国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第841号】 李登輝元総統の9・23日沖縄講演会の前売りチケットは本会HPからどうぞ

2008/08/17



>>>>> http://www.ritouki.jp/━━━━━━━━【平成20年(2008年) 8月17日】

  ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
          新しい日台交流にあなたの力を!!
<<INDEX>>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━[Vol.841]
1>> 李登輝元総統の9・23日沖縄講演会の前売りチケットは本会HPからどうぞ
2>> 訪沖される李登輝元総統へ歓迎メッセージを募集します!
3>>【読者の声】那覇空港で李登輝元総統をお迎えしたい [門田 永稔]
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 李登輝元総統の9・23日沖縄講演会の前売りチケットは本会HPからどうぞ
   ブログ「李登輝元総統 沖縄訪問特集」を開設! 単独インタビューを掲載

 9月23日に沖縄県宜野湾市で開催される李登輝元総統の講演会「学問のすゝめと日本
文化の特徴」(主催:李登輝博士「学問のすゝめ」講演会実行委員会)の前売りチケッ
トを本会で扱っていることはお知らせしましたが、本会ホームページからも簡単にお申
し込みいただけるようになりました。

 参加ご希望の方は、下記の申し込みフォームから、または下記の申込書にご記入いた
だいてメールかFAXにてお申し込み下さい。案内チラシとチケットを郵送いたします。
お申し込み締切は9月16日です。ふるってお申し込み下さい。

 また、先にもお知らせしましたように、できるだけ多くの方が関東方面からも参加さ
れることを期し、羽田空港出発の「李登輝元総統沖縄講演会ツアー」を企画しています。
詳細が決まりましたらお知らせします。本部事務局からは、柚原事務局長はじめ全員が
参加の予定です。

 なお、本日からホームページにブログ「平成20年(2008年)李登輝元総統 沖縄訪問
特集」を開設しました。こちらも併せてご覧ください。

 沖縄と聞くと意外な感じもしますが、李元総統李氏はすでに総統退任から2年後の2002
年(平成14年)9月、沖縄訪問への熱意を「沖縄タイムス」の単独インタビューで語って
います。ブログではその一部を紹介しています。

 さらに、李元総統が以前から「尖閣諸島は日本の領土」と明言しているのはよく知ら
れていますが、尖閣問題についても、この「沖縄タイムス」のインタビューの中で明快
に答えていますので、これもブログに掲載しています。         (編集部)

■李登輝元総統 沖縄講演会お申し込みフォーム【締切:9月16日】
 http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0021.reg

■李登輝元総統 沖縄講演会お申し込み先
 日本李登輝友の会 FAX:03-5211-8810 E-mail:info@ritouki.jp

■ブログ「平成20年(2008年)李登輝元総統 沖縄訪問特集」
 http://blogs.yahoo.co.jp/ritouki2008/409928.html

■沖縄県内での前売りチケットお求め先
 球陽堂書房(那覇店:098-951-3456、西原店:098-882-9280)
--------------------------------------------------------------------------
李登輝元総統沖縄講演会 前売券お申し込み【締切:9月16日】

1、お名前
2、ご住所 〒
3、電話番号
4、メールアドレス
5、李登輝博士歓迎レセプション 出席

*李登輝博士歓迎レセプションへ出席される場合は、このお申し込みに「出席」と記し
 て下さい。こちらから主催者にご連絡します。
--------------------------------------------------------------------------
「学問のすゝめと日本文化の特徴」講演会開催について

 今般、中華民国(台湾)民選初代総統・農学博士・李登輝氏を招聘して、標記講演会
を下記の通り開催致します。

 22歳まで「日本人」として育ち、日本人以上に日本を愛する李登輝博士は、自らは台
湾の民主革命を指導する一方で、戦後日本社会の精神的荒廃を嘆き、日本文化や日本精
神の再興を願って「日本人よ、誇りを取り戻そうではないか」と、熱く訴えていること
でもつとに有名です。今回初めて沖縄を訪れる李登輝博士には、学問のすゝめ、日本文
化の特徴、日本および沖縄人の生き方などについて、日本語で、縦横に語って頂く予定
です。

 各位におかれては、この機会に、李登輝博士の講演会に参加され、博士の熱意に触れ
て頂くようご案内申し上げます。                     敬具

 2008年8月13日

                  李登輝博士「学問のすゝめ」講演会実行委員会
                    実務責任者 琉球大学教授 永井 獏(實)

                   記

■日 時:2008年9月23日(火/秋分の日)午後3:00−5:00(2:30開場)

■場 所:沖縄コンベンション劇場
     〒901-2224 沖縄県宜野湾市真志喜4-3-1
     TEL:098-898-3000 FAX:098-898-2202
     http://www.oki-conven.jp/modules/tinyd0/content/index.php?id=9

■入場料:1,000円(当日2,000円)、学生はいずれも半額

 なお、当日午後6:30よりラグナガーデンホテルにおいて「李登輝博士歓迎レセプシ
 ョン」(参加費10,000円、同伴者5,000円)を開催予定。

■主 催 李登輝博士「学問のすゝめ」講演会実行委員会
     沖縄県九州大学同窓有志会(宮城信勇会長)
     (財)南西地域産業活性化センター(當眞嗣吉会長)
     NPO琉球大学産学連携研究会(永井獏代表)

■協 賛 (社)沖縄県経営者協会(知念榮治会長)
     球陽堂書房(山田親夫社長)
     リューセロ株式会社(知名洋社長)
     (有)沖縄観光速報社(渡久地明社長)

■後 援 沖縄県(仲井真弘多知事;知事には来賓出席を要請)
     (財)沖縄観光コンベンションビューロー(平良哲会長)
     NHK沖縄放送局(熊谷雅宣局長)
     沖縄タイムス社(岸本正男社長)
     琉球新報社(比嘉辰博社長)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 訪沖される李登輝元総統へ歓迎メッセージを募集します!

 李登輝元総統は沖縄で講演されるため、9月22日からご家族を伴われて訪沖し25日に
帰台されます。今回も体調は万全のようです。

 つきましては、ご訪沖を歓迎し、ご講演の成功を祈念するメッセージを募集します。
日本李登輝友の会までお寄せください。李元総統はお寄せいただいた全てのメッセージ
に目を通されます。どしどしお寄せ下さい。              (編集部)

■日本李登輝友の会
 E-mail:info@ritouki.jp
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3>>【読者の声】那覇空港で李登輝元総統をお迎えしたい [門田 永稔]

              李登輝学校研修団(第3期・第7期)卒業生 門田 永稔

 いつもお世話になっております。

 李登輝総統のご来日決定、万歳! ぜひとも那覇空港にお迎えに馳せ参じたいと思っ
ております。

 前回はたったひとりの不良シナ人によって、お見送りが台無しになってしまいました。
今回はあのようなことがないように、歓迎する担当と周囲を警戒する担当を用意するべ
きです。

 メルマガ「日台共栄」や「台湾の声」などで有志を募り、身元確認のうえで警戒を担
当する人々の専用連絡会を作り、警戒に当たりましょう。

 私は、有給休暇を貯めて9月下旬を迎えることにします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●本誌の転載転送を歓迎
 台湾問題への認識を深め、本会などの活動をより多くの方々にご理解いただきたく、
 本誌の転載転送を歓迎します。また、本誌へのご意見・ご感想はバックナンバーの
 「このメルマガへのコメント」にお願いします。

 ■http://www.melma.com/backnumber_100557/

●日本李登輝友の会へのご入会−入会申し込みフォームをお使いください
 本会へのご入会申し込みフォームをホームページに設けています。これでお手軽にご
 入会申し込みができますのでご利用ください。

 ■ご入会申し込み http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0005.reg

●本誌が届かなくなった方は【解除→再登録】の手続きを
 本誌がいつの間にか届かなくなっていたという方が少なくありません。通常は週に3
 回以上発行しています。購読を解除したわけでもないのに届かなくなったという場合
 は、いったん購読を解除し、それから再登録をお願いします。

1)解除手続き http://melma.com/contents/taikai/
  「メールマガジン日台共栄」のマガジンIDは「00100557」
2)メルマ!事務局から「メールマガジン解除完了のお知らせ」が届く。
3)本会ホームページのメールマガジン欄「購読お申し込み」から申し込む。
  ホームページ:http://www.ritouki.jp/
4)メルマ!事務局から本登録を完了させる「メールマガジン登録のご確認」が届く。
5)本登録。
6)メルマ!事務局から「メールマガジン登録完了のお知らせ」が届いて完了!
--------------------------------------------------------------------------
日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会
の活動情報とともに配信するメールマガジン。
●マガジン名:メルマガ「日台共栄」
●発   行:日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
●編集発行人:柚原正敬
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2007 Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。