国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第919号】 長崎県議会に「日台友好議員懇話会」設立の動き

2008/12/04


>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━【平成20年(2008年) 12月4日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
           新しい日台交流にあなたの力を!!
<<INDEX>>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  [Vol.919]
1>> 長崎県議会に「日台友好議員懇話会」設立の動き
2>> 台湾の人気映画 中国で公開延期 「親日的内容」理由に?
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 長崎県議会に「日台友好議員懇話会」設立の動き
   議連設立を進めている県議会議員にエールを!

 台湾は中国の「一地方政府」「自治体」「一つの地方機関」などと、日本政府の見解と
異なる発言をして物議を醸し、未だに発言の撤回も訂正もしていない金子原二郎知事の長
崎県議会に、台湾との友好促進を目的とする「日台友好議員懇話会」(仮称)が設立され
る動きがあることを昨日の読売新聞が伝えている。

 設立準備を進める県議の一人は、「中国と付き合うから台湾とは付き合えないというの
はおかしい。日中友好と日台友好は両立する。懇話会設立の機運は、中国一辺倒で台湾を
ないがしろにする金子知事や県への憂慮が背景にある」(野口健司議員)と話していると
いう。

 まさに正論である。

 今年も間もなく台湾では「天皇誕生日祝賀会」が開かれる。毎年、黄昭堂氏や蔡焜燦氏
など、日本でもよく知られた方々も出席する。昨年は李登輝元総統も出席されている。黄
昭堂氏などは「祝 天長節」と揮毫の立て札を立てたお祝いの生花を贈り続けている。

 本誌ではこの「天皇誕生日祝賀会」の意義を何度も繰り返して伝えてきた。「天皇誕生
日祝賀会」は、日本の在外公館が日本のナショナルデーとしての天皇誕生日に、その国の
政財界などの要人を招いて開催するその年最大のイベントだ。

 世界のナショナルデーは、多くは独立記念日や建国記念日としている。王制をとるイギ
リスやオランダでは女王誕生日とし、タイでは国王誕生日、日本では天皇誕生日だ。中華
人民共和国は毛沢東が天安門楼上で中華人民共和国の成立を宣言した10月1日の国慶節を
ナショナルデーとしている。

 台湾では5年前の平成15年(2003年)12月12日から毎年「天皇誕生日祝賀会」が開かれ
ている。もちろん、日本が中華人民共和国と国交を樹立して以降は彼の地でも開かれて
いる。つまり、台湾と中国で別々に開かれているのである。

 確かに日本は台湾との関係を「非政府間の実務関係」と位置づけているが、この「天皇
誕生日祝賀会」で明らかなように、すでに日本は台湾と中国を別々に取り扱っているので
ある。観光客のノービザ措置でも、台湾からの観光客はノービザとし、中国には未だにノ
ービザ措置を取っていない。

 だから「中国と付き合うから台湾とは付き合えないというのはおかしい」のである。誤
った台湾・中国観に囚われる金子知事を覚醒させ、長崎県民に正論を訴えるためにも「日
台友好議員懇話会」の設立を心から期待したい。

 本誌読者からも、読売の記事に出てくる勇気ある宮内雪夫議員と野口健司議員の2人の
県議にエールを送っていただきたい。また、お二人が所属する自由民主党長崎県支部連合
会にもエールをお願いします。

                    (メルマガ「日台共栄」編集長 柚原 正敬)

長崎県議会「日台友好議員懇話会」設立にエールを!

■宮内雪夫議員 当選10回(自由民主党・県民会議)
 〒857-0863 佐世保市三浦町8番7号 電話 0956(23)2472

■野口健司議員 当選3回(自由民主党・県民会議)
 〒856-0024 大村市諏訪1丁目80番地1 電話 0957(54)8835

■自由民主党長崎県支部連合会
 http://www.jimin-nagasaki.jp/opinion/index.html
--------------------------------------------------------------------------------
超党派県議 台湾と友好図る懇話会設立の動き
【12月4日 読売新聞 長崎版】

 県議会の超党派の議員が台湾との友好促進を目的とする「日台友好議員懇話会」(仮称)
の設立準備を進めていることがわかった。台湾を巡っては、県が「深い友好関係にある中
国に配慮した」として、台湾当局者の訪問を拒否したり、金子知事が「台湾は中国の一地
方政府」と述べて物議を醸したりしており、議員からは「中国だけでなく、台湾とのきず
なも大切にすべき」との意見が出ている。

 関係者によると、自民党・県民会議など超党派の議員らで発起人会を予定。それ以外の
議員にも入会を呼びかけるという。

 宮内雪夫議員(自民党・県民会議)は「観光などの面で、台湾は日本にとって大切な存在。福岡、宮崎県など、知事がトップセールスで農産物などをPRしている。後れを取っ
てはいけない」と指摘。野口健司議員(同)も「中国と付き合うから台湾とは付き合えな
いというのはおかしい。日中友好と日台友好は両立する。懇話会設立の機運は、中国一辺
倒で台湾をないがしろにする金子知事や県への憂慮が背景にある」と語った。

 ただ、同党議員によると、「知事の姿勢に配慮したい」という議員もいるため、「会の
設立は一筋縄ではいかないかも知れない」との声もある。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 台湾の人気映画 中国で公開延期 「親日的内容」理由に?

【12月4日 西日本新聞】

 【台北3日小山田昌生】台湾映画史上最大のヒットとなっている「海角7号」(魏徳聖
監督)の中国での公開が、当初予定されていた今月下旬から突然延期されることになった。
中国側は「(中国で使われる簡体字の)字幕などの技術的問題」を理由に挙げているが、
台湾メディアは「親日的な内容が(中国人の)民族感情を刺激するからではないか」と伝
えている。

 「海角7号」は、1945年の終戦当時と現代の日台カップルの恋を描いた映画で、台湾で
は今年8月からロングラン上映が続いている。

 11月上旬に中国の対台湾窓口機関、海峡両岸関係協会トップの陳雲林会長が訪台した際
も同映画を鑑賞した。台湾紙・聯合報は消息筋の話として、陳会長が同月下旬に北京で開
かれた台湾関連の座談会で、同映画について「(日本統治下の)皇民化の影響を受けてい
る」と指摘したと報じた。

 これについて、魏監督は「この作品は愛情や夢を描いたもので、政治的に解釈されるこ
とは望まない」と話している。

 同映画は日本でも上映されることが固まったが、公開日程は未定。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●日本李登輝友の会へのご入会−入会申し込みフォームをお使いください
 本会へのご入会申し込みフォームをホームページに設けています。これでお手軽にご入
 会申し込みができますのでご利用ください。

 ■ご入会申し込み http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0005.reg

●本誌が届かなくなった方は【解除→再登録】の手続きを
 本誌がいつの間にか届かなくなっていたという方が少なくありません。通常は週に3回
 以上発行しています。購読を解除したわけでもないのに届かなくなったという場合は、
 いったん購読を解除し、それから再登録をお願いします。

1)解除手続き http://melma.com/contents/taikai/
  「メールマガジン日台共栄」のマガジンIDは「00100557」
2)メルマ!事務局から「メールマガジン解除完了のお知らせ」が届く。
3)本会ホームページのメールマガジン欄「購読お申し込み」から申し込む。
  ホームページ:http://www.ritouki.jp/
4)メルマ!事務局から本登録を完了させる「メールマガジン登録のご確認」が届く。
5)本登録。
6)メルマ!事務局から「メールマガジン登録完了のお知らせ」が届いて完了!
--------------------------------------------------------------------------------
日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の
活動情報とともに配信するメールマガジン。
●マガジン名:メルマガ「日台共栄」
●発   行:日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
●編集発行人:柚原正敬
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2007 Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。