国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第910号】 台湾正名推進本部が外登証の国籍記載の修正を求めて署名活動を開始!

2008/11/21


>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━【平成20年(2008年) 11月21日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
            新しい日台交流にあなたの力を!!
<<INDEX>>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  [Vol.910]
1>> 台湾正名推進本部が外登証の国籍記載の修正を求めて署名活動を開始!
2>> 台湾経済が5年3ヵ月ぶりにマイナス成長で景気後退局面に突入
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 台湾正名推進本部が外登証の国籍記載の修正を求めて署名活動を開始!
   オンライン署名もできます! http://www.shomei.tv/project-431.html

 日本李登輝友の会(小田村四郎会長)は平成14年の創設以来、在日台湾人の方々が保
持する「外国人登録証明書」(略称:外登証)の国籍欄の記載を「中国」ではなく「台
湾」へ修正するよう求める活動に取り組んでいます。今年に入ってからは、10月に「在
日台湾人外登証の国籍是正に関する要請書」を森英介法務大臣に送達しています。

 そこで11月20日、この活動をさらに大きく展開するため署名活動を開始いたしました。
署名は日本李登輝友の会・台湾正名推進本部で取りまとめ、来年1月に小田村四郎会長
から森英介法務大臣に手渡す予定です。

 署名の締切は来年の1月20日と致しました。ご協力のほどよろしくお願いします。

 下記に署名用紙をご案内します。署名用紙は日本李登輝友の会のホームページからダ
ウンロードできます。ご要望があればお送りすることもできますので、詳しくは日本李
登輝友の会「台湾正名推進本部」までお問い合せください。

 また、「オンライン署名」も設置いたしました。お名前やご住所などを記入していた
だきますが、WEB上では匿名にもできますし、住所は区市町村までで番地はWEB上
では表示されません。下記のURLからお願いします。

■外登証修正署名URL:http://www.shomei.tv/project-431.html

 なお、日本李登輝友の会のホームページでは「台湾正名運動」や「本会の提言:外国
人登録証」のコーナーで、これまでの経緯や要請書などを掲載していますので、こちら
もご参照ください。

 平成20年(2008年)11月20日

                      日本李登輝友の会・台湾正名推進本部

                    〒102-0075 東京都千代田区三番町7-5-104号
                      TEL:03-5211-8838 FAX:03-5211-8810
                             E-mail:info@ritouki.jp
                      ホームページ:http://www.ritouki.jp/
--------------------------------------------------------------------------------
台湾人の国籍は「中国」ではなく「台湾」です!
法務省は外国人登録における国籍記載の修正を!

 法務省入国管理局は外国人登録において、在日台湾人の国籍を在日中国人と同様に
「中国」としています。そのため、在日台湾人は外国人登録証、運転免許証などで「中
国」国籍と記載され、日常において中国国民と誤解されることが多く、大きな不便を感
じるとともに、祖国を否定される屈辱を味わっています。

 言うまでもなく、台湾は断じて中国(中華人民共和国)の領土ではありません。「台
湾は中国の一部」とするのは中国の誤った政治宣伝であり、日本政府も認めていません。

 そこで私たちは、法務省に対し、政府の立場に従って在日台湾人の国籍表記を「台湾」
に改め、外国人登録を正確なものに修正することを求めます。

 また政府は、近く同登録制度を見直し、外国人台帳制度を導入する方針ですが、その
際にも、「台湾」と表記するよう求めます。

法務大臣 森 英介 殿

氏 名
住 所

【署名用紙は他の目的で使用致しません】

*署名の第1期締切りは平成21年(2009年)1月20日です。
*送付は郵送でお願いします(FAXは不可)。
*用紙不足の場合は恐れ入りますがコピーをお願いします。

[署名取りまとめ] 日本李登輝友の会・台湾正名推進本部
〒102-0075 東京都千代田区三番町7-5-104号
TEL:03-5211-8838 E-mail:info@ritouki.jp HP:http://www.ritouki.jp/
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 台湾経済が5年3ヵ月ぶりにマイナス成長で景気後退局面に突入
   台湾住民の期待に応えられない馬英九総統

 昨日、台湾の行政院主計処(統計局)は7月から9月の実質域内総生産(GDP)伸び
率が前年同期比マイナス1.02%となったことを発表した。今朝の日経新聞も「四半期ベ
ースでのマイナスは03年4−6月以来、5年3カ月ぶり。主計処は09年1−3月までマイナス
成長が続くと予測しており、台湾経済は景気後退局面に入ったとみられる」と伝えてい
る。

 台湾の行政院(内閣)は18日、個人消費の刺激を狙って金券形式の「消費券」を発行
することを決め、景気浮揚を狙っているが、行政院主計処は08年、09年の実質GDP伸
び率予測を大幅に下方修正し、予測値は08年が従来の4.30%から1.87%に、09年は5.08
%から2.12%としたという。

 馬英九総統は選挙公約として「633経済振興策」(6%以上の経済成長率、3%以
下の失業率、3万ドルの国民所得)を掲げた。経済対策への期待が当選した大きな原因
だと言われた。ところが、就任して4ヶ月も経たない9月3日、その経済振興策は早期達
成できないと宣言し「2期目の最後の年の2016年に達成したい」と述べた。これは事実
上の選挙公約の撤回宣言だったと言ってよい。このGDPの伸び率が何よりも証明して
いる。馬英九総統は台湾住民の期待に応えられないことも証明したと言えよう。

                                   (編集部)
--------------------------------------------------------------------------------
Q3経済成長マイナス1.02%
【11月21日 NNA】

 行政院主計処は20日、第3四半期の域内総生産(GDP、速報値)伸び率はマイナス1.02
%だったと発表した。民間消費の低迷などにより、経済成長率は8月予測時の3%強を大
幅に下回った。同処は今年通年の経済成長率を1.87%と下方修正しており、IT(情報技
術)バブル崩壊の影響を受けた2001年のマイナス2.17%以来の低成長となる見通しだ。

 第3四半期の経済成長率はマイナス1.02%と、8月下旬に同処が予測した3.04%を4.06
ポイント下回った。これで経済成長率は2四半期連続で前期を下回っており、景気後退
(リセッション)が鮮明となった。同処は民間消費の低迷と民間投資の不振、政府によ
る固定資産投資が予測通り進まなかったことが主な原因としている。 

 内需については、国際的な金融危機発生により台湾市場でも株価が下落、住民の資産
が大幅に減少したことで消費が冷え込んだ。電気料金の値上げやメラミン問題、台風の
連続などがこれに追い打ちをかけた。第3四半期の民間消費伸び率はマイナス1.97%と
なっている。世界経済の失速はメーカーの設備投資にも影響し、同期の設備輸入は18.7
%減少(台湾元ベース)。政府の公共事業も計画通りに進まず、政府による投資はマイ
ナス6.4%。内需全体ではマイナス2.2%となり、経済成長を1.87ポイント引き下げる結
果となった。 

 輸出も、先進国の景気低迷で振るわず、実質的な輸出成長率はマイナス0.7%となっ
ている。外需全体では経済成長に0.85ポイント貢献した。 

■Q4GDPはマイナス1.73%予測 

 同処は第4四半期の経済成長率をマイナス1.73%と予測している。 

 税関統計の輸出は10月にマイナス8.3%(米ドルベース)に落ち込んでおり、第4四半
期通期でもマイナス8.3%になると予測する。

 民間消費は、第4四半期はインフレ圧力が緩和されるものの、金融危機の発生、不動
産価格の下落気配により引き続き低迷するとみている。10月の統計では海外旅行や乗用
車販売、ガソリン販売などがマイナス成長となっており、第4四半期の民間消費はマイナ
ス1.86%になるとの予測だ。中国人ツアー客も、これまでよりは増えるが、当初計画に
は達しないとしている。 

 投資では、やはり海外の景気低迷でメーカーの設備増強が延期されており、同期の民
間投資はマイナス11.4%と予測。ただ政府による投資は「愛台12建設」などの始動によ
り10.6%増のプラス成長を見込んでいる。 

 物価は台風による野菜価格の上昇があるものの、原油価格の下落スピードが速く、第
4四半期の消費者物価指数(CPI)は2.33%、今年通年では3.64%と予測した。 

■来年のGDPは2.12%予測 

 同処は今年通年の経済成長率は1.87%、来年は2.12%と予測しており、低空飛行なが
らプラス成長は確保するとみている。四半期別では第3四半期から3%台の成長になると
し、来年下半期からの景気回復を見込んでいる。 

 また2006年の経済成長率を従来の4.89%から4.8%に、07年は5.72%から5.7%にそれ
ぞれ修正した。今年第1、2四半期の成長率もそれぞれ6.25%、4.56%に修正している。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●日本李登輝友の会へのご入会−入会申し込みフォームをお使いください
 本会へのご入会申し込みフォームをホームページに設けています。これでお手軽にご
 入会申し込みができますのでご利用ください。

 ■ご入会申し込み http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0005.reg

●本誌が届かなくなった方は【解除→再登録】の手続きを
 本誌がいつの間にか届かなくなっていたという方が少なくありません。通常は週に3
 回以上発行しています。購読を解除したわけでもないのに届かなくなったという場合
 は、いったん購読を解除し、それから再登録をお願いします。

1)解除手続き http://melma.com/contents/taikai/
  「メールマガジン日台共栄」のマガジンIDは「00100557」
2)メルマ!事務局から「メールマガジン解除完了のお知らせ」が届く。
3)本会ホームページのメールマガジン欄「購読お申し込み」から申し込む。
  ホームページ:http://www.ritouki.jp/
4)メルマ!事務局から本登録を完了させる「メールマガジン登録のご確認」が届く。
5)本登録。
6)メルマ!事務局から「メールマガジン登録完了のお知らせ」が届いて完了!
--------------------------------------------------------------------------------
日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会
の活動情報とともに配信するメールマガジン。
●マガジン名:メルマガ「日台共栄」
●発   行:日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
●編集発行人:柚原正敬
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2007 Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2008/11/22

    台湾人の国籍が「中国」だなんて許せない。台湾は台湾だ。オンライン署名で署名しました。