国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第930号】 12月23日(祝)、渡辺利夫拓大学長を講師に「日台共栄の夕べ」【締切:12月18日】

2008/12/17


>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━【平成20年(2008年) 12月17日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
            新しい日台交流にあなたの力を!!
<<INDEX>>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  [Vol.930]
1>> 12月23日(祝)、渡辺利夫拓大学長を講師に「日台共栄の夕べ」【締切:12月18日】
2>>【長崎県知事問題】台湾正名推進本部が再び広報広聴課に「HP記事訂正のお願い」
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 12月23日(祝)、渡辺利夫拓大学長を講師に「日台共栄の夕べ」【締切:12月18日】
   馮寄台代表、花田紀凱「WiLL」編集長、花岡信昭氏なども参加

 李登輝前総統が沖縄を訪問された本年、日本李登輝友の会は歓迎活動や李登輝学校研修
団の派遣などさまざまな交流活動に取り組んで参りました。そこで、この1年を振り返っ
てさらなる飛躍を期し、12月23日の天皇誕生日の佳日に、本年も恒例の「日台共栄の夕べ」
を開催いたします。

 第1部は、本年、『新脱亜論』や岡崎久彦・本会副会長との共著『中国は歴史に復讐され
る』を上梓し、日本にアジア戦略の変更を迫り、中国の台湾統合に異を唱える拓殖大学学
長の渡辺利夫(わたなべ・としお)先生の講演会と、映画「逍遥日記」のダイジェスト版
の上映と酒井充子(さかい・あつこ)監督のお話。第2部の「大忘年会」では日台交流に
尽力される各界の方々からのスピーチや、航空券や鉄道弁当などすてきな台湾グッツが当
たる例年大好評の「お楽しみ抽選会」も行います。

 会員以外の方でも台湾にご縁のある方々ならどなたでも歓迎です。ご参加の方は準備の
都合上、HPのお申し込みフォーム、FAX、メールにて事前にお申し込みください。

 平成20年11月吉日

                        日本李登輝友の会会長 小田村四郎

                    記

■日 時:平成20年12月23日(祝・火) 午後2時半〜(2時開場)

■会 場:アルカディア市ヶ谷
     〒102-0073 東京都千代田区九段北4-2-25 TEL:03-3261-9921
     http://www.jps.gr.jp/news/20020411map.htm
     【交通】JR総武線・市ヶ谷駅 徒歩2分
         地下鉄有楽町線・南北線・市ヶ谷駅(A1-1)出口 徒歩2分
         地下鉄新宿線・市ヶ谷駅(A1-1、A4)出口 徒歩2分

 第1部:講演 渡辺利夫先生「いまなぜ脱亜論か」
     映画「逍遥日記」ダイジェスト版の上映と酒井充子監督のお話
     2時30分〜4時30分 3F 富士の間

 第2部:大忘年会(各界スピーチ、お楽しみ抽選会など)
     5時〜7時 3F 富士の間

■参加費:会員:8,000円(学生会員:6,000円) 一般:10,000円
     *参加費は第1部・第2部を含みます。第1部のみ参加は一律1,000円
     *当日入会者も会員扱いと致します。

■申込み:お申し込みフォーム:http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0033.reg
     FAX:03-5211-8810
     E-mail:info@ritouki.jp

■締 切:12月18日(木)

■お問い合せ・主催
 日本李登輝友の会
 〒102-0075 東京都千代田区三番町7-5-104号
 TEL 03-5211-8838 FAX 03-5211-8810
 E-mail:info@ritouki.jp ホームページ:http://www.ritouki.jp/
--------------------------------------------------------------------------------
■「平成20年 日台共栄の夕べ」申込書(いずれかに○をつけて下さい)

ご氏名:            (会員・一般)
電話:

講演会:ご出席・ご欠席   懇親会:ご出席・ご欠席

*会員の方及び会員希望の方は会員種別に○をつけてください。
 賛助(04) 正(03) 普通(02) 学生(01)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>>【長崎県知事問題】台湾正名推進本部が再び広報広聴課に「HP記事訂正のお願い」

≪転送歓迎≫

 日本李登輝友の会・台湾正名推進本部は去る10月31日、金子原二郎・長崎県知事の「台
湾は中国の一地方政府」という事実誤認発言について、その記者会見を掲載したホームペ
ージを管理する長崎県広報広聴課に対して「HP記事訂正のお願い」を送達した。だが、
返答はなかった。

 そこで、改めて昨12月16日、台湾正名推進本部でこの問題を担当する片木裕一の名前を
添えて「HP記事訂正のお願い─嘘の上塗りは重大責任問題です!」を送達、ホームペー
ジにおける知事発言の訂正か削除を求めた。

 この「お願い」でも記したように、事実誤認の発言に基づく記載を「広報」し、県民、
国民の閲覧に供して誤情報の押し付け、しかも修正を拒み続ける広報広聴課の責任は重大
である。

 すでに11月4日、担当の国際課長が金子知事の言い間違いであることを認め「金子知事
は台湾を中国の一地方とは思っていない。誤解のないように訂正する」と約束したのであ
るから、広報広聴課はそれにしたがって粛々と訂正に応ずればよいだけなのである。改め
て本誌読者のご協力をお願いします。                  (編集部)

■長崎県広報公聴課
 広報班 TEL:095-895-2023 FAX:095-828-7665
 E-mail:s00730@pref.nagasaki.lg.jp
--------------------------------------------------------------------------------
長崎県広報広聴課御中

HP記事訂正のお願い─嘘の上塗りは重大責任問題です!

 貴課の管理される長崎県の公式HPでの「知事記者会見」のページにある平成20年9月
12日(金)の「8.台北駐福岡経済文化弁事処長の表敬訪問への対応について」での金子原
二郎知事の発言に重大な事実誤認があります。

 それは10月31日付の「HP記事訂正のお願い」でも記しました、「日本国も、中国は一
つですということになっているんですよね。ですから、台湾は一地方政府です、自治体で
すということになっているんですよ。それは私たちもそれを認めているし、国も認めてい
る」という部分です。

 重ねて指摘いたします、「台湾は中国の一地方政府」とは台湾併合(侵略)を正当化す
るための中国の政治宣伝に過ぎず、事実ではありません。それを「国も認めている」と言
うのも事実ではありません。

 ところが先般、HPではわざわざこの部分に関し次のような注釈説明を加え、発言を正
当化しています。

「台湾に関する県の認識は、日本政府の見解と相違なく、台湾を『地域』としてとらえ、
『国』ではないという趣旨で発言したものです。一般的に『地域』は自治体、地方政府と
ほぼ同義で使われることが多いことからの表現ですが、ここでの使い方としては誤解を招
きかねないものであり、今後十分留意することとします」

 確かに日本政府が台湾に関して使う「地域」とは「国ではない」と言う意味ですが、断
じてHPで書かれているような「自治体・地方政府」の意味ではありません。

 日本政府の見解に従えば、台湾は「中国の一地方政府」ではありません。知事の「台湾
は中国の一地方政府」という発言を「政府の見解と相違ない」とするのは、嘘の上塗りに
他なりません。

 このような記載を「広報」し、県民、国民の閲覧に供して誤情報の押し付け、しかも修
正を拒み続ける広報広聴課の責任は重大です。

 たった一人でも、これを読んで誤った情報を鵜呑みにする人がいれば、責任の取りよう
もありません。このことをしっかりと認識し、ただちにこの知事の発言を訂正、あるいは
削除してください。

日本李登輝友の会・台湾正名推進本部(長崎県誤報問題担当 片木 裕一)
12月16日
〒102-0075 東京都千代田区三番町7-5-104号
TEL:03-5211-8838 FAX:03-5211-8810
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ http://www.ritouki.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●日本李登輝友の会へのご入会−入会申し込みフォームをお使いください
 本会へのご入会申し込みフォームをホームページに設けています。これでお手軽にご入
 会申し込みができますのでご利用ください。

 ■ご入会申し込み http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0005.reg

●本誌が届かなくなった方は【解除→再登録】の手続きを
 本誌がいつの間にか届かなくなっていたという方が少なくありません。通常は週に3回
 以上発行しています。購読を解除したわけでもないのに届かなくなったという場合は、
 いったん購読を解除し、それから再登録をお願いします。

1)解除手続き http://melma.com/contents/taikai/
  「メールマガジン日台共栄」のマガジンIDは「00100557」
2)メルマ!事務局から「メールマガジン解除完了のお知らせ」が届く。
3)本会ホームページのメールマガジン欄「購読お申し込み」から申し込む。
  ホームページ:http://www.ritouki.jp/
4)メルマ!事務局から本登録を完了させる「メールマガジン登録のご確認」が届く。
5)本登録。
6)メルマ!事務局から「メールマガジン登録完了のお知らせ」が届いて完了!
--------------------------------------------------------------------------------
日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の
活動情報とともに配信するメールマガジン。
●マガジン名:メルマガ「日台共栄」
●発   行:日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
●編集発行人:柚原正敬
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2007 Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。