国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第1639号】 本復された李登輝元総統が日本からの訪問団と懇談

2012/07/24

>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━━━━ 【平成24(2012)年 7月24日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
            日台共栄のためにあなたの力を!!
<<INDEX>> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ [Vol.1639]
1>> 本復された李登輝元総統が日本からの訪問団と懇談
2>> 趙紫陽ブレーンの呉国光氏が「遅れて来た帝国主義国家」中国の次期政権を予測
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆【ネット署名(第4期)】台湾出身者の戸籍を「中国」から「台湾」に改正しよう!!
  http://www.shomei.tv/project-1901.html
  *署名数:715人(7月24日 3期からの継続署名数)
  *1期・2期・3期のネット署名総数=12,235人

◆ 台湾出身者の戸籍を中国から台湾に改正しよう!!
  http://www.ritouki.jp/suggest/koseki.html
  *署名用紙やアピールチラシもダウンロード可
  *法務大臣の名前が異なる署名用紙でも有効です。

◆『台湾歌壇』(第15集・第16集)お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0123.reg

◆【動画】 祝!『台湾』国籍が在留カードに記載!
  http://youtu.be/FSZtX11OHMg

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 本復された李登輝元総統が日本からの訪問団と懇談
   日台友好和歌山県市議会議員連盟とは1時間半にわたり「李登輝節」炸裂

 昨年11月1日に大腸癌の開腹手術をし、4月半ばから「台湾一周の旅」に臨まれている李
登輝元総統だったが、6月22日に狭心症で倒れられた。しかし、それから1ヵ月も経たない
うちに日本からの「快気祝い」訪問団などを受け入れられている。

 昨日、坂本竜馬財団が群策會のオフィスで面会したことを共同通信が伝え、産経新聞が
掲載したので下記に紹介したい。

 実は、先週18日には「日台友好和歌山県市議会議員連盟」(北野均会長)一行19名とも
面会されていた。約1時間半にわたり日台の歴史や、日本が果たすべき役割などについて
「李登輝節」が炸裂したそうだ。李元総統に教えを請いたいという議連設立以来の念願が
叶い、北野会長はじめ皆さん大感激だったという。

 この「日台友好和歌山県市議会議員連盟」は2010年6月24日、市議会の38名中29名の議員
が賛同して設立され、初代会長に選出された遠藤富士雄(えんどう・ふじお)議員は自分
のブログで下記のようにつづっている。

≪台湾との国交が断たれ、親台・親日という強い絆が途絶えてしまうことに憂いを感じて
いましたので、私自身平成7(1995)年当選以来、最も熱望しておりました議員連盟の設立
であります。国交が断たれたからこそ、我々が果たす役割は重要で、日台の歴史・文化を
今一度学び、相互理解のもと、真の文化交流・人的交流を深め、強い絆がいつまでも切れ
ることのないよう、後世につなげていかなければと考えるところであります。≫

 遠藤議員は近々、李元総統とお会いしたことをブログに書かれるそうだ。アップが確認
され次第、本誌でもご紹介したい。

-----------------------------------------------------------------------------------------
高知の竜馬財団が訪台 李元総統の健康回復祝う
【産経新聞:2012年7月23日】

 高知市の民間団体「坂本竜馬財団」(森健志郎代表理事)のメンバーら35人が台湾を訪
問し、23日、竜馬ファンの李登輝元総統と、北部の新北市淡水区の事務所で面会した。

 今年3月、竜馬の兄の子孫に当たる坂本登さんや森代表らが、竜馬の志を世界に発信し、
精神を受け継ぐ人材を育成するために設立した同財団にとっては、初の訪問団による海外
活動。

 森代表らは2009年に李元総統が高知県を訪問して以来、交流を続けており、昨年11月に
大腸がんの手術を受けた元総統のお見舞いの訪問を企画。既に回復している元総統は「快
気祝い」として訪問を受け入れた。一行は絵や帽子など思い思いの品を贈り、竜馬にちな
んだ歌やギターの演奏で健康回復を祝った。(共同)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 趙紫陽ブレーンの呉国光氏が「遅れて来た帝国主義国家」中国の次期政権を予測

 10年続いてきた中華人民共和国の胡錦濤政権はこれまで何をやってきたのか、次期の習
近平政権はどのような外交路線をとるのか──台湾関係者にとっても気になるテーマだ。

 産経新聞が趙紫陽元総書記のブレーンで、最近『次の中国はなりふり構わない』を出版
したカナダ・ビクトリア大学教授の呉国光氏へのインタビューを掲載した。

◆『次の中国はなりふり構わない』(産経新聞出版、2012年5月24日発売、1,680円)
 http://www.sankei-books.co.jp/m2_books/2012/9784819111652.html

-----------------------------------------------------------------------------------------
習次期政権 強硬外交で摩擦増─趙紫陽元総書記のブレーン呉国光氏インタビュー
【産経新聞:平成24(2012)年7月17日】
http://sankei.jp.msn.com/world/news/120717/chn12071721100004-n1.htm

 【北京=矢板明夫】1989年の天安門事件で失脚した中国共産党の趙紫陽元総書記のブレ
ーンで、カナダ在住の中国問題研究者、呉国光氏が17日までに産経新聞の電話と書面によ
るインタビューに応じた。今秋に発足する習近平政権について「経済成長のゆがみがもた
らした社会矛盾が深刻化し、厳しい政権運営を迫られそうだ」との見方を示した上で、
「国内の不満を外にそらす形で、強硬な外交路線を取り周辺国とのトラブルはさらに増え
る」と指摘した。

◆国内の不満そらす

 「趙紫陽の政治改革案」の起草者の一人としても知られる呉氏は、今の中国が抱える最
大の問題を「経済的既得権益者に権力が集中し、弱者の声が政策決定過程に反映されない
こと」と指摘。2002年から約10年間続いた胡錦濤政権について「政治改革を全く実施しよ
うとせず、社会矛盾を拡大させた過ちは大きい」と厳しい評価を下した。

 今年3月に保守派とされる大物政治家、薄煕来・前重慶市党委書記が胡錦濤派との闘争に
敗れ、失脚したことを一部の欧米メディアは「改革派の勝利」と指摘したが、呉氏は「改
革派も保守派も関係なく、党内の主導権争いにすぎない。薄氏の失脚で中国が良くなるこ
とはない」と一蹴した。

◆改革する勇気なし

 呉氏は社会矛盾の具体例として、焼身自殺やテロが多発するチベットや新疆ウイグル自
治区を挙げ「中国の経済発展は弱者の犠牲のうえに成り立っている。少数民族は最大の弱
者で、その反抗は今後過激化していくだろう」と指摘した。

 呉氏は、秋の党大会で最高権力者の党総書記に就任する予定の習近平氏についても「既
得権益者のしがらみの中にあり、なかなか身動きが取れないだろう。政治改革を断行する
勇気も能力も今のところは全く見えてこない」と手厳しい。

 呉氏は、習次期政権の外交政策は強硬路線を取る可能性が高いとし、「対外拡張路線が
さらに明確化すれば周辺国との摩擦も増えるだろう」と危惧する。

 「なりふり構わず海外に出ていく今の姿は、19世紀の欧米列強と重なる。中国は100年も
遅れてきた帝国主義国家になろうとしている」とも断じた。

 呉氏は今後の日中関係にも触れ「中国の目的は、日本と東南アジア諸国を自国の子分に
して、地域の覇権を実現することだ。今の日本は日米安保を放棄し、中国を基軸とする外
交に転じると思えないから、両国間の緊張はさらに高まっていくだろう」と分析した。

                    ◇

呉国光(ご・こくこう)カナダ・ビクトリア大学教授。中国山東省生まれ。1981年北京大
学卒業後、中国社会科学院の院長秘書などを経て、趙紫陽元共産党総書記主導の「政治体
制改革研究チーム」に選ばれ、87年の党大会に提出した政治改革に関する報告書を起草。
天安門事件直前に渡米し、ハーバード大学などを経て現職。6月に産経新聞出版から中国独
裁政治の矛盾を分析した「次の中国はなりふり構わない」を上梓した。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【日本李登輝友の会:取り扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

● 映画『跳舞時代』DVD → 完売しましたので在庫はありません。

● 「ありがとう台湾オリジナルTシャツ」お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0097.reg
  *詳細は本会HPに掲載↓
  http://www.ritouki.jp/news/distribution/t-shirts.html

● 友愛グループ機関誌『友愛』(第1号〜第12号)お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0082.reg

● 廖継思著『いつも一年生』お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0075.reg

● 台湾「飲茶5袋セット」のお申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0111.reg

● 月刊「正論」年間購読お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0113.reg

● 伊藤哲夫著『教育勅語の真実』お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0102.reg

● 黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点』お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0095.reg

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 日本李登輝友の会「入会のご案内」

  入会案内 http://www.ritouki.jp/guidance.html
  入会お申し込みフォーム http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0005.reg

-----------------------------------------------------------------------------------------
◆ メールマガジン「日台共栄」

  日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の
  会の活動情報とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

● 発 行:日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
      〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
      TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
      E-mail:info@ritouki.jp ホームページ:http://www.ritouki.jp/

● 事務局:午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2011  Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan


規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。