国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第860号】 本会編「許世楷代表ご夫妻送別会DVD」好評発売中!

2008/09/11

>>>>> http://www.ritouki.jp/━━━━━━━━【平成20年(2008年) 9月11日】

  ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
          新しい日台交流にあなたの力を!!
<<INDEX>>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━[Vol.860]
1>> 本会編「許世楷代表ご夫妻送別会DVD」好評発売中!
2>> 台湾『中秋節』の名物 馬政権で一変
3>> 台湾株価、馬政権で落馬したまま、失望と絶望の投げ売り[宮崎 正弘]
4>> 明日、伊原吉之助氏と黄文雄氏を講師に第10回台湾問題座談会
5>> 9月14日(日)、台湾出身の蔡篤俊先生によるカッピング講演会[訂正版]
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 本会編「許世楷代表ご夫妻送別会DVD」好評発売中!
   安倍晋三、櫻井よしこ、金美齢、ジュディ・オングなどの各氏発言も全収録

■「許世楷代表ご夫妻送別会DVD」お申し込みフォーム
 http://www.ritouki.jp:80/cgi-bin/enquete/form0027.reg
--------------------------------------------------------------------------
 8月末からご案内している本会編「許世楷代表ご夫妻送別会DVD」は好調な滑り出
しで、ご好評いただいています。

 お申し込みとともに「許大使ご夫妻はお元気ですか」とのお問い合せも少なくありま
せん。現在、許大使ご夫妻は7月末から訪米中で、そろそろ台中のご自宅に戻って来ら
れるそうで、お元気とのことです。

 なお、許代表の後任の馮寄台代表はすでに李登輝元総統や羅福全元代表への挨拶も
済ませ、今月末に着任される予定だそうです。             (編集部)
--------------------------------------------------------------------------
 平成20年(2008年)6月1日、台北駐日経済文化代表処(大使館に相当)の代表を4年
近く務めた許世楷氏と盧千恵夫人の送別会がホテルオークラ東京で開かれた。最良の日
台関係と言われる状態を作り上げたご夫妻とあって、政財界はじめ全国各地から850名
もの人々が駆けつけ、日華議員懇談会や本会など65団体の共催により盛大に行われた。

 安倍晋三(前首相)、櫻井よしこ(ジャーナリスト)、金美齢(評論家)、!)徳勲
(日本中華聯合総会会長)、ジュディ・オング(歌手・女優)、阿川佐和子(文筆業)、
中川昭一(衆議院議員)の各氏がご夫妻をねぎらいつつ感謝の言葉を述べられた。

 これらの発言や送別会の模様を全収録、併せて、会の中で上映された「許世楷代表ご
夫妻の日本の歩み−新しい日台関係を拓いた愛国外交官」(17分30秒)も収録。
                                 【2時間48分】

■頒布価格 会員:1枚=1,000円 一般:1枚=1,500円 【送料:1枚=160円】

■申込方法 日本李登輝友の会ホームページのお申し込みフォーム、FAX、メールにて
      http://www.ritouki.jp:80/cgi-bin/enquete/form0027.reg
      FAX.03-5211-8810  E-mail:info@ritouki.jp

■お支払い 代金後払い(郵便局) 商品とともに請求書と郵便払込取扱票を送付

      【銀行振込】お申し込みの際に「銀行」を○で囲んだ方には、請求書に振
            込先銀行口座を記します。お申し込みより先に銀行から振り
            込まれましてもお送り先がわかりませんので、必ず先にお申
            し込みをお願いします。

■お問合せ 日本李登輝友の会事務局
 〒102-0075東京都千代田区三番町7-5-104号
 TEL:03-5211-8838 FAX:03-5211-8810
 E-mail:info@ritouki.jp
 ホームページ:http://www.ritouki.jp/
--------------------------------------------------------------------------
DVD許世楷代表ご夫妻送別会 お申込書

DVD枚数:    枚
郵便局・銀行(いずれかを○で囲んで下さい)
会員・一般(いずれかを○で囲んで下さい)
ご氏名
電話
ご住所 〒
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 台湾『中秋節』の名物 馬政権で一変

【9月10日 東京新聞】

 【台北=栗田秀之】屋外で焼き肉パーティーをするのが名物になっている台湾の中秋
節(旧暦八月十五日)が、馬英九政権が誕生した今年、様変わりしようとしている。台
湾メディアは馬政権の重点施策である環境対策に呼応し、パーティー開催に協力してき
た自治体が消極姿勢に転じたためと伝えている。

 中秋節(今年は十四日)では、台湾各地で焼き肉パーティーが催され、自治体は公園
など場所を開放、道具も用意して実質的な主催者の立場だった。

 ところが今年、自治体は一転して市民に自粛を要望。台湾メディアは馬政権が進める
省エネ・二酸化炭素(CO2)排出抑制と関連して取り上げている。

 外交や経済政策面では批判にさらされることの多い馬政権。環境政策には賛同の声も
多いが、中秋節をめぐっては「一年に一度のことだから…」と市民から恨み節も出てい
る。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3>> 台湾株価、馬政権で落馬したまま、失望と絶望の投げ売り[宮崎 正弘]
   ついに10年線と20年線を下方に突破。大暴落の闇がまつ

【9月9日 宮崎正弘の国際ニュース・早読み 通巻第2314号】

 台湾の株式は馬英九の総統就任日に「御祝儀相場」とならず下降した。

 台湾株式の暴落は01年9月11日のテロ事件で、チャートでいう10年線と20年線を下方
へ突破した。03年、SARS騒ぎでも20年線を下回った。

 最近では5月20日の馬英九総統就任式に合わせて、9068・89を付け、さらに9月4日、
6412・63と、10年線、20年線を同時突破、先行きの暗さを示唆した。台湾株式インデッ
クスは「加権指数」といい、過去最高は1989年につけた10393・3ポイント。

 SARSでは鶏肉、豚肉、餃子関係まで売れ行き不振で食品関連の暴落から全体を下
げたが、今回の暴落は外資系投資家の撤退によるものとされる(台湾の有力紙『自由時
報』、08年9月5日)。

 経済を立て直すと公約した馬英九へ、この市場の反乱は何だろう?
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
4>> 明日、伊原吉之助氏と黄文雄氏を講師に第10回台湾問題座談会
   テーマは「台湾の現状と行方」「台湾建国の可否」

 残暑がまだ厳しい今日この頃、皆様におかれましては益々ご健勝ご活躍のことと存じ
ます。

 さて、前回の台湾問題座談会から今回の開催までに、大分時間が経ったのは、今年の
1月と3月、それぞれに台湾の立法委員選挙と総統選挙があり、またいずれの選挙も与党
民進党が大敗した。この二つの選挙は台湾運命を決める選挙と言われている中での惨敗、
多くの台湾を愛する人に失望と悲しみを与えました。

 それから、選挙後半年も経たない内に、正に予測通り、国民党政府は台湾の存在を否
定する施策を強行し、多くの台湾人を落胆させているのであります。

 そこで、台湾問題座談会の10回目という節目で、これらの問題を整理し、また台湾を
愛する人々のために、帝塚山大学名誉教授の伊原吉之助先生とご高名な評論家黄文雄先
生にお願いして、台湾の現状と行方、さらに台湾建国の可否について、ご講演していた
だくことになりました。

 つきましては下記の通りご案内申し上げます。どうか、万障繰り合わせの上ご参加下
さるようお願いいたします。

                           台湾問題座談会 曽根憲昭

                     記

■日 時:平成20年9月12日(金) 18:00〜20:20 ( 開場17:45から)

■会 場:山西福祉記念会館 (大阪YWCA)
     大阪市北区神山町11-12,  Tel: 06-6315-1868
     http://www.yamanishi-fk.jp/index.html

■会 費:講演会1000円、懇親会4000円( 開場20:30から)

■申 込:会場の関係上100名限定。
     FAX:06-6858-6221  E-mail:sonek412002@yahoo.co.jp
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
5>> 9月14日(日)、台湾出身の蔡篤俊先生によるカッピング講演会[訂正版]

 9月9日のメルマガ第858号で掲載していただきました、9月14日(日)の台湾出身の蔡篤
俊先生によるカッピング講演会(日本語)、場所を「新宿サンルートホテル」と書きま
したが、新宿には、サンルートホテルが二つあることが判明いたしました。

 そこで、場所を下記のように訂正させていただきますので、どうぞよろしくお願いい
たします。

■場所:ホテルサンルートプラザ新宿
    東京都渋谷区代々木2-3-1 TEL:03-3375-3211
    http://www.sunroutehotel.jp/plaza-shinjuku/access.asp
    【交通】JR新宿駅南口より徒歩3分
        大江戸線新宿駅 新宿マインズタワー口すぐ横
--------------------------------------------------------------------------
 カッピング(=吸い玉、吸引療法)を世界に広めようと頑張っておられる、台湾出身
の蔡篤俊先生の講演会〈日本語〉をお知らせいたします。

 これは、毛細血管に詰まっている汚れた血液(お血)を吸い出して健康な体にする、
数千年の歴史を生き抜いてきた伝統的治療法です。

 東京初台の先生のクリニックでトレーニングを受けた医師たちが、アメリカ・カナダ
・マレーシア・ウィーン・台湾などで開業して活躍しています。

 今まで、世界各地で講演を行ってきましたが、日本では初めてですので、貴重な機会
と思います。

■日 時:2008年9月14日(日) 13:00〜16:00

■場 所:ホテルサンルートプラザ新宿

■テーマ:痛みと痒みの病理

■講 演:蔡篤俊医学博士

■会 費:2,000円 (1名様)

■お申し込み方法 : メール及びFAX
 ご参加人数、お名前、ご連絡先お電話番号を明記の上、下記のFAX番号及びメールア
 ドレスにお申し込みください。
 FAX : 03-3378-8561
 メール : tsai@tsaiclinic.co.jp
 HP:http://www.tsaiclinic.co.jp/index.html

 それでは、どうぞよろしくお願いいたします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●本誌の転載転送を歓迎
 台湾問題への認識を深め、本会などの活動をより多くの方々にご理解いただきたく、
 本誌の転載転送を歓迎します。また、本誌へのご意見・ご感想はバックナンバーの
 「このメルマガへのコメント」にお願いします。

 ■http://www.melma.com/backnumber_100557/

●日本李登輝友の会へのご入会−入会申し込みフォームをお使いください
 本会へのご入会申し込みフォームをホームページに設けています。これでお手軽にご
 入会申し込みができますのでご利用ください。

 ■ご入会申し込み http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0005.reg

●本誌が届かなくなった方は【解除→再登録】の手続きを
 本誌がいつの間にか届かなくなっていたという方が少なくありません。通常は週に3
 回以上発行しています。購読を解除したわけでもないのに届かなくなったという場合
 は、いったん購読を解除し、それから再登録をお願いします。

1)解除手続き http://melma.com/contents/taikai/
  「メールマガジン日台共栄」のマガジンIDは「00100557」
2)メルマ!事務局から「メールマガジン解除完了のお知らせ」が届く。
3)本会ホームページのメールマガジン欄「購読お申し込み」から申し込む。
  ホームページ:http://www.ritouki.jp/
4)メルマ!事務局から本登録を完了させる「メールマガジン登録のご確認」が届く。
5)本登録。
6)メルマ!事務局から「メールマガジン登録完了のお知らせ」が届いて完了!
--------------------------------------------------------------------------
日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会
の活動情報とともに配信するメールマガジン。
●マガジン名:メルマガ「日台共栄」
●発   行:日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
●編集発行人:柚原正敬
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2007 Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。