国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第785号】 6月8日(日)、青木由香さんを招いての青年部講演会にスペシャルゲスト!

2008/06/04



>>>>> http://www.ritouki.jp/━━━━━━━━【平成20年(2008年) 6月4日】

  ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
          新しい日台交流にあなたの力を!!
<<INDEX>>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━[Vol.785]
1>> 6月8日(日)、青木由香さんを招いての青年部講演会にスペシャルゲスト!
2>> 6月15日(日)、日本台湾語言文化協会の総会ゲストに台湾文学、資料両館長
3>> 6月23日(月)、小池百合子氏を講師にマスコミ総合研究所が定例会
4>> 許世楷・駐日代表夫妻の盛大な送別会が東京で
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 6月8日(日)、青木由香さんを招いての青年部講演会にスペシャルゲスト!
   アミ族歌手のスミンさんが友情出演! 台湾グッズや鳳梨酥もプレゼント

 8日(日)、本会青年部が青木由香さんを講師に招いての講演会「青木由香のおもし
ろオカシイ台湾生活」には続々とお申し込みをいただいています。実は前回のご案内で、
とってもお得なニュースを書き漏らしてしまいました。

 当日は青木由香さんの講演会のほか、スペシャルゲストとして、台湾の若者に人気の
高いアミ族歌手のスミンさんが友情出演、アミ族伝統の衣装をまとい、その澄んだ歌声
を皆さんに披露し、原住民文化を紹介してくれます。スミンさんは台湾に限らず米国な
どでもライブを成功させている折紙つきの実力派。

 また、この講演会は台湾観光協会が協賛、ご来場の皆さんにプレゼントする台湾グッ
ズも多数いただいています。さらに、この日曜日に台湾から帰って来た青年部メンバー
が美味しい鳳梨酥(オンライソー:パイナップル・ケーキ)も用意!

 満席となり次第、締め切りとさせていただきますが、もう少し席に余裕がありますの
で、興味ある方はお早めにお申し込み下さい。

                     日本李登輝友の会青年部部長 薛 格芳

☆青木由香小姐から☆
 台湾に住んで、台湾が大好きになり、じっくり台湾を見て暮らしています。 それを
みんなも知ってもらいたいと想い、本を書いたりビデオブログを始めました。人に見せ
るような文章も書いたこともなかったし、 ビデオの編集も、ブログもなんにもできなか
ったけど、 台湾人のおかげでいろいろできるようになっちゃいました。 私の見ている
台湾をお話しに行きます。日本と台湾は今よりもっと仲良しになれます! 楽しいおは
なし会です。 是非遊びにきて下さい! 

                                 あおき ゆか

◆日 時:6月8日(日)午後6:30(午後6:00開場)

◆会 場:文京区民センター 2A会議室

◆会 費:1,000円(友の会会員) 1,500円(一般参加)

◆お申込:tainiti999@hotmail.com までメールにてお申し込みください。

■日本李登輝友の会 青年部
 〒102-0075 東京都千代田区三番町7-5-104号
 TEL:03-5211-8838 FAX:03-5211-8810
 E-mail:tainiti999@hotmail.com
--------------------------------------------------------------------------
プロフィール
あおきゆか:青木由香 1972年、神奈川県真鶴生まれ。台湾在住。多摩美卒。リュック
を背負ってたくさんの国を旅行し、台湾に漂着。足裏マッサージお茶に取り憑かれた台
湾生活に終わりを告げようとしていた頃、台北で開いた墨絵の展覧会をきっかけに台湾
で『奇怪ねー』出版。この本がベストセラーになり、人生がチョコット変わってくる。
続いて日本で台湾人と仲良くなれるかもしれないガイドブック 『台湾ニイハオノート』
(JTBパブリッシング)を出版。そのすぐ後に、自分の本を持ってくる日本人が台湾人
に迷惑をかけないか心配し、台湾で日本人の取扱説明書『麻煩ねー』を出版。今年3月
には『台湾ニイハオノート』の中国語版も出版された。絵も、写真もデザインもビデオ
編集も一人でするビジュアルのチンドン屋。台湾で有名な一般人の日本人になり、テレ
ビや雑誌に登場し、講演会等をする身分になってしまった。現在は、日本のメディアと
ビデオブログ「台湾一人観光局」 http://www.aokiyuka.comで、勝手に台湾一人観光局
長と名乗り、 台湾から日本を紹介している。
--------------------------------------------------------------------------
青年部講演会「青木由香のおもしろオカシイ台湾生活」お申込書

1)お名前
2)電話
3)メールアドレス
4)会員 一般(いずれかに○をつけて下さい)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 6月15日(日)、日本台湾語言文化協会の総会ゲストに台湾文学、資料両館長

台湾文学、資料両館長懇談会及び2008年総会のお知らせ

                            日本台湾語言文化協会

 日本台湾語言文化協会の総会が6月15日に開催、ゲストは国立台湾文学館館長の鄭邦
鎮教授と台湾資料館館長の張良澤教授。お二人は神奈川近代文学館で行う文学館交流展
のために来日、このような機会でなければ、なかなかご多忙のお二人からお話を聞くこ
とはできません。興味のある方は是非お知り合いの方をお誘いの上、ご参加のほどよろ
しくお願いいたします。

【日 時】2008年6月15日(日)6:00pm開場 6:30pm開会

【場 所】東明龍鳳(!).03-3985-7316)
     東京都豊島区西池袋1-17-6 池袋西口センタービル4階
     交通:池袋駅西口 徒歩3分 地下道C8出口よりすぐ

【費 用】¥3500(学生:¥1500)

【申込み】Fax.048−994-1676 陳維斌(田川博章)
     E-mail:dylan@tcat.ne.jp

【締切り】2008年6月10日
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3>> 6月23日(月)、小池百合子氏を講師にマスコミ総合研究所が定例会
   演題は「台湾の新局面と東アジアの安全保障」

 初夏の季節となりました。おかわりなくお元気でお過ごしのことと存じ上げます。

 御高承の通り、台湾の総統選挙は、国民党の馬英九主席が圧勝し、5月20日に新政権
が発足しました。新局面を迎えた台湾を取りまく東アジアの状勢は、楽観を許さないも
のがあります。わが国政界きっての安全保障問題の権威、小池百合子先生を講師にお迎
えしてお話を伺うことと致しました。

 何卒、ご出席下さいますようご案内申し上げます。

                         マスコミ総合研究所
                             所  長 藤田 誠子
                             理 事 長 阿部  穆

                     記

■日 時 平成20年(2008年)6月23日(月) 午後2時〜4時(定刻開会)

■会 場 日本記者クラブ「宴会場」
     東京・内幸町 日本プレスセンタービル9階(日比谷公会堂斜め向い)
     TEL:03-3503-2722

■演 題 「台湾の新局面と東アジアの安全保障」

■講 師 衆議院議員・前防衛大臣 小池百合子先生

■会 費 2,000円(会員以外の方)

■申込先 FAXか葉書で
     FAX 03-3485-4522
●主 催
 〒151-0063 東京都渋谷区富ヶ谷1-51-2 デュオパークビル3F
 マスコミ総合研究所
 TEL:03-3485-1221 FAX:03-3485-4522
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
4>> 許世楷・駐日代表夫妻の盛大な送別会が東京で

【6月2日 Radio Taiwan International】

 台湾の許世楷・日本駐在代表のための送別会が1日夜に東京都内のホテルで盛大に開
催された。許世楷・日本駐在代表はまもなく退任する見通し。送別会には日本の安倍晋
三前首相をはじめとする国会議員80人以上が集まり、許世楷・代表が過去4年近くの間、
日本の政界及び各界と良好な交流を続けてきたことが示された。

 許世楷・代表は挨拶で、これほど多くの友人たちが集ってくれたことに感謝、皆がこ
れからも台湾と日本の関係発展のために引き続き努力してくれるよう要請した。許世楷
・代表の夫人、盧千恵・女史は過去四年間の出来事を逐一挙げて懐かしんだ。

 許世楷・代表はかつて、中華民国政府から「台湾独立分子」とレッテルを貼られ、ブ
ラックリストに入れられた。このため帰国できない状態が続き、日本に滞在した。中華
民国政府は当時、日本政府に許世楷氏の引渡しを要求したと言う。

 安倍晋三前首相は挨拶の中で、祖父の岸信介氏が首相を務めていた当時、中華民国政
府による許世楷氏の強制送還要請を断ったエピソードを披露、自身は自民党幹事長の時
代に許世楷・代表と知り合ったと説明した。安倍前首相は、台湾を訪れる日本の政府関
係者のレベルが大幅に上がった他、互いの観光客に対するノービザ措置や自動車運転免
許証の相互承認など、台湾と日本の関係は大いに発展したと喜んだ。

 安倍氏はそして、台湾はアジアと世界の平和と安定に大変重要だと強調、自分はアメ
リカに対して、アメリカと日本の国家指導者が台湾のリーダーと話し合えないのは不自
然だと主張したと述べ、今後の課題になるとの見方を示した。

 ジャーナリストの櫻井よしこさんは、中国大陸の脅威に直面する日本と台湾は自立し、
自己を強め、自信を持つしかないと訴えると共に、許世楷・代表のように台湾と日本を
愛する人が健在な限り、台湾と日本の関係はより密接になっていくだろうと述べて、許
世楷・代表の任期中の貢献を称えた。

 送別会ではこの他にも、日本の対台湾窓口機関・交流協会の服部礼次郎会長、金美齢
・女史、ジュディ・オングさん、中川昭一元経済産業相らが出席、許世楷・代表夫妻と
の別れを惜しんだ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●本誌の転載転送を歓迎
 本会活動をより多くの方々にご理解いただきたく、転載転送をお願いします。その際、
 本誌からの転載転送である旨を記していただければ幸いです。

●日本李登輝友の会へのご入会─入会申し込みフォームをお使いください
 本会へのご入会申し込みフォームをホームページに設けています。これでお手軽にご
 入会申し込みができますのでご利用ください。

 ■入会申し込み http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0005.reg

●本誌が届かなくなった方は【解除→再登録】の手続きを
 このところ、本誌「メールマガジン日台共栄」が届かなくなったという方が続出して
 います。通常は週に3回以上発行しております。購読を解除したわけでもないのに届
 かなくなったという場合は、いったん購読を解除し、それから再登録をお願いします。

1)解除手続き http://melma.com/contents/taikai/
  「メールマガジン日台共栄」のマガジンIDは「00100557」
2)メルマ!事務局から「メールマガジン解除完了のお知らせ」が届く。
3)本会ホームページのメールマガジン欄「購読お申し込み」から申し込む。
  ホームページ:http://www.ritouki.jp/
4)メルマ!事務局から本登録を完了させる「メールマガジン登録のご確認」が届く。
5)本登録。
6)メルマ!事務局から「メールマガジン登録完了のお知らせ」が届いて完了!
--------------------------------------------------------------------------
日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会
の活動情報とともに配信するメールマガジン。
●マガジン名:メルマガ「日台共栄」
●発   行:日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
●編集発行人:柚原正敬
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2007 Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2008/06/04

    硬い政治関係の話ももちろん大事ですが、青木由香さんの楽しい話もいいですね。硬軟両方ありのメルマガは配信が大変楽しみです。