国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第1568号】 台湾はなぜ国際社会で孤立したのか  宗像 隆幸(台湾独立建国聯盟本部中央委員)

2012/04/29

>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━━━ 【平成24(2012)年 4月29日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
            日台共栄のためにあなたの力を!!
<<INDEX>> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ [Vol.1568]
1>> 台湾はなぜ国際社会で孤立したのか  宗像 隆幸(台湾独立建国聯盟本部中央委員)
2>> 台湾・友愛グループ機関誌『友愛』第12号のご案内─読み応えある盛沢山の内容
3>> 月刊「正論」の年間購読者を募集中! 好評につき6月末まで延長します
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆【ネット署名(第3期)】台湾出身者の戸籍を「中国」から「台湾」に改正しよう!!
  http://www.shomei.tv/project-1901.html
  *署名数:392人(4月26日)
  *1期・2期のネット署名総数=11,814人

◆ 台湾出身者の戸籍を中国から台湾に改正しよう!!
  http://www.ritouki.jp/suggest/koseki.html
  *署名用紙やアピールチラシもダウンロードできます。

●友愛グループ機関誌『友愛』第12号お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0082.reg

● 「ありがとう台湾オリジナルTシャツ」お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0097.reg
  *詳細は本会HPに掲載↓
  http://www.ritouki.jp/news/distribution/t-shirts.html

● 【ツアー】片倉佳史さんと行く台湾200%満喫の旅 お申し込み【締切:5月14日】
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0116.reg

●【動画】李登輝元総統が語る「日本李登輝友の会の歩み」
  http://www.youtube.com/watch?v=uR1wLpH9e0s

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 台湾はなぜ国際社会で孤立したのか  宗像 隆幸(台湾独立建国聯盟本部中央委員)

 現在、国際社会で主権独立国家として承認されている国は194か国あり、国連加盟を希望
していないバチカン市国以外の193か国は国連にも加盟している。

 2010年の統計で見ると、台湾の国内総生産(GDP)は約4,300億米ドルで、デンマークや
アルゼンチンより多く、スウェーデンに次いで世界21位であり、台湾の人口は約2,300万人
で、オーストラリアやルーマニアより多く、世界48位であり、台湾の面積は36,000?で世
界135位であるが、面積の少ない32か国の総面積より広い。この台湾が主権独立国家として
承認されず、国際社会で孤立しているのは世界の異常事態である。

 米国が泥沼に落ち込んだ状態であったベトナム戦争からの撤退を公約して、1968年11月
の選挙で大統領に当選したリチャード・ニクソンは、米軍をベトナムから撤退させると、
南ベトナムはたちまち北ベトナムに占領されることになるから、「米国は負けてベトナム
から逃げた」と嘲笑されるので困っていた。中国の力を借りて北ベトナムと停戦協定を締
結しようと考えたニクソン大統領は、朝鮮戦争以来の米国の中国封じ込め政策を180度転換
し、1971年7月にヘンリー・キッシンジャー大統領補佐官を秘密裏に中国へ派遣して周恩来
総理と交渉させた。

 米国の対中国政策の転換が公表されたら、その年の国連総会で中国の国連加盟が実現す
ることは明らかであった。周恩来が望んだのは、中国が安保理常任理事国として国連に加
盟すると同時に、安保理常任理事国であった中華民国を国連の一般議席からも追放するこ
とだった。

 「中国を代表するのは中華民国か中華人民共和国か」ということが毎年の国連総会で争
われていたが、台湾の法的地位未定が広く国連で認識されたら、中華人民共和国は台湾を
代表出来ないことが明白になり、現実に台湾を支配している中華民国が一般議席に残され
ることは明らかであった。

 そこで周恩来は、米国は台湾の地位未定に言及しないことをキッシンジャーに約束させ
た。その後、中国は同じことを日本にも約束させた。その結果、1971年10月25日の国連総
会で、周恩来が書いた「中華人民共和国の代表が、国際連合における中国の唯一の合法的
代表であり、蒋介石の代表を国際連合および全ての国際連合関係機関から即時追放する」
という決議案が採択された。

 国連憲章には現在も「中華民国は安保理常任理事国である」と書かれたままであり、中
華人民共和国の名称はどこにも書かれていない。このことは、中華民国は1949年に中国大
陸の領土を失った時点で滅亡し、中華民国の権利は中華人民共和国に継承されたことを意
味している。

 台湾を支配しているにもかかわらず、中華民国が滅亡したと見なされたのは、台湾の法
的地位は未定なので、国際法で認められた領土を持っていない中華民国は主権国家として
の資格を持っていないという意味が、周恩来が書いた国連決議案には隠されているのであ
る。

 周恩来とキッシンジャーの機密会談録は、米国政府によって2001年に機密解除された(日
本語訳『周恩来、キッシンジャー機密会談録』岩波書店、2004年刊)。このなかで周恩来
は、自分が書いた国連決議案に「台湾の法的地位未定」が秘められていることを語ってい
る。

 中国の指導者たちは「台湾は中国の領土である」と主張しているが、彼等も台湾の法的
地位が未定であることを知っている筈である。

-----------------------------------------------------------------------------------------

宗像隆幸(むなかた・たかゆき)

昭和11(1936)年、鹿児島県生まれ。明治大学経営学部卒。同36(1961)年、台湾青年社
に参加、月刊『台湾青年』の編集に従事。同60(1985)年から停刊する平成14(2002)年
まで同誌編集長。台湾人元日本兵の補償問題を考える会幹事などを歴任。台湾独立建国聯
盟本部中央委員、アジア安保フォーラム幹事、日本李登輝友の会理事。主な著書に『台湾
独立運動私記─三十五年の夢』『台湾建国─台湾人と共に歩いた四十七年』『存亡の危機
に瀕した台湾』など。共著に『新しい台湾─独立への歴史と未来図』(王育徳)など。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 台湾・友愛グループ機関誌『友愛』第12号のご案内─読み応えある盛沢山の内容

 台湾に「美しく正しい日本語を残そう」と活動している「友愛グループ」があります。
李登輝総統の下に民主化が本格化していた1992年10月に「友愛日本語クラブ」として発足
し、翌年3月に機関誌『ツツジ』を発刊しています。1999年12月には会名を「友愛グルー
プ」、機関誌名も『友愛』と改めました。150名ほどのメンバーを擁し、毎月、月例会を開
催、今日までたゆむことなく日本語を学んでいます。

 本会ホームページでご紹介しているように、友愛グループの『友愛』誌は第11号(2010
年9月刊)まで発行されていましたが、昨年末に第12号を発行し、最近、本会にお送りいた
だきましたので、ここにご紹介するとともに皆さまにお頒ちします。

 第12号は340ページものボリュームで、25人のエッセー(27編)や詩歌(2編)、月例会
における13人のスピーチ、月例会のテキスト(2010年8月〜2011年11月)を掲載し、読み応
えたっぷりの盛りだくさんの内容です。主なエッセーは下記のとおりです。

・思い出深き我がクラス会  林 森林
・空海に会いたくて  酒井 杏子
・結婚行進曲  邱 顔雲年
・外交官生活体験記  張 文仁
・人生あれこれ  張 天賜
・台北で住所を探す  廖 継思
・我が家の終戦  劉 心心
・日台絆のバトンリレー  渡邊 崇之
・台湾における漢族「日本語人」のアイデンティティーについての研究  杉本 麗華
・鳥居信平の功績とその評価  平野 久美子
・人類の歴史を変えた十大植物  張 文芳
・NHKのど自慢・台湾開催  呉 正男

■書 名:『友愛』第12号
■発行人:友愛会誌編集委員会
■体 裁:A5判、並製、340頁
■発 行:2011年12月31日(台湾)
■発行所:〒100-68 台北市和平西路二段142号3F
      TEL:02-2304-1717 FAX:02-2304-1711
      E-mail:shanghon@ms3.hinet.net
■取扱い:日本李登輝友の会

◆ 台湾・友愛グループ機関誌『友愛』(第1号〜第11号)のご案内とお申し込み
  http://www.ritouki.jp/news/distribution/youai.html

*友愛グループの月例会は、本年度から毎月の第3土曜日から第3木曜日に変更!
-----------------------------------------------------------------------------------------

◆頒布価格 会員=1部:1,000円 一般=1部:1,200円

       *入会希望の方は会員価格
       *送料=1部:160円 2部以上:実費(*日本国内のみ)

◆お申込:申し込みフォーム、またはお申し込み書に必要事項を記入しメール、FAXで。

       ・申込フォーム http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0082.reg
       ・E-mail:info@ritouki.jp
       ・FAX:03−3868−2101

◆申 込 先 日本李登輝友の会事務局
       〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
       TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
       E-mail:info@ritouki.jp

◆お支払い 代金後払い(郵便局・銀行) *本とともに請求書と郵便払込取扱票を同封。

-----------------------------------------------------------------------------------------
友愛グループ機関誌『友愛』第12号 お申込書

*定期購読をご希望の場合はその旨を記してください。

・注文数:   部
・振込先: 郵便局・銀行  *いずれかを○で囲んで下さい。
・お名前:
・会 籍: 会員・一般・入会希望  *いずれかを○で囲んで下さい。
・電 話:
・送付先: 〒

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3>> 月刊「正論」の年間購読者を募集中! 好評につき6月末まで延長します
   「お申し込みフォーム」からどうぞ

日本李登輝友の会会員の皆様へ

                               産経新聞社正論調査室

謹啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。平素は、産経新聞並びに月刊
「正論」に対し格別のご厚情を賜り心より御礼申し上げます。

 さて、産経新聞社正論調査室では、日本李登輝友の会の会員の皆様に≪月刊「正論」年
間購読者紹介キャンペーン≫をご案内いたしましたところ、多くの方にお申込みいただき
ありがとうございました。深く御礼申し上げます。

 このキャンペーンは、日本を危うい方向へ導こうとする民主党政権、日本に対し無理難
題を押し付け続ける中国、拉致問題を顧みず相変らず傍若無人の北朝鮮等々、日本の危機
が迫っていることや、台湾の親日ぶりなどを一人でも多くの国民に知っていただきたいと
いう思いから、産経新聞・月刊「正論」をよくご存じの日本李登輝友の会の方々などにお
力添えをいただきたく企画したものです。

 つきましては、ご好評につきキャンペーンをさらに6月末までご案内させていただきます
のでよろしくお願い申し上げます。

 これまでと同じく、新規に月刊「正論」の年間定期購読者をご紹介いただいた方には、
年間購読料で13ヵ月間お届けして(送料サービス)、オリジナル一筆箋をプレゼントいた
します。もちろん、新規であればご本人様が契約されても、同じです。

 企画の趣旨をご理解いただきご協力いただければ幸いです。末筆ながら、皆様方の益々
のご活躍とご健勝を祈念いたします。                     謹白

                      記

・期  間:平成24年2月1日〜6月30日

・契約条件:月刊「正論」年間購読契約【購読料:8,880円一括前払い】

・読者特典:12ヵ月分の購読料で13ヵ月間お届け、オリジナル一筆箋プレゼント

・申込受付:日本李登輝友の会事務局まで、お申し込みフォーム、メール、FAXでお申
       し込みを。

       お申込みフォーム:http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0091.reg
       E-mail:info@ritouki.jp 
       FAX:03-3868-2101

*購読料は初回送付の月刊「正論」に郵便局の「郵便払込取扱票」を同封致しますので、
 それでお支払い下さい。

*注意:現在、年間購読契約中の方、新聞販売店と契約中の方は対象外です。

-----------------------------------------------------------------------------------------
月刊「正論」年間購読 お申込書

・お申し込み者名:
 *お申込者とご紹介者が同じ場合は、お申込者のみご記入下さい。

・会 籍(会員・一般・入会希望 )

・ご紹介者名:

・ご住所:〒

・お電話:

・メールアドレス:

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【日本李登輝友の会:取り扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

●廖継思著『いつも一年生』お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0075.reg

● 台湾「飲茶5袋セット」のお申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0111.reg

● 月刊「正論」年間購読お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0113.reg

● 伊藤哲夫著『教育勅語の真実』お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0102.reg

● 黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点』お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0095.reg

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 日本李登輝友の会「入会のご案内」

  入会案内 http://www.ritouki.jp/guidance.html
  入会お申し込みフォーム http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0005.reg

-----------------------------------------------------------------------------------------
◆ メールマガジン「日台共栄」

  日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の
  会の活動情報とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

● 発 行:日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
      〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
      TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
      E-mail:info@ritouki.jp ホームページ:http://www.ritouki.jp/

● 事務局:午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2011  Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。