国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第1617号】 人気揺るがぬ日本 吉村 剛史(産経新聞台北支局長)

2012/06/25

>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━━━ 【平成24(2012)年 6月25日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
           日台共栄のためにあなたの力を!!
<<INDEX>> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ [Vol.1617]
1>> 人気揺るがぬ日本 吉村 剛史(産経新聞台北支局長)
2>>【良書紹介】 濱口和久『だれが日本の領土を守るのか?』(たちばな出版)
3>>【読者の声】 台湾の10大幸福事件、李登輝さんへのお見舞い、国立天文台の英断
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆【ネット署名(第4期)】台湾出身者の戸籍を「中国」から「台湾」に改正しよう!!
  http://www.shomei.tv/project-1901.html
  *署名数:630人(6月25日 3期からの継続署名数)
  *1期・2期・3期のネット署名総数=12,235人

◆ 台湾出身者の戸籍を中国から台湾に改正しよう!!
  http://www.ritouki.jp/suggest/koseki.html
  *署名用紙やアピールチラシもダウンロード可
  *法務大臣の名前が異なる署名用紙でも有効です。

● 第7回台湾セミナー(講師:高池勝彦弁護士)お申し込み【7月7日開催】
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0119.reg

● 2012年・台湾アップルマンゴーお申し込み【締切:7月13日】
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0118.reg
  *台風の影響で収穫が遅れ、次回お届けは6月末か7月初めになる見込みです。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 人気揺るがぬ日本 吉村 剛史(産経新聞台北支局長)

 産経新聞の吉村剛史(よしむら・たけし)台北支局長が今朝の朝刊「台湾有情」欄で、
台湾が蒙った豪雨や台風の被害などに対し、交流協会台北事務所などが早々に台湾側にお
見舞いしたことを紹介しつつ、交流協会台北事務所が6月21日に発表した「2011年度台湾に
おける対日世論調査」に触れた感想をつづっている。

 交流協会台北事務所の担当者は「東日本大震災でいただいた支援を思えば、どこよりも
迅速でなければ…」と答えていたそうで、台湾の日本の出先機関の考え方を知って安心し
た方も多いのではないだろうか。日台関係を支える基本は、お互いに相手を思いやる感覚
がまずなければならないと切に思う。

 交流協会台北事務所のホームページに掲載された「お見舞い」記事2本を併せて紹介した
い。また、「2011年度台湾における対日世論調査」については、6月23日発行の本誌記事を
ご覧いただきたい。

◆ 世界一の親日国・台湾の親日ぶりを裏付ける「2011年度台湾における対日世論調査」
  http://melma.com/backnumber_100557_5591496/

-----------------------------------------------------------------------------------------
人気揺るがぬ日本 吉村 剛史
【産経新聞:平成24(2012)年6月25日「外信コラム・台湾有情」】

 今月は台湾でも発達した梅雨前線による豪雨に続き、台風5号が襲来。各地で死傷者が出
たのをはじめ、農作物などが多額の損害を受けた。

 そんな中、日本の対台湾交流窓口機関、交流協会(東京)と同台北事務所(大使館に相
当)では、両災害発生直後に「お見舞い」の意を書簡などで台湾側窓口機関に伝達した。

 「早業ですね」と担当者にたずねると、「東日本大震災でいただいた支援を思えば、ど
こよりも迅速でなければ…」とのこと。

 台湾側からも日本の台風4号被害に、即座に「お見舞い」が寄せられている。

 交流協会の2011年度対日世論調査では、台湾社会の2人に1人が日台関係を「良好」、4人
に3人が「日本に親しみを感じる」と回答。前回(09年)調査を上回っており、震災後に日
台間の絆が強まっていることは疑いようがない。

 しかしながら、「最も好きな国・地域」では日本(41%)がトップを守ったものの、前
回調査(52%)から11ポイントも下落していた。

 1、2月の調査期間中に台北市内で発生した日本人男女によるタクシー運転手への暴行事
件の影響が疑われるが、台湾の友人からは、「そうだとしても2位は1ケタ(%)台。ここ
では誤差の範囲内だ」と笑い飛ばされてしまった。(吉村剛史)

-----------------------------------------------------------------------------------------
当地台風5号の被害に対する当所からのお見舞い状の発出
【交流協会台北事務所HP:2012年 6月 21日】

 6月21日午前7時30分、岡田健一・交流協会台北事務所総務部長から、蘇啓誠・亜東関係
協会秘書長代行に対して、台風5号により農作物等に大きな被害が出たことにつき、心より
お見舞い申し上げる等の趣旨を電話で伝達しました。

 同日午前10時、樽井澄夫・交流協会台北事務所代表から、廖了以・亜東関係協会会長に
対して、台風5号により、農作物等に大きな被害が出たことにつき、心よりお見舞い申し上
げ、一刻も早い復旧を衷心より願っている等の趣旨を電話で伝達しました。これに対し
て、廖了以・同会長からは、わざわざ樽井代表から早速お見舞いをいただき大変感謝す
る、日本における台風被害についてもお見舞い申し上げる等を述べられました。

 更に、同日午前10時半、樽井澄夫・同代表から、楊進添・外交部長に対して、農作物や
道路等を中心に台湾各地で大変な被「0610豪雨」に対する注意喚起害が生じたことにつ
き、深く胸を痛めており、交流協会を代表して心からお見舞い申し上げ、被災された方が
一日も早く元の生活に戻れることを衷心よりお祈りする旨のお見舞い状を発出しました。

-----------------------------------------------------------------------------------------
当地豪雨災害に対する交流協会から亜東関係協会へのお見舞い状の発出
【交流協会台北事務所HP:2012年 6月 15日】

 6月13日午後、大橋光夫・公益財団法人交流協会会長から、廖了以・亜東関係協会会長に
対して、6月10日以来の豪雨によって、台湾各地で大きな被害が発生していることにつき、
交流協会を代表し、心からお見舞い申し上げ、被災された方が一日も早く元の生活に戻れ
ることを衷心よりお祈りする旨のお見舞い状を発出しました。

 また、同日午後東京においても、今井正・同協会理事長から、沈斯淳・駐日台北経済文
化代表事務所代表に対して同趣旨のお見舞い状を発出しました。 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>>【良書紹介】 濱口和久『だれが日本の領土を守るのか?』(たちばな出版)

友と敵分ける理由と背景 評・湯浅 博(産経新聞特別記者)
【産経新聞:平成24(2012)6月24日「書評」】
http://sankei.jp.msn.com/life/news/120624/bks12062408330009-n1.htm

 米国が中枢同時多発テロの「9・11」を境に変わったように、日本は東日本大震災の
「3・11」を境に誰が友で、誰が敵なのかを明確に意識するようになった。いわば大震災が
友と敵を仕分けした。

 本書を一読すれば、その理由と背景がたちどころに分かるだろう。

 米軍は震災発生と同時に人員2万人、航空機、艦船をもって「トモダチ作戦」を展開し
た。中国からも15人の救援隊が送られてきたが、帰国すると、代わりに武装艦船を尖閣諸
島沖に送りつけてきた。ロシア軍も軍用機を日本領空に接近させた。自衛隊機が緊急対応
させられるから、復旧の足を引っ張った。

 幸いなのは、93の国と地域が計175億円の義援金を送ってくれたことである。台湾から
は、単独で200億円にのぼった。ところが、政府は大震災の1周年追悼式典に、台湾代表を
外交団リストからはずした。著者は「台湾への非礼、日本人として恥ずかしい」と外務省
を批判する。

 この一事をもって、日本を取り巻く国際環境が過酷で、複雑であることが分かる。そし
て、この一書をもって、「だれが日本の領土を守るのか?」という重要課題の答えを理解
することができる。

 わが日本には、北方領土よりも札幌雪祭りを優先する自民党首相がいた。「日本列島は
日本人だけのものではない」と平然といってのける民主党首相がいたりする。韓国に不法
占拠されている竹島に、政治家たちは冷たい。

 本書の白眉は、著者が義憤に駆られて平成16年3月に島根県松江市役所で本籍地を竹島に
移す場面だ。著者が本籍を移したとたんに、脅しの電話があり、逆に韓国から竹島への招
待が飛び込んできた。だが、旅券使用で竹島に上陸すれば、島が韓国領土であることを認
めてしまう。

 一事が万事で、腹黒い隣人たちの外交詐術は止めどない。対する日本は、「専守防衛と
いう幻想」を抱え、サイバー攻撃への備えが遅れ、わが尖閣への日本人上陸を認めない。
著者は「虚構の平和論では国は守れない」と言い続けている。

◆ 濱口和久著『だれが日本の領土を守るのか?─今、日本の国土が危ない!』
  たちばな出版、2012年5月31日刊、定価:1,470円(税込み)
  http://www.tachibana-inc.co.jp/detail.jsp?goods_id=2941

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3>>【読者の声】 台湾の10大幸福事件、李登輝さんへのお見舞い、国立天文台の英断

◆台湾の10大幸福事件

 台湾の中華テレビとYahoo台湾が、ネット上で2011年の「十大幸福事件」を募集したとこ
ろ「日本の東北大震災に台湾人皆が募金して感謝されたこと」が1位になったそうです。
(6月22日)

●「感謝されたこと」が1位ですか、台湾人らしさがよく現れているかもしれません。台湾
 人気質は日本人とよく似たところが多いのです。

◆李登輝さんへのお見舞い

 李登輝さんが狭心症に倒れられたことを知り心配しています。ご回復を祈ります。早く
よくなって下さい。(6月23日)

◆李登輝さんへのお見舞い

 李登輝元総統の速いご回復をお祈り致します。日本にとってかけがえのない方です。所
用で数十年ぶり台湾を訪れ、旧友と会い、謝謝台湾のTシャツで食事に出かけました。謝
謝台湾! やっぱり台湾はいいところです。(6月23日)

●李登輝元総統は日台関係のシンボルのような存在。日本の団体である本会の名称に「李
 登輝」という名前を冠したのは、まさにそれが理由です。ご本復を切に祈っています。

◆国立天文台の英断

 日本李登輝友の会の台湾正名運動を支持してきた者です。国立天文台の英断に感銘しま
した。国の機関である国立天文台が教科書の出典とされる『理科年表』で台湾は中国では
ないと認めたことは、台湾正名運動にとっても大きな前進です。(6月23日)

●予想よりも早く「回答」が届いて驚きましたが、開封してさらに驚きました。国立天文
 台の林正彦台長の識見豊かな「英断」に感謝しています。本会の台湾正名運動は「台湾
 は中国じゃない!」を旗印に、これまで外登証、地球儀、住民票、地図帳、NHK、戸
 籍などの問題に取り組んできましたが、国立天文台の「回答」にそれが浸透しているこ
 とを知り嬉しくなりました。今後の活動のバネになります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【日本李登輝友の会:取り扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

●李登輝元総統も激賞の映画『跳舞時代』DVDお申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0120.reg

● 「ありがとう台湾オリジナルTシャツ」お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0097.reg
  *詳細は本会HPに掲載↓
  http://www.ritouki.jp/news/distribution/t-shirts.html

● 友愛グループ機関誌『友愛』(第1号〜第12号)お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0082.reg

● 廖継思著『いつも一年生』お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0075.reg

● 台湾「飲茶5袋セット」のお申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0111.reg

● 月刊「正論」年間購読お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0113.reg

● 伊藤哲夫著『教育勅語の真実』お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0102.reg

● 黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点』お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0095.reg

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 日本李登輝友の会「入会のご案内」

  入会案内 http://www.ritouki.jp/guidance.html
  入会お申し込みフォーム http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0005.reg

-----------------------------------------------------------------------------------------
◆ メールマガジン「日台共栄」

  日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の
  会の活動情報とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

● 発 行:日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
      〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
      TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
      E-mail:info@ritouki.jp ホームページ:http://www.ritouki.jp/

● 事務局:午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2011  Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2012/06/25

    有難いことですね。



    「ヤラセ&偽善の日〇友好」と違い

    心からの友好を感じます。

     

    極端なことを言えば他の国はどうでもいい

    「台湾」が唯一の親友だわ。

  • 名無しさん2012/06/25

    国立天文台はエライ! 改むるに憚ること勿れで、遅きに失した感はあるが、これまで誰からも指摘されなかったのだろう。指摘されれば、非は非と認める潔さが何とも清々しい。

  • 名無しさん2012/06/25

    読者がどんどん増えて欲しいと思います。