国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第888号】 台湾の新幹線「台湾高速鉄路」:建設の経緯と現状(上) [片瀬 潜]

2008/10/24


>>>>> http://www.ritouki.jp/━━━━━━━━【平成20年(2008年) 10月24 日】

  ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
          新しい日台交流にあなたの力を!!
<<INDEX>>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━[Vol.888]
1>> 台湾の新幹線「台湾高速鉄路」:建設の経緯と現状(上) [片瀬 潜]
2>> 第6回日台文化交流 青少年スカラシップ作品募集中【締切:1月15日】
3>> 11月9日(日)、宗像隆幸氏を講師に台湾研究フォーラムが第115回定例会
4>> 11月9日(日)、台湾出身の蔡篤俊医学博士による現代医療講演会(日本語)

■台湾研修ツアー「君は台湾を知っているか?」のお申し込みフォーム
 大学生を対象とした同ツアーのお申し込みは、下記からどうぞ。
 http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0030.reg
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 台湾の新幹線「台湾高速鉄路」:建設の経緯と現状(上) [片瀬 潜]

 2005年10月の開業予定が遅れに遅れ、2007年1月15日にようやく板橋−左営間で正式
開業した台湾版新幹線(台湾高速鉄路)。3月には予定の台北まで延び、現在は順調に
運航されているようです。

 そのあおりを喰って航空路線がまったくふるわなくなり、減便を余儀なくされるなら
まだしも、ほとんどが撤退する憂き目にあっています。

 日本側と欧州側が激しくせめぎあい、使用様式を混在させるなど紆余曲折を経て開業
した台湾高速鉄路だが、開業まで日本からの派遣者の相談に乗ってきたのが、東海道新
幹線、山陽新幹線、東北新幹線の開業に携わってきた、湾生の片瀬潜(かたせ ひそむ)
氏だ。

 最近発行された「榕樹文化」(2009年1月1日付、第24号)に「台湾の新幹線『台湾高
速鉄路』:建設の経緯と現状」と題して寄稿されている。片瀬氏ならびに「榕樹文化」
編集長の内藤史朗氏のご了承のもと、2回に分載してご紹介したい。

 ちなみに、片瀬氏は本会設立時、台北一中の同窓会「麗正会」副会長として発起人と
なっていただいている。下記に「榕樹文化」に掲載されたプロフィールをご紹介してお
こう。

片瀬 潜(かたせ ひそむ) 大正14年12月生まれ。台北付属小、台北一中、台北高
校卒。昭和20年3月内地に渡る途中、米国潜水艦の雷撃を受ける。昭和24年九州大学工
学部電気工学科卒。日本国有鉄道に入社、昭和37年国鉄本社運転局・列車課補佐等、東
海道新幹線の列車策定の責任者となる。昭和49年、広島鉄道管理局長、山陽新幹線の開
業(50年3月)に尽力。昭和51年、副技師長、東北新幹線開業前に試験線を設置、その
本部長兼任。昭和55年、国鉄退職。以後台湾新台湾新幹線の派遣者への相談に応ずる。

■「榕樹文化」購読お申し込み方法
 榕樹会(小川隆会長)の会報「榕樹文化」は、年3回発行で1,000円です。日本国内で
 購読をご希望の方は、郵便局備え付けの青色の郵便払込取扱票でお振り込みください。

・口座記号番号 01070-5-25389(右詰めに書いて下さい)
・加入者名   内藤史朗

*台湾在住の方は下記までお問い合わせください。
 榕樹会事務局
 〒603-8071 京都市北区上賀茂北大路町25-13 内藤方
 TEL・FAX:075-711-3982
 E-mail:fwkv6294@mb.infoweb.ne.jp
--------------------------------------------------------------------------
台湾の新幹線「台湾高速鉄路」:建設の経緯と現状(上)
【「榕樹文化」!)24 2009年新年号】

                                  片瀬 潜

 昨年1月に台北−高雄間の「台湾高速鉄路」が漸く営業を開始しましたので、私は昨
年秋に訪台し、全線に乗ってみました。

 私は国鉄に勤務していた時、東海道新幹線の開業の初めから、直接間接に新幹線の建
設に関与していましたので、極めて強い関心をもって我が故郷である台湾に出現するこ
とになった日本と同様の新幹線の建設を見守ってきたのです。

 そもそも、台湾に新幹線を作ろうという話が持ち上がったのは1980年代のことで、そ
れ以前の1973年に台湾経済が大きく発展した時代に台湾の10大建設が立ち上がり、日本
からの円借款も行われていました。その中身は鉄道、空港、道路、港湾、製鉄、発電、
造船など多岐にわたるものでありました。

 その中で、日本の新幹線の成功に触発されて世界中に広まりつつあった、高速鉄道を
建設する計画が持ち上がり、台湾政府が主導して「台湾高速鉄路」の計画調査が行われ、
1990年には、建設計画のプロジェクトが発足しました。台湾政府としては世界最高のレ
ベルの高速鉄道を実現することを目標にして、次のような基本構想を策定しました。

1、台北−高雄間(345km)に高速鉄道を建設、両市を最高列車で1時間30分で結ぶ。列車の  最高速度は時速300km。
2、レール幅は世界の標準軌条幅1435mm。(日本新幹線と同じ)
3、1列車の座席は800席以上とし、3分時隔で運転可能とする。
4、電力方式は交流高圧、信号設備は集中制御方式。
5、道路との交差はすべて立体交差、つまり踏切は皆無とする。
6、地震、台風、洪水の万全な対策をする。……その他。

 これらの条件を基に、日本、フランス、ドイツ各国の鉄道関係者が台湾に招かれて意
見の聴取が行われ、高速鉄路の総合計画の作成が行われて、翌1991年には政府において
建設計画が承認されました。そこで、一応調査費だけは認められましたが、政府の予算
事情もあって、実施の段階に入るのが遅れたようです。そこで台湾政府は、いろいろ検
討した結果、この事業を「民間参与の交通建設」とする条例を成立させました。つまり、
資金面、運営上の事業を民間に委ねるというもので、そのころ、世界的に採用されはじ
めていたBOT方式を採用するのが良いということになったわけで、早速国際入札が行
われました。

 BOT方式とは、Building Operate Transferのこと、つまり応募した事業者が自ら
資金を調達し、決められた期間に(ここでは35年)運営して、その間の収入でもって資
金を回収し、その期間終了と同時に施設、運営すべて発注者(ここでは台湾政府)に移
管する、というものです。この方式で実施したという例があります。

 台湾の新幹線計画については、日本や各国の商社等が検討したようですが、主に資金
面、採算面で単独で応札する所が無く、止むを得ず政府交通部(日本で言えば運輸省)
では海外の鉄道関係企業と台湾の一般企業と合同した民間組織で実施することとして募
集し、事前資格審査をした結果、結局次の2グループが応札することになりました。

(1) 中華高速鉄路連盟
  台湾の企業、日本連合(商社、車両メーカー等)、米国の企業の連合
(2) 台湾高速鉄路連盟
  大陸、台湾の企業、ドイツ、フランスの鉄道会社が連合

 この両事業者が提案書を交通部に提出し、それを審査した結果、主として価格面で有
利な(2)の「台湾高速鉄路連盟」が優先交渉権を取得、これで日本側は欧州側に完敗した
と思われました。

 しかし、資金調達問題等話がまとまらず、両事業者は一旦解散し、政府交通部が台湾
高速連盟と相談した結果、「台湾高速鉄路公司(台湾高鉄)」(民間会社の扱い)を設
立、政府交通部が「台湾高鉄」との間で事業契約を調印、この公司がBOT事業を実施
することになりました。

 ところが、その時に、この計画の実施に関する設備、車両などの設計基準、施工・職
員養成、そして工程管理などの審査を行うコンサルタント契約が、仏独を中心にした欧
州側の各国との間に締結されており、日本側はこれに乗り遅れ、あとあと問題を残すこ
とになったのです。

 その事業契約を取得した台湾高速鉄路公司は、そこで、改めて採用するシステムを再
検討することになり、日本側としては、日本連合にJR各社が加わり、台湾の担当者や
マスコミを日本に招き、日本の新幹線の実情を宣伝するなど巻き返しに全力をあげまし
た。これに対し欧州側は日本の新幹線に欠点ありとするなど、いわゆるネガティブキャ
ンペーンを展開するなど、激しい競争になりました。
                                   (つづく)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 第6回日台文化交流 青少年スカラシップ作品募集中【締切:1月15日】

 フジサンケイ ビジネスアイと産経新聞社は、日本と台湾の文化交流促進を目指す
「日台文化交流 青少年スカラシップ」を実施します。中学・高校・専門学校・大学
生から、作文・絵画・書道・マンガを広く募集し、大賞・優秀賞受賞者を台湾研修旅行
に招待して、日台間の相互理解、相互交流を深めるものです。

 台湾と日本は歴史的なつながりが深く、双方の先人たちのたゆまぬ営みによってとも
に繁栄を遂げてきました。最近ではさまざまな交流や、マンガ・娯楽などの文化を通じ
て台湾の多くの人々が日本に強い関心を寄せており、世界の中でも文化的に最も日本に
近く、親日家の多い土地柄でもあります。

 本企画では、日本の若い世代が、現地での学校訪問や、台湾日本語世代との交流など、
幅広い年齢層の人々とのコミュニケーションを通して外から日本を見つめ直す機会を提
供します。これにより、日台の新しい世代による友好関係を促進するとともに、アジア、
世界で活躍できる人材の発掘と育成を目指します。

■第6回日台文化交流 青少年スカラシップ
 http://www.business-i.jp/scholarship/

【募集要項−作文、絵画、書道、マンガを募集】

■応募資格
 中学校・高等学校(全日制、定時制、通信制)、盲・ろう・養護学校高等部、高等専
 門学校、短期大学、四年制大学、専門学校に在籍する生徒または学生

■点数 1人1点(必ず応募用紙を添付ください)

■作品送付先
 ・作文、マンガ部門の方は
  〒100-8125 東京都千代田区大手町1-7-2
  フジサンケイ ビジネスアイ事業局内 日台スカラシップ事務局
  TEL: 03-3273-6184
 ・絵画、書道部門の方は
  〒171-0032 東京都豊島区雑司が谷1-3-9
  (株)豊島 内 日台スカラシップ事務局分室
  TEL: 03-3987-6361

■締め切り 2009年1月15日(木)当日消印有効

■発表 2009年2月のフジサンケイ ビジネスアイ、産経新聞紙上

■台湾研修旅行実施予定
 2009年3月下旬 5泊6日(予定)

■諸注意 応募作品は未発表のものに限ります。
 *奨励賞までの版権はフジサンケイ ビジネスアイに帰属します。
 *優秀作品は紙面その他で公表します。
 *絵画・マンガについて、作品返却ご希望の方は着払にて返却いたします。応募用紙
  備考欄に「返却希望」とご明記ください。

■事務局(お問い合わせ)
 フジサンケイ ビジネスアイ事業局内 日台スカラシップ事務局
 〒100-8125 東京都千代田区大手町1-7-2
 TEL: 03-3273-6184 FAX: 03-3241-4999
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3>> 11月9日(日)、宗像隆幸氏を講師に台湾研究フォーラムが第115回定例会

■講師 宗像隆幸(アジア安保フォーラム幹事)

■演題 「『統一』へ邁進する馬英九政権」

 今回は宗像隆幸氏をお招きし、馬英九政権が発足し半年になろうとするなか、これを
どのようにみるか、また独立運動の今後の展望などについてもお話いただきます。
--------------------------------------------------------------------------
1936年、鹿児島県生まれ。明治大学経営学部卒。1961年、台湾青年社に参加、月刊『台
湾青年』の編集に従事。1985年から停刊する2002年まで同誌編集長を務める。現在、台
湾独立建国聯盟総本部中央委員、アジア安保フォーラム幹事。日本李登輝友の会理事。
著書に『台湾建国−台湾人と共に歩いた四十七年』(まどか出版)、『存亡の危機に瀕
した台湾』(自由社)、『台湾独立運動私記』(文藝春秋)などがある。
--------------------------------------------------------------------------
【日 時】 平成20年11月9日(日)午後5時45分〜8時00分

【場 所】 文京シビック3F 第一会議室(TEL:03-5803-1100)
      JR「水道橋駅」徒歩10分
      都営三田線・大江戸線「春日駅」徒歩1分
      東京メトロ丸の内線・南北線「後楽園駅」徒歩1分

【参加費】 会員500円 一般1000円

【懇親会】 閉会後、会場付近にて。(会費3000円、学生1000円)

【申込み】 11月6日まで下記へ。
       Eメール taiwan_kenkyu_forum@yahoo.co.jp
       FAX   03−3626−1520

【問合せ】  090−4138−6397
--------------------------------------------------------------------------
第115回定例会 申込書

氏名
懇親会  参加  不参加 (○をお付けください)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
4>> 11月9日(日)、台湾出身の蔡篤俊医学博士による現代医療講演会(日本語)
   テーマは「間違いだらけの現代医療をどのように克服するか?」

 蔡篤俊先生の第2回講演会をお知らせいたします。今年9月の第1回講演会が大好評
だったため、さらに深い内容になったものです。

 間違いだらけの現代医療に言いたい放題・毒舌の講演ですが、本当は心優しい医学博
士です。
 千葉大での産婦人科医、順天堂大での精神科を経て、現在、自称世界一の鍼灸治療と
瀉血療法で、日本のみならず海外のVIPたちの治療もされています。

■日 時:2008年11月9日(日) 13:00〜16:00

■場 所:ホテルサンルートプラザ新宿
     (新宿駅南口徒歩3分)
     東京都渋谷区代々木2-3-1 TEL:03-3375-3211
     http://www.sunroutehotel.jp/plaza-shinjuku/

■テーマ:間違いだらけの現代医療をどのように克服するか?

■講 演:蔡篤俊医学博士

■会 費:2,000円 (1名様)

■お申し込み方法 : メール及びFAX
 ご参加人数、お名前、ご連絡先お電話番号を明記の上、下記のFAX番号及びメールア
 ドレスにお申し込みください。

 FAX:03-3378-8561
 メール:tsai@tsaiclinic.co.jp
 H P:http://www.tsaiclinic.co.jp/index.html

 それでは、どうぞよろしくお願いいたします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●平松茂雄・古澤忠彦『これではダメだ!日本の海洋戦略』お申し込みフォーム
 http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0031.reg

●李登輝元総統の思想の核心を明らかにした『李登輝の実践哲学』
 本会会員は特価(2,625円⇒2,000円)かつ送料無料で頒布!

・著者:井尻秀憲
・書名:李登輝の実践哲学−五十時間の対話
・版元:ミネルヴァ書房 http://www.minervashobo.co.jp/
・体裁:四六判、上製、268頁
・定価:2,625円(税込)
・発行:平成20年9月10日

■『李登輝の実践哲学』お申込みフォーム
  http://www.ritouki.jp:80/cgi-bin/enquete/form0028.reg

●日本李登輝友の会へのご入会−入会申し込みフォームをお使いください
 本会へのご入会申し込みフォームをホームページに設けています。これでお手軽にご
 入会申し込みができますのでご利用ください。

 ■ご入会申し込み http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0005.reg

●本誌が届かなくなった方は【解除→再登録】の手続きを
 本誌がいつの間にか届かなくなっていたという方が少なくありません。通常は週に3
 回以上発行しています。購読を解除したわけでもないのに届かなくなったという場合
 は、いったん購読を解除し、それから再登録をお願いします。

1)解除手続き http://melma.com/contents/taikai/
  「メールマガジン日台共栄」のマガジンIDは「00100557」
2)メルマ!事務局から「メールマガジン解除完了のお知らせ」が届く。
3)本会ホームページのメールマガジン欄「購読お申し込み」から申し込む。
  ホームページ:http://www.ritouki.jp/
4)メルマ!事務局から本登録を完了させる「メールマガジン登録のご確認」が届く。
5)本登録。
6)メルマ!事務局から「メールマガジン登録完了のお知らせ」が届いて完了!
--------------------------------------------------------------------------
日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会
の活動情報とともに配信するメールマガジン。
●マガジン名:メルマガ「日台共栄」
●発   行:日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
●編集発行人:柚原正敬
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2007 Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。