国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第1648号】 映画「父の初七日」DVDのご案内【予約受付中!】 お届けは9月初旬から

2012/08/04

>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━━━━ 【平成24(2012)年 8月4日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
           日台共栄のためにあなたの力を!!
<<INDEX>> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ [Vol.1648]
1>> 映画「父の初七日」DVDのご案内【予約受付中!】 お届けは9月初旬から
2>> 第8回「台湾主権記念−講演会、音楽会」のご案内
3>>【読者の声】これはひどい、高砂義勇隊記念碑に参拝
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆台風9号お見舞い
 8月2日に台湾を襲った台風9号の影響で、台湾では北部を中心に洪水や土石流による甚大
 な被害が出ています。心からお見舞い申し上げ、被災された方が一日も早く元の生活に
 戻れますようお祈り申し上げます。

● 映画『父の初七日』DVDお申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0126.reg

●「日台シンポと廣枝慰霊祭ツアー」お申し込み【締切:9月13日】
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0125.reg

● 盧千恵著『フォルモサ便り』お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0122.reg

● 第18回「日本李登輝学校台湾研修団」お申し込み【締切:10月22日】
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0121.reg

● 『台湾歌壇』(第15集・第16集)  *在庫が切れましたので申し込みを中止します。

◆ 台湾出身者の戸籍を中国から台湾に改正しよう!!
  http://www.ritouki.jp/suggest/koseki.html
  *署名用紙やアピールチラシもダウンロード可
  *7月31日で第4期署名を締め切りました。ご協力ありがとうございました。
   間もなく第5期署名を始めます。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 映画「父の初七日」DVDのご案内【予約受付中!】 お届けは9月初旬から
   台湾全土に大きな感動と共感を巻き起こし異例のロングランヒットを記録した台湾版「お葬式」

◆日本李登輝友の会会員だけの特典! 定価3,990円 → 会員頒布価格:3,100円(税込)

 父危篤の報せに、台北で働く阿梅(アメイ)は故郷の病院へと駆けつける。しかし、病
室に横たわる父はすでに息を引き取っていた。母の死後、男手ひとつで自分たちを育てて
くれた父の亡骸に付き添って、阿梅と兄の大志(ダージ)は自宅へと戻る。道士でもある
叔父の指図で、伝統的な葬儀が執り行われることになるが、阿梅は父との様々な思い出に
浸る間もなく、古いしきたりに則った“お葬式”に追い立てられ…。“父をおくる”まで
の7日間を描いた、優しさとユーモアあふれる物語!

 古い風習に翻弄される家族の様子を独特の空気感で描き、笑いと涙の狭間に家族の絆の
尊さを浮かび上がらせたお奨めの逸品。昭和30年代ころまでの日本でも見られた「野辺送
り」の光景を思い出させる。数々のメロディと鮮やかな色彩、葬儀にまつわる台湾独特の
風習の厳粛さと滑稽さ―それらが織り成すコントラストが本作の魅力。

【2009年・台湾 本編92分+特典約20分 音声:台湾語・中国語 字幕:日本語 特典:
リーフレット、キャスト・スタッフが語る『父の初七日』、劇場&オリジナル予告編 発
売元:マクザム+パルコ+太秦 販売元:マクザム】

◆頒布価格:会員:3,100円 一般:3,300円
      *入会希望者も会員価格 
      *送料=1部:160円 2部以上:実費(日本国内のみ)

◆申込方法:申込数、ご氏名、電話、ご住所、会籍などを明記、メール、FAXで。

      *下記の「申し込みフォーム」からならお手軽で簡単です。
       http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0126.reg

◆申 込 先:日本李登輝友の会事務局
       〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
       TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
       E-mail:info@ritouki.jp HP:http://www.ritouki.jp/

◆お支払い:代金後払い(郵便局・銀行) *本とともに請求書と郵便払込取扱票を送付

【お届けは2012年9月初旬からとなります】

-----------------------------------------------------------------------------------------
映画「父の初七日」DVD お申し込み書

■申込数:    枚
■振込方法:郵便局・銀行
■会籍:会員・一般・入会希望
■ご氏名:
■ご住所:〒
■お電話:
■メール:

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 第8回「台湾主権記念−講演会、音楽会」のご案内

 台湾の政権を奪回した馬英九はひたすら中国に迎合してきた。如何にも厚顔かつ卑屈だ
が、変形された中華意識である。馬政権下、台湾各地に1928年満州に起こった「易幟」を
彷彿させる事件が多く起こった。つい最近は、とうとう台湾の中国人活動家らが台湾艦艇
の護衛で五星紅旗を掲げて尖閣諸島領海を侵犯した。

 馬政権の親中統一姿勢に拮抗するかのように、本土派が中華民国とその国旗を守り、台
湾を「正名」するどころか、中華民国を「護名」するのが精一杯の情けない現状になっ
た。

 台湾における台湾正名運動が萎れて目標からいっそう遠のいたのを尻目に、日本の台湾
正名運動は異彩を放った。外国人登録証明書(外登証)の国籍がついに「中国」から台湾
に変えられ、一里塚と言うべき成果を成し遂げた。そこで、日本の台湾正名運動を推進し
てきた中心的な人物である柚原正敬氏に台湾正名運動の今後の進路と、日本・台湾そうし
て中国にどのような影響を与えるのかを語っていただきます。

 講演の後は、心を癒す美しいクインテットの演奏をご堪能ください。

【日 時】 平成24年9月9日(日) 開場:午後3:00

【ところ】 ホテルメトロポリタン池袋 TEL:03-3980-1111

【講演会】 午後3:30〜5:00

      演題:在留カードへの道と今後の台湾正名運動
      講師:柚原 正敬
      略歴:[ゆはら・まさたか]昭和30年、福島県南相馬市生まれ。早稲田大学
         中退。1982年、専務取締役編集長として出版社「展転社」を創立。
         1995年、台湾研究フォーラムを設立。2002年、日本李登輝友の会の設
         立と同時に常務理事・事務局長に就任し、機関誌『日台共栄』編集長
         を兼任。日光日台親善協会顧問。メディア報道研究政策センター理
         事。共著に『世界から見た大東亜戦争』『台湾と日本・交流秘話』
         『李登輝訪日・日本国へのメッセージ』など。

【演 奏】 長友祥吾クインテットバンド演奏 午後5:10〜5:50

【懇親会】 午後6:00〜8:00

【会 費】 講演会:1,000円(学生:無料)
      懇親会:9,000円(高校生以下:6,000円)

【主 催】 台湾主権記念運営委員会

【共 催】 日本台湾医師連合・日本台医人協会・在日台湾同郷会・在日台湾婦女会・
      日本李登輝友の会・台湾の声・東京台湾教会

【問合せ】 090-9205-3339(中山)

【申込先】 FAX:03-3208-8009 E-mail:phliu491010@yahoo.co.jp

--------------------------------------------------------------------------------
ご芳名:

ご連絡先:

講演会 ご出席    名     ご欠席

懇親会 ご出席    名     ご欠席

※出欠は9月7日(金)必着にてお願いいたします。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3>>【読者の声】これはひどい、高砂義勇隊記念碑に参拝

◆これはひどい 韓国人夫婦がキムチ代を踏み倒す

 海外旅行は楽しい。きれいな景色を楽しんだり、おいしい料理に舌鼓を打つのもいい
が、やはり一番の楽しみは現地の文化に触れることではないだろうか。

 韓国人夫婦が台湾に旅行に来ていたそうだ。台湾のレストランに入り、漬物やつまみな
ど冷菜5皿を頼んだそうだ。しかし、会計になって「冷菜代は払わない。だって韓国ではキ
ムチは無料だから!」とゴネて、代金を踏み倒した。確かに、韓国ではキムチやナムルは
サービスでついてくることが多い。しかし、夫婦が訪れたのは台湾。自己中心的なひどい
振る舞いが問題視されている。

 事件が起きたのは台北市だ。店名は明かされていないが、わりと名の通った牛肉麺の店
だという。そこに1組の韓国人夫婦が現れた。

 夫婦は牛肉麺の他に、漬物やおつまみなど5品・320台湾ドル(約840円)をオーダー。し
かし、会計になってこの5品分の代金は払わないとゴネだしたのだ。理由は「韓国ではキム
チなどの漬物は無料だから払う必要はない」というのである。

 全く筋が通っていない。確かに韓国ではキムチやナムルはサービスでついてくることが
多い。しかし、ここは台湾、しかも台湾名物・牛肉麺の店である。店のオーナーは「彼ら
はかなり怒った様子で“なんで払わないといけないんだ!”と言いました」と振り返る。

 オーナーがどんなに説明しても韓国人夫婦は「why!?  why!?」と繰り返すばかり。全く
聞き入れる様子はない。全くらちがあかず、オーナーも「もういい」と言うほかなかっ
た。結局、夫婦は冷菜分の代金を払わずに出て行ったそうだ。このやりとりを見ていたほ
かの客が、ネットに一部始終を書き込み。事が明るみになったという。

 台湾ネットユーザーからは
「はぁ!?」
「これはひどい!」
「恥知らずだな」
「教養も常識もなさすぎる」
「ここは台湾! 韓国じゃない!」
「台湾を尊重しろ」
「払いたくないならウンコでも食べてろ」
「韓国の常識が世界の常識と思うなんて図々しい」
「普通説明されたらわかるでしょ。払いたくなかっただけじゃないの」
「お店の人かわいそう……」
と怒りのコメントが寄せられている。

 外国に行けば、現地の習慣が自分の “常識” と異なることは多い。しかし「郷に入れ
ば郷に従え」という言葉があるように、基本的には現地の習慣を尊重すべきではないだろ
うか。この韓国人夫婦の振る舞いは自己中心的だと言えよう。店主は「今度からメニュー
に韓国語で “冷菜は有料です” と書こうと思います」と話しているそうだ。
(8月3日)

●2年ごとに発表されている台湾の金車教育基金会による「国際観に関するアンケート」
 で、昨年の韓国は「友好的でない国・地域」で第2位(47%)、2009年のときも第2位。
 台湾の人々はあまり韓国を好きではないようで、その一因がこのようなところにあるの
 かもしれません。ちなみに、中国は4回連続で第1位です。

◆高砂義勇隊記念碑に参拝

 こないだ、台湾に行ってきました。台北に住む友人夫婦を訪ねて、二泊三日の強行軍。

 いやー、海外って久しぶりだったな。買い物とか、美味しいものを食べるとか、そうい
う旅行ってあんまり魅力を感じたことなかったのだけど、気の置けない友人たちと町を歩
き、小籠包をハフハフ言いながら食べ尽くし、ショッピングで大人買い。たのしかった!

 私も普通の感覚を持った女子なんだと、自分でわかって、ちょっと安堵。

 台湾といえば、「高砂義勇隊」。

 南方の戦場を中心に、彼らはその高い身体能力を生かして山野を駆け巡りました。軍属
でありながら、日本軍と共に一生懸命戦ってくれたのです。これはお参りしなければ。

 というわけで、台北から車で1時間半ほどの烏来(ウーライ)という温泉地へ。ここに
は高砂義勇隊の慰霊碑があります。お線香をあげてお参りしてきました。

●烏来の高砂義勇隊記念碑を護る馬偕理牧(マカイ・リムイ)さんが「最近は日本人の若
 い人がよく訪ねて来る」とおっしゃっていました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【日本李登輝友の会:取り扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

● 映画『跳舞時代』DVD → 現在、在庫切れですが、8月中旬に入荷の予定です。
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0120.reg

● 「ありがとう台湾オリジナルTシャツ」お申し込み *在庫切れ:M・緑
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0097.reg
  *詳細は本会HPに掲載↓
  http://www.ritouki.jp/news/distribution/t-shirts.html

● 友愛グループ機関誌『友愛』(第1号〜第12号)お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0082.reg

● 廖継思著『いつも一年生』お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0075.reg

● 台湾「飲茶5袋セット」のお申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0111.reg

● 月刊「正論」年間購読お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0113.reg

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 日本李登輝友の会「入会のご案内」

  入会案内 http://www.ritouki.jp/guidance.html
  入会お申し込みフォーム http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0005.reg

-----------------------------------------------------------------------------------------
◆ メールマガジン「日台共栄」

  日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の
  会の活動情報とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

● 発 行:日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
      〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
      TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
      E-mail:info@ritouki.jp ホームページ:http://www.ritouki.jp/

● 事務局:午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2011  Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan


規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。