国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第862号】 【住民票正名問題】市役所の職員も賛同する住民票の「台湾」表記

2008/09/13


>>>>> http://www.ritouki.jp/━━━━━━━━【平成20年(2008年) 9月13日】

  ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
          新しい日台交流にあなたの力を!!
<<INDEX>>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━[Vol.862]
1>>【住民票正名問題】市役所の職員も賛同する住民票の「台湾」表記
2>> 馮次期駐日代表 八田與一の足跡たどる
3>> 外交部:米は台湾を国と認めない態度改めよ
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>>【住民票正名問題】市役所の職員も賛同する住民票の「台湾」表記
   役所で、台湾に関する住民票の表記がどうなっているのかのご確認を!

 日本李登輝友の会が推進している台湾正名運動の一環として、住民票問題があります。
台湾からの転入・台湾への転出の際、住民基本台帳(住民票)の表記を「中華人民共和
国台湾省」や「中国(台湾)」から「台湾」への改正を進める活動です。

 その援軍が、東京都総務局行政部が5月30日に都下の全区市町村の住民基本台帳事務
主管課長宛に通達した「住民基本台帳事務に関する質疑応答について」です。

 詳細は昨日の本誌で記しましたが、この問題に関して昨日発行のメルマガ「台湾の声」
で掲載された「読者反響」によれば、杉並区や日野市では東京都の5月30日通達を受け、
すでに「台湾」に改正されているそうです。

 この住民票問題は3年前の平成17年(2005年)夏、杉並区に発していたことでもあり、
その杉並区の住民票が「台湾」表記になっていたとは嬉しい限りです。

 ここでは、メルマガ「台湾の声」に掲載された本会の猪鼻嘉行監事の投稿をご紹介し
ます。

 埼玉県川越市に住む猪鼻氏が市役所で対応した職員に「『自分は台湾人であって、中
国人ではない。』と思っている人間を、日本側で勝手に『中国人』にしてしまうのは、
個人の尊厳を無視していることになりませんか」と問うと、なんと「私もそう思います。
今、入国管理法を見直すという話が伝わって来ています。是非、皆さんで大きな声を上
げて戴いて、国を動かしていただきたいと思います」と答えたというのです。

 つきましては、本会会員ならびに本誌読者の皆様には、自分の住むところの役所で、
台湾に関する住民票の表記がどうなっているのかをぜひ確認していただきたいのです。
そして、それを日本李登輝友の会事務局や本誌までご連絡いただきますようお願いしま
す。

 また、もし「中華人民共和国台湾省」や「中国(台湾)」となっていれば、この9月
議会に「陳情」や「請願」をすることで、「台湾」への改正を求めていただければ、そ
れに越したことはありません。

 猪鼻氏も「全国的な大きな声にして国を正しく動かしましょう」と提案しているよう
に、改正の声を挙げなければ動くものも動きません。皆様のご協力をよろしくお願いい
たします。

                   (メルマガ「日台共栄」編集長 柚原 正敬)
--------------------------------------------------------------------------
【9月12日 メルマガ「台湾の声」】http://www.emaga.com/info/3407.html

川越市役所の外国人登録課の対応

                       日本李登輝友の会 監事 猪鼻嘉行

 私が台湾人の妻の外国人登録内容証明書を川越市役所に取りに行ったときの川越市役
所職員(以下、「職員」とする。)の対応についてご報告致します。

私:「妻は中国人ではなく、台湾人ですが国籍欄が『中国』になっていますね。」

職員A:「外国人登録法だったかの法律で、台湾の方は国籍を中国とすることになって
 いるのだったと思いますが、そう取扱うことになっています。」

私:「その法律の条文を教えていただけますか。何という法律の何条ですか。」

職員A:「ちょっとお待ち下さい。担当の詳しい者に替わります。」

職員B:「台湾の方の国籍ですか。この別表に、この国の国籍記載はこのようにすると
 詳しく定められているのですが、台湾については明示されていませんね。法務省によ
 る取扱いということになりますね。」

私:「そうですか。明文の規定はないのですか。」

職員B:「私も担当になって3年目ですので、法務省が何故そのような取り扱いにして
 いるか定かではないのですが、明文の規定がないことは今気がつきました。何人もの
 台湾の方が国籍欄の記載を台湾にして欲しいとおっしゃっていることは存じあげてい
 ます。しかし、市役所レベルではどうにもならないこととご了解いただけませんか。」

私:「でも、『自分は台湾人であって、中国人ではない。』と思っている人間を、日本
 側で勝手に『中国人』にしてしまうのは、個人の尊厳を無視していることになりませ
 んか。」

職員B:「私もそう思います。今、入国管理法を見直すという話が伝わって来ています。
 是非、皆さんで大きな声を上げて戴いて、国を動かしていただきたいと思います。」

私:「なるほど。貴方は個人的には今の取り扱いは変だと思っていらっしゃるというこ
 とですか。」

職員B:「そうです。ただ、市役所職員という地方公務員の立場では、お国の取扱いに
 は従うことしかできないということは、ご理解いただけませんか。」

私:「分りました。今日のところはこれで失礼します。」

 概略以上のような遣り取りでした。

 是非、全国的な大きな声にして国を正しく動かしましょう。日本は民主主義の国の筈
です。台湾人自らの声と、多くの日本人(有権者)の協力が必要です。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 馮次期駐日代表 八田與一の足跡たどる

【9月13日 産経新聞】

 台湾の次期駐日代表(駐日大使)に内定した馮寄台氏は12日、日本統治下の台湾で水
利事業に貢献した日本人技師、八田與一が建設を指揮した台湾中部の烏山頭ダムを訪れ
た。

 馮氏によれば、馬英九総統が「日本に行く前に、台湾人が日本人に抱く特別の感情を
理解する必要がある」と述べ、いまなお多くの台湾住民から評価される八田技師の足跡
をたどるよう指示したという。馬総統の側近で外省系(中国大陸籍)の馮氏は、対日関
係に携わった経験がない。    

                          (台南県烏山頭 長谷川周人)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3>> 外交部:米は台湾を国と認めない態度改めよ

【9月11日 Radio Taiwan International】

 アメリカ政府は最近、アメリカが海外に設ける全ての大使館に対して、アメリカの政
府関係者は台湾が10月10日に行う建国祝賀活動に参加してはならないと通知。この通知
ではまた、アメリカは台湾が主権の独立した国として認めていないと改めて強調、大使
館員が台湾のことを、「中華民国」、もしくは「台湾における中華民国」と呼称するこ
とを禁じている。それ以外にも、台湾当局との会談は、双方の政府機関以外の場所で行
うこととし、アメリカの政府関係者は台湾の大使館や大使の官舎での活動に参加しては
いけないと細かく規定した。

 この通知内容に対し、中華民国外交部の陳銘政・スポークスマンは11日、アメリカ国
務省は1991年より同じ規定を実施しており、毎年8月末か9月初めに国務省から大使館に
通知されると述べ、例年のことにすぎないとの認識を示した。

 陳・スポークスマンはしかし、「外交部の立場としては、アメリカが真剣に状況を見
つめ、このような方式を見直すよう呼びかける。これは我々の努力目標だ」と述べ、ア
メリカは今後、このような通知を止めるよう求めた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●本誌の転載転送を歓迎
 台湾問題への認識を深め、本会などの活動をより多くの方々にご理解いただきたく、
 本誌の転載転送を歓迎します。また、本誌へのご意見・ご感想はバックナンバーの
 「このメルマガへのコメント」にお願いします。

 ■http://www.melma.com/backnumber_100557/

●日本李登輝友の会へのご入会−入会申し込みフォームをお使いください
 本会へのご入会申し込みフォームをホームページに設けています。これでお手軽にご
 入会申し込みができますのでご利用ください。

 ■ご入会申し込み http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0005.reg

●本誌が届かなくなった方は【解除→再登録】の手続きを
 本誌がいつの間にか届かなくなっていたという方が少なくありません。通常は週に3
 回以上発行しています。購読を解除したわけでもないのに届かなくなったという場合
 は、いったん購読を解除し、それから再登録をお願いします。

1)解除手続き http://melma.com/contents/taikai/
  「メールマガジン日台共栄」のマガジンIDは「00100557」
2)メルマ!事務局から「メールマガジン解除完了のお知らせ」が届く。
3)本会ホームページのメールマガジン欄「購読お申し込み」から申し込む。
  ホームページ:http://www.ritouki.jp/
4)メルマ!事務局から本登録を完了させる「メールマガジン登録のご確認」が届く。
5)本登録。
6)メルマ!事務局から「メールマガジン登録完了のお知らせ」が届いて完了!
--------------------------------------------------------------------------
日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会
の活動情報とともに配信するメールマガジン。
●マガジン名:メルマガ「日台共栄」
●発   行:日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
●編集発行人:柚原正敬
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2007 Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。