11月26日、台湾協会が呉正男氏を講師に講演会  【参加費無料 要申込み】
   演題は「強運な台湾人青春」

 特別幹部候補生として志願入隊後、機上通信士に選抜され、滑空飛行戦隊に転属、北朝
鮮で終戦を迎え2年間ソ連(カザフスタン)に抑留後、日本人として復員、新制高校に入学
等波瀾に満ちた青春時代を振り返り、戦争の悲惨さの中で運に恵まれて今日ある事を語っ
ていただく。

◆講 師:呉正男氏(信用組合「横浜華銀」前理事長、日本李登輝友の会理事)

      昭和2年、台湾・台南州生まれ。昭和16年、13歳のとき日本へ。16歳で陸軍特
      別幹部候補生となり、水戸航空通信学校に入隊。滑空飛行第一戦隊に配属。
      北朝鮮で終戦。ソ連抑留後、復員。攻玉社高校1年に入学、法政大学卒業後、
      信用組合横浜華銀入社。21年間専務理事、その後、6年間理事長を勤めた。
      「NHKのど自慢大会の台湾開催をお願いする日台の会」会長等、日台親善
      に尽力。

◆演 題:「強運な台湾人青春」

◆日 時:平成24年11月26日(月) 午後2時〜4時

◆場 所:糖業会館 2階 会議室
      東京都千代田区有楽町1-9-3 電話:03-3215-0661
      【交通】JR有楽町駅 日比谷口より徒歩3分
          地下鉄(千代田線・三田線)日比谷駅 3分

◆参加費:無料

◆申込み:葉書・電話またはFAXで台湾協会までお申し込み下さい。

◆締 切:11月16日(金)

◆主 催:台湾協会
      〒160-0022 東京都新宿区新宿6-29-6
      TEL:03-3200-8116 FAX:03-3200-8180

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【日本李登輝友の会:取り扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

● 「ありがとう台湾オリジナルTシャツ」お申し込み *在庫切れ:緑・M、L、LL 白・LL
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0097.reg
  *詳細は本会HPに掲載↓
  http://www.ritouki.jp/news/distribution/t-shirts.html

● 『台湾歌壇』(第17集) お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0123.reg

● 友愛グループ機関誌『友愛』(第1号〜第12号)お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0082.reg

● 廖継思著『いつも一年生』お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0075.reg

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 日本李登輝友の会「入会のご案内」

  入会案内 http://www.ritouki.jp/guidance.html
  入会お申し込みフォーム http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0005.reg

-----------------------------------------------------------------------------------------
◆ メールマガジン「日台共栄」

  日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の
  会の活動情報とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

● 発 行:日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
      〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
      TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
      E-mail:info@ritouki.jp ホームページ:http://www.ritouki.jp/

● 事務局:午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

● 振込先: 銀行口座
       みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
       日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
       (ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

      郵便振替口座
       加入者名:日本李登輝友の会
       口座番号:0110−4−609117

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2011  Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan


規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。