国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第1558号】 台湾の人々に感謝の意を表し八田與一記念公園に河津桜を植樹

2012/04/16

>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━━━ 【平成24(2012)年 4月16 日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
            日台共栄のためにあなたの力を!!
<<INDEX>> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ [Vol.1558]
1>> 台湾の人々に感謝の意を表し八田與一記念公園に河津桜を植樹
2>>「台湾の達人・片倉佳史さんと行く台湾200%満喫の旅 Vol.1」のご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆【ネット署名(第3期)】台湾出身者の戸籍を「中国」から「台湾」に改正しよう!!
  http://www.shomei.tv/project-1901.html
  *署名数:354人(4月16日)
  *1期・2期のネット署名総数=11,814人

◆ 台湾出身者の戸籍を中国から台湾に改正しよう!!
  http://www.ritouki.jp/suggest/koseki.html
  *署名用紙やアピールチラシもダウンロードできます。

● 友愛グループ機関誌『友愛』第12号お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0082.reg

● 第6回台湾セミナー(講師:池田維・元台湾大使)お申し込み【締切:4月20日】
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0115.reg

● 【ツアー】片倉佳史さんと行く台湾200%満喫の旅 お申し込み【締切:5月14日】
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0116.reg

●【動画】李登輝元総統が語る「日本李登輝友の会の歩み」
  http://www.youtube.com/watch?v=uR1wLpH9e0s

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 台湾の人々に感謝の意を表し八田與一記念公園に河津桜を植樹

 東日本大震災に台湾の多大な支援に感謝の意を表そうと、「日台スポーツ・文化推進協
会」(松本彧彦理事長)が台湾で接木した河津桜の苗木200本を贈り、4月14日、台南市な
どの主催により八田與一記念公園で植樹式を行った。NHKなどが報じているので下記に
ご紹介したい。

 本会も6年前から日台交流の一環として、熱帯の台湾でも育つ河津桜の苗木を贈り続けて
いる。これまでの寄贈本数は約4500本。日本から台湾に河津桜を最初に贈ったのはNPO
法人育桜会(園田天光光会長)と言われ、平成15(2003)年のことだ。育桜会は平成18
(2006)年から本会とともに贈るようになったが、事情により現在は本会だけ贈っている。
本会の贈り先は、「台湾歌壇」代表もつとめる蔡焜燦先生が理事長の李登輝民主協会。

 ちなみに、河津桜は大島桜系と寒緋桜系の自然交配種と推定されていて、昭和49(19
74)年に河津桜と命名され、同50(1975)年に静岡県河津町の町木に指定されている。

 実は、日本の河津桜も実生からではなく、大島桜などの母木に接木をして育てている。
桜は自然交配しやすいそうで、他の品種が交らないようにするためだという。

 台湾には桜の原種として、通称「山桜」と言われている紅色の鮮やかな寒緋桜と可憐な
白い花びらの霧社桜の2つあるとされ、台湾では寒緋桜を母木として接木で育てている。

 今回、「日台スポーツ・文化推進協会」が寄贈した河津桜は、すでに日本から寄贈され
ている河津桜の枝を寒緋桜に接木して育てたもので、もしかしたら本会から寄贈した河津
桜の枝も使われているかもしれない。

 それにしても、桜を育てるのは難しく、土壌は酸性土ではなく中性土がいいそうで、水
を欲しがるものの水捌けがよくなければならず、植樹後は毎日のように水をあげなければ
ならない。風に弱いことから支柱をしっかり組む必要もあるという。犬などのオシッコも
桜の根には大敵で、オシッコ除けの柵も作らなければならない。

 本会も当初は土壌検査を台湾側にやっていただくことから始め、酸性土なら中性土にな
るよう肥料を加えていただいた。桜は贈るのはたやすく受けるのも簡単だが、桜を育てる
ためには土壌もさることながら、その後の管理が非常に大切になる。だから台湾側に、管
理負担をきちんと受け止めていただくことが大事な所以だ。

 それを着実にこなし、毎日の手入れを欠かさなかったのが新竹市のケースだ。今では
「桜祭り」を開くほどになっている。本会では、桜を台湾に贈りたいという相談を受けた
とき、受け手の台湾側が管理できることを確認しているかを尋ね、また桜の育て方を新竹
に聞いてから育てるようにして下さいともアドバイスしている。

 今回、「日台スポーツ・文化推進協会」が寄贈した河津桜は200本だというから、その管
理は並大抵ではないことが予想される。老婆心ながら、日台交流のシンボルとして無事に
育ってくれることを祈りたい。

◆新竹のシルバー世代、日本からの桜の手入れに燃える
  http://melma.com/backnumber_100557_5534042/

◆【報告】 花蓮に植えられた河津桜─2012台湾・お花見ツアー
  http://www.ritouki.jp/tour/2012hanami.html

-----------------------------------------------------------------------------------------
台湾の支援に感謝 桜を植樹 
【NHK:2012年4月14日】
【動画】http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120414/k10014451781000.html

 東日本大震災のあと、日本円にして180億円を超える、世界でも突出した義援金を送って
くれた台湾の人たちに感謝の気持ちを表そうと、日本から170人の訪問団が台湾を訪れ、友
好の印として桜の植樹を行いました。

 このイベントは、日本と台湾の交流活動を行っている民間団体が企画したもので、日本
からおよそ170人が台湾南部の台南市を訪れました。

 桜が植えられたのは日本統治時代の台湾で農業の発展に尽くした日本人技師を記念した
公園で、14日の式典には、地元の人たちも含めおよそ500人が参加しました。

 はじめに訪問団を代表して森元総理大臣が「桜の木がこれからの日本と台湾の絆を深め
てくれることを願っています」とあいさつしたあと、参加者が桜の植樹を行いました。

 植えられたのは、温暖な地域で育ちやすい「河津桜」という日本の桜を台湾に自生する
桜に接ぎ木したもので、公園には合わせて200本が植樹され、日台の友好の新たな象徴にし
たいという願いが込められているということです。

 日本から訪れた参加者たちは「台湾への感謝の気持ちを表したくて来ました。桜が咲く
ようになったらまた訪れたいです」などと話していました。

 また、台湾の参加者の一人は「桜が成長して満開となるように、日本と台湾の友好関係
が美しく花開いたらいいと思います」と話していました。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>>「台湾の達人・片倉佳史さんと行く台湾200%満喫の旅 Vol.1」のご案内
   台湾に興味をお持ちの皆さん、台湾を200%楽しむ旅にご一緒しませんか? 

 台湾に暮らし、現地発の情報を発信し続ける≪台湾の達人≫こと、片倉佳史(かたく
ら・よしふみ)さん。本ツアーでは片倉さんが厳選したみどころをご自身によるご案内で
じっくりと巡ります。歴史・グルメ、そして、この時期だけしか味わえないマンゴーを満
喫。ちょっぴり深い台湾ツアーです。

 今回の目玉は、なんと言っても片倉さんご自身が見どころを解説してくれること。ビギ
ナーの方はもちろん、台湾通を自認する方でも新たな発見が詰まった行程になるはずで
す。

 特に食事については、これまで300軒以上のレストランを取材してきた片倉さんがおすす
めする店を選び、片倉さんが料理をセレクト。料理の解説やシェフのご挨拶など、ただ味
わうだけではないグルメ探検をお楽しみいただけます。

 さらにオプショナルツアーとして、2日目は古都・台南の知られざる名所、4日目は台北
市内に残る歴史建築と、片倉さんの詳しい説明とともに巡ります(4日目の台北オプショナ
ルツアーは先着10名様限定となります)。

 「台湾を語らせたらまずはこの人!」という片倉さんですが、ガイドブックの執筆や日
本統治時代の遺構調査、老人たちへの聞き取り、講演活動など、幅広い取材活動を展開し
ています。

 旅行を楽しむだけでなく、片倉さんとじっくり話したい、片倉さんの取材活動に触れて
みたいと思っておられる方も多いかと思います。

 本ツアーでは、片倉さんと参加者の語らいも重要なテーマと考えています。台北には出
回らないという神秘のマンゴー、北京ダックよりもおいしい広東式ダック、八田與一技師
を慕う地元の人々の話、歴史が詰まった老建築物の建設秘話など、奥深さが感じられるネ
タがぎっしりと詰まった4日間。しかも、台南の往復は21世紀の日台の絆・台湾高速鉄路の
グリーン車を利用します。より多くのご参加をお待ちしております!

 加えて、ツアー参加者には、下記の片倉さんの著作より、お好きな書籍を1冊プレゼント
します!

・『台湾に残る日本鉄道遺産』
・『台湾鉄路と日本人』
・『旅の指さし会話帳・台北・ハローキティ』
・『台湾に生きている「日本」』

◆詳細は「台湾の達人・片倉佳史さんと行く台湾200%満喫の旅 Vol.1」からどうぞ!
  http://kyouei.shop26.makeshop.jp/shopdetail/002000000006/brandname/

◆お申し込みはお手軽な申し込みフォームからどうぞ!
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0116.reg

-----------------------------------------------------------------------------------------
台湾の達人・片倉佳史さんと行く台湾200%満喫の旅 Vol.1

・日 程  6月14日(木)  成田空港14:50発便で台湾へ
               夕食は片倉さんのミニ講演と広東ダック!
       6月15日(金) 午前中、国立博物館と二二八紀念館
               昼食は小籠包、その後、新幹線商務席で台南へ
               夕食は台南名物料理、夜はオプションでお散歩
       6月16日(土) 玉井村のマンゴー畑と市場を見学
                昼食は創作マンゴー料理、その後烏山頭ダムへ
                            新幹線商務席で台北へ、チェックイン後自由行動
       6月17日(日) 午前中、自由行動、午後、バスにて土産屋経由で空港へ
                (午前中オプショナルツアーあり、昼食付き)
                桃園空港16:50発便で帰国

・宿 泊  台北:華泰王子大飯店 台南:台南大飯店

・参加費  成田空港:12万円  現地参加:7万5千円(いずれもツイン利用)
       *成田空港からの場合、諸費用・燃油サーチャージを含みます。
       *シングルご希望の場合、2万円追加となります

・定 員  30人(最少催行人数は15人)

・お申込  お手軽な申し込みフォーム、メール、FAXで。【ホームページからも可】

       申し込みフォーム http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0116.reg
       E-mail:tour@nt-kyoei.jp
       FAX:03−3868−2101


・締 切  5月14日(月)(定員になり次第、締め切らせていただきます)

・主 催  台湾200%満喫の旅委員会

・受 託  共栄ツアーズ(東京都知事登録旅行業3-6208号)

・その他  オプショナルツアーもあります(おとな・こども同額)。
       6月15日の台南市内、夜のお散歩ツアー(3千円)
       6月17日の台北市内、歴史建築見学と昼食ツアー(1万円)*先着10名様限り

       *パスポートは3ヵ月以上の残余期間[有効期限が2012(平成24年)9月18
        日以降]が必要です。必ずご確認願います。

◆共栄ツアーズ 担当:片木・杉本
  〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9-2A
  TEL:03-3868-2102 FAX:03-3868-2101
  E-mail:tour@nt-kyoei.jp 
  ホームページ:http://kyouei.shop26.makeshop.jp/

 *共栄ツアーズは日本李登輝友の会傘下の社団法人全国旅行業協会正会員です。

-----------------------------------------------------------------------------------------
「台湾の達人・片倉佳史さんと行く台湾200%満喫の旅 Vol.1」お申し込み書

・お名前(フリガナ):
・生年月日:
・性別: 男・ 女
・参加地: 成田空港  現地集合
・パスポートのローマ字氏名:
・パスポート番号:
・パスポート有効期限:
・台南オプショナルツアー(6月15日): 参加する  参加しない
・台北オプショナルツアー(6月17日): 参加する  参加しない
・宿泊希望: ツイン   シングル
・ご住所:〒
・お電話:
・FAX:
・メールアドレス:
・ご希望書籍(1冊): 『台湾に残る日本鉄道遺産』
            『台湾鉄路と日本人』
               『旅の指さし会話帳・台北・ハローキティ』
               『台湾に生きている「日本」』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【日本李登輝友の会:取り扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

●廖継思著『いつも一年生』お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0075.reg

● 台湾「飲茶5袋セット」のお申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0111.reg

● 月刊「正論」年間購読お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0113.reg

● 伊藤哲夫著『教育勅語の真実』お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0102.reg

● 「ありがとう台湾オリジナルTシャツ」お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0097.reg

● 黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点』お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0095.reg

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 日本李登輝友の会「入会のご案内」

  入会案内 http://www.ritouki.jp/guidance.html
  入会お申し込みフォーム http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0005.reg

-----------------------------------------------------------------------------------------
◆ メールマガジン「日台共栄」

  日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の
  会の活動情報とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

● 発 行:日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
      〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
      TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
      E-mail:info@ritouki.jp ホームページ:http://www.ritouki.jp/

● 事務局:午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2011  Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。