国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第839号】 9月23日(祝)、李登輝元総統が沖縄で講演【要申し込み】

2008/08/15



>>>>> http://www.ritouki.jp/━━━━━━━━【平成20年(2008年) 8月15日】

  ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
          新しい日台交流にあなたの力を!!
<<INDEX>>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━[Vol.839]
1>> 9月23日(祝)、李登輝元総統が沖縄で講演【要申し込み】
2>> 馬英九・総統に不満、台湾社らが30日にデモ行進
3>>【読者の声】薛格芳さんの記事に感謝
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 9月23日(祝)、李登輝元総統が沖縄で講演【要申し込み】
   演題は「学問のすゝめと日本文化の特徴」

 先に本誌でもご案内のように、来る9月23日、沖縄県宜野湾市において「李登輝博士
『学問のすゝめ』講演会実行委員会」の主催により、李登輝元総統の講演会「学問のす
ゝめと日本文化の特徴」が開催されます。

 本会でも講演会入場券の前売りチケットを扱っておりますので、参加ご希望の方は、
下記の申込書にご記入いただいてお申し込み下さい。案内チラシとチケットを郵送いた
します。申し込み締切は9月16日です。ふるってお申し込み下さい。

 なお、本会ではできるだけ多くの方が関東方面からも参加されることを期し、9月22
日に羽田空港を出発する、2泊3日の「李登輝元総統講演会ツアー」を企画しています。
詳細が決まりましたらお知らせします。本部事務局からも、柚原事務局長はじめ全員が
参加の予定です。                          (編集部)

*沖縄県内での前売券お求め先
 球陽堂書房(那覇店:098-951-3456、西原店:098-882-9280)
--------------------------------------------------------------------------
「学問のすゝめと日本文化の特徴」講演会開催について

 今般、中華民国(台湾)民選初代総統・農学博士・李登輝氏を招聘して、標記講演会
を下記の通り開催致します。

 22歳まで「日本人」として育ち、日本人以上に日本を愛する李登輝博士は、自らは台
湾の民主革命を指導する一方で、戦後日本社会の精神的荒廃を嘆き、日本文化や日本精
神の再興を願って「日本人よ、誇りを取り戻そうではないか」と、熱く訴えていること
でもつとに有名です。今回初めて沖縄を訪れる李登輝博士には、学問のすゝめ、日本文
化の特徴、日本および沖縄人の生き方などについて、日本語で、縦横に語って頂く予定
です。

 各位におかれては、この機会に、李登輝博士の講演会に参加され、博士の熱意に触れ
て頂くようご案内申し上げます。                     敬具

 2008年8月13日

                  李登輝博士「学問のすゝめ」講演会実行委員会
                    実務責任者 琉球大学教授 永井 獏(實)

                 記

■日 時:2008年9月23日(火/秋分の日)午後3:00−5:00(2:30開場)

■場 所:沖縄コンベンション劇場
     〒901-2224 沖縄県宜野湾市真志喜4-3-1
     TEL:098-898-3000 FAX:098-898-2202
     http://www.oki-conven.jp/modules/tinyd0/content/index.php?id=9

■入場料:1,000円(当日2,000円)、学生はいずれも半額

 なお、当日午後6:30よりラグナガーデンホテルにおいて「李登輝博士歓迎レセプ
 ション」(参加費10,000円、同伴者5,000円)を開催予定。

■主 催 李登輝博士「学問のすゝめ」講演会実行委員会
     沖縄県九州大学同窓有志会(宮城信勇会長)
     (財)南西地域産業活性化センター(當眞嗣吉会長)
     NPO琉球大学産学連携研究会(永井獏代表)

■協 賛 (社)沖縄県経営者協会(知念榮治会長)
     球陽堂書房(山田親夫社長)
     リューセロ株式会社(知名洋社長)
     (有)沖縄観光速報社(渡久地明社長)

■後 援 沖縄県(仲井真弘多知事;知事には来賓出席を要請)
     (財)沖縄観光コンベンションビューロー(平良哲会長)
     NHK沖縄放送局(熊谷雅宣局長)
     沖縄タイムス社(岸本正男社長)
     琉球新報社(比嘉辰博社長)
--------------------------------------------------------------------------
李登輝元総統講演会 前売券お申し込み【締切:9月16日】

1、お名前
2、ご住所 〒
3、電話番号
4、メールアドレス
5、李登輝博士歓迎レセプション 出席

*李登輝博士歓迎レセプションへ出席される場合は、このお申し込みに「出席」と記し
 て下さい。こちらから主催者にご連絡します。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 馬英九・総統に不満、台湾社らが30日にデモ行進

【8月12日 Radio Taiwan International】

 「台湾社」と複数の台湾の主体意識を主張する、民間団体が8月30日に大規模なデモ
行進を行って馬英九政権に対して不満を示す。これらの民間団体のリーダーは12日、民
進党の党本部に行き、蔡英文・主席を訪れ、民進党による同活動への参加を招請した。
蔡英文はすでに同活動への参加を承諾した。

 「台湾社」からの招請について、蔡英文・主席は、人民は現段階の政府の施政に対し
て失望と不満が募っており、特に台湾の主権問題の処理の面では人民を心配させること
があると指摘、台湾のような民主で自由な社会では人民には自らの考えと意志を示す権
利が与えられているとし、民進党はこのような活動を支持すると述べた。

 蔡英文・主席は、民進党中央は各地方の党本部に、今回の活動に対する党中央の支持
と参与を表明する旨の知らせを送ると同時に、今回のデモ行進に参加しようとする全国
の国民にも協力する旨を表明した。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3>>【読者の声】薛格芳さんの記事に感謝

 セホタナさんと一緒に靖国神社を参拝 [日本李登輝友の会青年部 薛 格芳]の記事
が良かったです。感謝します。(8月14日)

●セホタナさんが本日帰台
 お便りありがとうございました。昨日お伝えしましたように、本日朝9時、台湾から
来日している原住民(タイヤル族)のサホタナさんは私どもと一緒に再び靖国神社に参
拝、靖国神社のお計らいにより社務所の応接間で涼みながら職員の方と懇談し、またチ
ャンネル桜の取材などを受け、片木理事と薛部長が成田までお送りして無事帰台されま
した。

 どこまでご満足いただけたかわかりませんが、薛部長が成田の出迎えからお見送りま
で付き添い、昨晩は李登輝学校研修団の卒業生有志で歓迎会を開き、2度も靖国神社に
参拝、本日の賑わいぶりもご覧になり驚いた様子でしたが、靖国神社に祀られている従
兄の「ライサ・ノカン」(日本名:前川行則)さんの慰霊参拝ができたことで、満足気
に見受けられました。                        (編集部)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●本誌の転載転送を歓迎
 台湾問題への認識を深め、本会などの活動をより多くの方々にご理解いただきたく、
 本誌の転載転送を歓迎します。また、本誌へのご意見・ご感想はバックナンバーの
 「このメルマガへのコメント」にお願いします。

 ■http://www.melma.com/backnumber_100557/

●日本李登輝友の会へのご入会−入会申し込みフォームをお使いください
 本会へのご入会申し込みフォームをホームページに設けています。これでお手軽にご
 入会申し込みができますのでご利用ください。

 ■ご入会申し込み http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0005.reg

●本誌が届かなくなった方は【解除→再登録】の手続きを
 本誌がいつの間にか届かなくなっていたという方が少なくありません。通常は週に3
 回以上発行しています。購読を解除したわけでもないのに届かなくなったという場合
 は、いったん購読を解除し、それから再登録をお願いします。

1)解除手続き http://melma.com/contents/taikai/
  「メールマガジン日台共栄」のマガジンIDは「00100557」
2)メルマ!事務局から「メールマガジン解除完了のお知らせ」が届く。
3)本会ホームページのメールマガジン欄「購読お申し込み」から申し込む。 
  ホームページ:http://www.ritouki.jp/
4)メルマ!事務局から本登録を完了させる「メールマガジン登録のご確認」が届く。
5)本登録。
6)メルマ!事務局から「メールマガジン登録完了のお知らせ」が届いて完了!
--------------------------------------------------------------------------
日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会
の活動情報とともに配信するメールマガジン。
●マガジン名:メルマガ「日台共栄」
●発   行:日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
●編集発行人:柚原正敬
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2007 Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。