国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第1515号】 新潟県支部が高池勝彦弁護士を講師に新春講演会【入場無料】

2012/02/11

>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━━━━【平成24(2012)年 2月11日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
           日台共栄のためにあなたの力を!!
<<INDEX>> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ [Vol.1515]
1>> 新潟県支部が高池勝彦弁護士を講師に新春講演会【入場無料】
2>> 日台を結ぶ武士(さむらい)の絆  櫻井よしこ
3>> 本日16時、紀元節奉祝式典で小田村四郎会長が講演「紀元節に想ふ」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆【ネット署名(第3期)】台湾出身者の戸籍を「中国」から「台湾」に改正しよう!!
  http://www.shomei.tv/project-1901.html
  *署名数:68人(2月11日)
  *1期・2期署名総数=11,814人(2月7日から第3期ネット署名を開始!) 

◆ 台湾出身者の戸籍を中国から台湾に改正しよう!!
  http://www.ritouki.jp/suggest/koseki.html
  *署名用紙やアピールチラシもダウンロードできます。

● 2011飲茶5袋セットのお申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0111.reg

● 2011カラスミのお申し込み【締切:2月24日】
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0107.reg

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 新潟県支部が高池勝彦弁護士を講師に新春講演会【入場無料】
   演題は「南京事件裁判・NHK『JAPANデビュー』裁判を戦って」

 明けましておめでとうございます。

 顧みますと、昨年は東日本大震災、それはまさに想定外の大地震、大津波、さらに原発
事故の発生で、その処理に明け暮れた1年でした。各国から暖かいご支援をいただきました
が、中でも台湾の方々からの義援金が200億円余と突出していて、切り離すことのできない
台湾の方々と日本人の「絆」の強さ、親密さを改めて痛感させられました。

 昨年暮れ、2011年の世相を表す漢字として選ばれたのは「絆」という文字です。「絆」
というと、過去3回、新潟県支部が李登輝先生の表敬訪問に台湾を訪れた折りにはいつも
「日本─台湾友好の絆 李登輝先生 萬歳」と大きく書き、参加者全員がサインした色紙
をお贈りしていたことを思い出します。

 李登輝先生からは、たえず私たちを激励するお言葉をいただていますが、本年も「日友
好の絆」をいっそう強めるため、蔡焜燦(さい・こんさん)先生などとも親しい、NHK
「JAPANデビュー」裁判の弁護団団長を務められる弁護士の高池勝彦(たかいけ・か
つひこ)先生をお招きして、下記のような次第で「新春講演会」を開催します。お忙しい
とは存じますが、ふるってご参加ください。

 平成24年1月吉日

                    日本李登輝友の会 新潟県支部長 下村 忠行

                   記

◆日 時:平成24年2月18日(土) 午後2時30分開会(受付:午後2時より)

◆会 場:新潟東急イン
      新潟市中央区弁天1-2-4 TEL:025-243-0109
      【交通】JR新潟駅 万代口 徒歩約1分
      http://www.niigata-i.tokyuhotels.co.jp/ja/access/index.html

◆講 師:高池勝彦先生(弁護士・国家基本問題研究所理事)

      高池勝彦(たかいけ・かつひこ)昭和17(1942)年、長野県生まれ。早稲田
      大学法学部卒業後、同大学院修士課程修了。同47(1972)年、司法試験に合
      格、司法修習27期を経て弁護士登録(東京弁護士会)。同53(1978)年から
      同55年まで米スタンフォード大学ロースクールに学ぶ。専門は労働法。同57
      (1982)年、高池法律事務所を設立。国家基本問題研究所理事。「昭和の日」
      ネットワーク副理事長、新しい歴史教科書をつくる会副会長、メディア報道
      研究政策センター理事。東史郎の南京大虐殺関連の書籍に関する名誉棄損訴
      訟の原告弁護人、百人斬り訴訟の原告弁護団長、NHK「JAPANデビュ
      ー」裁判の原告弁護団長。共著に『労働組合と政治活動』『日本国憲法を考
      える』など。

◆演 題:「南京事件裁判・NHK『JAPANデビュー』裁判を戦って」

◆入場料:無料

◆懇親会:講演会終了後、午後4時半頃より講師先生を囲んで懇親会を行います。参加ご希
      望の方はお申し出ください。【懇親会費:6,000円】

◆申込先:メール、FAXにて。

      E-mail:tad_simo@d9.dion.ne.jp
      FAX:025-267-7721

◆主 催:日本李登輝友の会 新潟県支部(下村忠行支部長)
      〒950-2074 新潟市西区真砂1-16-4 下村様方
      TEL:025-266-1886 FAX:025-267-7721
      E-mail:tad_simo@d9.dion.ne.jp

-----------------------------------------------------------------------------------------
日本李登輝友の会 新潟県支部「新春講演会」お申し込み

・お名前
・電話
・メールアドレス
・講演会・懇親会(いずれかに○を)

*同伴者がいらっしゃる場合は同伴者の方のお名前も書き添えて下さい。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 日台を結ぶ武士(さむらい)の絆  櫻井よしこ

 国家基本問題研究所理事長などをつとめるジャーナリストの櫻井よしこさんは、台湾と
の縁が深い。李登輝元総統とも親しく、「台湾歌壇」代表で李登輝民主協会理事長の蔡焜
燦氏や許世楷・前台北駐日経済文化代表処代表などとも昵魂だ。

 台湾の総統選挙と立法委員選挙のダブル選挙が行われた際には、彭明敏氏が委員長で李
元総統が名誉委員長をつとめる「台湾公正選挙国際委員会(ICFET)」の日本側委員の一人
として訪台している。

 このとき櫻井さんをお世話したのがジャーナリストの白井真由美(しらい・まゆみ)さ
んだった。白井さん一家が日本人となった数奇な物語を櫻井さんは「日台を結ぶ武士(さ
むらい)の絆」と題し「週刊新潮」の連載「日本ルネッサンス」に発表された。一読、再
読、三読、感銘は深まるばかりだ。まさに「武士(さむらい)」としか言いようがない、
誇るべき日本人の物語でもあった。

 文中、「武士」の一人として法務大臣の石井光次郎(いしい・みつじろう)が出てく
る。後に衆議院議長をつとめるが、若き日、台湾総督府に勤務していたことがある。明石
元二郎(あかし・もとじろう)第7代総督の下で秘書課長や外事課長をつとめた。国会議員
となった後もこの体験が生き続け、親台湾派の長老として活躍する。

 この石井光次郎の長男が、本会の元副会長で現在は顧問をつとめる石井公一郎(いしい・
こういちろう)氏だ。台湾が結ぶご縁だ。

 それにしても、台湾出身者が日本人と結婚したり養子に入ったりすると、その国籍は
「中国」とされる。この戸籍を管掌しているのが法務大臣であり民事局だ。今の法務省に
「武士」はいないのだろうか。心あらば、櫻井さんがつづる日台「武士の系譜」を精読い
ただきたい。

◆ 日本李登輝友の会「役員一覧」
  http://www.ritouki.jp/board.html

-----------------------------------------------------------------------------------------
日台を結ぶ武士(さむらい)の絆  櫻井よしこ
【週刊新潮:2012年2月9日号「日本ルネッサンス」第496回】

 日台関係の緊密さは人間同士の親和性から生まれている、そう実感させたのが1月14日
の台湾総統選挙の取材でお会いした白井真由美さんだった。台湾出身の彼女は数奇な人生
を歩んで日本人となり、現在は日系米国人と結婚、カリフォルニアで小さなテレビ局を運
営している。

 白井さん一家の物語は古きよき日本人と台湾人の物語だ。それは「立派な日本人として
生きたい」と自身を鍛錬した父の物語から始まる。

 父の生年を尋ねると、「大正10年」と即答した白井さんは1947年生まれ、台湾名は林慧
珍である。

「父は日本統治下の台北州宜蘭(ぎらん)郡生まれです。宜蘭庁長は西郷隆盛の子息、菊
次郎さんでした。そのせいで、父は自分のことを『おいどん』と呼ぶ『九州男児』でした」

 菊次郎は西郷が奄美大島に遠島にされた折、名門龍家の娘、愛加那(あいがな)との間に
生まれた。西南戦争では一兵卒として戦い、右足を失った。

 『西郷菊次郎と台湾』(南日本新聞開発センター)を著した佐野幸夫氏は、菊次郎の足
跡を13歳で留学した米国、西南戦争後に入省した外務省、台湾宜蘭庁長、京都市長と辿り、
菊次郎が父の「敬天愛人」を実践したことを丁寧に描写している。同書の序で、台北駐日
経済文化代表処元代表の羅福全氏が、「宜蘭の近代化建設の基礎を確立した」菊次郎を台
湾人が追慕して建てた記念碑「西郷庁憲徳政碑」を紹介している。

 菊次郎の宜蘭赴任は明治30(1897)年から明治35(1902)年末まで、白井さんの父林栄
鋒(リンエイホウ)氏が生まれた大正10(1921)年のかなり前だ。だが、林氏が自らを「お
いどん」と呼んで親愛の情を示す程、菊次郎に代表される日本の台湾統治は台湾人を大切
にした。

◆国民党軍の横行に愕然

 立派な日本人でありたいと欲した林氏の教育は厳しく、妻や娘の家事にも規律を求めた
という。

「たとえば洗濯物は男物と女物は一緒に干してはならない、男は寡黙で責任感が強くあれ、
女は礼節を守り愛情深く他者への配慮を心がけよと言われました」と、白井さん。

 林氏は昭和13年、17歳で日本軍に志願した。台湾語、日本語、中国語が達者なため、軍
の通訳となり、貧しかった一家を支えた。入隊後すぐに、日本軍が占領した南京に派遣さ
れた。このとき氏は頭部に傷を負い、治療のため大阪に送還された。その後台湾に戻った
氏は高雄の台湾製糖に入社し、日本人技師、天野温四(あつし)氏と運命的な出会いを果
たす。

 天野氏は明治42年、兵庫高校を卒業後、台湾に渡った進取の気性に富んだ人だ。当時、
台湾の産業は製糖と米作が主で、日本人がすでに幾つか小さな製糖所を作っていた。氏は
そのひとつで技師として働き、やがて製糖の機械を作る台湾鉄鋼所の工場長、さらに常務
取締役となる。昭和16年に日米開戦、日本はフィリピンに進出し、マッカーサー撤退後の
各工場を管理運営するために天野氏は軍命で昭和17年、マニラ入りした。

 その工場で24歳の林氏と、後に林夫人となる李蘭玉さん20歳が働きだしたのが、昭和19
年4月だった。

「でもその年の12月27日には軍から非戦闘員に疎開命令が出て、台湾鉄鋼所の、今風にい
えばOLだった私たち女性5人が一足先に疎開したのです」と蘭玉さん。天野氏ら男性陣は
米軍と戦うために残ったが、彼らもひと月余り後に山中に逃げた。両者は合流し終戦後の9
月まで、北部ルソン方面の山中を逃げ続けた。

 昼間は身を隠し、移動は夜間、食糧は山芋とその葉っぱとトカゲだった。逃避行の間、
林氏は50歳を過ぎた天野氏に負担をかけないよう2人分の荷物を背負い天野氏を守り続け
た。あるとき、天野氏が言った。

「林君、君は戦死した僕の一人息子のようだ。生還できるかわからないが、縁があったら
親子になろう」

 9月、一行は投降した。DDTを振りかけられ、男女別々に収容所に入れられ、消息は互
いに知ることもなかった。林氏と蘭玉さんは、台湾人帰国のための船が博多から出るのを
知って乗船した際に再会し、やがて結婚する。

 台湾に戻った林氏は、蒋介石の国民党軍の横行に愕然とした。

 故伊藤潔氏の『台湾 四百年の歴史と展望』(中公新書)によると、1947年2月末までに
国民党が接収した日本の資産は土地を除けば、1)公的機関593件、29億3850万円、2)民
営企業1295件、71億6360万円、3)民間私有財産4万8968件、8億8880万円、計5万856件、
109億9090万円に上る。実に膨大な資産である。

◆「みな武士」

 国民党は台湾を占領し日本の資産を接収すると、台湾と日本の関係を断ち、台湾人を弾
圧し搾取した。こうして47年2月27日、煙草売りの未亡人が銃で頭部を殴打され所持金を取
り上げられた事件をきっかけに2・28事件が起きた。国民党の発表でも2万8000人が殺害さ
れた大殺戮だったが、国民党はこのとき、台湾社会の知識人や指導者の名簿を作成し、皆
殺しを図ったといわれる。リーダー層を消し去りその民族の力を殺ぐのは、同じ漢民族の
中華人民共和国がチベット、ウイグル、モンゴルの各民族に使った手法でもある。

 林氏は台南に移り、4人の子供を育てようとした。しかし、日本を愛する氏は国民党政権
下で警察の監視対象となった。白井さんが語る。

「台湾ではもう暮らしていけないと考えたとき、父は天野さんとの約束を思い出したので
す。で、行方も知れない天野さんについて、婦人倶楽部の尋ね人欄に投稿しました。する
と、判ったのです、居所が!」

 林氏は天野氏に一家で養子にしてほしいと便りを書いた。天野氏はすぐに応えた。「一
晩で4人も孫ができてこんなうれしいことはない」

 一家はとるものもとりあえず、来日した。65年のことだ。船で神戸に着くと、税関の担
当者に言われた。

「養子で来たのに観光ビザでは入国できません」

「日本の法律に背いて入国するつもりはありません。このまま戻って出直してきます」と
林氏。

 しかし戻れば、国民党政権が一家の脱出を容認するとは思えなかった。そのとき、税関
の局長が、待っていなさいと言った。局長は即上京し、法務大臣石井光次郎に掛け合っ
た。一部始終を聞いた石井は即断した。

「特別許可でいいじゃないか」

 こうして林家の6人は一家挙げて天野家の養子となり、日本人となった。白井さんがしみ
じみと語る。

「天野のおじいちゃんも武士(さむらい)、税関の局長さんも石井法務大臣もみな武士。私
の父も武士になろうとした」

 林家の人々は全員天野姓となり、雅智と改名した栄鋒氏は96年に亡くなり、養父の分骨
と共に岡山県東山墓地に眠る。日本名静江となった夫人はいまも岡山県に健在である。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3>> 本日16時、紀元節奉祝式典で小田村四郎会長が講演「紀元節に想ふ」

 紀元の佳節たる2月11日、神武天皇肇国の古を偲び、第28回「紀元節奉祝式典」を開催致
します。国難来たる中、元拓殖大学総長、前日本の建国を祝う会会長の小田村四郎先生を
講師と迎へ、尊台のご参列を仰ぎ、共に敬神尊皇の誠を捧げ攘夷討奸の誓ひを新たに致し
たく、茲に謹んでご案内申し上げます。

                   記

◆日  時:平成24年2月11日(祝・土)午後3時30分開場 4時〜6時

◆会  場:日本青年館・地下中ホール
       新宿区霞ヶ丘町7番1号 電話:03-3401-0101
       http://www.nippon-seinenkan.or.jp/dai-hall/access.html
       【交通】JR総武線 「千駄ケ谷」「信濃町」駅徒歩9分
           東京メトロ銀座線「外苑前」駅 徒歩7分
           都営地下鉄大江戸線「国立競技場」駅徒歩9分

◆紀元節祭:神武天皇即位建都の大詔奉読・浦安の舞奉納・紀元節の歌奉唱他

◆記念講演:小田村四郎先生(元拓殖大学総長、前日本の建国を祝う会会長)「紀元節に想ふ」
       http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E7%94%B0%E6%9D%91%E5%9B%9B%E9%83%8E

◆参 加 費:1000円(学生無料)
      *事前の申し込みは不要です。当日直接会場にお越しください。

◆主  催:紀元節奉祝式典実行委員会
       〒113-0033 東京都文京区本郷1-28-36 展転社内
       電話:03-3815-0721 FAX:03-3815-0786

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【日本李登輝友の会:取り扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

● 月刊「正論」年間購読お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0091.reg

● 伊藤哲夫著『教育勅語の真実』お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0102.reg

● 「ありがとう台湾オリジナルTシャツ」お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0097.reg

● 黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点』お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0095.reg

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 日本李登輝友の会「入会のご案内」

  入会案内 http://www.ritouki.jp/guidance.html
  入会お申し込みフォーム http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0005.reg

-----------------------------------------------------------------------------------------
◆ メールマガジン「日台共栄」

  日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の
  会の活動情報とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

● 発 行:日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
      〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
      TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
      E-mail:info@ritouki.jp ホームページ:http://www.ritouki.jp/

● 事務局:午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2011  Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。