トップ > ニュース&情報 > 国際情勢 > メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



【メルマガ日台共栄】台湾のテレビが報じる本会の署名活動

発行日:12/21

<INDEX>>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  [Vol.1256]
1>>【訂正/再掲載】「平成22年 日台共栄の夕べ」のご案内
2>>(日本語訳付き)台湾のテレビが報じる本会の署名活動
3>>12・18国民大行動の報道動画
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●日本李登輝友の会にご入会を!−NHK問題を解決するためにもぜひお力添えを!

「日本の生命線」である台湾との交流を深める本会活動にご参加いただける方は、ご入会をお願いします。

入会案内 http://www.ritouki.jp/guidance.html
入会お申し込みフォーム http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0005.reg

●ドキュメンタリー映画「台湾人生」のDVDを特価で発売中
 定価4200円→会員頒布価格 3150円(25%割引!)  
一般頒布価格 3,360円(20%割引!)
送料も1枚160円、5枚セットですと無料となり、大変お得です。
さらに当会だけの特典として酒井充子監督からのメッセージカードもついてきます!

http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0064.reg 

日本李登輝友の会 
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp ホームページ http://www.ritouki.jp/

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

1>>【訂正/再掲載】「平成22年 日台共栄の夕べ」のご案内

前号の案内の見出しで「明日」と書きましたが、あくまで23日の誤りですので訂正いたします。


講演は野口健氏「台湾からの再出発─日本の元気を台湾から取り戻す」

■お申し込みはお手軽な下記「お申し込みフォーム」からどうぞ
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0078.reg

中学校の社会科地図帳の誤記訂正に改めて取り組んでいる本年、本会は一方で李登輝学校研修団の2度の派遣や李登輝民主協会との姉妹提携などさまざまな交流活動に取り組んで参りました。

そこで、この1年を振り返ってさらなる飛躍を期し、本年も「日台共栄の夕べ」を開催いたします。

第1部は、月刊「Voice」11月号で李登輝元総統と対談された世界的な登山家で、清掃登山や氷河融解防止、遺骨収集などの活動で知られる野口健氏による講演会、第2部の「大忘年会」では日台交流に尽力される各界からのスピーチや、台湾往復チケットや美味しい台湾名産の果物、すてきな台湾グッズなどが当たる例年大好評の「お楽しみ抽選会」も行います。

会員以外の方でも台湾にご縁のある方々ならどなたでも歓迎です。ご参加の方は準備の都合上、申し込みフォーム、メール、FAXにて事前にお申し込みください。

 平成22年(2010年)10月吉日

                                                                   日本李登輝友の会

                        記

■日 時 平成22年12月23日(祝・火) 午後3時〜(2時30分開場)

■会 場 アルカディア市ヶ谷 3階 富士の間
       〒102-0073 東京都千代田区九段北4-2-25 TEL:03-3261-9921
       【交通】JR・地下鉄「市ヶ谷駅」徒歩3分

  第1部:講 演 会 15:00〜16:30

      野口健氏「台湾からの再出発─日本の元気を台湾から取り戻す」

*野口健(のぐち けん) アルピニスト。1973年8月21日生まれ。37歳。高校時代に故・植村直己氏の著書『青春を山に賭けて』に感銘を受け、登山を始める。1999年、エベレストの登頂に成功し、7大陸最高峰世界最年少登頂記録を25歳で樹立。 また2007年5月にはエベレストを中国側(名称:チョモランマ)から登頂に成功。2000年からはエベレストや富士山での清掃活動を開始。以後、全国の小中学生を主な対象とした「野口健・環境学校」を開校するなど積極的に環境問題への取り組みを行っている。また2007年12月には大分県にて開催された「第1回アジア・太平洋水サミット」の運営委員として「温暖化による氷河の融解」を取り上げる先導役を務め、各国元首級への参加を呼びかけた。現在は、環境問題にとどまらず、第二次世界大戦時の日本兵のご遺骨の収集活動にも積極的に取り組んでいる。2010年2月、台湾の高砂義勇隊記念碑に参拝。同年7月、台湾・桃園にて李登輝元総統と対談(月刊「Voice」11月号掲載)。

  第2部:大忘年会 17:00〜19:00

■参加費 会員:8,000円(学生会員:6,000円) 一般:10,000円
       *参加費は第1部・第2部を含みます。第1部のみ参加は一律1,000円
       *当日入会者も会員扱いと致します。

■申込み お申し込みフォーム、メール、FAXで日本李登輝友の会まで
               お申し込みフォーム:http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0078.reg
        E-mail:info@ritouki.jp
                FAX: 03-3868-2101

■お問い合せ・主催
 日本李登輝友の会[会長 小田村四郎]
 〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
 TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101 E-mail:info@ritouki.jp

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

2>>(日本語訳付き)台湾のテレビが報じる本会の署名活動

前々号でお伝えしたとおり、台湾の宏観テレビが、本会会員などによる社会科教科書問題での街頭署名活動の模様を報道しましたが、その内容の日本語訳を会員の方からいただきましたので、以下に掲載します。

なお映像は下でご覧になれます。

台湾宏観電視僑社新聞
http://web.pts.org.tw/macroview/news/main.php?fZone=22
「街頭連署活動」をクリックしてください。

※また「9・4台湾を中国領とする文科省の社会科教科書検定を許さない日台国民集会」のニュースも見ることができます。 「要求訂正錯誤教科書 」をクリックしてください。

【日本語訳】

メルマガ「台湾の声」、台湾研究フォーラム、日本李登輝友の会など
親台湾派の日本の民間団体が新宿駅前出口に集まり、拡声器、宣伝
ビラ、署名用紙を持ち、日本文部科学省の教科書の中にある、台湾が
中国の一部となっている重大な誤りを譴責し、訂正を呼び掛けた。
「私たちはこうした誤りを許す事は出来ません。よって、日本国民は
立ち上がったのです!大勢の前で署名の呼びかけを続け、10月17日
現在、7千人を超える方々から署名の協力を頂きました。」(主催者)
署名者は、在日台湾人や台湾人観光客も含まれ、在日台湾人の楊宜牧さん
は日本人のこうした行動を見て語る。「とても感動しました。台湾と
日本の関係は過去の歴史的経緯がありますから。彼ら親台湾派の日本人
有志が我々台湾人に替わって立ち上がり、こうした呼びかけをしてくれ
た事に、私はとても感動しました。」
(主催者)「私たちは信じています!台湾と日本は永遠の友人です!
(その関係は)台湾失くして日本なし、日本失くして台湾なしです!」
今年度は、日本の中学生教科書改訂検定の年に当たり、親台湾派の民間
団体は一般市民の協力を得て、中学生教科書の誤りを正す事を希望。
台湾研究フォーラム会長の永山英樹さんはこう語る。
「文部科学省は、中国に迎合して中学生教科書の地図で、台湾を中国
領土と記載し、更には「日本が1945年、台湾を中国に返還した」と
注釈している。文部科学省がこうした捏造行為を繰り返し、台湾と日本
に対して謝罪しないのなら、現在行っている街頭での署名活動を継続
してゆくまでだ。」と。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

3>>12・18国民大行動の報道動画

下はチャンネル桜による12・18「民主党(菅)内閣打倒!皇室冒涜糾弾!尖閣防衛!国民大行動in渋谷」(主催=「頑張れ日本!全国行動委員会」など)の報道動画です。
参加された皆様、お疲れ様でした。これからも頑張りましょう。

1/3【頑張れ日本!】12.18渋谷 国民大行動・リレートーク集会[桜H22/12/20]
http://www.youtube.com/watch?v=ERqhKZRDjIs&feature=player_embedded
2/3【頑張れ日本!】12.18渋谷 国民大行動・デモ行進[桜H22/12/20]
http://www.youtube.com/watch?v=d-yLZLJGCSk&feature=watch_response_rev
3/3【頑張れ日本!】12.18渋谷 国民大行動・街頭宣伝活動[桜H22/12/20]
http://www.youtube.com/watch?v=LF24fBr2bJg&feature=watch_response_rev

| 次の記事>> | 最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


この記事へのコメント

コメントを書く


上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。
コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  1. 鹿嶋市に移住してきて、真っ先に植えたのは、桜、12月23日天皇誕生日には、日の丸をかかげる。  黒ラブ

     2010/12/21

このメルマガもおすすめ

  1. Japan on the Globe 国際派日本人養成講座

    最終発行日:
    2017/05/26
    読者数:
    13244人

    日本に元気と良識を。歴史・文化・政治・外交など、多方面の教養を毎週一話完結型でお届けします。3万8千部突破!

  2. 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

    最終発行日:
    2017/05/30
    読者数:
    24278人

     評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

  3. 頂門の一針

    最終発行日:
    2017/05/30
    読者数:
    5701人

    急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

  4. 甦れ美しい日本

    最終発行日:
    2017/05/26
    読者数:
    7049人

    日本再生のための政治・経済・文化などの発展・再構築を目的とし、メールマガジンの配信を行う

  5. 台湾は日本の生命線!

    最終発行日:
    2017/05/30
    読者数:
    1454人

    中国の軍拡目標はアジア太平洋での覇権確立。そしてその第一段階が台湾併呑。もし我が「不沈空母・台湾」が「中国の空母」と化せば日本は・・・。政府・媒体が敢て語らぬ生命線防衛の重要性を訴える。

発行者プロフィール

日本李登輝友の会

日本李登輝友の会

http://www.ritouki.jp/

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報とともに配信するメールマガジン。

過去の発行記事