国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第1540号】 【台湾返還問題】 山谷議員の質問主意書にテストなら〇点の野田総理からの答弁書

2012/03/22

>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━━━━【平成24(2012)年 3月22 日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
           日台共栄のためにあなたの力を!!
<<INDEX>> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ [Vol.1540]
1>>【台湾返還問題】 山谷議員の質問主意書にテストなら〇点の野田総理からの答弁書
2>> 第17回「台湾李登輝学校研修団」の参加者を募集中! ≪締切:3月26日≫
3>> 台湾人と結婚した中国人妻たちが「中華生産党」を結成
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆【ネット署名(第3期)】台湾出身者の戸籍を「中国」から「台湾」に改正しよう!!
  http://www.shomei.tv/project-1901.html
  *署名数:286人(3月22日)
  *1期・2期のネット署名総数=11,814人

◆ 台湾出身者の戸籍を中国から台湾に改正しよう!!
  http://www.ritouki.jp/suggest/koseki.html
  *署名用紙やアピールチラシもダウンロードできます。

● 第17回「台湾李登輝学校研修団」お申し込み【締切:3月26日】
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0114.reg
  *詳細は本会HPを → http://www.ritouki.jp/

● 第6回台湾セミナー(講師:池田維・元台湾大使)お申し込み【締切:4月20日】
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0115.reg
  *詳細は本会HPを → http://www.ritouki.jp/

●【動画】李登輝元総統が語る「日本李登輝友の会の歩み」
  http://www.youtube.com/watch?v=uR1wLpH9e0s

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>>【台湾返還問題】 山谷議員の質問主意書にテストなら〇点の野田総理からの答弁書

 すでにお伝えしたように、昨年の文科省検定に合格している東京書籍の地図帳が相変わ
らず日本の領土だった台湾について「台湾(1945 中国へ返還)」と記述し、大学受験で最
も使われているという山川出版社の『詳説 日本史B』も、脚注とは言え「台湾は中国に返
還され」と記述し、文部科学省の検定に合格していることなどを踏まえ、山谷えり子・参
議院議員が去る2月28日、「台湾返還に関する質問主意書」を提出した。

 3月9日、野田佳彦総理から「答弁書」が出された。ところが、山谷議員が政府見解を述
べてお茶を濁すのではないかと予想し「台湾の領土的な位置付けについての質問ではな
い」と釘を刺していたにもかかわらず、政府見解をそのまま出してきて、台湾を返還した
のか否かについてまったく答えていない。テストなら〇点だ。が「答弁書」の全文だ。

 下記にその全文を掲載するが、現在の日本政府の見解は、山谷えり子議員が「質問主意
書」で取り上げた当時の池田勇人総理の答弁、即ち歴史事実に基づいた日本政府の見解か
らかけ離れ、台湾の領土的地位に関しては「認定を行う立場にない」と、口をつぐむ姿勢
に終始している。

 外務省の担当者が作文したのだろうが、いったい何を、どこを恐れているのだろう。こ
の官僚の作文を唯々諾々と受け入れるのは、民主党が「政治主導」を掲げて政権交代した
公約にも反する。ましてや歴史事実について質問しているにもかかわらず、まったく答え
ていないのだから、問題外だ。

 山谷議員は、このような「答弁書」が出てくることを予想していたようで、今後は委員
会で取り上げていくことを考慮しているという。

◆参議院:第180回国会「質問主意書」と「答弁書」(提出番号:43)
 http://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/kousei/syuisyo/180/syuisyo.htm

-----------------------------------------------------------------------------------------
答弁書第四三号

内閣参質一八〇第四三号
  平成二十四年三月九日
内閣総理大臣 野 田 佳 彦

       参議院議長 平 田 健 二 殿

参議院議員山谷えり子君提出台湾返還に関する質問に対し、別紙答弁書を送付する。

   参議院議員山谷えり子君提出台湾返還に関する質問に対する答弁書

一及び四について

 我が国は、日本国との平和条約(昭和二十七年条約第五号)第二条に従い、台湾に対す
る全ての権利、権原及び請求権を放棄しており、台湾の領土的な位置付けに関して独自の
認定を行う立場にない。

二について

 御指摘の寄稿については承知しているが、台湾の領土的な位置付けに関する我が国の立
場は一及び四についてで述べたとおりである。

三について

 御指摘の教材は、地理歴史科に属する学校教育法施行規則(昭和二十二年文部省令第十
一号)別表第三の下欄に掲げる科目以外の科目として、東京都立高等学校が独自に設けた
科目である「江戸から東京へ」の授業に用いるために、東京都教育委員会が作成した教科
用図書であると承知している。東京都立高等学校が当該科目においてどのような記述の教
科用図書を使用するかについては、東京都教育委員会が適切に判断すべきものであると考
えている。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 第17回「台湾李登輝学校研修団」の参加者を募集中! ≪締切:3月26日≫
   お元気になった李登輝元総統が特別講義! 修了証を授与
 
 平成16(2004)年10月から始めた本会の「台湾李登輝学校研修団」も、今回で17回を迎
えます。

 大腸癌の手術から驚異的に回復された李登輝学校校長の李登輝元総統による特別講義を
はじめ、前台北駐日経済文化代表処代表の許世楷先生や岡山大学でも教えていた国際法の
李明峻先生など、台湾を代表する有識者が日本語で講義を行います。

 また今回の野外視察は、烏山頭ダムを造った八田與一技師の7つ下で、旧制金沢一中、四
高、東京帝大から台湾総督府へと八田技師と同じ道を歩み、烏山頭ダムの建設にも従事し
ていたとみられる磯田謙雄(いそだ・のりお)が造った白冷[土川]、台中神社跡など、台
中市を中心に日台関係にゆかりのある史跡を訪問の予定です。

 一連の研修修了後、李登輝校長自ら一人ひとりに「修了証」を授与されます。

*本会ホームページでも案内しています。お申し込みもできます。
 http://www.ritouki.jp/

-----------------------------------------------------------------------------------------
◆日  程:4月26日(木) 朝便で成田空港 → 桃園空港へ
       4月27日(金)〜29日(日) 終日研修(野外視察含む)
       4月30日(月・祝) 修業式、夕方便で桃園空港 → 成田羽田空港へ

◆企画催行:日本李登輝友の会

◆参 加 費:会員 成田発ツイン: 136,000円  成田発シングル:  156,000円
       会員 現地参加ツイン:86,000円  現地参加シングル:106,000円

       *上記価格は予定価格で、空港利用税や燃料特別税が含まれています。
       *宿泊は参加者数やホテルの都合によりご希望に添えない場合があります
        のでご了承ください。
       *李登輝先生の体調が優れない場合は、特別講義と修業式の内容が変更に
        なることがあります。

◆定  員:40名

◆申込締切:3月26日(月) (定員になり次第、締め切らせていただきます)

◆一般参加:研修には一般の方も参加できますが、参加費は上記会員価格プラス10,000円
       となります(但し、申込時にご入会の方は会員価格とさせていただきます)。

◆そ の 他:成田空港以外からのご参加(羽田・関空等)についても可能な範囲で対応い
       たします。ご相談ください。その際、参加費は成田発より割高になること
       をご了承願います。

◆航空会社:チャイナエアライン(成田空港 9:40発)

◆手配会社:共栄ツアーズ(東京都知事登録旅行業第3-6208号)

◆申込方法:申し込みフォーム、または下記の申込書に必要事項を記入し、FAX、メー
       ルにてお願いします。お申し込みいただきましたら、追って所定の書類を
       送付いたします。

      ・申し込みフォーム:http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0114.reg
      ・FAX:03-3868-2101
      ・E-mail:info@ritouki.jp

       *パスポートは3ヵ月以上の残余期間[有効期限2012(平成24)年7月30日
        以降]が必要です。必ずご確認願います。また3月29日以降キャンセルの
        場合、キャンセル料(参加費の20%)が発生します。

【お申し込み・お問い合わせ】
日本李登輝友の会事務局:片木、室
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp ホームページ:http://www.ritouki.jp/

-----------------------------------------------------------------------------------------
第17回台湾李登輝学校研修団 申込書

・ご氏名:
・ご連絡先(TEL):
・FAX:
・ご住所:〒
・E-mail:
・会籍: 会員  一般  入会希望
・参加タイプ: 成田発  現地参加  その他(    )
・宿泊: ツイン  シングル
・パスポートNo:
・ローマ字氏名:
・パスポート有効期限:
・生年月日:    年  月  日(   歳  男・女)

*お申し込みと同時にパスポートのコピーをFAXorメールでお送り願います。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3>> 台湾人と結婚した中国人妻たちが「中華生産党」を結成

 台湾には現在、結婚により国籍を取得した中国人妻が約30万人いるという。申請者はそ
の培の60万人と言われる。その中国人妻たちがこのほど政党を結成した。政党名は「中華
生産党」だという。

 台湾の中国傾斜に危機感を募らせる人々も多い台湾だが、内部から中国化が進んでいる
とも指摘され、その最たるものが政党の結成だ。本物の中国人が台湾国内で堂々と合法的
に政治的発言力を確保するには政党を結成することで、危惧する声は以前からあった。そ
れが遂に現実となって現れた。

 この政党名で思い出した。昨年の中華人民共和国での辛亥革命100周年記念式典でのこと
だ。胡錦濤総書記は講話で「辛亥革命は永遠に中華民族の偉大な復興の道に厳然と立つマ
イルストーンである」「両岸の同胞は血脈のつながった運命共同体で、大陸と台湾は両岸
の同胞の共同の家である」など、「中華民族」を連発した。

 台湾で結成された「中華生産党」がめざすところも、おのずから透けてみえてくるので
はないだろうか。誰もが反対しにくい「差別撤廃」を掲げたことに、衣の下の鎧を見た。
台湾の中国化はいよいよ深刻の度を増している。

-----------------------------------------------------------------------------------------
結婚で移住した大陸人が政党結成「差別の問題ある」=台湾
【サーチナ:2012年2月21日】

 台湾人と結婚した中国大陸出身者がこのほど、「中華生産党」を結成した。台湾当局も
認め、2月28日には台北市内で結成大会を行った。大陸出身者が一様に感じるのは、周囲か
らの差別視という。同党主席に就任した盧月香氏によると、党員数は2万7000人に達した。
中国新聞社は自社サイトで21日、盧月香主席への取材を交えた記事を掲載した。

 結婚により“中華民国”籍を取得した大陸部出身者は27万人、さらに申請中の人は60万
人以上いると見られている。東南アジアや欧米出身者の20万人を加えれば100万人を超える
「大集団」になるが、台湾社会では差別視される「弱いグループ」という。

 盧主席は党結成の基本的考えを「当局がわれわれのために新たな政策を定めることを待
つよりも、みずから権利を勝ち取った方がよい」と述べた。今後は人材を育成し、小さな
地域の代表議員を生み出し、県や市の議員、最終的には台湾最高の立法機関である立法院
の同党所属議員を誕生させたいという。

 盧主席は2010年に、台湾在住の大陸出身者の「Uターン投資」の世話をしてきた。大陸部
の農業やサービス業に投資をしてもらう。事業が成功して「大陸出身者の皆がもうかれ
ば、中華生産党の実力も、それにともなって向上する。台湾の政界で地位を得ることも可
能」と考えたからだ。

 大陸出身者が問題だと考えている「差別的条項」のひとつとして、活動や資格の制限が
ある。移住して最初の2年は、「団聚」と呼ばれる期間だ。次の4年間は「依親居留」と呼
ばれ、一定の条件を満たした者だけが仕事を認められる。その次の2年間は「長期居留」
で、その後やっと、定住の申請ができる。

 結婚にともない台湾に住むことになった人々は「法令に明らかな差別がある」として十
数年にわたり“戦って”いるが、効果はほとんどなかったという。

 一般の台湾人にも「差別感情」はある。台湾に定住して15年という女性によると、4年前
に台北市内の幼稚園の教諭になった時には、保護者から「大陸人が、わたしの子を教えら
れるわけがない」という非難の声が殺到した。最近になりやっと、保護者の信頼を得たと
いう。

 盧主席によると、結婚により台湾に住むことになった大陸出身者は「明暗が分かれてい
る」という。失敗が目立つケースとしては、台湾の生活に非現実的な幻想を抱いていた
り、適応能力に欠けている場合などが挙げられる。

 盧主席は「心の中で恨んでいるよりも、現実を変えようと努力した方がよい。積極的な
考えで現実と向き合えば、よりよい結果を得られる」と述べた。(編集担当:如月隼人)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【日本李登輝友の会:取り扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

● 台湾「飲茶5袋セット」のお申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0111.reg

● 月刊「正論」年間購読お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0113.reg

● 伊藤哲夫著『教育勅語の真実』お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0102.reg

● 「ありがとう台湾オリジナルTシャツ」お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0097.reg

● 黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点』お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0095.reg

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 日本李登輝友の会「入会のご案内」

  入会案内 http://www.ritouki.jp/guidance.html
  入会お申し込みフォーム http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0005.reg

-----------------------------------------------------------------------------------------
◆ メールマガジン「日台共栄」

  日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の
  会の活動情報とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

● 発 行:日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
      〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
      TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
      E-mail:info@ritouki.jp ホームページ:http://www.ritouki.jp/

● 事務局:午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2011  Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。