国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第1100号】 8月21日(金)、李登輝元総統が語った心の遍歴「台湾大好き!」ビデオ上映会

2009/08/02


>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━━【平成21年(2009年) 8月2日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
           新しい日台交流にあなたの力を!!
<<INDEX>>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  [Vol.1100]
1>> 8月21日(金)、李登輝元総統が語った心の遍歴「台湾大好き!」ビデオ上映会
2>> NHKに巣くう報道テロリスト [伊勢 雅臣]
3>>【読者の声】4・5事件は日本及び日本人に対する犯罪 [谷口 光徳]
4>> 世界遺産:日本人技師建設の台湾ダム、登録目指し署名運動 /石川
--------------------------------------------------------------------------------
■ 放送法改正で受信契約を自由契約にしよう!!【第1期:5月25日〜7月31日】
 http://www.shomei.tv/project-1096.html

■チャンネル桜 YouTube オフィシャルサイト
 http://jp.youtube.com/user/SakuraSoTV
 *NHK問題などに関するチャンネル桜の動画が全て見られます

■ 映画「台湾人生」前売券(ポレポレ東中野)お申し込みフォーム
 http://www.ritouki.jp:80/cgi-bin/enquete/form0046.reg
 *ポレポレ東中野で上映中!(〜8月14日)
 *8月1日から14時55分、16時35分からの2回上映

■ 平野久美子著『台日水的牽絆 識水柔情−鳥居信平的故事』(日文・中文併記)
 http://www.ritouki.jp:80/cgi-bin/enquete/form0049.reg
 *定価:1,200円(送料:160円)*代金:後払い

■「撃論ムック」(「NHKの正体」大特集号)
 http://www.ritouki.jp:80/cgi-bin/enquete/form0050.reg
 *定価:1,200円(送料:160円)*代金:後払い

●本誌は8月3日から5日まで、都合によりお休みします。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 8月21日(金)、李登輝元総統が語った心の遍歴「台湾大好き!」ビデオ上映会

 私たちは、キリストの福音に信じ、祖国日本が素晴らしい国となって、世界に使命を果
たすことを願う者です。

 この会では、CS放映で放映中の番組「生命の光」より、時勢に合わせたテーマを選り
すぐり、皆様にご覧いただいています。

 現在、NHKによる台湾についての偏向番組が問題となっておりますが、李登輝閣下の
ご人格と台湾の真の姿を皆様にお伝えしたく、このたび、「台湾大好き!」というタイト
ルのビデオ上映会を横浜で行うことにいたしました。

 このビデオは、キリストの幕屋の中高生が今年の3月台湾を訪れた際に李登輝閣下が、
その中高生達に向かってされたご講演を中心とした番組です。李登輝閣下がご自分の心の
遍歴を語っておられ、大変貴重な内容です。そこで、このビデオを広く皆さんに見ていた
だきたく、上映会を企画した次第です。

 この会にて、皆様と良き心の交わりが出来れば幸いです。心より、ご来会をお待ちして
おります。

                      記
 
ビデオ「生命の光」をみる会「台湾大好き!─李登輝閣下と幕屋中高生」

■日 時:2009年8月21日(金)午後7時〜

■場 所:かながわ県民センター ホール
     http://www.pref.kanagawa.jp/osirase/02/0051/center/access.html
     電話:045-312-1121(代表)
     【交通】JR・私鉄:横浜駅 西口・きた西口を出て、徒歩およそ5分
         横浜市営地下鉄:横浜駅 地下鉄出口8から、地下街をとおり「中央
         モール」を左折し「北6」出口を出て、徒歩およそ2分

■入場料:無料(先着200名)

■主催・お問い合わせ
 ビデオ「生命の光」上映委員会 村松光有
 TEL・FAX:045-932-9446
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> NHKに巣くう報道テロリスト [伊勢 雅臣]

【8月2日 Japan on the Globe 国際派日本人養成講座】
http://www.melma.com/backnumber_115

■1.「人間動物園」!?■

 ジャーナリストの大高未貴さんは、台湾の教育部原住民教育政策委員・華阿財氏とのイ
ンタビューで、こう質問した。

 (台湾原住民の)パイワン族がロンドンの博覧会に連れていかれ、彼らが人間動物園と
して見せ物にされたとNHKが報じていますが、本当ですか?[1,p36]

 NHKのドキュメンタリー番組『JAPANデビュー』は、台湾の原住民パイワン族が
百年前のロンドンでの日英博覧会に連れて行かれ、戦いの踊りや戦闘のまねごとを披露し、
「人間動物園」と呼ばれて人気を博した、と報じた。大高さんはこれが事実かどうか確か
めるために、台湾にやってきたのだった。

 大高さんが「人間動物園」と口で言っても、華さんは一向に理解できなかったので、メ
モ用紙に「人間動物園」と書いた。

 華さんは目をひんむき、憤激の体で頭を何度も左右に振った。「私は、こういう事を聞
いたことがない!」それから華さんは、こう語った。

 ロンドンに行ったパイワン族の24人は誇りを持って民族の舞踏や戦いの儀式を披露しま
した。滞在が1年4カ月にも及んだので恋も生まれ、結婚式もあった。イギリス人との友情
も深まり、その後、イギリス人学者二人が部落を訪れ、25日間も滞在し、相互交流を深め
ました。その時、イギリス人がパイワン族に英語の歌を教えてくれ、いまでも部落に伝承
されています。

 華さんは「私は英語下手ですけど」と照れ笑いしながら、その英語の歌を二度も披露し
てくれた。

 別の資料によれば、この日英博覧会では、京都の大相撲の一団や綿花農家も参加し、相
撲や伝統技術を披露したという。今日でもよく行われる民族文化の実演である。

 これを『JAPANデビュー』は、台湾原住民を差別した「人間動物園」と報道したの
だった。華さんはパイワン族の代表として、民族の名誉を汚された事に対して、NHKへ
の抗議文を書いているという。

■2.「台湾人は豚のシッポを食うのか」■

 『JAPANデビュー』のインタビューに登場した柯徳三さんも、実際の報道ぶりに仰
天し、怒り心頭に発した一人である。柯徳三さんは、濱崎ディレクター以下NHKスタッ
フを自宅に招き、朝9時から昼食を挟んで夕方までインタビューに応じた。 [1,p30]

 日本統治時代の良い部分も悪い部分も公平に話したという。特に教育やインフラ整備な
どの良かった点については、時間をかけて説明した。[a,b]

 しかも、柯さんは濱崎ディレクターに対して、「日本人に対してこれを発表したら悪く
思うような箇所があれば、削っても構わないよ」と言った。しかし、削られたのは、時間
をかけて説明した良かった点の方で、紹介されたのは次のようなエピソードだった。

 豚肉の角煮(ローバ)を弁当に持っていくと、笑われるんだ。台湾人は豚のシッポを食
うのかと騒ぎ立てる。だから家に帰って母に文句言った。おかずを日本式にしてくれ、卵
焼きとたらことかと。母も随分苦労した。さくら干しとか、みりん干しとか。そうしたら
弁当の蓋を堂々と開けられる。[1,p24]

 この話が、日本統治下で台湾人が「差別」「弾圧」されていた実例として紹介されたの
である。

■3.日本式の貧乏臭い食事■

 しかし、これは「恨み言」ではなく、台湾人の誇りをユーモラスに語った話なのだ、と
メールマガジン『台湾の声』編集長・林建良さんは明かしている。

 「ローバ」「豚のシッポ」とは台湾料理で一番おいしいとされる高級料理だ。それを弁
当に入れるのは豊かな上流家庭の子供だけだ。一方、玉子焼きというのは、台湾では貧し
い家庭の料理である。・・・

 要するに柯徳三さんは、貧乏臭い弁当を母親に頼み、「苦労」させたと語ったのだ。だ
からそのとき、周りにいる台湾人は笑っていた。

 だがインタビューを行った濱崎憲一ディレクターはそれがわからなかった。日本の植民
統治下における「差別」「弾圧」のネタを探すのに急だった彼は、大喜びでこのエピソー
ドに食らい付いたのではないか。[1,p24]

 他民族の食事について違和感を持つ事はよくあることである。たとえば、フランス人が
カエルやカタツムリを食べるのは他国民には容易にはなじめない食習慣である。そして子
供なら、それをからかったりもするだろう。しかし、この程度の事をもって「差別」と言
うのは、なんとも苦し紛れの報道である。

 真に日本統治の功罪を問うなら、日本人の子供と台湾人の子供が同じ学校に通っていた
という教育政策、そして台湾人のなかには日本人よりも贅沢な弁当を持ってくる家があっ
たという経済事情の方を考えるべきではないか。

■4.「日台戦争」!?■

 柯さんは『JAPANデビュー』の次のようなナレーションにも怒りをぶつけた。[1,p40]

 漢民族としての伝統や誇りを持つ台湾人が、日本の支配に対して激しい抵抗運動を起こ
したのです。武力で制圧しようとする日本軍に対し、台湾人の抵抗は激しさを増していき
ます。戦いは全土に拡がり、後に日台戦争と呼ばれる規模に拡大していきます。

 「日台戦争」という表現には、誰でも驚かされる。柯さんもこう怒った。

 思いもよらない言葉ですよ。まったく聞いたことがない。日本と台湾がどこで戦争やっ
たんだ![1,p31]

 清国は台湾を割譲したが、一部の抵抗勢力を放置していったために、日本軍は掃討戦を
行った。一方、台湾人の有力者や商人などは、治安回復のために日本軍の台北入城や台南
入城を要望した。これを勝手に「戦争」と呼ぶのは、歴史学や政治学の常識を無視した歪
曲である。

 続いて「漢民族としての伝統や誇りを持つ台湾人」という歴史認識については、柯さん
は顔を赤らめて、台湾人は漢民族ではない!医師である柯さんは様々な遺伝子学的根拠を
挙げて、NHKの歴史認識の誤りを示した。

■5.「あんた、中共の息がかかっているんだろう」■

 柯さんは『JAPANデビュー』を見た後、濱崎ディレクターに抗議の電話をした。

 私は濱崎さんに言うたんだ。あんた、中共の息がかかっているんだろう。私が聞くとこ
ろによると、朝日新聞とNHKは、北京に呼ばれてチヤホヤされて、貢物をもっていった
んだろう。[1,p34]

 これに対して、濱崎ディレクターは「いや、先生、それは違います。我々にたくさん視
聴者から評価する声が、FAXや手紙で来ています」と言って、それらをFAXで送って
きた。しかし、その後、濱崎ディレクターは柯さんに電話をしてきて、「さっきのFAX
は柯さんだけに留めてほしい」と頼んだという。

 この時、すでに番組のあまりの偏向ぶりに怒った人々の批判が全国からNHKに寄せら
れ、大問題に発展しつつあった。濱崎ディレクターは、柯さんの怒りを静めるために、視
聴者の評価する声だけをとりあげたFAXを送ったのだが、その後、これがまた番組の偏
向に抗議する人々の手に渡れば火に油を注ぐ、と考え直したのであろう。姑息な手を使う
人物ではある。

■6.「人をばかにしているんだ」■

 もう一人、『JAPANデビュー』では、教育勅語を暗唱し、「人をばかにしているん
だ、日本は!」と語った老人が登場する。

 番組の検証を行うために訪台したジャーナリスト井上和彦氏は、日本統治時代を知る親
日老人たちの憩いの場となっている台北市の龍山時で、この老人に偶然出くわした。

 井上氏が話を聞いてみると、この老人が言いたかったのは「我々台湾人は、命をかけて
日本のために戦った。にもかかわらず、戦後日本は、台湾の主権を放棄してしまった。だ
から台湾はみなし子になったではないか」ということだった。

 「人をばかにしている」のは、台湾を見捨てた戦後の日本であり、台湾を統治していた
戦前の日本ではない。

 龍山寺前の公園には大道芸人も数多く、彼らは戦前の日本の 軍歌や唱歌などを演奏し
て年配者の喝采を浴びていた。取材中の井上氏を取り囲んだ群衆は、軍歌『暁に祈る』の
大合唱で歓迎してくれたという。

 おそらく、濱崎ディレクターらNHKの取材陣も、同様の光景を見たはずである。そし
て、この老人に出くわして、その話を聞きながら、片言を切り取って、さも戦前の日本に
対する批判のように加工したのである。

 これは偏向というより、確信犯的な捏造報道である。「人をばかにしている」のは、濱
崎ディレクターではないか。

■7.台湾と日本で沸き起こる抗議行動、集団訴訟■

 こうした日本語世代の人々が集まって、5月16日、台北のNHK支局にデモ抗議をしか
けた。次のような声があがった。

 NHKは台湾の人の言うことを非常に歪曲し、それから捏造した。これに対して我々日
本語族は非常に怒りを感じるのです(『素晴らしかった日本の先生とその教育』の著者・
楊應吟氏)[1,p18]

 日本国内においても、1500人もの抗議デモ隊がNHKを3回にわたって取り巻いた。そ
の後も全国各地で抗議デモが繰り広げられている[2]。

 さらに1万人近くの原告が集まって、NHKへの集団訴訟がなされ、今もその人数は増
え続けている[3]。放送法第3条3項には「報道は事実をまげないですること」とあるが、
本稿で紹介した台湾の人々のインタビュー内容を恣意的に編集したことで、この条項に抵
触している疑いは濃厚である。

 また「公共放送のあり方について考える議員の会」が発足し、6月11日の設立総会では
約60人の国会議員が参加した。

 例によって、こうした動きは、産経新聞や週刊新潮以外のマス・メディアでは目立った
報道がされていないが、インターネットが普及して草の根の情報伝達が広まった現代にお
いては、以前のように大手報道機関が頬被りを決め込められる時代ではない。これは戦後
最大級の偏向マスコミへの批判行動であろう。

■8.中国共産党中央宣伝部「抗日戦争の研究強化呼びかけ」■

 柯徳三さんの「あんた、中共の息がかかっているんだろう」という言葉は、根拠なき罵
倒ではない。「漢民族としての伝統や誇りを持つ台湾人が、日本の植民地支配によって差
別された」という視点は、中国の主張そのものである。

 この点については傍証もある。中国共産党中央宣伝部の責任者・李長春は、4年前、
「抗日戦争の研究強化呼びかけ」の演説を行っている。そこにはこうある。 [1,p161]

 日本が中国とアジア太平洋各国を侵略した歴史を深く研究し、日本軍国主義の残虐行為
を明らかにし、右翼勢力の歴史をねじ曲げ、侵略を美化するでたらめな論調を暴かなけれ
ばならない。

 日本による植民地支配に抵抗した台湾人民の戦いの歴史を深く研究し、「台湾独立」と
日本軍国主義の歴史的根源を明らかにし、祖国平和統一を促進しなければならない。

 『JAPANデビュー』の企画提出から制作決定、制作期間を考慮すると、4年前のこ
の「指示」と時期的にぴったり一致する、というのが、チャンネル桜の水島総氏の見解で
ある。

 台湾併合を狙う中国にとって、日台友好関係こそ目の上のたんこぶだ。そして日台を離
間させてから台湾を併合し、西太平洋を「中国の海」とすれば、自ずから日本も属国とな
り、その技術力・経済力を自由に搾取できるようになる。これが中国の戦略である。

■9.我が国の自由民主主義が脅かされている■

 『JAPANデビュー』が、中国共産党中央宣伝部の「指示」に従ったものか、あるい
は自主的にその意向に沿ったものである事は疑いようがない。NHKには、日本国民から
集めた金を使って日本の国益を害し、他国のために捏造報道を行う報道テロリストが巣く
っているのである。

 放送法第3条に定められている「政治的に公平であること」「報道は事実をまげないで
すること」「意見が対立している問題については、できるだけ多くの角度から論点を明ら
かにすること」は、自由民主主義社会において国民が正しい判断をするために必要不可欠
な基盤である。

 意図的な捏造報道で事実を曲げ、視聴者を特定の方向に洗脳することは、中国の常套手
段であり[c,d]、それをNHK内部に巣くった手先が日本国内で展開することは、我が国
の自由民主主義体制に対する重大な挑戦である。

 NHKへの集団訴訟は、我が国の自由民主主義の基盤を守るための戦いである、と言
える。

                               (文責:伊勢雅臣)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3>>【読者の声】4・5事件は日本及び日本人に対する犯罪 [谷口 光徳]

 日本テレビの日曜日「真相報道バン記者」番組で誤報があった。これに対して、事態を
重視したとする放送倫理委員会が誤報にいたる経緯を検証する番組を作成するように求め
た。

 事実は、一介のディレクターが垂れ込みを信じてその内容が面白かったので、裏づけを
取らずにそのまま放送しただけで、単なる1ディレクターの職務怠慢だったにすぎない。
検証番組の制作命令などと大騒ぎするほどのことではあるまいと思います。日本テレビが
よくある間違いですとして謝罪すればいい話である。

 それよりも日本の国家として重大な「4・5事件」がある。いうまでもなくNHKの捏造
番組である。

 日本の台湾統治を全面的に否定する中国政府の意向に沿った反日政治番組であり、これ
に対してNHKは問題に対して討論にも応じず、番組はおかしいのではないかとの原告80
00名を超える集団訴訟を受けている。これらの事実は民放各局が報道していない。

 アサヒビール出身のNHK会長は番組をみたあとで問題なしと発言した。彼は後藤新平、
新渡戸稲造、児玉源太郎という人物を知らず、ましてや台湾現地住民の尊敬を集める八田
與一その他の台湾開発に汗を流した多くの日本人や、世界中が注目(監視)するうちに行
われた日本の植民地経営の実態はまったく知らないだろう。

 ビール会社の社長ならそれですむかもしれないが、番組をみたあとでNHK会長として
問題なし発言をするならば日本の植民地経営の実態ぐらいは知ってからにすべきであろう。

 中国大陸に展開するアサヒビールの商権を守るための発言であろうことは明白であり、
日本国、明治の先達の名誉はどう考えるか、

 私の手元に東京帝大教授、矢内原忠雄博士の名著『殖民及植民政策』があります。昭和
10年第五版です。世界に冠たる日本の台湾統治は何者もこれを学問的に否定することはで
きない。

 NHKの引き起こした4・5事件は日本及び日本人に対する犯罪とも考えられるもので
ある。

 私の知人で私の活動に対して関わりたくないというものがいた。NHKに対する抗議に
自分は関心がないからとして、日本人として関わらなくていいのでしょうか。

 保守イコール右翼、右翼イコール暴力団は左翼の宣伝にすぎない。日本は悪かったとの
結論から物事を解釈するのはやめて、事実から物事を解釈すべきだと思いますが、いかが
でしょうか。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
4>> 世界遺産:日本人技師建設の台湾ダム、登録目指し署名運動 /石川

【8月1日 毎日新聞】
http://mainichi.jp/area/ishikawa/news/20090801ddlk17040658000c.html

◇小学校から広げ、日本にも協力求める

 【台南県(台湾南部)大谷麻由美】金沢出身の水利技師、八田与一氏(1886〜1942年)
が日本統治時代の台湾で建設した「烏山頭ダム」を世界遺産に登録しようと、ダムのある
台南県で署名運動が続けられている。

 署名運動は台湾大学や台南芸術大学など約20団体からなる推進連盟が始めた。台湾は国
連とユネスコ(国連教育科学文化機関)にも加盟していないため単独で世界遺産への登録
申請はできない。このため地元を皮切りに台湾島内で30万人を目標に署名を集め、運動を
盛り上げ、日本にも協力を求める考えだ。

 ダムに近い台南県六甲郷の嘉南小学校でも、署名運動が続いている。嘉南小はもともと、
ダム建設のため台湾に来た日本人技術者らの子供たちのために建てられた。このほど来校
した地元在住の黄崑虎さんは、現在在籍する児童らに八田技師の生涯について説明し、協
力を呼びかけた。黄さんは「ダムとゆかりのある小学校から署名を広げていき、台湾と日
本を結ぶ八田技師の功績を一つの形にしたい」と話している。

 烏山頭ダムは当時、アジア一の規模を誇り、ダムと網の目に広がった給排水路のかんが
い施設は干ばつに悩む嘉南平野を台湾最大の穀倉地帯に変え、農業文化を発展させた。現
在も飲料水、農業用水、工業用水の供給源となっている。

 台湾人と日本人の分け隔てなく面倒を見た八田技師は今も「台湾農業の恩人」と敬愛さ
れており、地元の小学校教科書にも紹介されている。

■ことば

◇1920年に着工
 烏山頭ダムは台南県官田郷嘉南村にあり、ダム湖はその形から「珊瑚〓(さんごたん)」
と呼ばれる。1920年に着工し30年に完成した。総工費5413万円。堤の長さ1273メートル、
給排水路の総延長は約1万6000キロに及ぶ。八田技師は1942年、フィリピンに向かう船上
で米軍の攻撃を受け死亡した。台湾に残った夫人は終戦後の45年9月、夫が築いたダム放
水口に身を投げて夫の後を追った。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ NHK「JAPANデビュー」問題:抗議先

・NHK「ジャパン・プロジェクト」の濱崎憲一ディレクター
 TEL:03-3465-1111
・NHK視聴者コールセンター
 TEL:0570-066066 FAX:03-5453-4000
 メール:http://www.nhk.or.jp/special/
・NHKスペシャル「感想・問い合わせ」
 https://www.nhk.or.jp/special/contact/index.html
・放送倫理・番組向上機構(BPO)
 TEL:03-5212−7333 FAX:03−5212−7330
 https://www.bpo.gr.jp/audience/send/form.html(ご意見送信フォーム)
・総務省(放送政策課直通)
 TEL:03-5253-5776 FAX:03-5253-5779
 メール:https://www.soumu.go.jp/common/opinions.html
--------------------------------------------------------------------------------
●日本李登輝友の会にご入会を!─NHK問題を解決するためにも

 NHK「JAPANデビュー」問題が起こってから、日本李登輝友の会に入会される方
 が増えています。この問題の解決のために本会をご支援いただける方は、ぜひご入会を
 お願いします。下記の「入会お申し込みフォーム」からですと、手軽にお申し込みでき
 ます。「入会案内」はホームページをご覧ください。   (日本李登輝友の会事務局)

■入会お申し込みフォーム http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0005.reg

■入会案内 http://www.ritouki.jp/guidance.html

●「日台交流基金」にご協力を!

1口=2,000円(5万円以上の篤志者の方には特典があります)

☆郵便局
【加入者名】日本李登輝友の会 【口座番号】00110−4−609117

・通信欄に「基金」とお書き添えください。
・一般の方は、郵便局備え付けの「郵便払込取扱票」をお使いください。
・会員の方は、機関誌『日台共栄』に添付の郵便払込取扱票をお使いください。

☆郵便貯金口座
【記号−番号】10180−95214171 【口座名】日本李登輝友の会

☆銀行
【みずほ銀行】
本郷支店 普通:2750564 日本李登輝友の会事務局長 柚原正敬
【三菱東京UFJ銀行】
本郷支店 普通:0012742 日本李登輝友の会事務局長 柚原正敬
【ゆうちょ銀行】
〇一九(ゼロイチキュウ)店 当座:0609117 ニホンリトウキトモノカイ

*郵便貯金口座と銀行からお振り込みのご注意
・一般の方の場合、振込人名しかわかりませんので、礼状はお出しできないことをご了承
 ください。
・会員の方は、お名前の前に必ず会員番号をご記入ください。
--------------------------------------------------------------------------------
日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の
活動情報とともに配信するメールマガジン。日本李登輝友の会の公式メルマガです。
●マガジン名:メルマガ「日台共栄」
●発   行:日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
●編集発行人:柚原正敬
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2009 Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 下津井よいとこ2009/08/04

    (高雄ワールドゲームズの成功をお祝い申し上げます)

    七月後半に台湾国高雄市で行われていた高雄ワールドゲームズは成功裡に終了しました。台湾国内だけでなく、外国からの参観者からも大変好評であったようです。台湾が秩序正しい国であることを更めて世界に示した他、開会式等を通じて台湾の文化を発信することも出来たようです。本当に良かったと思います。

  • 下津井よいとこ2009/08/04

    (麻生内閣総理大臣は靖国神社に堂々と参拝せよ)

      国のため尊い命を捧げた英霊に感謝の誠を捧げることは、国民の義務でありますが、近年は内閣総理大臣の靖国神社参拝は行われていません。靖国神社に理解の深い麻生総理には 、この現状を打破して頂きたいと思います。

      外交防衛は勿論のこと、内政に関しても、政策の遂行には、意思、気概が必要です。麻生総理には、是非とも靖国神社に参拝することによって、国を守る意思と気概を示して欲しいと思います。

  • 下津井よいとこ2009/08/04

    (自民党は「集団的自衛権」で論戦をリードせよ)

      自民党の政権公約は、もう一押しして欲しかったと云う気もしますが、それでも外交や安全保障、教育、自主憲法制定を大きく取り扱っている点は良かったと思います。自民党は如何にして国家を守るのか、どのような点で民主党は危険であるのかを十分訴えて欲しいと思います。

      

      自民党が国家の基本政策を訴える場合、左翼の批判を招くこともあるかと思いますが、全く気にする必要はありません。マスメディアや「知識人」を除き、一般有権者には、左翼の主張を支持している人は、少数しかいません。寧ろ、左翼が騒いで呉れるほうが、自民党の主張が、より浮き彫りになって、有権者の耳に届き易くなると思います。今迄、自民党は、左翼の批判を恐れて萎縮していたところがあったと思います。自民党の党勢が弱まった一因は、そこにあるのではないかと思います。

      

      選挙に際しては、各領域に関して政策を訴えねばなりませんが、特に何か或る課題に重点をおく必要もあります(アジェンダセッティング)。自民党の今回の政権公約では、集団的自衛権に関する事項も含まれており、これには大きな意味があると思います。国家固有の権利として集団的自衛権は保持しているものの、その行使は封印すると云う、現在の歪んだ防衛のあり方に終止符を打つことによって、日米同盟を双務的なものにして、より実効性を強めていかなければなりません。この問題に関しては、未だ有権者皆が必ずしも十分認識しているとは限らず、今回の選挙を機に有権者の意識を喚起することが求められます。

      自民党が集団的自衛権に関して論戦をリードすることを望みたいと思います。