国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第1690号】 「中国投資を警告する日台共闘の会」設立のご案内

2012/09/27

>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━━━━ 【平成24(2012)年 9月27日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
            日台共栄のためにあなたの力を!!
<<INDEX>> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ [Vol.1690]
1>> 「中国投資を警告する日台共闘の会」設立のご案内
2>>【戸籍問題】本会が9月29日(土)に新宿駅西口において街頭署名!
3>> 9月29日(土)、青森県支部が「尖閣諸島を守るぞ!!」街宣活動
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆【ネット署名(第5期)】台湾出身者の戸籍を中国から台湾に改正しよう!!
  http://www.shomei.tv/project-1988.html
  *第5期ネット署名数:494人(9月27日現在)
  *第5期署名期間:平成24(2012)年8月21日〜10月31日

● 第18回「日本李登輝学校台湾研修団」お申し込み【締切:10月22日】
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0121.reg

● 映画『父の初七日』DVD(日本語字幕)お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0126.reg

● 盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0122.reg

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 「中国投資を警告する日台共闘の会」設立のご案内

 中国の不健全な司法や権力腐敗の下で多くの台湾企業が理不尽な投資経験を強いられ、
台湾では被害を受けた人々が「台湾対中投資被害者協会」を組織してチャイナ・ドリーム
から目を覚ますよう呼び掛けています。

 本会理事で熊本県在住の廣瀬勝(ひろせ・まさる)氏も中国投資で被害を受け、去る9月
11日、「台湾対中投資被害者協会」が廣瀬氏を招いて台湾大学校友会館において記者会見
を開きました。

 この席上、廣瀬氏は中国・青島において遭遇した事件の概要説明と従兄弟を150日間出国
停止処分にした天下の悪法「中国民事訴訟法231条」、及び「国防動員法」の危険性を訴
え、さらに、東日本大震災に際しての台湾からの200億円を超える義援金に対して深く感謝
の意を表したそうです。

 廣瀬氏は「台湾対中投資被害者協会」からの呼び掛けに応じ、このたび日本で「中国投
資を警告する日台共闘の会」を設立する運びとなりました。

 下記に設立の趣旨や活動方針などをご紹介します。同様の被害を受けた企業などからの
情報提供も求めています。記者会見の模様を伝えた本誌記事は下記のとおりです。また、
設立のご案内とともに廣瀬氏のプロフィールも併せてご紹介します。

◆廣瀬勝・本会理事が中国投資をめぐり「台湾対中投資被害者協会」と記者会見[2012/9/14]
 http://melma.com/backnumber_100557_5652138/

-----------------------------------------------------------------------------------------
「中国投資を警告する日台共闘の会」設立のご案内

【設立趣旨】

 中国は2008年に「中国民事訴訟法231条」を制定し、また2010年に「国防動員法」を制定
しました。さらには、2千億円を超える知的財産権の侵害、尖閣問題に端を発する無法極ま
りない反日デモ、暴力団と協力して行う労働争議デモ、環境デモの頻発、レアアース輸出
削減と、日々悪化する中国投資環境に鑑みて、この国に対する投資、貿易、企業活動が企
業利益に反することは言うまもなく、日本の国益に反することもまた明らかであります。

 ここに於いて、日本と同様に中国の国家的経済犯罪に遭遇した台湾企業家や台湾国民と
連携し、対中投資の危険性を世に知らしめ、同国からの撤退を勧め、日本と台湾へ回帰す
るか東南アジア諸国への移転を促すことを目的とする「中国投資を警告する日台共闘の
会」を設立いたします。

【活動方針】

その1 中国投資の危険性を日台両国民と企業家に明確に認識してもらうべく、これまで
    秘匿とされてきた現地企業が蒙った被害状況、経緯を含む情報を収集して匿名に
    より公に告知する。同時にこれらの情報を台湾との間で共有し、不当性を訴求す
    る。

その2 外国企業財産の収奪を合法化する「国防動員法」、民事事件で外国人の出国の自
    由を侵害する「中国民事訴訟法231条」の危険性を可及的に日本、台湾を中心とす
    る世界の企業家、国民に知らしめる。

その3 対中投資説明会を開催する団体を支援するジェトロ、経済産業省、地方自治体、
    その他の公的機関に対して抗議活動、公開質問を行う。

【情報提供のお願い】

 日本、海外の企業を問わず、対中投資経験のある企業家の皆様、中国駐在あるいは長期
出張経験のあるビジネスマンの実体験を募集しています。本会設立の趣旨にご賛同いただ
ける皆さまからの情報をお寄せいただきますようよろしくお願いします。

1、企業名、実名は秘匿されたうえでの御連絡で構いません。
2、遭遇した事件のあらましをお知らせください。
  1)事件発生の日時
  2)場所
  3)経緯
  4)損失金額
  5)事後処理の結果
  6)他企業へ伝えたい事
  7)日本政府への要望

 2012年9月吉日

                         中国投資を警告する日台共闘の会
                               総責任者 廣瀬 勝

◆連絡先:中国投資を警告する日台共闘の会
      〒869-2504  熊本県阿蘇郡小国町西里2917
      電話:090-1927-1905
      E-mail:masaruhirose@jmail.plala.or.jp

-----------------------------------------------------------------------------------------
廣瀬勝[ひろせ・まさる] 昭和39(1964)年1月、福岡県生まれ。西南学院高校、中央大
学法学部卒業。昭和61年、産経新聞社第138回「わたしの正論」にて佳作2位入賞(題名
「『誤謬なき』憲法の問題」)。昭和62年、産経新聞社第150回「わたしの正論」にて入選
1位入賞(題名「防衛予算の制約と効率」)。大学卒業後、父親の経営するプラスチック食
品容器メーカーに入社。東京営業所に配属。平成17年より中国・青島に駐在。平成19年に
退社し、現在は熊本県阿蘇郡小国町で温泉施設「豊礼の湯」を経営。著書『台湾記』
(2010年、文芸社)は台湾の前衛出版社からも2010年10月に刊行。現在、(株)豊礼専務取
締役、日本李登輝友の会理事、同会熊本県支部長、中国投資を警告する日台共闘の会総責
任者。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>>【戸籍問題】本会が9月29日(土)に新宿駅西口において街頭署名!

 現在、台湾出身者が日本人と結婚したり日本に帰化する場合、または日本人の養子とな
る場合など、その身分に変動があった場合、戸籍における国籍や出生地は「中国」や「中
国台湾省」と表記されます。

 中国とは中華人民共和国のことであり、中国台湾省とは中華人民共和国の行政区を指し
ますから、台湾出身者を中国人としているのが現在の戸籍制度です。元凶は、50年ほど前
の昭和39(1964)年に出された法務省民事局長通達でした。

 台湾は中国の領土ではなく、これまで一度たりとも中国の統治を受けたことはありませ
ん。台湾を中国領土とするのは、台湾侵略を正当化するための中国の政治宣伝に他なりま
せん。また、この戸籍表記は日本政府の見解にも合致していません。

 平成24(2012)年7月9日、これまでの外登証が廃止され、新たに交付された在留カード
の「国籍・地域」欄は、台湾出身者の場合、「中国」から「台湾」に改められました。同
時に実施された外国人住民票でも「台湾」と表記されるようになりました。

 法務省は民事局長通達を出し直し、台湾出身者の戸籍における国籍表記は、在留カード
や外国人住民票にならって「国籍・地域」とし、「中国」ではなく「台湾」と改めるよう
強く要望します。

 私たちは、中国の虚構宣伝を受け入れる法務省の戸籍行政を許してはなりません! 皆
様のご協力をお願いします!

*署名用紙は他の目的で使用致しません。
*署名取りまとめ後は、法務大臣に届けます。

◆ネット署名にもご協力を!
 http://www.shomei.tv/project-1988.html

◆台湾出身者の戸籍を中国から台湾に改正を!
 http://www.ritouki.jp/suggest/koseki.html

-----------------------------------------------------------------------------------------
9月29日(土)の新宿駅西口での街頭署名にご協力を!

 署名やチラシ配布をお手伝いいただける方を募っています。日本李登輝友の会事務局ま
でご連絡をお願いします。

◆日 時:9月29日(土)  午後2時〜4時 *雨天の場合は中止します。

◆場 所:新宿駅・西口

◆内 容:大型拡声器による呼びかけとアピールチラシ配布および街頭署名

◆当日連絡先:090-1269-3918(柚原)

◆主 催:日本李登輝友の会
      〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
      TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
      E-mail:info@ritouki.jp ホームページ:http://www.ritouki.jp/

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3>> 9月29日(土)、青森県支部が「尖閣諸島を守るぞ!!」街宣活動

 尖閣諸島の領土問題について、日本中はもちろんですが、中国、香港、および台湾に住
んでいる一部の中国人なども大騒ぎでございます。

 尖閣諸島はどこの国の領土ですか?! それは言うまでもなく、紛れもなく、疑いもな
く、「日本」なのです!

 最近はやっと 野田政権が尖閣諸島を国有化すると、尖閣諸島を買うという動きがあり
ましたが、隣の国は、日本政府のこの動きには、「断固反対」と言ってます、しっかりし
てほしいですよね! あまりにもよなよなだと、本当に自国の領土が取られてしまうぞ!!

 自国の領土も守れずに、国民のことはどうやって守るんだ??

 近隣国が狙っている!日本の領土を狙っている!

 そう〜 尖閣諸島は中国と香港の活動家と台湾に住んでいる一部の中国人。竹島と対馬
は韓国に、北方領土はロシアに狙われているのだ!!!

 そんな弱腰政府に、そして韓流大好きな日本人に、中国マネー大好きな日本人に、目を
覚ましてほしいのだ! もう夢みる時間は終わりだよ! 目を開けて、現実をみるのだ!! いま 日本における危機を!! 今にも迫ってくる危機を!

 何も変わらないかもしれない、何も出来ないかもしれない! けど、街頭宣伝を行いま
す!!

 無関心の方が、一人でも、関心を持っていただけたら、それでもいいと、なので街頭宣
伝を行うのだ。

 台湾の元総統・李登輝氏も尖閣諸島は日本の領土だと発言しているのに、なぜ?!日本
政府は近隣国には弱気な対応なのだ?!

 民衆の声として、政界に届けよう! 皆さん!声を出して、意見を言おう! 奮って、
ご参加をよろしくお願い申し上げます

◆日 時:9月29日(土)14:00〜17:00(早く終了することもありえます)

◆場 所:青森駅前通り「アウガ」前

◆内 容:チラシ配りとスピーカーで街宣

◆現場責任者:菊池、出町(070−6619−4001)

◆主 催:青森李登輝友の会

◆後 援:青森日台交流会、国際交流会ワイワイクラブ、青森救う会

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【日本李登輝友の会:取り扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

● 『台湾歌壇』(第17集) お申し込み *在庫僅少
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0123.reg

● 映画『跳舞時代』DVD 
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0120.reg

● 「ありがとう台湾オリジナルTシャツ」お申し込み *在庫切れ:緑・M、L、LL 白・LL
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0097.reg
  *詳細は本会HPに掲載↓
  http://www.ritouki.jp/news/distribution/t-shirts.html

● 友愛グループ機関誌『友愛』(第1号〜第12号)お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0082.reg

● 廖継思著『いつも一年生』お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0075.reg

● 台湾「飲茶5袋セット」のお申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0111.reg

● 月刊「正論」年間購読お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0113.reg

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 日本李登輝友の会「入会のご案内」

  入会案内 http://www.ritouki.jp/guidance.html
  入会お申し込みフォーム http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0005.reg

-----------------------------------------------------------------------------------------
◆ メールマガジン「日台共栄」

  日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の
  会の活動情報とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

● 発 行:日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
      〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
      TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
      E-mail:info@ritouki.jp ホームページ:http://www.ritouki.jp/

● 事務局:午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2011  Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan


規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。