国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第790号】 今年の夏も台湾産アップルマンゴーです【申込締切:7月18日】

2008/06/11



>>>>> http://www.ritouki.jp/━━━━━━━━【平成20年(2008年) 6月11日】

  ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
         新しい日台交流にあなたの力を!!
<<INDEX>>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━[Vol.790]
1>> 今年の夏も台湾産アップルマンゴーです【申込締切:7月18日】
2>>【外登証問題】産経新聞の報道を歓迎する[台湾の声編集部]
3>> 今年も私たちと一緒に大間町の天妃様行列に参加しませんか?【青森】
4>> 総統府一般公開が再開、中国大陸観光客も見学可能に
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 今年の夏も台湾産アップルマンゴーです【申込締切:7月18日】
   産地厳選・高品質! ホームページからも申込可

 お待たせしました! 毎年大好評をいただいている本会のアップルマンゴーの季節が
やってまいりました。

 昨年は新知事の登場で、「宮崎産」が話題になりましたが、やはりマンゴーといえば
「台湾産」です。宮崎よりも自然の陽射しをたっぷり浴びた甘く瑞々しい台湾マンゴー
を本年もご紹介いたします。

 内容は昨年同様、大きさや形のそろったもの6〜8個入り(2.5kg)と、12〜16個入り
(5kg)の2種類で、産地厳選・高品質維持のため、7月18日(金)までの期間限定と
させていただきます。

 平成20(2008)年6月吉日

                               日本李登輝友の会

■本会ホームページの「申し込みフォーム」をご利用下さい。
 本会ホームページでも案内し、ホームページからお申し込みもできますし、お申し込
 み書もダウンロードできます。
 ただし、ホームページからのお申し込みは、お申し込みいただく方とお送り先が異な
 る場合はご利用いただけません。お手数ですが、メールかFAXでお申し込みくださ
 い。

■本会ホームページ:http://www.ritouki.jp/
 お申し込みフォーム:http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0019.reg

1.商品の種類と価格

 ・2.5kg(6〜8個) =3,950円(税・送料込み)
 ・5kg(12〜16個) =6,800円(税・送料込み)

2.お申し込み方法【代金前払い制】

 ・申し込み書に必要事項を記入いただき、FAXでお申し込みください。
  日本李登輝友の会 FAX: 03-5211-8810

 ・お申し込みと同時に、下記の郵便貯金口座もしくは銀行口座までご入金ください。
  注:代金前払い制、振込手数料はご負担願います。

  郵便貯金口座
  記号番号 10180 95214171 日本李登輝友の会

  銀行口座
  みずほ銀行 市ヶ谷支店 普通預金 口座番号 8051020
  日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬(ユハラマサタカ)

 ・配送は7月上旬から開始します。開始以降は、ご入金確認後、1週間程度で宅配便に
  てお届けします(お届け日の指定がある場合は、その旨お書きください)。

3.申込締切り 7月18日(金)

4.輸入・協力 池栄青果株式会社 台湾物産館
        〒170-0013 東京都豊島区東池袋3-15-7
        TEL:03-3988-3321 FAX:03-3985-8173

5.お願い
 ・お届け先が長期不在の場合は、お申込者へ転送いたしますので、ご了承願います。
 ・今回の熨斗紙は「お中元」のみとさせていただきます。

■お問い合わせ等は、下記までお願い申し上げます。
 日本李登輝友の会
 〒102-0075 東京都千代田区三番町7-5-104号
 TEL: 03-5211-8838 FAX: 03-5211-8810
 E-mail:info@ritouki.jp
 (月〜金、10:00〜17:00 土日祝日は休み)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>>【外登証問題】産経新聞の報道を歓迎する[台湾の声編集部]

【6月10日 メルマガ「台湾の声」】

 産経新聞(6月7日)が、在日台湾人の国籍が外国人登録の上で「中国」とされている
問題を第1面で取り上げてくれたことを歓迎したい。なぜならこのような台湾人への侮
辱措置は、マスコミに取り上げられることは滅多になかったからだ。

 今回の東京都の日本国民の住民票に関する措置は良識に従った一歩の前進とはいえ、
台湾を「中国」と表示することを禁じたものでもない。外国人登録の影響力の強さをつ
くづく痛感している。

 台湾人の国籍は「中国」(中華人民共和国)ではない。入国管理局は「中華人民共和
国を意味しない」としているが、それでは「中国」とは何なのか。在日中国人と同じ
「中国」としながら、そのような詭弁は通用しない。

 このような明らかに誤った行政措置について、さらに報道を行ってくれることを希望
する。

■産経新聞に激励の声を!
 産経新聞東京本社 読者サービス室
 u-service@sankei.co.jp 
 TEL:03-3275-8864
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3>> 今年も私たちと一緒に大間町の天妃様行列に参加しませんか?【青森】

天妃様行列のご案内(IN大間)

 毎年、マグロで有名な下北半島の大間町では、台湾で信仰の深い天妃(媽祖)様を祀
った「天妃様行列」が行われています。

 天妃様が祀られた日本最北の地である大間で、是非私たちと一緒に天妃様行列に参加
しませんか。

 平成20年(2008年)6月7日

                       青森日台交流会・青森李登輝友の会

●青森日台交流会&青森李登輝友の会ブログ
 http://shukuei.blog19.fc2.com/blog-entry-516.html

●昨年の報告はこちらからどうぞ
 http://shukuei.blog19.fc2.com/blog-category-34.html

■日  時 7月20日(日)祭典祈祷 午後6時〜(外で参列)
      7月21日(月)本祭典祈祷 午前9時〜(外で参列)
             妃様行列 午前9時30分〜12時(祭りに参加)
             終了後、お弁当食べて終わりです。

      ☆ご理解いただける方は玉串料1,000円をお願いします。

■場  所 大間町稲荷神社周辺

■主  催 大間町観光協会

■呼びかけ 青森日台交流会 青森李登輝友の会

■連 絡 先 青森日台交流会、青森李登輝友の会共に出町(阿貴)まで
      TEL:090-2847-1856または090-6685-6887
      FAX:0172-62-6936

 台湾から招聘した方々、日本媽祖会、日本李登輝友の会、青森日台交流会および大間
町の方々との交流を行うことができるまたとないチャンスです。電車を予定されている
方は事務局(阿貴)と一緒に行きませんか。下北〜大間は送迎バスを用意いたします。
もちろん自家用車でもかまいません。

 なお、宿泊の手配も事務局で行いますので、お早めに事務局までご連絡ください。

【ご参考─交通】
7月20日  青森→野辺地は電車で移動
     野辺地→大間は大間役場のバスに乗ります。
     八戸から大間役場のバス乗ることも可能。ただし、日本媽祖会と一緒に移動
     しますので、昨年は13時ごろ、八戸からバスが出発。残ったメンバーは野辺
     地で乗車。

*7月21日の帰り道も同じこと。

【宿泊】
大間保養センター    4人1室 1泊2食 約9,000円
ビジネスホテルシングル 1人1室 1泊 約5,000円

【天妃(媽祖)祭】
 天妃(媽祖)様とは航海や漁業の守り神です。媽祖信仰の発祥の地は中国の東南沿岸
部とされています。江戸時代に中国の高僧が長崎に持ってきた媽祖像を徳川光圀が水戸
で祀り、それを大間に勧請したといわれています。
 明治になって大間稲荷神社に正式に合祀され、平成8年から天妃様行列が始まりまし
た。この稲荷神社は台湾の媽祖信仰のメッカである北港の朝天宮と姉妹宮でもあり、毎
年台湾からも参加者が訪れています。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
4>> 総統府一般公開が再開、中国大陸観光客も見学可能に

【6月9日 台湾週報】

 6月5日、総統府公共事務室は、6月9日より毎週月曜日〜金曜日の午前9時〜午前11時
30分(順番待ち締切)に総統府の一般公開を再開することを発表した。

 総統府の一階には「歴代総統文物展」および行政院文化建設委員会文化資産管理処が
企画した「文資・知築」特別展が催される。

 葉金川・総統府副秘書長は6月7日、台湾の国民の見学および、外国人、香港・マカオ
・中国大陸住民の見学も歓迎すると述べ、香港・マカオ・中国大陸住民の総統府見学を
解禁する方針を示した。

                          【総統府 2008年6月5、7日】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●本誌の転載転送を歓迎
 本会活動をより多くの方々にご理解いただきたく、転載転送をお願いします。その際、
 本誌からの転載転送である旨を記していただければ幸いです。

●日本李登輝友の会へのご入会─入会申し込みフォームをお使いください
 本会へのご入会申し込みフォームをホームページに設けています。これでお手軽にご
 入会申し込みができますのでご利用ください。

 ■入会申し込み http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0005.reg

●本誌が届かなくなった方は【解除→再登録】の手続きを
 このところ、本誌「メールマガジン日台共栄」が届かなくなったという方が続出して
 います。通常は週に3回以上発行しております。購読を解除したわけでもないのに届
 かなくなったという場合は、いったん購読を解除し、それから再登録をお願いします。

1)解除手続き http://melma.com/contents/taikai/
  「メールマガジン日台共栄」のマガジンIDは「00100557」
2)メルマ!事務局から「メールマガジン解除完了のお知らせ」が届く。
3)本会ホームページのメールマガジン欄「購読お申し込み」から申し込む。
  ホームページ:http://www.ritouki.jp/
4)メルマ!事務局から本登録を完了させる「メールマガジン登録のご確認」が届く。
5)本登録。
6)メルマ!事務局から「メールマガジン登録完了のお知らせ」が届いて完了!
--------------------------------------------------------------------------
日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会
の活動情報とともに配信するメールマガジン。
●マガジン名:メルマガ「日台共栄」
●発   行:日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
●編集発行人:柚原正敬
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2007 Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。