国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第1556号】 世界保健機関総会での台湾の名称「中国台湾省」を受け入れる馬英九政権

2012/04/12

>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━━━ 【平成24(2012)年 4月12 日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
            日台共栄のためにあなたの力を!!
<<INDEX>> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ [Vol.1556]
1>> 世界保健機関総会での台湾の名称「中国台湾省」を受け入れる馬英九政権
2>> 日台が特許の審査期間短縮の「特許審査ハイウェイ覚書」に調印
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆【ネット署名(第3期)】台湾出身者の戸籍を「中国」から「台湾」に改正しよう!!
  http://www.shomei.tv/project-1901.html
  *署名数:343人(4月12日)
  *1期・2期のネット署名総数=11,814人

◆ 台湾出身者の戸籍を中国から台湾に改正しよう!!
  http://www.ritouki.jp/suggest/koseki.html
  *署名用紙やアピールチラシもダウンロードできます。

● 第6回台湾セミナー(講師:池田維・元台湾大使)お申し込み【締切:4月20日】
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0115.reg
  *詳細は本会HPを → http://www.ritouki.jp/

● 【ツアー】片倉佳史さんと行く台湾200%満喫の旅 お申し込み【締切:5月14日】
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0116.reg

●【動画】李登輝元総統が語る「日本李登輝友の会の歩み」
  http://www.youtube.com/watch?v=uR1wLpH9e0s

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 世界保健機関総会での台湾の名称「中国台湾省」を受け入れる馬英九政権

 5月21日から26日までスイスのジュネーブにおいて世界保健機関(WHO)の最高意思決
定機関である世界保健機関総会(WHA)が開催される。台湾は行政院衛生署の邱文達署
長が代表団を率いて参加する予定だと報じられている。

 台湾は1997年以来、世界保健機関総会へのオブザーバー参加を目指していたが、ことご
とく中国の妨害で参加を実現できなかった。一方、日本やアメリカは2004年にサーズ(重
症急性呼吸器症候群)が大流行して以来、台湾も世界保健機関からの公衆衛生や疫病に関
する情報を提供されるよう保健衛生ネットワークに入れるべきだとして、台湾の世界保健
機関への有意義な形での参与や世界保健機関総会へのオブザーバー参加を支持してきた。

 そのためもあってか2005年ごろから中国の態度が軟化し、台湾は2009年、悲願だった世
界保健機関総会へのオブザーバー参加が実現した。

 この年4月、台湾は「参加する場合の名称は『中華民国台湾』が理想だが、最低でも『中
華台北・チャイニーズタイペイ』とし、仮にそれ以下の主権を曖昧にする名称になる場合
は無理に参加を求めることはない」と表明していた。参加名称は「中華台北」だった。翌
2010年にも台湾は世界保健機関総会にオブザーバー参加を果たした。中国は「中国側の善
意の表れだ」と、その関与を間接的に認めるような表明をしている。

 ところが、昨年5月になって思わぬ事態が発覚した。2010年9月、世界保健機関の事務局
長が内部文書で台湾の参加名称を「中国台湾省」と記していたことがメディアの報道で発
覚した。

 台湾政府は、世界保健機関総会からの招待状には「Chinese Taipeiでわが国を呼称し、
Minister(大臣)としてわが国の衛生署長を呼称した」「WHOのウェブサイトの新型H1
N1インフルエンザの流行状況に関する資料の発表の中でも、わが国をChinese Taipeiと呼
称している」として、受け入れることはできないと抗議した。

 野党の民進党は、オリンピックの「中華台北」、WTOの「台澎金馬個別関税領域」方
式よりもはるかに大きな後退であり、中国に隷属した地位でWHAへの参加を認められた
ことになるので世界保健機関総会を欠席すべきと主張した。

 馬英九総統も即座に「中国の圧力によるものだ」と表明したものの、台湾は「世界保健
機関総会へのオブザーバー参加は2009年からようやく実現したものであり、必ず参加しな
ければならない」として昨年の世界保健機関総会に参加、今年も「過去1年にわたって『断
じて受け入れられない』との立場をWHO側に示してきた」「台湾の『Chinese Taipei
(中華台北)』名義でのWHA参加に影響はない」として、参加を表明している。

 どうも中国と台湾の「出来レース」の臭いがしないでもないが、真偽のほどは闇の中
だ。しかし、台湾の抗議を世界保健機関が受け入れていない現在、台湾が「中国台湾省」
として扱われていることは事実であり、その世界保健機関総会に今年も参加するのだか
ら、馬英九政権は、世界保健機関の内部名称の「中国台湾省」、台湾国内に向けては「中
華台北」と説明するというダブルスタンダードを取っていることも事実だ。

 日本なら「二枚舌」として糾弾されるところだが、こういう使い分けをするところが、
中国国民党という「外来政権」の最大の特徴と言ってもいい。恐らく馬英九政権は、この
名称問題で表面的に抗議は続けるだろうが、世界保健機関総会が受け入れないという理由
で「中国台湾省」の定着化を謀っているようにもみえる。馬英九政権の中国傾斜はこのよ
うなところにも現れている。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 日台が特許の審査期間短縮の「特許審査ハイウェイ覚書」に調印

 日本と台湾は昨年9月22日、台北市内のホテルで、交流協会会長の大橋光夫氏は亜東関係
協会会長の彭栄次氏と「日台投資協定」(亜東関係協会と財団法人交流協会の投資の自由
化と促進、保護に関する取り決め)に調印し、即日発行した。

 これは「1972年の日台断交以来、最も画期的な出来事」と伝えられ、また「台湾側から
は将来的な自由貿易協定(FTA)、経済連携協定(EPA)の締結にも道を開くとの期
待感も出ている」とも伝えられた。

 その後、11月には航空自由化(オープンスカイ)協定にも合意し、自由貿易協定や経済
連携協定の締結にさらに近づいた感があった。

 そのような中の4月11日、交流協会会長の大橋光夫氏と亜東関係協会会長の廖了以氏は特
許の審査期間を短縮する「特許審査ハイウェイ覚書」に調印した。中央通訊社の記事を下
記にご紹介したい。

-----------------------------------------------------------------------------------------
台日、特許審査ハイウェイ覚書に調印
【中央通訊社:2012年4月11日】
http://japan.cna.com.tw/Detail.aspx?Type=Classify&NewsID=201204110006

 (台北 11日 中央社)台湾の対日窓口機関・亜東関係協会と、日本側・交流協会は11日
午前、台北市内で「台日特許審査ハイウェイ覚書(略称)」に調印、5月1日に発効する。

 特許審査ハイウェイの締結により、自国と相手側で二重の特許審査を受ける必要がなく
なり、審査期間の短縮につながることから、双方の技術交流強化や投資拡大などが期待さ
れる。

 昨年度、日本から台湾に申請された特許件数は1万3000件以上にのぼり、海外からの申請
では2位のアメリカを大きく上回るダントツの多さ。また、台湾から日本への特許申請も毎
年3000件を超えている。

 現在台湾での特許審査には平均で41カ月かかっているが、5月以降は日本で特許を取得し
た案件については1.1カ月以内に審査を終えることが可能となり、また台日の双方に特許申
請中の場合も、相互の審査期間を半年以内程度に短縮できる。

 台湾は昨年9月にアメリカと初めて同様の覚書を交わし、日本は2番目。日本はこれまで
に21カ国・地域と特許審査ハイウェイ覚書を結んでおり、台湾は22番目となる。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【日本李登輝友の会:取り扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

● 台湾「飲茶5袋セット」のお申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0111.reg

● 月刊「正論」年間購読お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0113.reg

● 伊藤哲夫著『教育勅語の真実』お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0102.reg

● 「ありがとう台湾オリジナルTシャツ」お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0097.reg

● 黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点』お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0095.reg

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 日本李登輝友の会「入会のご案内」

  入会案内 http://www.ritouki.jp/guidance.html
  入会お申し込みフォーム http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0005.reg

-----------------------------------------------------------------------------------------
◆ メールマガジン「日台共栄」

  日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の
  会の活動情報とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

● 発 行:日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
      〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
      TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
      E-mail:info@ritouki.jp ホームページ:http://www.ritouki.jp/

● 事務局:午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2011  Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2012/04/13

    台湾の世界保健機関総会へのオブザーバー参加の名称についての記事を拝見して、その経緯が良く分かりました。台湾を内部文書で「中国台湾省」と記したWHO事務局長のマーガレット・チャン(陳馮富珍)は香港出身です。中国の推薦で事務局長に就いたとも言われていますので、中国の裏工作が奏功しているのかもしれません。

    それにしても、「中国台湾省」と呼ばれてまで台湾は参加するというのだから、ご指摘のように中国国民党と中国共産党は裏で手を握って、それを既成事実化しようと目論んでいるのかもしれません。馬英九政権はこのことを知っていてオブザーバー参加したとも仄聞しています。馬英九政権はどうにも信用できかねるところが多々あり、上辺に騙されないようにしなければなりません。