国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第1653号】 明日、NHKBSが「三つの名を生きた兵士たち〜台湾先住民“高砂族”の20世紀」を放送

2012/08/10

>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━━━━ 【平成24(2012)年 8月10日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
           日台共栄のためにあなたの力を!!
<<INDEX>> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ [Vol.1653]
1>> 明日、NHKBSが「三つの名を生きた兵士たち〜台湾先住民“高砂族”の20世紀」を放送
2>> 【読者の声】千島・南樺太は我が日本の領土  下津井よいとこ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● 盧千恵著『フォルモサ便り』お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0122.reg

● 映画『父の初七日』DVDお申し込み【9月上旬配送】
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0126.reg

●「日台シンポと廣枝慰霊祭ツアー」お申し込み【締切:9月13日】
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0125.reg

● 第18回「日本李登輝学校台湾研修団」お申し込み【締切:10月22日】
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0121.reg

◆ 台湾出身者の戸籍を中国から台湾に改正しよう!!
  http://www.ritouki.jp/suggest/koseki.html
  *署名用紙やアピールチラシもダウンロード可
  *7月31日で第4期署名を締め切りました。ご協力ありがとうございました。
   間もなく第5期署名を始めます。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 明日、NHKBSが「三つの名を生きた兵士たち〜台湾先住民“高砂族”の20世紀」を放送

◆8月11日(土)午後4時30分〜午後6時 NHK・BS
◆三つの名を生きた兵士たち〜台湾先住民“高砂族”の20世紀
 http://cgi4.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2012-08-11&ch=10&eid=10998
 
 明日(8月11日)午後4時30分〜午後6時まで、NHKBSが「BSプレミアム」として
「三つの名を生きた兵士たち〜台湾先住民“高砂族”の20世紀』という番組を放送する。
ホームページでは下記のように番組内容を紹介している。

≪かつて日本の統治下にあった台湾。その山間部に、当時“高砂族”と呼ばれた人々の村
が点在する。戦時中、日本軍は、こうした村々から志願を募って部隊を編成。最前線に送
り込まれた高砂族の若者たちは、山岳民としての高い身体能力を生かし、目を見張る活躍
をする。しかし、日本の敗戦後、彼らを過酷な運命が待っていた。時の政権から弾圧され
る者。故郷を捨て大陸に渡る者。国家と戦争に翻弄され続けた民族の歴史を証言で描く。≫

 放送を見るまではなんとも言えないが、3年前の4月5日に放送された「NHKスペシャル
 シリーズ JAPANデビュー 第1回 アジアの“一等国”」を見た方なら、「嫌な予
感」がよぎったのではないだろうか。

 この番組を紹介していただいた会員の方も「証言記録と謳っていますが、あのNHKが
新たに台湾で証言を集めたという話は聞こえてきていませんので、もしやジャパンデビュ
ー取材テープの焼き直しか? ならばジャパンデビュー編集との整合性は如何? などと
想像しながら、“怖いもの見たさ”でこれも録画予約して待っているところです」と書かれてきた。

 李登輝学校日本校友会が主催して毎年行っている「台湾出身戦歿者慰霊祭」における祭
文には、必ず高砂義勇隊に触れた一文が入っている。

≪このように台湾からは軍人8万443名、軍属12万6750名の、合計20万7193名が従軍されま
した。特に昭和17年6月には500名の強者を選抜、「高砂挺身報国隊」と名づけられた部隊
が結成され、フィリピンの第2次バターン攻略に参戦し、降り注ぐ弾雨の中、次々と進路を
拓き、橋を架けるなど、正規軍を凌ぐ大活躍をされました。

 殊に南方諸島特有の密林地帯での戦闘では、その敏捷性、優れた視聴覚、軍律を厳正に
保持する姿勢・態度は実に立派なものでした。南方各地の戦場から生還した多くの日本将
兵が「高砂義勇兵のお蔭で生き延びられた」と語っております。≫

 現在、自らを「原住民」と称し、日本統治時代に「高砂族」と呼ばれた台湾の人々で、
日本統治時代に生れた方は確かに「三つの名」を持つ。原住民名、日本名、そして蒋介石
独裁下で名乗らせられた漢名だ。

 例えば、NHK「JAPANデビュー」裁判の原告となったパイワン族の華阿財氏は、
NHKに対する抗議文の中で次のように記していた。「華阿財」はもちろん漢名だ。

≪私はパイワン族(排湾族 Paiwan)であり、パイワン族としての本名は「バジェルク・タ
リグ」(巴基洛克 達玄固 Valjeluk M,V,L)です。また、日本時代の戸籍には、日本名
の「松田勇」で登録してあります。≫

 実は、戦前生まれの台湾の原住民は、兵士でなくとも「三つの名」を持つ。しかし、台
湾では朝鮮では申請制だった「創氏改名」とは違い、「改姓名」という許可制だった。朝
鮮半島でも台湾でも、もちろん日本名は強制ではない。だから朝鮮半島での「創氏改名」
は87%に留まり、台湾の「改姓名」は1.6%に過ぎなかった。

 この番組では、台湾における「改姓名」をめぐる歴史的事実を正しく伝えているのだろ
うか、気にかかるところだ。

 また、この「兵士」という表現も気にかかる。通常は士官の指揮を受ける兵隊、すなわ
ち「軍人」を指す。しかし、高砂族出身者の多くは正規兵の「軍人」とは区別される「軍
属」だった。主に軍需物資の補給や輸送業務、または軍事施設の建設や維持管理などに当
った。通訳なども「軍属」とされていた。

 靖国神社に祀られているのは原則として「軍人・軍属」で、台湾出身戦歿者の「軍人・
軍属」のうち、李登輝元総統の実兄の岩里武則命(台湾名:李登欽)は海軍「軍人」とし
て祀られている。

 一方、NHK「JAPANデビュー」裁判の原告となったパイワン族の高許月妹さん
(日本名:黒崎はま子)の長兄の黒崎太郎命も靖国神社に祀られている。昭和17年12月28
日にニューギニアのギルワというところで戦死しているが、その身分が「海軍軍属工員」
だったからだ。

 ちなみに、黒崎太郎命が靖国神社に祀られていることが判明したのは、2年前の平成22
(2010)年9月のことで、高許月妹さんがNHK「JAPANデビュー」裁判のために来日
した華阿財氏に依頼し、靖国神社で調査していただいたことにより判明している。靖国神
社に合祀されたのは昭和35年10月17日、秋季例大祭のときだった。

 このように高砂義勇隊の方々を「兵士」としているところに、少なからぬ疑問を覚える
このNHKBSの「三つの名を生きた兵士たち〜台湾先住民“高砂族”の20世紀』という
番組だ。NHKお得意の「詐術」が混じっていないか、心して見てみたい。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 【読者の声】千島・南樺太は我が日本の領土  下津井よいとこ

 千島・南樺太は我が国の一部です。ロシアによる不法占拠は断じて許すことはできませ
ん。

 北方領土問題を、北方四島だけの奪還で「解決」としようとする動きがありますが、仮
に北方四島だけが我が国に返還されるとすると、北千島と南樺太は永久にロシアに奪われ
てしまうことになります。北方領土の奪還は、飽く迄、千島と南樺太全体でなければなり
ません。(唯、以前も書きましたように、不法占拠されている領土のうち一部分だけの返
還を主張して、残りは不問に付すと云う態度では、何もかえってこないと思いますが)

 不法に我が国に対して攻撃を開始したソ連に対して、我が国土の不法占拠を許すこと
は、泥棒に追い銭に他なりません。千島・南樺太の奪還を訴えることは、自国の国土を取
戻すと云う至極当然の主張です。決して極端な主張ではありません。

 奪還実現は容易ではありませんが、粘り強くロシアに談判しなければなりません。国際
社会に対しても、ロシアによる千島・南樺太の占拠には根拠がないことを説明して、理解
を求めなければなりません。

 8月9日と云えば、マスメディアは原爆のことばかりを取り上げます。学校に於いても原
爆のことは教えても、ソ連軍の不法侵攻と一般邦人に対する暴虐行為、シベリア抑留に就
いては、余り教えようとしないのではないかと思います。シベリア抑留による死者は40万
人に上ると言われます。また満洲、南樺太、千島でソ連軍により虐殺された一般邦人も数
十万人に上るのではないでしょうか。(こう書いていて本当にやりきれない思いにとらわ
れます。)

 原爆のことも忘れてはならないでしょうが、我が国はそれを遙かに上回る被害をソ連軍
の暴虐行為によって受けているのです。

 千島・南樺太は今も不法占拠されており、またロシアの国家体質は、例えば政権に批判
的な人物が謀殺される事件が相次いでいるように、現在も以前と余り変わっていないと思
われます。

 8月9日と云う日が我々日本人にとって痛憤の日であることが、マスメディア等によって
忘却させられてしまうことのないよう警戒しなければなりません。
(8月9日)

●同感です。8月9日は長崎原爆のことに目を奪われがちですが、ソ連軍が日ソ不可侵条約
 を一方的に破って満州・北朝鮮・樺太に不法侵攻を開始した日。日本民族として、忘れ
 てならない「屈辱の日」です。原爆というアメリカの非、不法侵攻というソ連の非、い
 ずれも忘れるには記憶がまだ生々しすぎます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【日本李登輝友の会:取り扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

● 『台湾歌壇』(第15集・第16集)  *在庫が切れましたので申し込みを中止します。

● 映画『跳舞時代』DVD → 現在、在庫切れですが、8月中旬に入荷の予定です。
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0120.reg

● 「ありがとう台湾オリジナルTシャツ」お申し込み *在庫切れ:M・緑
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0097.reg
  *詳細は本会HPに掲載↓
  http://www.ritouki.jp/news/distribution/t-shirts.html

● 友愛グループ機関誌『友愛』(第1号〜第12号)お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0082.reg

● 廖継思著『いつも一年生』お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0075.reg

● 台湾「飲茶5袋セット」のお申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0111.reg

● 月刊「正論」年間購読お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0113.reg

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 日本李登輝友の会「入会のご案内」

  入会案内 http://www.ritouki.jp/guidance.html
  入会お申し込みフォーム http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0005.reg

-----------------------------------------------------------------------------------------
◆ メールマガジン「日台共栄」

  日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の
  会の活動情報とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

● 発 行:日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
      〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
      TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
      E-mail:info@ritouki.jp ホームページ:http://www.ritouki.jp/

● 事務局:午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2011  Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan


規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。