国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第893号】 横浜「シネマ・ジャック&ベティ」で今日まで「台湾電影週間」

2008/10/31



>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━【平成20年(2008年) 10月31 日】

     ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
            新しい日台交流にあなたの力を!!
<<INDEX>>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  [Vol.893]
1>> 横浜「シネマ・ジャック&ベティ」で今日まで「台湾電影週間」
2>> 11月15日〜30日、八田與一技師のアニメ映画「パッテンライ!」が金沢で上映
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 横浜「シネマ・ジャック&ベティ」で今日まで「台湾電影週間」
  「緑の海平線〜台湾少年工の物語」などを上映

 10月25日から31日まで、横浜中区の「シネマ・ジャック&ベティ」で「台湾電影週間」
が開かれていて、「非情城市」「ミレニアム・マンボ」「緑の海平線〜台湾少年工の物
語」などを上映している。

 昨日の読売新聞に、「緑の海平線〜台湾少年工の物語」に出演した、台湾少年工出身
で本会会員の呉春生さんが「少年工の本当の姿を知ってほしい」と呼びかけている。

 なお、来る11月13日にかつての台湾少年工たちの集まりである「台湾高座台日交流協
会」(李雪峰会長、略称:台湾高座会)の主催により、第21回台湾高座会大会が台湾・
高雄市で開かれる。                          (編集部)

■シネマ・ジャック&ベティ
 〒231-0056 神奈川県横浜市中区若葉町 3−51
 TEL:045-243-9800/FAX:045-252-0827
 http://www.jackandbetty.net/
--------------------------------------------------------------------------------
元台湾少年工 映画で証言 「本当の姿を知って」
【10月30日 読売新聞】

 第2次世界大戦中、座間、海老名市にあった軍需工場「高座海軍工廠(しょう)」で働
いていた元台湾少年工の証言を記録した映画「緑の海平線〜台湾少年工の物語」(郭亮
吟監督)が31日まで、「シネマ・ジャック&ベティ」(横浜市中区)で上映されている。
元少年工の生き残りとして映画に出演した大和市在住の呉春生さん(79)は、「少年工
の本当の姿を知ってほしい」と呼びかけている。

 呉さんは、1944年、台湾少年工の第6期工として、高座海軍工廠にやってきた。「台
湾は貧しく、勉強ができなかった。働きながら勉強でき、なおかつ国のためになると思
った」と当時を振り返る。

 同工廠には、台湾から来た約8000人の少年工が働いていた。戦闘機の大量生産の必要
に迫られた日本が、労働力不足を補うため、当時、日本の統治下にあった台湾の優秀な
少年を1943年から7回に分けて動員。少年工は、大和市上草柳にあった寄宿舎で暮
らしながら、戦闘機「雷電」などを生産していた。

 「緑の海平線」は、同市在住の映画プロデューサーで慶応大講師の藤田修平さん(35)
らが2006年に製作。今年5月に大分県で開かれた「ゆふいん文化・記録映画祭」で優秀
作に与えられる「松川賞」に入選した。地元・神奈川で上映されるのは今回が初めてだ。

 4年がかりで撮影された映画は、歴史に埋もれていた台湾少年工に光を当て、貴重な
同工廠の写真や映像、元少年工のインタビューを紹介、彼らが戦後をどう生きたかを描
いている。

 15歳だった呉さんは台湾の国民学校高等科で級長を務めた。「みんな選ばれた人間と
いう意識を持ち、誇り高く、張り切っていた」と回想する。

 すでに日本は敗色濃厚。呉さんは、同工廠に1か月いただけで群馬県の工場に派遣さ
れ、1年後、同工廠に戻って終戦を迎えた。

 呉さんは終戦後、日本に残り、外交官を夢みて、働きながら勉強を続け、中央大学に
入学。だが、日本国籍がないため、卒業後もすぐには職につけず、25歳で横浜市瀬谷区
にある米軍・上瀬谷通信施設の法律顧問としての職を見つけ、70歳になるまで働いた。

 19722年の日中共同声明では日本と台湾の国交が断絶。「裏切られた思いだった」と
いう呉さん。「自分たちは向上心を持ち、将来を夢みて日本にやってきた。決して無理
やり連れてこられたわけではない」。歴史に翻弄(ほんろう)された元少年工は静かに語
った。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 11月15日〜30日、八田與一技師のアニメ映画「パッテンライ!」が金沢で上映

【10月27日 台湾週報】

 2008年11月15日−11月30日 金沢コロナワールドにて、八田與一技師(石川県金沢
市出身)のアニメーション映画「パッテンライ!」が上映。 

◎八田技師の情熱描く アニメ映画「パッテンライ!!」完成 金沢で11月15日から公開
 (2008年10月18日 北國新聞)
 http://www.hokkoku.co.jp/_today/H20081018101.htm 
--------------------------------------------------------------------------------
 台湾で当時東洋一の灌漑(かんがい)ダムと水路網を建設した八田與一(よいち)技
師(金沢出身)のアニメ映画「パッテンライ!」(同製作委員会、北國新聞社、虫プロ
ダクション製作)が十七日、完成した。全国に先駆けて十一月十五日から金沢市内の映
画館で公開される。不毛の大地を穀倉地帯に変えた八田技師の情熱や生きざまを伝える
物語で、石黒昇監督は「人間が持つ可能性の大きさを知ってほしい」と語った。

 物語の舞台は約九十年前、日本統治下の台湾。総督府から派遣された八田技師が、干
ばつに苦しめられる嘉南(かなん)平原に水を供給するため、「烏山頭(うさんとう)
ダム」と水路網を建設する道のりが描かれている。 

 上映時間は九十分で、八田技師にあこがれて土木技師を目指す台湾人少年と、飛行機
操縦士を夢見る日本人少年が友情をはぐくむ姿を描きながら、八田技師を浮かび上がら
せるストーリー。 

 父方が台湾出身で母方が石川県出身の歌手・一青窈(ひとと よう)さんが主題歌
「受け入れて」を歌っている。八田技師の声は声優の井上和彦さんが、八田技師の妻・
外代樹(とよき)の声は窈さんの実姉で女優の一青妙(たえ)さんが担当した。 

 石川県内での一般公開は、金沢市無量寺で十月二十五日に開業するコロナシネマワー
ルドで、十一月十五日から三十日まで行われる。その後、全国各地で公開される。関係
者を対象とした完成披露試写会は十一月十一日に金沢市の北國新聞赤羽(あかばね)ホ
ール、同二十日に東京・新宿の明治安田生命ホールで開かれる。「パッテンライ!」は
北國新聞創刊一一五年を記念して製作された。
--------------------------------------------------------------------------------
◎初日6000人でにぎわう 金沢コロナワールド開業
 (2008年10月26日 北國新聞)
 http://www.hokkoku.co.jp/_keizai/K20081026303.htm 

■金沢コロナワールド
 住所: 石川県金沢市無量寺第二土地区画整理事業内(アピタタウン金沢ベイ内) 
 電話: 076-266-5812(代表)
 http://www.korona.co.jp/Main/kanazawa/index.html 

■アニメーション映画 「パッテンライ!」
 http://www.mushi-pro.co.jp/pa-tenrai.html 

 主題歌 『受け入れて』 一青窈さん、 ”八田外代樹”役、一青妙さん 
 一青姉妹の共演が実現。
 http://www.mushi-pro.co.jp/index.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●平松茂雄・古澤忠彦『これではダメだ!日本の海洋戦略』お申し込みフォーム
 http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0031.reg

●李登輝元総統の思想の核心を明らかにした『李登輝の実践哲学』
 本会会員は特価(2,625円⇒2,000円)かつ送料無料で頒布!

・著者:井尻秀憲
・書名:李登輝の実践哲学−五十時間の対話
・版元:ミネルヴァ書房 http://www.minervashobo.co.jp/
・体裁:四六判、上製、268頁
・定価:2,625円(税込)
・発行:平成20年9月10日

 ■『李登輝の実践哲学』お申込みフォーム
  http://www.ritouki.jp:80/cgi-bin/enquete/form0028.reg

●日本李登輝友の会へのご入会−入会申し込みフォームをお使いください
 本会へのご入会申し込みフォームをホームページに設けています。これでお手軽にご
 入会申し込みができますのでご利用ください。
 
 ■ご入会申し込み http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0005.reg

●本誌が届かなくなった方は【解除→再登録】の手続きを
 本誌がいつの間にか届かなくなっていたという方が少なくありません。通常は週に3
 回以上発行しています。購読を解除したわけでもないのに届かなくなったという場合
 は、いったん購読を解除し、それから再登録をお願いします。

1)解除手続き http://melma.com/contents/taikai/
  「メールマガジン日台共栄」のマガジンIDは「00100557」
2)メルマ!事務局から「メールマガジン解除完了のお知らせ」が届く。
3)本会ホームページのメールマガジン欄「購読お申し込み」から申し込む。
  ホームページ:http://www.ritouki.jp/
4)メルマ!事務局から本登録を完了させる「メールマガジン登録のご確認」が届く。
5)本登録。
6)メルマ!事務局から「メールマガジン登録完了のお知らせ」が届いて完了!
--------------------------------------------------------------------------------
日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会
の活動情報とともに配信するメールマガジン。
●マガジン名:メルマガ「日台共栄」
●発   行:日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
●編集発行人:柚原正敬
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2007 Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。