国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第1492号】 選挙不介入を表明の中国政府が駐在台湾人ビジネスマンに露骨な投票圧力

2012/01/07

>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━━━━【平成24(2012)年 1月 7日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
            日台共栄のためにあなたの力を!!
<<INDEX>> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ [Vol.1492]
1>> 選挙不介入を表明の中国政府が駐在台湾人ビジネスマンに露骨な投票圧力
2>> 平渓の天灯節 元宵節には千個の天灯が夜空に一斉放天
3>>「2012天燈祭とランタンフェスティバル・ツアー」のご案内【締切:1月13日】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ 亡くなられた台湾人留学生の朱立●さんと林○瀅さんのご冥福を祈り哀悼の意を表しま
  すとともに、一刻も早く犯人が逮捕されることを願っています。
  *●は女偏に「捷」のつくり、○は草冠に止

◆【ネット署名】台湾出身者の戸籍を中国から台湾に改正しよう!!【締切:2012年1月末】
  http://www.shomei.tv/project-1796.html
  *署名数:2,368人(1月7日)

◆ 台湾出身者の戸籍を中国から台湾に改正しよう!!
  http://www.ritouki.jp/suggest/koseki.html
  *署名用紙やアピールチラシもダウンロードできます。

◇「2012天燈祭とランタンフェスティバルツアー」お申し込み【締切:2012年1月13日】
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0109.reg

◇「2012台湾・お花見ツアー」お申し込み【締切:2012年1月19日】 
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0110.reg

● 2011飲茶5袋セットのお申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0111.reg

● 2011カラスミのお申し込み【締切:2012年2月24日】
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0107.reg

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 選挙不介入を表明の中国政府が駐在台湾人ビジネスマンに露骨な投票圧力

 1月14日に投開票が行われる台湾の総統選挙は終盤を迎えた。再選を目指す中国国民党の
馬英九候補は防戦を強いられているようだ。

 親民党の宋楚瑜候補と票田を分け合っているため、宋氏に票が流れれば、民進党の蔡英
文候補が漁夫の利を得るため、馬氏には不利となる。宋氏がキャスティングボートを握る
形勢に傾きつつあるようだ。

 一方、中国は台湾の選挙への不介入を表明している。しかし、昨年11月くらいから、駐
日大使を務めたこともある中国国務院台湾事務弁公室の王毅・主任は、蔡英文氏が否定し、
馬氏が容認する「92年コンセンサス」について「『92年コンセンサス』の否定を容認しな
い」「両岸関係の後退を容認しない」などと表明(11月17日、台湾ウィーク開幕式)、非
常に分かりやすい形で馬氏支持を打ち出している。

 さらに、毎日新聞が伝えるところによれば、国務院台湾事務弁公室は「中国に駐在中の
台湾人ビジネスマンに直接電話をかけて投票のための帰省を促したり、航空券を手配した
りの“場外選挙応援”を活発化させている」という。馬氏の形勢不利と見ての“電話作戦”
のようだ。しかし、誰がどうみても選挙介入そのものだ。その記事を下記に紹介したい。

 また、中国との交易を優先したいエバー・グリーン・グループ(長栄集団)の張栄発総
裁をはじめ台湾の財界の多くが馬氏支持を表明したが、庶民の反発を買っているようで、
中国政府の介入と同様、逆バネになりかねない雰囲気が強くなっている模様だ。

-----------------------------------------------------------------------------------------
惑う台湾:12年総統選 中国政府、駐在台湾人に投票圧力 馬氏支援、帰省便も手配
【毎日新聞:2012年1月6日】

 【台北・大谷麻由美】14日投開票の台湾総統選を巡り、中国の対台湾政策を主管する国
務院台湾事務弁公室(国台弁)が、対中関係改善を進めてきた与党・国民党候補の馬英九
総統(61)への支援のため、中国に駐在中の台湾人ビジネスマンに直接電話をかけて投票
のための帰省を促したり、航空券を手配したりの“場外選挙応援”を活発化させているこ
とがわかった。独立志向の強い最大野党・民進党候補の蔡英文主席(55)が当選すれば、
中国の対台湾政策の見直しが迫られるため。しかし、馬氏にとっては台湾人ビジネスマン
の票田は重要だが、中国の露骨な支援は対立陣営から主権を中国に売り渡していると批判
されかねず、「ありがた迷惑」との声も出ている。

 台湾人ビジネスマンの間には中台関係の安定を求める傾向が強く、6〜7割が馬氏支持と
推計されるが、不在者投票制度がなく、帰省しか選挙に参加する方法がない。過去の総統
選では04年が約15万人、08年が約18万人帰省し、投票率の1%強を占めた。馬、蔡両氏の選
挙情勢はこう着が続いており、ビジネスマンらの投票行動は大きな影響を与える。

 国台弁から電話を受けた台湾中部・台中市出身で中国山東省で働く王世隆さんは取材に、
「誰に投票しろとかは言われなかった。けれど『投票にはいつ帰るのか』『航空券はとれ
たか』と確認された。多くの知人が同様の電話を受けた」と明かした。

 今年は投票日の14日が23日の春節(旧正月)直前のため、多くの台湾ビジネスマンたち
が仕事に忙殺されて帰省できない可能性が指摘されている。台湾人ビジネスマンによる馬
氏後援会の広報担当、葉恵徳さんは「まだ帰省の確約がとれない人が多い」と語り、「(国
台弁から)航空便が足りなかったら、航空会社と掛け合うとの申し出があった」ことを明
らかにした。

 国台弁は実際、帰省の便宜を図るため、選挙用に計約200便の増便を決定。航空券の価格
も現在は4〜6割引きになっている。また、蔡氏の選挙運動を手伝っている台湾人ビジネス
マンのチェックにも余念がなく、台湾のテレビ番組で姿を見つけると電話で「テレビで見
ました」とだけ伝えるという。この台湾人は民進党側に「今後は表だって手伝えない」と
伝えてきた。

 一方、中国側は台湾の選挙に対して、公式には「不介入」を表明している。

=========================================
■ことば 中国国務院台湾事務弁公室
 中国政府が1988年、将来の中台統一を見据えて設立。対台湾政策を研究したり、中国政
府の決定した政策を実行するほか、台湾の関係事務全般を担う。地方の政府機関にも下部
組織が置かれており、中国に進出する台湾人ビジネスマンの管理・交流も行っている。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 平渓の天灯節 元宵節には千個の天灯が夜空に一斉放天

 台湾の天灯(てんとう)は日本でも知られつつある。真っ暗な夜空に、1回に数百個もの
天灯がいっせいに打ち上げられる様子は壮観だ。今年はなんと千個の天灯がいっせいに放
たれるという。

 日本でも秋田県仙北市西木町(にしきちょう)の上桧内(かみひのきない)というとこ
ろで、この天灯に似た「紙風船」が上げられている。冬の風物詩となっているそうで、毎
年2月10日に「紙風船上げ」は行われている。

 確か一昨年は、台湾側が秋田県から「紙風船」を招待して、天灯と一緒に放ったことが
あり、天灯と紙風船で日台交流を行っている。

 台湾の小正月(陰暦の1月15日)は元宵節(げんしょうせつ)と呼ばれ、今年は2月6日だ
が、陰暦の元旦(今年は1月23日)から始まる春節は元宵節まで続き、この期間に天灯節が
行われる。

 新北市平渓区は、台湾で唯一、天灯を放つことが許可されている区域で、今年は規模を
拡大、計5,800個の天灯を放つという。この区域内であれば、店で購入した天灯を、誰でも
自由に放つことができる。また、1月26日は菁桐小学校、28日は平渓中学校、2月4日(土)
と6日(月)は十分天灯広場で、無料提供の天灯の一斉放天に参加できる。千個の天灯をい
っせいに打ち上げるのは「千灯斉飛」と称され、2月6日の十分天灯広場で行われる。参加
者には限定2,500個の木製のお守りが贈られるそうだ。 

 下記に紹介する本会の「天燈祭とランタンフェスティバル・ツアー」では、2月6日の
「千灯斉飛」への参加を予定している。

-----------------------------------------------------------------------------------------
平渓の天灯節 千個の天灯を大空に
【中央通訊社:2011年1月6日】
http://japan.cna.com.tw/Detail.aspx?Type=Classify&NewsID=201201060008#

(新北 6日 中央社)数百個の天灯を空に上げる旧正月恒例のイベント「平溪天灯節(平溪
スカイランタンフェスティバル)」が今月26日から始まり、元宵節(旧暦1月15日)当日に
あたる最終日の2月6日には、これまでに例のない千個の天灯を一斉に放つ。

 天灯は熱気球の一種で、大型の紙袋の口に竹ひごを通し、油を染み込ませた紙銭を中央
につけて燃やし、熱した空気を紙袋に充満させて空に放つ。かつては通信手段として使用
されていた。

 主催する新北市政府によると、平溪区は台湾で唯一天灯の打ち上げを許可されている地
域で、今年は天灯を放つイベントを1/26、1/28、2/4、2/6の4回行う予定で、全部で5800個
の天灯を参加者に無料提供する。

 そのうち2月4日には20フィート(約6メートル)の特大天灯が登場。これまでは総統や政
府高官が放ったが、今年は初めて一般参加者から公式ウェブサイトを通じて募集する。そ
して最終日の2月6日には前例のない千個の天灯を夜空に上げ、参加者の夢や希望、幸福へ
の願いを天に届ける。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3>>「2012天燈祭とランタンフェスティバル・ツアー」のご案内【締切:1月13日】
   今年のランタンフェスティバルは鹿港! 台中の白冷[土川]も見学

 日本李登輝友の会では、一般の観光旅行では見られない台湾の催事をご案内しています
が、「天燈祭」はその代表、今年もツアーを実施します。前回は地元の民宿に宿泊しまし
たが、今回は台北宿泊で日帰りです。

 また、今年のランタンフェスティバルはレトロな街並みで有名な鹿港です、ランタンは
楽しみですが、街並み観光も楽しみです。

 さらに、日本人技師、磯田謙雄(いそだ・のりお)が台中に建設した巨大な逆サイホン
水管をもって敷設した農業用の水路「白冷[土川]」(はくれいしゅう)も見学の予定で
す。ふるってご応募ください。
                            (日本李登輝友の会事務局)

-----------------------------------------------------------------------------------------
◆日  程:2月5日(日) 羽田を午後の便で出発、台北へ
         6日(月) 平渓線探索、夕方から「天燈祭」
         7日(火) 鹿港で「ランタンフェスティバル」
         8日(水) 台中の「白冷[土川]」見学、夕方便で帰国

◆主  催:日本李登輝友の会

◆定  員:20名(最少催行6名)

◆申込締切:平成24年1月13日(金)*定員に到達次第、締め切ります。

◆手配会社:共栄ツアーズ(東京都知事登録旅行業第3-6208号)

◆宿  泊:5日と6日は台北の緑峯大飯店、7日は台中通豪大飯店を予定。

◆参 加 費:チャイナエア利用(羽田7:20発) ツイン:86,000円  シングル:98,000円
       エバーエア利用(羽田10:45発)  ツイン:90,000円  シングル:102,000円
       現地合流(5日夜合流、8日午後解散) ツイン:38,000円  シングル:50,000円

       *上記参加費には、空港利用税やサーチャージを含みます。

◆申込方法:申し込みフォームか、下記の「申込書」に必要事項を記入し、FAX、メー
       ルにて。

       *パスポートは3ヵ月以上の残余期間[有効期限2012(平成24)年5月8日以
        降]が必要ですので、必ずご確認願います。

       ・申し込みフォーム:http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0109.reg
       ・FAX:03-3868-2101  E-mail:info@ritouki.jp

●お申し込み・お問い合わせ
 日本李登輝友の会事務局:片木、室
 〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
 TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
 E-mail:info@ritouki.jp ホームページ:http://www.ritouki.jp/

 【午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)】

-----------------------------------------------------------------------------------------
「2012天燈祭とランタンフェスティバル・ツアー」お申し込み書
*同時にパスポートのコピーをFAXorメールでお送り願います。

・ご氏名:
・性 別(○で囲む):   男  女
・ご連絡先(TEL):
・参加タイプ(○で囲む):  チャイナエア   エバーエア   現地合流
・宿泊タイプ(○で囲む):  ツイン   シングル
・パスポート番号:
・ローマ字氏名:
・生年月日:        (   歳)
・ご住所: 〒                                ・FAX:
・E-mail:

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【日本李登輝友の会:取り扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

● 月刊「正論」年間購読お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0091.reg

● 伊藤哲夫著『教育勅語の真実』お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0102.reg

● 「ありがとう台湾オリジナルTシャツ」お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0097.reg

● 黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点』お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0095.reg

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 日本李登輝友の会「入会のご案内」

  入会案内 http://www.ritouki.jp/guidance.html
  入会お申し込みフォーム http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0005.reg

-----------------------------------------------------------------------------------------
◆ メールマガジン「日台共栄」

  日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の
  会の活動情報とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

● 発 行:日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
      〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
      TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
      E-mail:info@ritouki.jp ホームページ:http://www.ritouki.jp/

● 事務局:午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2011  Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。