国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第1640号】 李登輝先生がお元気で良かった!(上)  嶋田 早貴(第17期生)

2012/07/25

>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━━━━ 【平成24(2012)年 7月25日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
           日台共栄のためにあなたの力を!!
<<INDEX>> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ [Vol.1640]
1>> 李登輝先生がお元気で良かった!(上)  嶋田 早貴(第17期生)
2>>『台湾歌壇』(第15集・第16集) 頒布のご案内
3>> 8月3日、森敬恵さん「さわやかトーク・コンサート:甦れ 日本の心」in小平市
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● 映画『跳舞時代』DVD → 完売いたしました! 在庫はありません。

◆『台湾歌壇』(第15集・第16集)お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0123.reg

◆【ネット署名(第4期)】台湾出身者の戸籍を「中国」から「台湾」に改正しよう!!
  http://www.shomei.tv/project-1901.html
  *署名数:718人(7月25日 3期からの継続署名数)
  *1期・2期・3期のネット署名総数=12,235人

◆ 台湾出身者の戸籍を中国から台湾に改正しよう!!
  http://www.ritouki.jp/suggest/koseki.html
  *署名用紙やアピールチラシもダウンロード可
  *法務大臣の名前が異なる署名用紙でも有効です。

◆【動画】 祝!『台湾』国籍が在留カードに記載!
  http://youtu.be/FSZtX11OHMg

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 李登輝先生がお元気で良かった!(上)  嶋田 早貴(第17期生)

 本会は去る4月末、17回目となる「日本李登輝学校台湾研修団」(略称・李登輝学校研修
団)を実施した。参加者は35名。最終日の4月30日、元気を回復された李登輝元総統の特別
講義を拝聴、参加者の一言も聞き逃すまいという真剣な眼差しが印象的でした。

 すでに機関誌『日台共栄』7月号に掲載していますが、今回で3回目の参加となる嶋田早
貴(しまだ・さき)さんにレポートしていただきましたので、ここに2回に分けてご紹介し
ます。

 ちなみに、嶋田早貴さんは中国語が堪能な20代半ばのOLです。今回の副団長をつとめ
ていただいた嶋田敦子さんはお母さんです。今回は団長の村上俊英氏のご子息も参加する
など、これまでも親子や夫婦で参加されるケースも少なくないのがこの研修団の一つの特
徴です。

 なお、次回(第18回)の日本李登輝学校台湾研修団は、11月22日(木)〜26日(月)に
行うこととなりました。近々ご案内いたしますので、ふるってご応募ください。

-----------------------------------------------------------------------------------------
李登輝先生がお元気で良かった!(上) レポート・第17回日本李登輝学校台湾研修団

                              嶋田 早貴(第17期生)

 4月26日から30日、第17回日本李登輝学校台湾研修団(略称・李登輝学校研修団)が行
われ、団長を理事で岐阜県支部長の村上俊英(むらかみ・としひで)氏、副団長を参加3回
目となる嶋田敦子(しまだ・あつこ)氏が務め、計35名の団員が参加、とても充実した内
容の研修となった。

 昨年11月、大腸ガンの手術をされた李登輝先生は驚いたことに、最近また台湾一周の旅
を始められたそうで、とてもお元気でした。

◆第1日・4月26日(木)

 桃園空港に到着後、空港からバスで淡水のホテル成旅晶賛飯店へ。到着後すぐ徒歩5、6
分ほどの群策会へ。

 群策会に着くとすぐ始業式があり、王燕軍秘書長のご挨拶と群策会の紹介があった。そ
の後、蔡焜燦先生(李登輝民主協会理事長)による「台湾と日本の歴史の絆」の講義を拝
聴。日本人は台湾人に2つのことを教えた、それは「公」と「私」の区別、そして「モノ作
りの精神」だと力説。

 終了後はホテル近くのレストラン「海中天」にて夕食会が開かれ、蔡先生や王秘書長な
ど群策会スタッフの方々と楽しいひとときを過ごした。

◆第2日・4月27日(金)

 群策会にて午前九時から黄智慧先生(中央研究院民族研究所)の「原住民の歴史と新た
な日台関係」の講義。台湾には2000メートル以上の山から遺跡が見つかるという話や、3万
年前の長濱遺跡もあるなどの話にビックリ。日本には原住民研究者が世界一多いそうで、
これにも驚かされた。

 第2講は羅福全先生(前台湾駐日本代表)による「台湾と日本の安全保障」の講義。日台
関係でもっとも大切なのは安全保障で、日本にとって台湾は重要というご指摘に納得。

 途中、台湾鉄道弁当の昼食を挟み、午後は迫田勝敏先生(中日新聞・東京新聞通信員)
による「選挙後の台湾情勢」の講義。総統選挙後の研修団ということで、なぜ民進党は勝
てないのかについて「含涙投票」という言葉が紹介され、馬英九はダメだが、自分の意思
に反して涙を飲んで国民党に投票する行動だそうだ。選挙の裏事情などを交えた分析はす
ごく参考になった。

 講義後、明日からの野外視察のため15時半に群策会を出発。MRTと高速鉄道を乗り継
いで台中駅へ向かい、宿泊先のホテル台中金典酒店へ。

 ホテルでの夕食会には前駐日台湾代表の許世楷先生と盧千恵夫人をお招きし、明日訪問
する白冷[土川](はくれいしゅう)についてのミニ講義をいただいた。盧夫人はガンの手
術をされたそうで、許先生が料理を夫人に取り分けられている様子はさり気なく自然で、
お似合いのご夫婦だ。

◆第3日・4月28日(土)

 ホテルで朝食後、バスに乗り、許世楷先生ご夫妻が待つ白冷[土川]へ。

 現地では、本会会員の黄木壽氏や白冷[土川]水流域促進会の詹益輝・理事長、徐炳乾・
総幹事など関係者も合流、白冷[土川]について詳しく解説していただき、歩きながら白冷
[土川]建設の歴史を学んだ。

 八田與一(はった・よいち)の高校・大学の後輩にあたる磯田謙雄(いそだ・のりお)
が造った巨大な逆サイフォン式の送水管「白冷[土川]」を下から見上げると本当に大き
い。地形の変化を利用し、電気などの動力を一切使用せずに、逆サイフォンで高い所にま
で水が届く。この先人の偉業を目の当たりにし、当時の日本にこれほど素晴らしい技術が
あったことに驚き感動した。

 近くのお洒落な安[女尼]公主花園レストランにて昼食。窓から白冷[土川]の大きなパ
イプを見つつ、許世楷先生より「これを作った時にはそれなりに問題もあったけれども、
この生活用水ができたことにより、この集落やここに暮らす人々の生活に潤いが持てた」
とのお話を伺い、今でも大切に受け継ぎ、語り継いでくれる台湾の方々への感謝の気持ち
でいっぱいになった。

 その後、バスで台中公園へ。ここでは最初に、本会から台湾に河津桜を贈ったことを記
念して建立された桜寄贈記念碑を見学。

 石造りの放送播音台や、横倒しになっている台中神社の鳥居などを見学後に再びバスに
乗り、宝覚寺へ。日本人墓地と境内に建つ「霊安故郷」碑に参拝し、村上団長と嶋田副団
長が献花。「霊安故郷」の文字は李登輝先生の揮毫で、戒厳令が解除されたのを機に、か
つての戦争で戦死した台湾籍元日本軍人・軍属3万余柱と、台湾住民で犠牲者となった人々
の御霊をこの寺に祀ることになった時に建てられた。

 次に、台中市在住の喜早天海(きそう・たかひろ)氏のご案内により、台中市日僑学校
(日本人学校)の視察に向かった。

 この学校は、1999年の集集大地震の際に倒壊したが、校舎再建当時、総統だった李登輝
先生のお力添えにより、早々と2001年に新校舎を落成することができたという。

 校舎の玄関に掲げる「台中縣日僑学校」の扁額は李登輝先生の揮毫だ。一昨年、県と市
が合併して台中市になったことにより「台中市日僑学校」と新しく書き換えられたそう
だ。案内いただいた田村洋行副校長からその原紙を見せていただいた。日本人に対する李
登輝先生の温かく細やかなご配慮に、感謝の気持ちで胸が熱くなった。

 校舎はとても綺麗で、整った立派な施設に驚いた。前のスケジュールが押して、2時間も
遅れての視察だったにもかかわらず、田村先生にはとても丁寧に案内していただいた。

 日本人学校を後にし、バスを走らせること40分ほどで夕食会会場の香蕉新楽園に到着。
昔の日本統治時代の街並みそのものが復元された内装になっており、非常にレトロな雰囲
気の面白い店内だった。ここで東海大学助教授の王良原氏が合流。夕食後、若者組は駅前
の宮原眼科の建物を利用したショッピング・フードセンターへ。

                                   (つづく)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>>『台湾歌壇』(第15集・第16集) 頒布のご案内

 平成23(2011)年3月11日の東日本大震災から1ヵ月後、本誌で「日本の復興と繁栄を祈
る『台湾歌壇』の人々」として、蔡焜燦氏が代表をつとめる「台湾歌壇」の方々が東日本
大震災の被災者に献詠する短歌を紹介したところ、大きな反響を巻き起こしました。

 同年7月刊行の『台湾歌壇』第15集では、その短歌89首や毎月第4日曜日に開く月例歌会
の歌などを収録しています。平成24年に入って早々には、864首を収めた第16集も刊行さ
れ、「天下分け目の戦と言はれた1月中旬の選挙を控えての各同人の憂国の情がほとばしる
作品」(蔡代表「巻頭の言」)や、10月2日に台湾で初めて開催された「NHKのど自慢」
を詠った歌なども収められています。

 この「台湾の心」満載の『台湾歌壇』を日本で読みたいというご要望に応え、「台湾歌
壇」のご協力を得て、ここに第15集と第16集をお頒ちいたします。

◆頒布価格:会員:1,000円  一般:1,200円
       *入会希望者も会員価格
       *送料=1部:160円 2部以上:実費(日本国内のみ)

◆申込方法:申込集、ご氏名、電話、ご住所、会籍などを明記、メール、FAXで。

       *下記の「申し込みフォーム」からならお手軽で簡単です。
        http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0123.reg

◆申 込 先:日本李登輝友の会事務局
       〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
       TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
       E-mail:info@ritouki.jp HP:http://www.ritouki.jp/

◆お支払い:代金後払い(郵便局・銀行) *本とともに請求書と郵便払込取扱票を送付!

-----------------------------------------------------------------------------------------
『台湾歌壇』(第15集・第16集) お申込書

・お申し込み集: 第15集 第16集 (○で囲んでください)

・お申し込み冊数: 部

・お名前:

・電話:

・送付先: 〒                                 

・メールアドレス:

・会籍: 会員・一般・入会希望 (○で囲んでください)

・お支払い方法: 郵便局・銀行 (○で囲んでください)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3>> 8月3日、森敬恵さん「さわやかトーク・コンサート:甦れ 日本の心」in小平市
   お申し込みの方にはチケットを郵送!【締切:7月31日】

 数年前、台湾の蔡焜燦(さい・こんさん)先生がソプラノ歌手の森敬恵(もり・とし
え)さんを台湾にお招きになり、高雄と台北でコンサートを開催して好評を博しました。
また蔡焜燦先生ご夫妻が来日されたとき、靖国会館で森さんや本会会員らが蔡先生ご夫妻
と一緒に童謡など歌ったことがあります。

 その森敬恵さんが来る8月3日、東京・小平市中央公民館2階ホールにおいて「しゃぼんだ
ま」や「我は海の子」「夏の思い出」などを「さわやかトーク・コンサート:甦れ 日本
の心」と題して歌います。コンサート終了後にはお楽しみ抽選会もあります。

 お申し込みの方には、チケットを郵送いたします。会場定員は180名、先着順。全席自由
席です。夏の一夕、森敬恵さんが熱唱する美しく豊かな「日本の心」に触れてみません
か。友人・知人の方をお誘い合わせのうえご参加ください。

*同時開催(8月3日〜5日):1階ギャラリーにて「日本の偉人伝」パネル展

-----------------------------------------------------------------------------------------
「さわやかトーク・コンサート:甦れ 日本の心」

◆日 時:2012年8月3日(金) 19:00〜20:30(18:30開場)

◆会 場:小平市中央公民館 2階ホール
      〒187-0032 東京都小平市小川町2-1325
      電話:042-341-0861 Fax:042-341-0883
      http://mappage.jp/dtl/infolist.php?KanriNo=13211S040001&mode=md
      【交通】西武多摩湖線「青梅街道駅」 徒歩5分
          西武多摩湖線「一橋学園駅」 徒歩9分
          JR武蔵野線「新小平駅」 徒歩15分
          コミュニティバス「小平中央公民館」 徒歩1分

◆参加費:1000円

◆申込み:メールかFAXで。*折り返しチケットをお送りします。

      E-mail:rjdic-m43130@ipone.ne.jp
      FAX:03-3727-3999

◆締 切:7月31日(火)

◆主 催:小平市制50周年を祝う市民の会

◆問合せ:090-3912-8211(藤井)

ソプラノ歌手 森敬恵さん(日本の心を歌い継ぐ会代表、二期会会員)
東京芸術大学大学院オペラ科修了。現代日本を代表するソプラノ歌手として「日本・イン
ド国交樹立50周年記念式典」「愛子内親王殿下おひな祭りの会」などでソロ演奏を献上す
るなど国家的行事や皇室関係の行事にもたびたび参加。また、ブラジル、台湾政府からの
招請を受けるなど国内外で活躍中。

-----------------------------------------------------------------------------------------
「さわやかトーク・コンサート:甦れ 日本の心」

・お名前:

・ご住所:

・お電話:

・E-mail:

*同伴者の方がいらっしゃる場合は、同伴者の方のお名前も記してください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【日本李登輝友の会:取り扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

● 「ありがとう台湾オリジナルTシャツ」お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0097.reg
  *詳細は本会HPに掲載↓
   http://www.ritouki.jp/news/distribution/t-shirts.html

● 友愛グループ機関誌『友愛』(第1号〜第12号)お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0082.reg

● 廖継思著『いつも一年生』お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0075.reg

● 台湾「飲茶5袋セット」のお申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0111.reg

● 月刊「正論」年間購読お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0113.reg

● 伊藤哲夫著『教育勅語の真実』お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0102.reg

● 黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点』お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0095.reg

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 日本李登輝友の会「入会のご案内」

  入会案内 http://www.ritouki.jp/guidance.html
  入会お申し込みフォーム http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0005.reg

-----------------------------------------------------------------------------------------
◆ メールマガジン「日台共栄」

  日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の
  会の活動情報とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

● 発 行:日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
      〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
      TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
      E-mail:info@ritouki.jp ホームページ:http://www.ritouki.jp/

● 事務局:午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2011  Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan


規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。