国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第1567号】 金美齢さんデザイン「ありがとう台湾オリジナルTシャツ」を好評頒布中!

2012/04/26

>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━━━ 【平成24(2012)年 4月26日】

☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
日台共栄のためにあなたの力を!!
<<INDEX>> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ [Vol.1567]
1>> 金美齢さんデザイン「ありがとう台湾オリジナルTシャツ」を好評頒布中!
2>> 4月30日放送、ラジオNIKKEI「21世紀の台湾と日本〜台湾の元気を訪ねて〜」 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆【ネット署名(第3期)】台湾出身者の戸籍を「中国」から「台湾」に改正しよう!!
  http://www.shomei.tv/project-1901.html
  *署名数:392人(4月26日)
  *1期・2期のネット署名総数=11,814人

◆ 台湾出身者の戸籍を中国から台湾に改正しよう!!
  http://www.ritouki.jp/suggest/koseki.html
  *署名用紙やアピールチラシもダウンロードできます。

●友愛グループ機関誌『友愛』第12号お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0082.reg

● 「ありがとう台湾オリジナルTシャツ」お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0097.reg
  *詳細は本会HPに掲載↓
  http://www.ritouki.jp/news/distribution/t-shirts.html

● 【ツアー】片倉佳史さんと行く台湾200%満喫の旅 お申し込み【締切:5月14日】
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0116.reg

●【動画】李登輝元総統が語る「日本李登輝友の会の歩み」
  http://www.youtube.com/watch?v=uR1wLpH9e0s

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 金美齢さんデザイン「ありがとう台湾オリジナルTシャツ」を好評頒布中!

 今上陛下は春の園遊会に台湾の馮寄台代表を顔希君夫人とともにお招きになり、陛下自
らから「台湾ありがとう」というお言葉を賜ったことをご紹介しました。

 本誌でも書いたように、これは日本として台湾の東日本大震災支援に最高最大の感謝の
意を表したことになり、日本人の一人として、陛下の思召しに心から感謝申し上げるとと
もに、台湾からの東日本大震災に対する多大な支援には感謝してもしきれることがないこ
とを改めて思います。

 ご案内のように、本会では金美齢さんがデザインされた「ありがとう台湾オリジナルT
シャツ」をお取り扱いしています。

 この「ありがとう台湾オリジナルTシャツ」は、金美齢さんによりますと「台湾の人々
が東日本大震災の被災地へ多額の義援金を送ってくださり、それに日本人として感謝の気
持ちを示すにはどうすればいいか、という問い合わせを大勢の日本の方から受けたこと」
から思いつかれたそうです。

 Tシャツのサイズは着てみないと分からないところがありますが、このTシャツは少し
大きめにできています。下記の「サイズ」をご参照ください。また、デザインや実際にT
シャツを着た写真は本会ホームページに掲載しています。

*現在、すべてのサイズがそろっています。

◆「ありがとう台湾オリジナルTシャツ」お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0097.reg

◆日本李登輝友の会ホームページ
  http://www.ritouki.jp/news/distribution/t-shirts.html

-----------------------------------------------------------------------------------------
ご案内≪ありがとう台湾オリジナルTシャツ≫

◆色(2色)と価格

 ・緑=3,500円 *文字と台湾ゆりは白抜き(日の丸は赤)
 ・白=3,000円 *文字と台湾ゆりはオリーブグリーン(日の丸は赤)

◆サイズ[着丈・身巾・肩巾・袖巾(cm)]

 S (68・46・41・18)
 M (70・49・43.5・19)
 L (72・52・46・20)
 LL(74・54・48・21)

◆送料
 240円 (2枚まで。速達は100円増し)

 ・3枚以上は実費。
 ・日本国内のみお送りします。
 ・お急ぎの場合は宅配便を手配。お申し込み時に「宅配便希望」とお書き添え下さい。

◆お申し込み

 ・申し込みフォーム:http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0097.reg
 ・FAX:03−3868−2101
 ・E-mail:info@ritouki.jp

◆お支払い 代金後払い *Tシャツとともに請求書と郵便払込取扱票を送付

◆取り扱い 日本李登輝友の会事務局「台湾Tシャツ係」
 〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
 TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
 E-mail:info@ritouki.jp ホームページ:http://www.ritouki.jp/

---------------------------------------------------------------------------------
「ありがとう台湾オリジナルTシャツ」お申込書

・申込枚数:   枚
・色: 緑・白 (いずれかを○で囲んで下さい) 
・サイズ: S、M、L、LL (いずれかを○で囲んで下さい)
・お支払い: 郵便局・銀行 (いずれかを○で囲んで下さい)
・ご 氏 名:
・ご 住 所: 〒
・電  話:
・E-mail:
・会  籍: 会員・一般・入会希望  (いずれかを○で囲んで下さい)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 4月30日放送、ラジオNIKKEI「21世紀の台湾と日本〜台湾の元気を訪ねて〜」 

【台湾週報:2012年4月19日】

 足掛け12年続く台湾と日本の友好親善番組で、今回でシリーズ第17回となるラジオ番組
「21世紀の台湾と日本〜台湾の元気を訪ねて〜」(ラジオNIKKEI)が、4月30日(月)10時
30分から放送されます。 

 文化や観光、経済、学術など様々な分野のキーマンをインタビューし、「今の台湾」を
紹介します。番組では台北駐日経済文化代表処の馮寄台・駐日代表もインタビュー出演し
ます。

・番組ホームページ
  http://www.radionikkei.jp/taiwan/ 

・番組タイトル:「21世紀の台湾と日本〜台湾の元気を訪ねて〜17」

・放送日時:2012年4月30日(月)10時30分〜12時00分(90分間)

ラジオNIKKEI
 短波放送 第1:3.925 / 6.055 / 9.595MHz
      第2:3.945 / 6.115 / 9.760MHz

ラジオNIKKEIモバイル http://mobile.radionikkei.jp/

インターネットラジオ・ポッドキャスト http://www.radionikkei.jp/

---------------------------------------------------------------------------------

4月30日放送、ラジオNIKKEI「21世紀の台湾と日本〜台湾の元気を訪ねて〜」

■パーソナリティ

 市村 潔子(国際文化コーディネーター)
 山本 直也(台湾大好き!アナウンサー)

■出演

 馮 寄台(台北駐日経済文化代表處 代表)
 沈 世宏(行政院環境保護署 署長)
 申 佩●(交通部観光局国際組)※●は王ヘンにつくりが「廣」のマダレの中の字
 徐 儷文(外交部条約法律司 司長)
 陳 宇珊(行政院新聞局)
 山下 和成(日本経済新聞台北支局長)
 盧 千恵(児童文学者)
 藤田 克己(池栄青果株式会社「台湾物産館」代表取締役)
 鈴木 一也(日台スポーツ・文化推進協会 『絆の桜』植樹プロジェクト)
 向山 昌利(スポーツバンク会長 ラグビー元日本代表)
 牛山 啓二(台湾日本人ラグビーチーム 「FIVE WOODS」総代表)
 山本 英治(台湾日本人ラグビーチーム 「FIVE WOODS」キャプテン)
 張 世豪(映画「父の子守歌」監督)
 范 健祐(映画「父の子守歌」プロデューサー)
 蔭山 征彦(映画「父の子守歌」主演俳優)
 哈日 杏子(エッセイスト)
 黄 慧玲(民宿COCOA経営 台南ご案内人)
 鬼丸 英子(日本語教師 新竹ご案内人)
 黄 劭鈺(新竹郊外の古典庭園「The One 南園」休開部副理)
 SHOW(羅 志祥・歌手)
 吉 幾三(歌手)

 その他、台日交流ゆかりの方々 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【日本李登輝友の会:取り扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

●廖継思著『いつも一年生』お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0075.reg

● 台湾「飲茶5袋セット」のお申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0111.reg

● 月刊「正論」年間購読お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0113.reg

● 伊藤哲夫著『教育勅語の真実』お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0102.reg

● 黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点』お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0095.reg

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 日本李登輝友の会「入会のご案内」

  入会案内 http://www.ritouki.jp/guidance.html
  入会お申し込みフォーム http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0005.reg

-----------------------------------------------------------------------------------------
◆ メールマガジン「日台共栄」

  日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の
  会の活動情報とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

● 発 行:日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
      〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
      TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
      E-mail:info@ritouki.jp ホームページ:http://www.ritouki.jp/

● 事務局:午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2011  Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 下津井よいとこ2012/04/26

    「靖国神社の桜の花の下で『同期の桜』を歌う会」が今年も4月7日(土)、盛大に催されました。未だ肌寒く、また曇り空の天気でしたが、恰度、桜は満開を迎えていました。 昨年(第27回)は地震の関係で中止となりましたが、今年は例年通り満員御礼の状態でした。

      「海ゆかば」が流れるなか本殿に向って黙祷、続いて役員、靖国神社の神職の方々、そして何時もお元気な小野田さんが鏡割りを行った後、参列者全員で献杯が行われました。今年度こそは国家にとってよい一年であって欲しいものです。

      いよいよ本番。一時間少しと云う短い時間ながら、老壮青が一つになって、大空に響けとばかりに軍歌戦時歌謡を歌いました。単にレコ−ドで聞くだけでなく、皆で歌唱すると、より歌を味わえるものなのです。時間の関係で歌集(協力費100円)に掲載されている歌や参列者の希望する歌が全てが歌えるわけではなく、歌えなかった歌はまた来年に、と云うことになります。然し、英霊の方々は、毎年、色鮮やかな桜とともに、この歌声を十分楽しんで下さっているものだと思います。

      この同期の桜を歌う会は、毎年4月第一土曜日昼開催と日程が固定されています。特に広報等がなくても、毎年この日には全国から参列したい人が集まることになっているのです(後援会に入っている人には案内が来るそうですが)。(その為に雨天でも決行或いは強行となっているのです。年によっては雨にも負けずに、年に一度のこの日を心待ちにしている人が、英霊が見守って下さっていることを思いながら歌うことになっているのです。)

      この同期の桜を歌う会や、帝国陸海軍軍楽隊演奏会(毎年春と秋)のような催しは年々参加者が増えていく一方で、不況の影響を免れることが出来ず運営費のやり繰りに苦慮すると云う問題を抱えているようです。また主催者、演奏者が高齢になっていることから、果たして何時迄続くだろうかと云う不安の声も出ているようです。

     然し、継続していくことは必ず可能であろうと思います。

     歴史を忘れず、英霊に感謝して、多くの人達の思いが込められた歌の数々を継承していく、意義深いこれらの催しが、 末永く続いていくことを願っています。

      (偶然ですが、今日(4月26日)、産経新聞東京版に「日本寮歌祭」が今年9月に復活すると云う、嬉しい記事が出ていました。矢張り意義深い催しは継続するものなのですね。)



      また今年は、「千代田のさくらまつり」に合わせて、東北各県の物産展も催されていました。東北各県の各種特産品が人気を集めていました。販売品を見ていて、東北地方が元気にならなければ、美味しい食べ物も十分供給されないことを更めて実感させられました。

     東北地方の復興に英霊の御加護あらんことを祈っています。