国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第1599号】 高池勝彦弁護士を講師に本会が7月7日に「第7回台湾セミナー」を開催

2012/06/06

>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━━━ 【平成24(2012)年 6月6日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
           日台共栄のためにあなたの力を!!
<<INDEX>> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ [Vol.1599]
1>> 高池勝彦弁護士を講師に本会が7月7日に「第7回台湾セミナー」を開催
2>> NHK・JAPANデビュー裁判の第13回口頭弁論は8月24日に開廷
3>> 貴重な体験の連続だった初めての台湾  福本 修平(学生)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆【ネット署名(第4期)】台湾出身者の戸籍を「中国」から「台湾」に改正しよう!!
  http://www.shomei.tv/project-1901.html
  *署名数:512人(6月6日 3期からの継続署名数)
  *1期・2期・3期のネット署名総数=12,235人

◆ 台湾出身者の戸籍を中国から台湾に改正しよう!!
  http://www.ritouki.jp/suggest/koseki.html
  *署名用紙やアピールチラシもダウンロードできます。

● 2012年・黒葉ライチお申し込み【締切:6月15日】
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0117.reg

● 2012年・台湾アップルマンゴーお申し込み【締切:7月13日】
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0118.reg

● 友愛グループ機関誌『友愛』第12号お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0082.reg

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 高池勝彦弁護士を講師に本会が7月7日に「第7回台湾セミナー」を開催
   演題は「NHK『JAPANデビュー』裁判の争点と問題点」

 NHKが平成21(2009)年4月5日夜に放送した「NHKスペシャル シリーズ JAPA
Nデビュー・第1回“アジアの一等国”」は、日本統治時代に日本がいかに台湾人を差別し
弾圧したかを描き、多くの識者から内容の偏向とともに「やらせ」や「捏造」などの恣意
的編集が指弾され、損害賠償を求める裁判が起こされている。

 裁判の原告は1万355人にも及び、日本裁判史上最大の原告数となっている。弁護団には
約30人の弁護士が名を連ね、高池勝彦(たかいけ・かつひこ)弁護士が団長となり賛同弁
護士が協議を重ねながら、平成22年2月以来、12回の裁判に臨んでいる。

 この裁判では何が争われているのか、裁判はどうなっているのかなどについて、弁護団
長の高池弁護士を招いて第7回台湾セミナーを開催する。ご参加の方は、申し込みフォー
ム、メール、FAXにてお申し込み下さい。            【当日受付も可】

                   記

◆日 時:平成24(2012)年7月7日(土) 午後6時30分〜8時30分(6時開場)

◆会 場:文京シビックセンター 5階 会議室C
      東京都文京区春日1-16-21 (TEL 03-5803-1100)
      【交通】地下鉄:丸ノ内線・南北線 後楽園駅 徒歩2分
          地下鉄:都営三田線・大江戸線 春日駅 徒歩3分
          JR総武中央線 水道橋駅 徒歩10分
   http://www.city.bunkyo.lg.jp/sosiki_busyo_shisetsukanri_shisetsu_civic.html

◆講 師:高池勝彦氏(弁護士・NHK「JAPANデビュー」裁判弁護団長)

      [たかいけ・かつひこ]  昭和17(1942)年、長野県生まれ。早稲田大学法学
      部卒業後、同大学院修士課程修了。同47(1972)年、司法試験に合格、司法
      修習27期を経て弁護士登録(東京弁護士会)。同53(1978)年から同55年ま
      で米スタンフォード大学ロースクールに学ぶ。専門は労働法。同57(1982)
      年、高池法律事務所を設立。国家基本問題研究所理事。「昭和の日」ネット
      ワーク副理事長、新しい歴史教科書をつくる会副会長、メディア報道研究政
      策センター理事。東史郎裁判の原告弁護人、百人斬り訴訟の原告弁護団長、
      NHK「JAPANデビュー」裁判の原告弁護団長。共著に『労働組合と政
      治活動』『日本国憲法を考える』など。

◆演 題:NHK「JAPANデビュー」裁判の争点と問題点

◆参加費:1,000円(会員) 1,500円(一般) *当日ご入会の方は会員扱いです。

◆申込み:7月6日(金) 締切  申込フォーム、メール、FAXにて。

      ・申込みフォーム:http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0119.reg
      ・E-mail:info@ritouki.jp 
      ・FAX:03-3868-2101

■懇親会:終了後、講師を囲んで会場の近くにて【社会人:3,000円 学生:1,000円】

■主 催:日本李登輝友の会
      〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
      TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
      E-mail:info@ritouki.jp ホームページ:http://www.ritouki.jp/

-----------------------------------------------------------------------------------------
第7回台湾セミナー申込書

ご氏名:

会 籍:会員 ・ 一般 ・ 入会希望

お電話:

懇親会: 参加 ・ 不参加

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> NHK・JAPANデビュー裁判の第13回口頭弁論は8月24日に開廷

NHK・JAPANデビュー裁判 第13回口頭弁論

◆日 時:平成24年8月24日(金)午後1時30分開廷
◆場 所:東京地方裁判所 103号法廷

 NHKが平成21(2009)年4月5日夜に放送した「NHKスペシャル シリーズ JAPA
Nデビュー・第1回“アジアの一等国”」の放送内容に対しては、識者や一般のみならず、
出演者や協力者からも批判の声が挙がり、損害賠償を求める裁判が起こされている。

 裁判の原告は、本会の小田村四郎会長や番組に出演したパイワン族の高許月妹さん、陳
清福さんなど1万355人にも及び、日本裁判史上最大の原告数となっている。

 また、裁判の弁護団には約30人の弁護士が名を連ね、南京裁判などで著名な高池勝彦
(たかいけ・かつひこ)弁護士が団長となり、荒木田修、尾崎幸廣、勝俣幸洋、田中禎
人、溝呂木雄浩、山口達視の各弁護士が協議を重ね、毎回、裁判に出席している。

 平成22(2010)年2月15日に第1回口頭弁論が開かれて以来、次回で第13回目を迎え、裁
判も大詰めを迎えている。

 前々回(3月2日)は、番組取材に協力したパイワン族原告の陳清福氏が証人として出
廷、原告側から1時間、被告側から1時間の証人尋問を受けた。前回(5月18日)は、台湾で
取材した島田雄介・NHKディレクターの証人尋問が行われた。

 裁判を傍聴される方は、裁判が始まる10分くらい前(午後1時20分)までに103号法廷に
入っていただきたい。また、東京地裁に入るには金属探知機を通る以外の検査はなく、身
分証明書なども必要ない。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3>> 貴重な体験の連続だった初めての台湾  福本 修平(学生)

 ご存じのように、本会は毎年12月23日の「天皇誕生日」の佳日に「日台共栄の夕べ」を
開催している。昨年で9回目を数え、今年で節目の10回を迎える。

 昨年は、小池百合子・衆議院議員を第1部講演会の講師にお招きし「日台の絆」と題して
話していただいた。第2部は「大忘年会」と称し、日台交流に尽力する各界からのスピー
チ、台湾往復チケットやホテル宿泊券、美味しい台湾名産の果物、陳年の紹興酒などが当
たる例年大好評の「お楽しみ抽選会」を行った。

 この「お楽しみ抽選会」は毎年、片木裕一氏の絶妙な進行で進められ、台湾からの留学
生などにプレゼンター役をやっていただき、大いに盛り上がる。「お楽しみ抽選会」でエ
アーチケットが当った方は、念願だった台湾旅行にお孫さんと一緒に行けたとか、チケッ
トを利用して語学留学したりと、皆さん有効に使っていただいているようだ。

 昨年、このエアーチケットが当ったのは福本修平(ふくもと・しゅうへい)君。福本君
は戸籍問題の街頭署名などにも積極的に参加し、台湾に深い関心を持っている現役の大学
生だ。しかし、これまで一度も台湾を訪れたことはなかったという。

 そこで5月下旬、当ったエアーチケットを利用して初めての台湾旅行に挑んだ。初めての
台湾だったにもかかわらず、日本のパスネットと同じ機能を持つMRT(都市鉄道)の
「悠々カード」を買って地下鉄を利用し、また台湾新幹線こと「台湾高速鐵道」に乗って
高雄まで行って有名レストランで食事をしてくるなど、台湾を満喫したようだ。

 福本君から台湾旅行記を送っていただいたので下記に紹介したい。なお、タイトルは編
集部で付したことをお断りする。

-----------------------------------------------------------------------------------------

貴重な体験の連続だった初めての台湾  福本 修平(学生)

 今回、日本李登輝友の会の皆様と旅行代理店のダイナスティーホリデーの皆様のご厚意
により台湾を旅行(5月25日〜5月27日)する機会をいただき、大変感謝しています。

 この旅行では、台湾の歴史・文化遺産のみならず、観光事情を見物し、貴重な体験をし
ました。

◆5月25日(金) 東京・羽田空港→台北・松山空港

 11時30分に羽田空港国際線ターミナルに到着。早めにチェックインを済ませ、スーツケ
ースを預けた。時間が余ったので 江戸小路を見て回る。出国審査を済ませた後、ハムチー
ズサンドをフードコートで食べる。

 14時40分にチャイナエアラインCI221便は羽田空港を離陸。機内食の牛肉炒めは美味し
いかったです。

 定刻に台北松山空港(TPE/TSA)に到着。入国審査を済ませ、円から台湾ドルに両替し、
MRT松山機場駅で悠々カードを買い、ホテルセンスにチェックインしました。台湾はス
マホを使っている人が多い。

 台北101展望台のチケット売り場には家電製品のコーナーがあり、日本・台湾・欧米メー
カーの製品が売っていました。驚いたことはチャイナのLenovoのブースがあったことです。

 観光客は日本・欧米が多く、チャイナ人観光客も多かったです。展望台に昇るのに30分
ぐらい並びました。おみやげに葉書と切手を買いました。スーパーでパイナップルケー
キ、ドライマンゴー、お茶、台湾ビールを買い、台北101フードコートで牛肉麺を食べて、
ホテルに戻り、23:00に就寝。

◆5月26日(土) 台北→高雄→台北

 高鐵(台湾新幹線)で左営へ。車内販売で高鐵グッズのストラップとペンを買う。350
NTDだから1050円くらい。東北新幹線の「はやて」の車内販売より少し安い。車内マナーは
日本と同じくらい。台中、台南で降りる人が多い。

 高鐵の車両はJR東海の700系の技術を使っている。改札機は切符を裏にして通す。高鐵
の車内のドアは自動ではなく、ボタンを押して開ける方式。

 昼食は客家料理店「紅瓦」(redrooftile)。このレストランは台湾でチャイナ人はお断
りで有名なレストランで、民視(FTV)でも取り上げられた。料理もうまく、かつメニ
ューの名前も斬新である。「木登花排骨」を食べた。

 その後、MRTに乗り西子灣へ。打狗鐵道故事館は旧高雄港駅を博物館として保存して
いる台湾の産業文化遺産。パンフレットは日本語・中国語・英語があり、記念スタンプも
種類が多く、葉書が売っていた。おみやげに葉書を買う(20NTD)。SLや客車が展示して
あり、高雄85ビルが見える景色の良い場所でもある。

 高鐵で台北に戻り228紀念館、総統府、龍山寺、台北駅地下街に行きました。夕食はシン
イエでカラスミ炒飯、イカ団子、切り干し大根の卵焼き、杏仁豆腐を食べました。その
後、太陽餅、阿里山烏龍茶、青島ビールを買いホテルに戻りました。

◆5月27日(日) 台北・松山空港→東京・羽田空港

 ホテルよりタクシーで松山空港へ移動し、9時発のCI220便で帰国の途につきました。
羽田空港には12時55分に到着し、無事2泊3日の旅を終えることができました。

 このような機会を与えていただいた日本李登輝友の会の皆様とダイナスティーホリデー
の皆様に感謝申し上げます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【日本李登輝友の会:取り扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

● 「ありがとう台湾オリジナルTシャツ」お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0097.reg
  *詳細は本会HPに掲載↓
  http://www.ritouki.jp/news/distribution/t-shirts.html

● 廖継思著『いつも一年生』お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0075.reg

● 台湾「飲茶5袋セット」のお申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0111.reg

● 月刊「正論」年間購読お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0113.reg

● 伊藤哲夫著『教育勅語の真実』お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0102.reg

● 黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点』お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0095.reg

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 日本李登輝友の会「入会のご案内」

  入会案内 http://www.ritouki.jp/guidance.html
  入会お申し込みフォーム http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0005.reg

-----------------------------------------------------------------------------------------
◆ メールマガジン「日台共栄」

  日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の
  会の活動情報とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

● 発 行:日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
      〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
      TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
      E-mail:info@ritouki.jp ホームページ:http://www.ritouki.jp/

● 事務局:午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2011  Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。