国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第1638号】 『台湾歌壇』(第15集・第16集) 頒布のご案内

2012/07/23

>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━━━━ 【平成24(2012)年 7月23日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
            日台共栄のためにあなたの力を!!
<<INDEX>> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ [Vol.1638]
1>>『台湾歌壇』(第15集・第16集) 頒布のご案内
2>>【報告】天妃様祭りに参加して  出町 淑貴(青森県支部事務局次長)
3>> 本日14時、許世楷・元駐日台湾代表が日本戦略研究フォーラムのシンポで基調講演
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆【ネット署名(第4期)】台湾出身者の戸籍を「中国」から「台湾」に改正しよう!!
  http://www.shomei.tv/project-1901.html
  *署名数:715人(7月23日 3期からの継続署名数)
  *1期・2期・3期のネット署名総数=12,235人

◆ 台湾出身者の戸籍を中国から台湾に改正しよう!!
  http://www.ritouki.jp/suggest/koseki.html
  *署名用紙やアピールチラシもダウンロード可
  *法務大臣の名前が異なる署名用紙でも有効です。

◆『台湾歌壇』(第15集・第16集)お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0123.reg

◆【動画】 祝!『台湾』国籍が在留カードに記載!
  http://youtu.be/FSZtX11OHMg

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>>『台湾歌壇』(第15集・第16集) 頒布のご案内

 昨年4月、本誌で「日本の復興と繁栄を祈る『台湾歌壇』の人々」として、蔡焜燦(さ
い・こんさん)先生が代表をつとめる「台湾歌壇」の方々が東日本大震災の被災者に献詠
する短歌を紹介したところ多くの反響を巻き起こしました。昨年7月に刊行の『台湾歌壇』
第15集には、その短歌89首や毎月第4日曜日に開く月例歌会の歌などを収録しています。

 今年に入って早々には、864首を収めた第16集も刊行され、ここには「天下分け目の戦と
言はれた1月中旬の選挙を控えての各同人の憂国の情がほとばしる作品」(巻頭の言)や、
昨年10月2日に催された「NHKのど自慢」を詠った歌なども収められています。

 この「台湾の心」満載の『台湾歌壇』を日本で読みたいというご要望に応え、「台湾歌
壇」のご協力を得て、ここに第15集と第16集をお頒ちいたします。

◆頒布価格 会員=1部:1,000円 一般=1部:1,200円
       *入会希望の方は会員価格
       *送料=1部:160円 2部以上:実費(日本国内のみ)

◆申込方法 希望号・冊数、氏名、電話、送付先を明記の上、郵送、FAX、メールで。

      申込フォームでも可 http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0123.reg

◆申 込 先 日本李登輝友の会 事務局
       〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
       TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
       E-mail:info@ritouki.jp

◆お支払い 代金後払い(郵便局・銀行) *本とともに請求書と郵便払込取扱票を同封。

-----------------------------------------------------------------------------------------

『台湾歌壇』(第15集・第16集) お申込書

・お申し込み号: 第15集 第16集 (○で囲んでください)

・お申し込み冊数: 部

・お名前:

・電話:

・送付先: 〒                                

・メールアドレス:

・会籍: 会員・一般・入会希望 (○で囲んでください)

・お支払い方法: 郵便局・銀行 (○で囲んでください)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>>【報告】天妃様祭りに参加して  出町 淑貴(青森県支部事務局次長)

◆【報告】天妃様祭りに参加して 2012.7.15〜16
 http://shukuei.blog19.fc2.com/blog-entry-787.html

 2012年7月15日(日)〜16(月)日は、青森県大間町で開催される「天妃様祭り」(媽祖
祭)に参加しました。

 この祭りは「大間町」、「大間観光協会」、「大間漁業組合」を中心として、大漁祈願
&海上安全祈願と町おこしの一環として開催したお祭りです。

 わが「青森李登輝友の会・顧問」(前支部長)の大見光男先生(前・県会議員)が、こ
の祭りの開催に当たって、発案者といいますか、うん、天妃様のことを明らかにしてか
ら、大間町の例年の日台融合のお祭りとして、発展、推進した方というのは、過言ではな
い!

 もちろん、ここまで来るのに「日本媽祖会」の協力なしでは、出来なかったこと。だか
ら、毎年「日本媽祖会」は遥々東京から応援し祭りに参加するのです。

 私達は、大見先生が心血をかけて行っているお祭りと聞き、だから「青森李登輝友の
会」「青森日台交流会」は応援しなくちゃと思い、それが参加するきっかけでした。今年
で7年連続の参加となります。

 よく考えれば、毎年 天候と祭りの進行情況、ツアー参加人数が違いますね。

 今年は菊池支部長のファミリーと出町ファミリーと「青森日台交流会」会員の澤さんフ
ァミリーの3つのグループ、計15人の参加となりました。

 「日本媽祖会」は入江会長さんをはじめ、青森の江川先生(青森中華総会・会長)や、
函館の石戸谷先生も合流して計11人の参加でした。「横浜媽祖会」の方も3人ほど、いらっ
しゃいましたね。

 15日、大間に着いてから、菊池先生と阿貴と澤さん優子さんの4人は、18:00から「大間
稲荷神社」での祈祷に参列しました。

 束の間で、今年船を出すことが決まった漁師さんと楽しくお話して、女性陣が用意した
お料理の味付けがうまいで、とても美味しかったのです。さすが漁師さんの奥さんだねと
思いました。澤さんがいてくれたから、話が弾んで、面白かったわ。

 その後、大見先生と一緒に「大間保養センター」へ行きました。「日本媽祖会」の方々
に挨拶するために、伺いました。

 媽祖会の方々は、ちょうど夕食の時間で、簡単な挨拶したら、失礼すると思ったら、結
局、自己紹介したり、入江会長さんが気合を込めて来年は一緒にやりましょうと言った
り、ちょっとだけお邪魔すると思ったら、またお酒と媽祖会の事務局の方が漬けたお漬物
もちゃっかりいただいちゃって。ここもそれなりの時間を楽しかったのです。

 16日。澤さんファミリーは初めてのご参加ですが、いろいろ体験してもらいたいのに、
天候がよくなくて、雨続きで、初めて「行列」が中止となったのです。

 折角、澤さんのお母さんと幸さんと優子さんにも参加してもらったのに、船に乗って、
沖まで出たのはいいのですが、雨が止まず、我らは、びしょ濡れでした。「日本東京媽祖
会」の方々も同じでした。港についてから、もう震えて、寒くって、「行列」が中止と聞
き、「大間保養センター」へもう一度湯に入って、着替えるのです。

 でも、まさか、同じタイミングで、港の倉庫の方で、もちのばら撒きが行われました。
あっはははは〜〜〜〜本当ですか?? とても残念でしたわ〜〜〜〜

 天候に恵まれなかったが、それでも菊池家、澤家がそれなりに、自分達が楽しむように1
泊2日を過ごしたみたいで、よかったと言っていいのか、そう思うしかないのか?! まぁ
〜天妃祭に参加して7年目ですが、こんなんことは初めてでした。天候はね、祈ってはいた
が、届かなかったかな?!

 幸い 濡れたせいで風邪をひいた方はいなかったみたいで、それだけは、何よりでし
た。

 実際、海上での行事にしか参加できなかったが、お昼ごろ、又いつものところ、公民館
の2Fで、皆で「大間観光協会」の和田さんが用意してくれたお弁当をいただきました。

 ここで、大見先生が今年は雨で、祭りは一部中止でしたが、これに懲りずに、来年もま
たいらっしてくださいと。は〜い 我々は 来年も 天妃祭に 参加しますよ!!(多分
ね・・・・)

 菊池さん、澤さん、大間の和田さん、大見先生、関係者の皆様、本当にお疲れ様でした
&ありがとうございました。

                          青森李登輝友の会事務局 阿貴

 写真もあります!どうぞご覧ください。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3>> 本日14時、許世楷・元駐日台湾代表が日本戦略研究フォーラムのシンポで基調講演
   テーマは「親日国からのメッセージ、そして日本の役割」

第27回 定例シンポジウムのご案内

                         日本戦略研究フォーラム
                             会 長 中 條 高 徳
                             副会長 小田村 四 郎
                             理事長 愛 知 和 男

謹啓 深緑の候、関係各位におかれましては益々ご清栄の段、心よりお慶び申し上げま
す。

 私ども日本戦略研究フォーラムも今年で設立13年目を迎えました。長きに亘り変わらぬ
ご支援ご厚情を賜り、衷心より御礼申し上げます。

 さて、我が国における昨今の政治の劣化は止まるところを知らず、この2年9か月の国家
運営は国内外ともに取り返しのつかない国損を刻んできたと言っても過言ではないでしょ
う。

 今、静かに日本のこの現状を考えるとき、これまで日本人として営々と歴史を刻み文化
を育んできた先人たちの努力を否定し、それを生き甲斐としてきた戦後の進歩的文化人と
称する人々の罪の大きさに、目を瞑ることはできません。「平和憲法」が謳うところの戦
後教育の結果を直視し、猛省し、直ちに手を打たなければこの国は本当に立ち行かなくな
る。逼迫したこの思いは先輩諸兄と同じであります。

 そこで今回の定例シンポジウムでは、日本人として祖国のためにひた向きにその力を注
いだ人々の足跡が残る6つの親日国に焦点を当て、彼の国々は今の日本をどう見ているの
か。世界、取り分けアジアにおける日本の役割とは何かを、今でもそれらの国々と強い絆
をお持ちの大使経験者にご登壇いただき、複眼的にお話しいただくことに致しました。そ
れを知ることにより現在の閉塞状況に風穴を開け、再び「日本人としての誇りを取り戻
し、将来の夢を語れる国」になれるヒントを得られるのではないかと考えるものでありま
す。

 日本の繁栄を願う多くの諸先輩方のご参加をお待ち申しております。
                                      謹白

◆日 時・場所:平成24年7月23日(月) ホテルグランドヒル市ヶ谷
         シンポジウム 14:00〜   瑠璃の間 (3 F)
         懇 親 会  18:00〜   白樺の間 (2 F)

◆テーマ:「親日国からのメッセージ、そして日本の役割」

      《基 調 講 演》
       許世楷氏 元台北駐日経済文化代表処代表

      《パネリスト》
       山口洋一氏 元トルコ国駐箚特命全権大使・元ミャンマー国駐箚特命全権大使
       平林 博氏 元インド国駐箚特命全権大使
       小林秀明氏 元タイ国駐箚特命全権大使
       島内 憲氏 前ブラジル国駐箚特命全権大使
       坂場三男氏 前ヴェトナム国駐箚特命全権大使

◆後 援:致知出版社

◆会 費:2 万円(当日受付可)

◆連絡先:日本戦略研究フォーラム
      〒162-0845 新宿区市谷本村町3−28 新日本市ヶ谷ビル7F
      Tel:03−6265−0864(代) Fax:03−6265−0894
      http://www.jfss.gr.jp/

-----------------------------------------------------------------------------------------
日本戦略研究フォーラム事務局宛  FAX:03-6265-0894

第27回JFSSシンポジウム  出欠通知

・御出席  御欠席 (該当箇所にチェックをしてください)

・御芳名: 
・貴社(団体)名:
・役 職:
・御住所:
・連絡先:
・御名代:
・同伴者:

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【日本李登輝友の会:取り扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

● 李登輝元総統も激賞の映画『跳舞時代』DVDお申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0120.reg

● 「ありがとう台湾オリジナルTシャツ」お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0097.reg
  *詳細は本会HPに掲載↓
  http://www.ritouki.jp/news/distribution/t-shirts.html

● 友愛グループ機関誌『友愛』(第1号〜第12号)お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0082.reg

● 廖継思著『いつも一年生』お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0075.reg

● 台湾「飲茶5袋セット」のお申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0111.reg

● 月刊「正論」年間購読お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0113.reg

● 伊藤哲夫著『教育勅語の真実』お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0102.reg

● 黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点』お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0095.reg

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 日本李登輝友の会「入会のご案内」

  入会案内 http://www.ritouki.jp/guidance.html
  入会お申し込みフォーム http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0005.reg

-----------------------------------------------------------------------------------------
◆ メールマガジン「日台共栄」

  日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の
  会の活動情報とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

● 発 行:日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
      〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
      TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
      E-mail:info@ritouki.jp ホームページ:http://www.ritouki.jp/

● 事務局:午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2011  Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan


規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。