国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:】 9月14日(日)、シンポ「どうなる日台関係!」【申込締切:9月9日】

2008/09/06


>>>>> http://www.ritouki.jp/━━━━━━━━【平成20年(2008年) 9月6日】

  ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
          新しい日台交流にあなたの力を!!
<<INDEX>>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━[Vol.856]
1>> 9月14日(日)、シンポ「どうなる日台関係!」【申込締切:9月9日】
2>> 9月23日(祝)、李登輝元総統が沖縄講演【本会後援】
3>> 沖縄で李登輝元総統を歓迎! ツアーのご案内【9月22日〜25日】
4>> 井尻秀憲著『李登輝の実践哲学』が特価でHPからお手軽に申し込めます!
5>> 本会編「許世楷代表ご夫妻送別会DVD」も申込フォームからどうぞ!

■第10回台湾李登輝学校研修団:お申し込みフォーム
 http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0029.reg

*お申し込み締切を9月16日とさせていただきましたが、搭乗便の座席確保のためでき
 るだけお早目のお申し込みをお願いいたします。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 9月14日(日)、シンポ「どうなる日台関係!」【申込締切:9月9日】
   岡崎久彦・黄文雄・櫻井よしこ・田久保忠衛・林建良の各氏が登壇

 3月の総統選挙で国民党の馬英九氏が圧勝し、5月に馬英九政権が発足しました。政権
発足後は週末チャーター直行便など中国との関係改善を優先する政策を次々と実行して、
その急激な中国傾斜が気になるところです。

 一方、日本との関係は、台湾遊漁船と日本の海上保安庁の巡視船の衝突事故が起こり、
これまで最良と言われていた日台関係に翳りが見え始めたようです。

 つきましては、来る9月14日、「どうなる日台関係!」と題したシンポジウムを開催し
ます。

 基調講演は、馬総統の側近中の側近で、台湾の外交政策を策定する国家安全会議にお
いて対日政策を担当する楊永明・諮問委員(台湾大学政治学部教授)。日本語に堪能な
知日派の楊氏は馬政権における外交政策の重鎮です。

 また、現在の日台関係を語る上で欠かせない岡崎久彦、黄文雄、櫻井よしこ、田久保
忠衛、林建良の各氏をパネリストに、日本文化チャンネル桜代表の水島総氏がコーディ
ネーターという豪華メンバーによるパネルデスカッションをもってシンポジウムを開催
します。

 ご参加の方は準備の都合上、FAXかメールにて事前にお申し込みください。本会ホ
ームページの「お申し込みフォーム」からも簡単にお申し込みできます。

 お申し込みの締切は9月9日ですが、会場定員の都合により、それ以前に締め切る場合
もありますことをご了承願います。

                          (日本李登輝友の会事務局)

■シンポジウム「どうなる日台関係!」お申し込みフォーム
 http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0024.reg

■楊永明氏
 1964年(昭和39年)生まれ。44歳。国家安全会議諮問委員、台湾大学政治学部教授。
 専門は国際法、国際安全保障、日本研究。台湾大学政治学部を卒業後、同大学院修士
 課程を修了し、アメリカ・ヴァージニア大学大学院で国際法学博士号を取得。夫人は
 日本人。1999年から2007年にかけて東京大学、慶応大学、中央大学、早稲田大学で研
 究を重ね、昨年9月には交流協会の招聘により来日、「中国の台頭と日台関係」をテ
 ーマに12月中旬まで研究。
 本年6月、1996年に開設したホームページ「Taiwan Security Research(TSR)」で、台
 湾の安全保障問題に関して中国・台湾・米国関係の状況などについて情報を発信して
 きたことや、東アジア安全学術研究、台湾と日本の研究フォーラムなどを推進してき
 たことが評価されて第4回中曽根康弘賞(奨励賞)を受賞。
 日本語の共著として滝田賢治編著『東アジア共同体への道』(中央大学政策文化総合
 研究所研究叢書3、2006年3月)[第4章「東アジアにおけるリージョナリズム−コラ
 ボレーションから法制化へ」]、川島真・清水麗・松田康博との共著『日台関係史 
 1945−2005』(東京大学出版会)も刊行予定。日本語の論文として「安全保障の二重
 の三角関係:日台関係1995−2000」など。

                 記

■日 時 平成20年9月14日(日)14時〜16時40分(13時30分開場)

■会 場 九段会館 2F 鳳凰の間
     東京都千代田区九段南1-6-5 TEL:03-3261-5521
     【交通】JR・地下鉄 九段下駅(4番出口)徒歩1分
     http://www.kudankaikan.or.jp/

  ●基調講演:
   楊  永明(国家安全会議諮問委員、台湾大学政治学部教授)*日本語

  ●パネルデスカッション:
   岡崎 久彦(岡崎研究所理事長・所長)
   黄  文雄(評論家)
   櫻井よしこ(ジャーナリスト)
   田久保忠衛(外交評論家)
   林  建良(メルマガ「台湾の声」編集長)
   水島  総(日本文化チャンネル桜代表)*コーディネーター
                               [敬称略 50音順]

■参加費 2,000円

■懇親会 17時〜19時 九段会館 真珠の間(3F)

■参加費 会員:8,000円 一般:10,000円
     *当日入会者も会員扱いと致します。

■申込み 本会ホームページのお申し込みフォーム、FAX、メールにて
     HP http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0024.reg
     FAX: 03-5211-8810 E-mail:info@ritouki.jp

■締 切 9月9日(火)

■協 力 在日台湾同郷会、在日台湾婦女会、日本台湾医師連合、怡友会、台湾研究フ
     ォーラム、台湾独立建国聯盟日本本部 

■お問い合せ・主催
 日本李登輝友の会[会長 小田村四郎]
 〒102-0075 東京都千代田区三番町7-5-104号
 TEL 03-5211-8838 FAX 03-5211-8810
 E-mail:info@ritouki.jp ホームページ http://www.ritouki.jp/
--------------------------------------------------------------------------
■シンポジウム「どうなる日台関係!」(いずれかに○をつけて下さい)

・お名前:  (会員・一般) 
(フリガナ)
・電話:
・シンポジウム:ご出席・ご欠席
・懇親会:ご出席・ご欠席
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 9月23日(祝)、李登輝元総統が沖縄講演【本会後援】
   演題「学問のすゝめと日本文化の特徴」

 来る9月23日(祝)、台湾の李登輝元総統が初の沖縄講演を行います。主催は「李登輝
博士『学問のすゝめ』講演会実行委員会」(実務責任者:永井實・琉球大学教授)で、
本会も後援し、下記のような次第で開催されます。学問のすゝめ、日本文化の特徴、日
本および沖縄人の生き方などについて、日本語で約2時間、たっぷり語っていただきます。

 各位におかれましては、この機会に「台湾民主化の父」、哲人政治家、李登輝博士の
謦咳に接し、そのあふれんばかりの熱意に触れていただきますようご案内申し上げます。

 本講演会はできるだけ前売券をもってご参加いただきたく、沖縄県内の前売券は球陽
堂書房で取り扱っておりますのでよろしくお願い申し上げます。

 なお、当日は午後6時30分より別会場において「李登輝博士歓迎レセプション」(参
加費:1万円)が行われます。参加は主催者関係と本会会員に限定されています。参加
ご希望の方は、お手数ですが本会までお問い合わせ願います。

                           (日本李登輝友の会事務局)

                     記

■日 時 2008年9月23日(祝)午後3:00〜5:00(2:30開場)

■会 場 沖縄コンベンション劇場
     〒901-2224 沖縄県宜野湾市真志喜4-3-1
     TEL:098-898-3000 FAX:098-898-2202

■入場料 1,000円(当日:2,000円、学生はいずれも半額)

■主 催 李登輝博士「学問のすゝめ」講演会実行委員会
     沖縄県九州大学同窓有志会、南西地域産業活性化センター、琉球大学産学連
     携研究会

■協 賛 沖縄県経営者協会、球陽堂書房、リューセロ、沖縄観光速報社

■後 援 沖縄県、沖縄観光コンベンションビューロー、NHK沖縄放送局、沖縄タイ
     ムス社、琉球新報社、日本李登輝友の会

●前売券お申し込み(日本李登輝友の会)
 *お名前、ご住所、電話番号を書き添えてFAXも可
 http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0023.reg

●前売券お求め先(沖縄県内)
 球陽堂書房(那覇店:098-951-3456、西原店:098-882-9280)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3>> 沖縄で李登輝元総統を歓迎! ツアーのご案内【9月22日〜25日】
   9月22日、那覇空港で李登輝元総統を盛大に歓迎しよう!

 秋分の日の9月23日、李登輝元総統は沖縄・宜野湾市で「学問のすゝめと日本文化の
特徴」と題した講演を行います。

 つきましては、日台関係に関心のある多くの方に聴講していただきたく、『李登輝元
総統沖縄ご講演参加ツアー』のご案内です。9月22日早朝に羽田空港を出発し、那覇空
港で李元総統を盛大に歓迎します。帰りは、9月25日に帰台される李元総統を那覇空港
でお見送りしてからの帰京を原則としています。ただし、23日、24日に帰るコースも
ご用意、ご都合に合わせてお選び下さい。

 ツアー参加ご希望の方は本会ホームページからお手軽にお申し込みできます。また、
お申込書をダウンロードすることもできます。お申込みいただいた方には、後日、詳細
をお送りします。

 講演会後に開かれる23日の歓迎レセプションには、本会会員に限り参加できます。非
会員の方は、同時に「ご入会案内」をお送りいたしますので入会をお願いいたします。
また、沖縄県在住者、日帰り、独自で宿泊先を確保できる方で、講演会だけ参加される
場合は下記から「前売券」をお申し込みください。

                           (日本李登輝友の会事務局)

■李登輝元総統沖縄ご講演参加ツアー:仮お申し込みフォーム
 http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0026.reg
--------------------------------------------------------------------------
【Fコース】

■飛行機:
 行き 9月22日 ANA-993便(羽田6:35発)またはANA-121便(羽田7:55発)のいずれか
 帰り 9月25日 原則ANA-992便(沖縄20:30発)、但し他のANA便も相談可(割増あり)

■ホテル:宜野湾のラグナガーデンホテル(朝食付き)

・F−1コース(航空料金、ホテル代、現地移動費、講演会・レセプション参加費含む)
*料金 シングル:120,000円  ツイン:96,000円

・F−2コース(ホテル代、現地移動費、講演会・レセプション参加費含む)
*料金 シングル:85,000円  ツイン:61,000円

・F−3コース(現地合流、飛行機・ホテルなし。現地移動費、講演会・レセプション
 参加費のみ含む)
*料金 30,000円

【Aコース】

■飛行機:
 行き 9月22日 原則ANA-993便かANA-121便、但し他のANA便も相談可(割増あり)
 帰り 9月23日〜25日 原則ANA-992便(沖縄20:30発)、但し他のANA便も相談可(割
    増あり)

■ホテル:那覇市内のサンパレス球陽館ホテル(朝食付き)

■その他:+10,000円でレセプション参加可(A−2コース、A−3コースのみ)

・A−1コース(23日帰京・1泊2日、航空料金、ホテル代、講演会参加費含む)
*料金 シングル:44,000円  ツイン:41,500円

・A−2コース(24日帰京・2泊3日、航空料金、ホテル代、講演会参加費含む)
*料金 シングル:51,000円  ツイン:46,000円

・A−3コース(25日帰京・3泊4日、航空料金、ホテル代、講演会参加費含む)
*料金 シングル:58,000円  ツイン:50,500円

■お申し込み・お問い合わせ
 日本李登輝友の会事務局:柚原、片木、薛
 電話:03-5211-8838 Fax:03-5211-8810
 E-mail:info@ritouki.jp ホームページ:http://www.ritouki.jp/
--------------------------------------------------------------------------
『李登輝元総統沖縄ご講演参加ツアー』仮申込書
*お申込みいただきました方には、詳細をお送りします。

ご氏名   (男・女)
年齢 歳
ご連絡先(電話番号)
希望コース
宿泊条件(○で囲む) シングル   ツイン
ご住所 〒
FAX
E-mail
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
4>> 井尻秀憲著『李登輝の実践哲学』が特価でHPからお手軽に申し込めます!
   本会会員には定価2,625円を2,000円(送料無料)で頒布!

■著者 井尻秀憲
■書名 李登輝の実践哲学−五十時間の対話
■版元 ミネルヴァ書房 http://www.minervashobo.co.jp/
■体裁 四六判、上製、268頁
■定価 2,625円(税込)
■発行 平成20年9月10日

■『李登輝の実践哲学』お申込みフォーム
 http://www.ritouki.jp:80/cgi-bin/enquete/form0028.reg
--------------------------------------------------------------------------
 本書は、李登輝元総統がいかにして台湾に民主化をもたらし、中国との外交チャンネ
ルを維持しつつ、どのようにして台湾の国際的地位を向上させてきたのか、その歴史的
偉業である「台湾経験」の背景を、5つのモチーフから迫る濃密な内容だ。
 著者は「今なぜ、李登輝か」をテーマに2002年から2008年3月まで李元総統へのインタ
ビューを繰り返してきた。本書が対談集でないのは、著者が単独で記述した章を含むた
めだが「李元総統のお勧めもあって、筆者の単著とし、副題に『五十時間の対話』とい
う文言を付した」(あとがき)と述べている通りで、著者の李元総統への深い共感が全
編に満ちている。
 李元総統にとっての「台湾経験」は台湾にとっての「台湾経験」であり、日本の現代
史にとっても「台湾経験」は深く関わっている。その点で、本書は日本人が台湾を知る
上で欠かせない大事な一冊といってよい。そして、なぜ台湾が国際的に認知されなけれ
ばならないのかも自ずと理解される。

【本書の内容】
序 章:李登輝の思想と実践
第1章:李登輝の「死生観」
第2章:李登輝の心に残る本
第3章:漱石、魯迅と李登輝
第4章:指導者とは
第5章:民主化の陣痛
第6章:中国の軍事圧力に抗して
第7章:陳水扁当選・再選とその後
第8章:台湾が歩む中道路線とは
第9章:2008年立法委員選挙と総統選挙
終 章:李登輝巡礼

■頒布価格 会員:1冊=2,000円 一般:1冊= 2,500円 *いずれも送料無料

■申込方法 日本李登輝友の会ホームページのお申し込みフォーム、FAX、メールにて
 http://www.ritouki.jp:80/cgi-bin/enquete/form0028.reg
 FAX.03-5211-8810  E-mail:info@ritouki.jp

■お支払い 代金後払い(郵便局) 商品とともに請求書と郵便払込取扱票を送付

【銀行振込】お申し込みの際に「銀行」を○で囲んだ方には、請求書に振込先銀行口座
      を記します。お申し込みより先に銀行から振り込まれましてもお送り先が
      わかりませんので、必ず先にお申し込みをお願いします。

■お問合せ 日本李登輝友の会事務局
 〒102-0075東京都千代田区三番町7-5-104号 TEL.03-5211-8838
--------------------------------------------------------------------------
『李登輝の実践哲学−五十時間の対話』 お申込書

申込部数:    冊
郵便局・銀行 (いずれかを○で囲んで下さい)
会員・一般 (いずれかを○で囲んで下さい)
ご氏名
電話
ご住所 〒
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
5>> 本会編「許世楷代表ご夫妻送別会DVD」も申込フォームからどうぞ!
   安倍晋三、櫻井よしこ、金美齢、ジュディ・オングなどの各氏発言も全収録

■日本李登輝友の会編「許世楷代表ご夫妻送別会DVD」お申し込みフォーム
 http://www.ritouki.jp:80/cgi-bin/enquete/form0027.reg
--------------------------------------------------------------------------
 平成20年(2008年)6月1日、台北駐日経済文化代表処(大使館に相当)の代表を4年
近く務めた許世楷氏と盧千恵夫人の送別会がホテルオークラ東京で開かれた。最良の日
台関係と言われる状態を作り上げたご夫妻とあって、政財界はじめ全国各地から850名
もの人々が駆けつけ、日華議員懇談会や本会など65団体の共催により盛大に行われた。

 安倍晋三(前首相)、櫻井よしこ(ジャーナリスト)、金美齢(評論家)、!)徳勲
(日本中華聯合総会会長)、ジュディ・オング(歌手・女優)、阿川佐和子(文筆業)、
中川昭一(衆議院議員)の各氏がご夫妻をねぎらいつつ感謝の言葉を述べられた。

 これらの発言や送別会の模様を全収録、併せて、会の中で上映された「許世楷代表ご
夫妻の日本の歩み−新しい日台関係を拓いた愛国外交官」(17分30秒)も収録。
                                 【2時間48分】

■頒布価格 会員:1枚=1,000円 一般:1枚=1,500円 【送料:1枚=160円】

■申込方法 日本李登輝友の会ホームページのお申し込みフォーム、FAX、メールにて
 http://www.ritouki.jp:80/cgi-bin/enquete/form0027.reg
 FAX.03-5211-8810  E-mail:info@ritouki.jp

■お支払い 代金後払い(郵便局) 商品とともに請求書と郵便払込取扱票を送付

【銀行振込】お申し込みの際に「銀行」を○で囲んだ方には、請求書に振込先銀行口座
      を記します。お申し込みより先に銀行から振り込まれましてもお送り先が
      わかりませんので、必ず先にお申し込みをお願いします。

■お問合せ 日本李登輝友の会事務局
 〒102-0075東京都千代田区三番町7-5-104号 TEL.03-5211-8838
--------------------------------------------------------------------------
DVD許世楷代表ご夫妻送別会 お申込書

DVD枚数:    枚
郵便局・銀行(いずれかを○で囲んで下さい)
会員・一般(いずれかを○で囲んで下さい)
ご氏名
電話
ご住所 〒
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●本誌の転載転送を歓迎
 台湾問題への認識を深め、本会などの活動をより多くの方々にご理解いただきたく、
 本誌の転載転送を歓迎します。また、本誌へのご意見・ご感想はバックナンバーの
 「このメルマガへのコメント」にお願いします。

 ■http://www.melma.com/backnumber_100557/

●日本李登輝友の会へのご入会−入会申し込みフォームをお使いください
 本会へのご入会申し込みフォームをホームページに設けています。これでお手軽にご
 入会申し込みができますのでご利用ください。

 ■ご入会申し込み http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0005.reg

●本誌が届かなくなった方は【解除→再登録】の手続きを
 本誌がいつの間にか届かなくなっていたという方が少なくありません。通常は週に3
 回以上発行しています。購読を解除したわけでもないのに届かなくなったという場合
 は、いったん購読を解除し、それから再登録をお願いします。

1)解除手続き http://melma.com/contents/taikai/
  「メールマガジン日台共栄」のマガジンIDは「00100557」
2)メルマ!事務局から「メールマガジン解除完了のお知らせ」が届く。
3)本会ホームページのメールマガジン欄「購読お申し込み」から申し込む。
  ホームページ:http://www.ritouki.jp/
4)メルマ!事務局から本登録を完了させる「メールマガジン登録のご確認」が届く。
5)本登録。
6)メルマ!事務局から「メールマガジン登録完了のお知らせ」が届いて完了!
--------------------------------------------------------------------------
日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会
の活動情報とともに配信するメールマガジン。
●マガジン名:メルマガ「日台共栄」
●発   行:日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
●編集発行人:柚原正敬
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2007 Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。