国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第825号】本夕、台湾研究フォーラムが大阪で初の関西講演会

2008/07/26



>>>>> http://www.ritouki.jp/━━━━━━━━【平成20年(2008年) 7月26日】

  ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
          新しい日台交流にあなたの力を!!
<<INDEX>>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━[Vol.825]
1>> 本夕、台湾研究フォーラムが大阪で初の関西講演会
2>> 明日10時、今年も児玉神社の例大祭に神奈川県支部が参拝
3>> 台湾産マンゴー入荷の大幅遅延の事情などを「台湾週報」が報道
4>> 台湾の人口が2300万人に
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 本夕、台湾研究フォーラムが大阪で初の関西講演会
   テーマは「日台関係の現状と展望」

 本会は平成8年の創設以降、運命共同体といえる日本と台湾の共栄を目指し、台湾正
名・建国への支援活動や、台湾や日台関係の重要性を訴える月例講演会など行ってまい
りましたが、このたび初めての試みとして、大阪にて「関西講演会」を開催し、日台共
栄運動の拡大を期したく存じます。

 本日は、日本に帰化した中国生まれの評論家の石平氏や、李登輝前総統の京大時代の
恩師、故柏祐賢氏令孫の柏久・京大助教授などもゲストで登壇します。

 つきましては、同憂の皆様には是非ご参加くださいますようお願いします。

                      台湾研究フォーラム副会長 片木 裕一

                    記

【日 時】平成20年7月26日(土)午後6時15分〜8時30分

【場 所】大阪市立総合生涯学習センター 第1研修室
     住所:大阪市北区梅田1-2-2-500 大阪駅前第2ビル5階
     TEL:06-6345-5000

【交 通】地下鉄 御堂筋線・梅田/四つ橋線・西梅田/谷町線・東梅田
     JR 大阪駅/東西線・北新地駅
     私鉄 阪神電車・梅田/阪急電車・梅田

【講 演】
 ■永山英樹氏 (台湾研究フォーラム会長)
  「日本と台湾は生命共同体−打破すべき両国不正常関係」
 ■片木裕一氏(台湾研究フォーラム副会長・日本李登輝友の会事務局次長)
  「戦前・戦後の日台関係−鉄道建設を中心に」
 ■曽根憲昭氏(在日台湾同郷会副会長兼関西支部長・台湾問題座談会会長)
  「日台生命共同体構築の基本−台湾と台湾人意識の認識」

【参加費】1000円

【懇親会】 閉会後、会場近くにて。(会費 3000円、学生1000円)

【申込み】 E-mail(関西)t.forum.kansai@gmail.com
         (東京)taiwan_kenkyu_forum@yahoo.co.jp
      FAX  03−3626−1520

以下の内容を明記の上お申し込みください。
1)氏名 2)メールアドレス 3)居住する府県市町村名

■台湾研究フォーラム関西のブログ
 http://taiwankenkyuforumkansai.blogspot.com/
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 明日10時、今年も児玉神社の例大祭に神奈川県支部が参拝

 児玉神社のご祭神は児玉源太郎。第4代台湾総督として台湾の発展に尽くした功によ
り、今でも台湾の人々から慕われている。歿後、台湾の人々の協賛によって建立された
のが児玉神社だ。

 児玉神社の社殿や神楽殿は台湾の阿里山檜で造られ、神楽殿の前にある狛犬もまた台
湾・台北の観音山から切り出した観音石を用いて台湾の名工が製作したもので、昭和5年
11月に第13代台湾総督の石塚栄蔵が奉献している。

 児玉神社が台湾とご縁が深い神社であることは台湾の人々も知るところで、観光で来
た際に参拝し、台湾からの留学生なども参拝している。大東亜戦争も末期のころ、神奈
川の高座海軍工廠で戦闘機生産に従事していた台湾少年工たちも、休みの日にはよく江
の島に遊びに行き、児玉神社に参拝していたという。

 歿後100年に当たった一昨年の例大祭には、李登輝元総統が「兒玉神社」と揮毫され
た扁額の除幕式も行われた。その扁額は今も燦然と神楽殿に輝いている。

 今年の例大祭にも、石川公弘支部長をはじめとする本会神奈川県支部はこぞって参拝
する。本部からは小田村四郎会長や柚原正敬事務局長も参列する予定だ。

 心ある日台の人々の参拝をお誘いしたい。              (編集部)


■日 時:7月27日(日)午前10:00より

■集合地:直接同神社へ(江ノ島の参道を登って下さい)

 会として人数把握の必要がございますので、お手数ですが、下記までFAX、E-mail
 等にてお知らせの程お願い致します。なおE-mail件名は「児玉神社例大祭」とご記載
 下さい。

■日本李登輝友の会神奈川支部 佐藤雅彦
 〒232-0071 横浜市南区永田北3-18-14 南洋物産!)内
 TEL/FAX:045-713-7342 携帯:090-8108-4905
 E-mail:harimao@r8.dion.ne.jp

*なお上記連絡先は事務局長職場故、お電話は手短にお願いします(ご体験談、政治談
 議等ご遠慮下さい)。また業務の都合上15〜17:00は多忙を極めております。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3>> 台湾産マンゴー入荷の大幅遅延の事情などを「台湾週報」が報道

 本誌でお伝えしましたように、6月からご案内のアップルマンゴーですが、予定通り7
月18日にお申し込みを締め切りました。昨年を上回るお申し込みをいただき心から御礼
申し上げます。

 マンゴーを通じて台湾のことを知って欲しいという趣旨で始めたことですが、今年は
例年になく入荷が大幅に遅れ、皆様にご心配とご迷惑をお掛けしましたことを改めて深
くお詫び申し上げます。今週に入ってようやく入荷量も増え、今週末か来週早々にはお
届けできる予定ですので、未着の方はもうしばらくお待ちいただきますようお願い申し
上げます。

 台湾駐日代表処の「台湾週報」が台湾からの入荷が大幅に遅れた事情などを伝えてい
ますので、ご紹介します。                      (編集部)
--------------------------------------------------------------------------
今年の台湾産マンゴーなどの各果物、日本向け輸出は順調に拡大

【7月25日 台湾週報】

 今年の台湾産マンゴーの日本向けの輸出はきわめて順調である。行政院農業委員会の
動植物防疫検疫局(以下、防検局)は、国産フルーツの日本への輸出促進のため、防検
局は来台した日本からの検疫官と共にマンゴー、パパイヤ、ライチの輸出前の検疫殺虫
処理作業を行った。

 7月13日時点で検疫を行った日本向けフルーツの累計数は7,474.7トン、韓国向けは46
9.5トンだった。防検局の葉瑩・副局長は「今年の日本向けフルーツの検疫処理作業は4
月1日から始まり、8月上旬で終了を予定しており、4名の日本の検疫官が4月から次々と
来台しており、台中の豊原、台南の楠西ならびに玉井、高雄の小港の検疫処理場で、台
湾の防疫検疫官と共に日本向けフルーツの検疫処理作業を行っている。その中で、台南
の楠西蒸熱場は、今年新しく増設された検疫処理施設であり、台南地区におけるマンゴ
ーの最盛期の輸出作業に大いに役立った。

 防検局による7月13日時点での統計によると、台湾全体で日本へ輸出したマンゴーは31
2.7トン、ライチは120.5トン、パパイヤは8.5トンで、韓国へ輸出したマンゴーは422.4
トンだった。また、輸出前に検疫処理を必要とせず、防検局の検査、合格を経て証明書
が発給されれば日本への輸出が可能なバナナは6,390.5トン、パイナップルは642.5トン
で、韓国へ輸出したパイナップルは47.1トンだった。

 その中で、日本向けのパイナップルは前年同期比186.3トン増で、ライチは同18.3ト
ン増、パパイヤも同4.2トン増となっており、台湾産フルーツの日本向けの輸出マーケ
ットが効果的に拡大している。

 葉副局長は「台湾は高品質な『輸出用の果樹園』があるため、輸入国の検疫規定もク
リアしており、また同時に、日本や韓国の検疫作業にもきわめて精通している。さらに
は、台南の楠西蒸熱場を増設し、検疫作業処理を加速することも可能となった」と指摘
した。

 葉副局長はさらに「今年の年初は冷害により、マンゴーの開花時期が例年より2・3週
間遅れたため、結実期も遅れ、7月中旬から8月がちょうどマンゴーの最盛期になった。
そのため検疫作業の忙しさは倍増されたが、8月上旬には日本と韓国向けのすべてのマ
ンゴー検疫作業が終了する予定だ」と説明した。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
4>> 台湾の人口が2300万人に

【7月25日 な〜るほど・ザ・台湾ニュース】

 内政部は24日、台湾の人口が2300万人に達したと発表した。2300万人目の赤ちゃん
は17日に桃園県中[土歴]市で生まれた男児。内政部は2300万人達成が秒読み段階に近
づいた頃から全国371カ所の戸籍登録役場からの報告を集計し、これから死亡者数を差
し引いて2300万人目が確定した。役場への届出時間に準拠したもので、実際に生まれた
時間による順位ではない。23日午後1時50分56秒に届け出られた。

 台湾は1989年から1999年までの10年間で200万人増え、1999年6月に2200万人を達成し
たが、2300万人達成には9年かかった。台湾の合計特殊出生率は1984年に人口減少とな
る2.1人を下回り、2007年には1.1人にまで減少している。世界でも低出生率国にランキ
ングされる。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●本誌の転載転送を歓迎
 日本人及び台湾人の台湾問題への認識を深め、本会などの活動をより多くの方々にご
 理解いただきたく、本誌の転載転送をお願いします。また、本誌へのご意見・ご感想
 はバックナンバーの「このメルマガへのコメント」にお寄せ下さい。

 ■http://www.melma.com/backnumber_100557/

●日本李登輝友の会へのご入会−入会申し込みフォームをお使いください
 本会へのご入会申し込みフォームをホームページに設けています。これでお手軽にご
 入会申し込みができますのでご利用ください。

 ■入会申し込み http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0005.reg

●本誌が届かなくなった方は【解除→再登録】の手続きを
 このところ、本誌「メールマガジン日台共栄」が届かなくなったという方が続出して
 います。通常は週に3回以上発行しております。購読を解除したわけでもないのに届
 かなくなったという場合は、いったん購読を解除し、それから再登録をお願いします。

1)解除手続き http://melma.com/contents/taikai/
  「メールマガジン日台共栄」のマガジンIDは「00100557」
2)メルマ!事務局から「メールマガジン解除完了のお知らせ」が届く。
3)本会ホームページのメールマガジン欄「購読お申し込み」から申し込む。
  ホームページ:http://www.ritouki.jp/
4)メルマ!事務局から本登録を完了させる「メールマガジン登録のご確認」が届く。
5)本登録。
6)メルマ!事務局から「メールマガジン登録完了のお知らせ」が届いて完了!
--------------------------------------------------------------------------
日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会
の活動情報とともに配信するメールマガジン。
●マガジン名:メルマガ「日台共栄」
●発   行:日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
●編集発行人:柚原正敬
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2007 Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2008/07/27

    児玉神社例大祭の一文は、どうも有難う御座います。ただし、奉献者の名前は石塚栄蔵ではなく、英蔵といいます。念のため、差し上げます。