国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第813号】 許世楷・台北駐日経済文化代表処代表の帰国日程

2008/07/08



>>>>> http://www.ritouki.jp/━━━━━━━━【平成20年(2008年) 7月8日】

  ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
          新しい日台交流にあなたの力を!!
<<INDEX>>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━[Vol.813]
1>> 許世楷・台北駐日経済文化代表処代表の帰国日程
2>> 接触沈没事故で台湾政府が明らかにすべきこと
3>> 阮美[女朱]さんのご主人の林耀[方方/土]氏が逝去
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 許世楷・台北駐日経済文化代表処代表の帰国日程

【台北駐日経済文化代表処 2008年7月7日】

 許世楷・台北駐日経済文化代表処は、7月10日午前、羅坤燦・副代表と公務引継ぎを
行い、同日午前11時30分に駐日代表処を出発し、午後2時15分発、中華航空CI−017便
にて帰国します。 

 当日は午後12時〜13時30分に、成田国際空港第2ターミナル4階A3貴賓室で、各
界の方々との送別を予定しています。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 接触沈没事故で台湾政府が明らかにすべきこと
   なぜ遊漁船は違法を承知で魚釣島近くまで行ったのか

 尖閣諸島・魚釣島の日本領海内における台湾の遊漁船と海上保安庁の巡視船の接触沈
没事故について、7月2日、劉兆玄・行政院長が国際メディアとの懇談会で記者の質問に
答えている。

 ここで注目したいのは、どのメディアもセンセーショナルに取り上げた「戦争も辞さ
ない」という発言に至った経緯ではなく、「違法行為を働いた遊漁船にどのように対処
するつもりなのか」と記者から問われ、劉院長が「その行為がもし中華民国の法律に違
反するものであれば、われわれは必ず法律に基づいて処理する」と発言していることだ。

 すでに本誌で指摘したように、王進旺・海岸巡防署長は6月18日、遊漁船「聯合号」
が娯楽漁業管理弁法に違反したとして、規定により3万元〜15万元(約11万円〜54万円)
の罰金刑が課せられる見込みであることを発表している。

 王海巡署長はすでに「違法」との判断を下しているにもかかわらず、劉院長の発言は
この王発言を踏まえていない。

 だが、これまたすでに指摘したことなので繰り返しになるが、それ以上に問題なのは、
なぜ台湾の遊漁船「聯合号」は台湾の海事法「娯楽漁業管理弁法」に違反してまで、釣
り人を魚釣島まで連れて行ったのか、だ。

 台湾の「娯楽漁業管理弁法」では、娯楽漁業の遊漁船活動が認められている地区は、
台湾本島および澎湖島の周辺24海里((1海里=1852m。約44km)以内および彭佳嶼、
緑島、蘭嶼の周辺12海里以内と規定している。

 何鴻義という船長がこの法律を知らないわけはない。違法と知りながら、13名のお客
をわざわざ魚釣島の南9kmまで連れて行ったのだ。お客を危険な目に遭わせるかもし
れないことを承知で、違法活動を行ったのだ。それはなぜなのか、である。

 台湾政府は、これをこそ明らかにする義務がある。台湾が日本との良好な関係を続け
ようとするなら、なぜ遊漁船は違法行為を犯してまで尖閣諸島・魚釣島近くまで行った
のかを明らかにしない限り、この問題の真の決着には至らない。

 以下に、劉兆玄院長の記者会見での遣り取りを紹介したい。

                   (メルマガ「日台共栄」編集長 柚原 正敬)
--------------------------------------------------------------------------
劉兆玄・行政院長が「聯合号」事件に関して補足説明
【7月4日 台湾週報】

 劉兆玄・行政院長は7月2日、国際メディアとの懇談会の中で、釣魚台(日本名:尖閣
諸島)近くの海域で先日発生した「聯合号」事件の処理について、記者の質問に答えた。
以下はその内容である。

         〇        〇        〇 

記 者:6月10日、日本の多くのメディアが「戦争も辞さない」との(台湾側の)報道
    を見てみな驚いた。後に、(劉院長の)発言を聞いて誤解の部分があったとわ
    かったが、劉院長の本来の意味はどのようなものだったのか。また、6月14日
    に外交部が許世楷・駐日代表の召還を決定し、海岸巡防署(海巡署)は6月16
    日に釣魚台12カイリ内に船を派遣したが、この二つの重要な決定に劉院長は参
    与していたのか。外交部と海巡署から事前にこのことについて劉院長に相談が
    あったのか。

劉院長:「戦争も辞さない」に関する問題について、これは私が立法委員からの質問に
    回答する際に言及されたもので、私が指しているのは、その他のあらゆる手段
    をすべて使い果たした後、それでも解決できず、または何ら改善が見られない
    状況下で、しかも主権問題に関わるような状況下で、最後に、私は「最後の最
    後の最後」と言ったが、誰も譲ることができなくなったときに、最後に「戦争
    も辞さない」しかないのであって、多くの前提の下で話した一言であった。

     二つ目の問題について、海巡署は問題が発生した際に、行政院長の指令を必
    要としない。なぜなら、現場での海巡署の指揮決定は指揮官の権限で行われる
    ことがあり、この際に行政院長を通す必要はない。また、代表召還については
    外交部の決定であり、外交部は必ず行政院長に知らせる必要がある。 

記 者:遊漁船「聯合号」が釣魚台で釣りをすることは、中華民国の法律から言えば、
    そもそも違法であり、罰金を科せられるべきものである。劉院長はどのように
    「聯合号」に対して処理するつもりなのか。 

劉院長:釣魚台のこの「聯合号」に関する部分について、その行為がもし中華民国の法
    律に違反するものであれば、われわれは必ず法律に基づいて処理する。 

                            【行政院 2008年7月2日】
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
3>> 阮美[女朱]さんのご主人の林耀[方方/土]氏が逝去

 『台湾二二八の真実』の著者、阮美[女朱](げん みす)さんのご主人、林耀[方方
の下に土](りん ようこん)氏が昨7月7日5時10分、逝去されました。

 7月6日に開かれた阮さんの音楽会の成功を見届けるかのように、その翌朝静かに息を
引き取られたそうです。告別式は20日に行われる予定です。

 謹んでお悔やみ申しあげますとともに、心からご冥福をお祈りいたします。

                       (メルマガ「日台共栄」編集部一同)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●本誌の転載転送を歓迎
 日本人及び台湾人の台湾問題への認識を深め、本会などの活動をより多くの方々にご
 理解いただきたく、本誌の転載転送をお願いします。また、本誌へのご意見・ご感想
 もお寄せください。
 ■E-mail:info@ritouki.jp

●日本李登輝友の会へのご入会−入会申し込みフォームをお使いください
 本会へのご入会申し込みフォームをホームページに設けています。これでお手軽にご
 入会申し込みができますのでご利用ください。

 ■入会申し込み http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0005.reg

●本誌が届かなくなった方は【解除→再登録】の手続きを
 このところ、本誌「メールマガジン日台共栄」が届かなくなったという方が続出して
 います。通常は週に3回以上発行しております。購読を解除したわけでもないのに届
 かなくなったという場合は、いったん購読を解除し、それから再登録をお願いします。

1)解除手続き http://melma.com/contents/taikai/
  「メールマガジン日台共栄」のマガジンIDは「00100557」
2)メルマ!事務局から「メールマガジン解除完了のお知らせ」が届く。
3)本会ホームページのメールマガジン欄「購読お申し込み」から申し込む。
  ホームページ:http://www.ritouki.jp/
4)メルマ!事務局から本登録を完了させる「メールマガジン登録のご確認」が届く。
5)本登録。
6)メルマ!事務局から「メールマガジン登録完了のお知らせ」が届いて完了!
--------------------------------------------------------------------------
日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会
の活動情報とともに配信するメールマガジン。
●マガジン名:メルマガ「日台共栄」
●発   行:日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
●編集発行人:柚原正敬
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2007 Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2008/07/08

    「自国に大量の核ミサイルの標準をあわせている一党独裁の人権無視の国家・それとは対照的な民主国家で人冶の国のどちらを尊重し理解するかは国家的利益と道理の見地から冷静に判断すれば自ずと明らかになると思います。」・・・許氏のお言葉、想いを我々日本人が忘れる事は絶対になりません。非常に残念な結果になりましたが、日台の友好に尽力された許氏の功績はすばらしいの一言に尽きます。長い間本当にお疲れさまでした。