国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第783号】 許世楷代表ご夫妻送別会に800人が駆けつけ感謝の集い

2008/06/02



>>>>> http://www.ritouki.jp/━━━━━━━━【平成20年(2008年) 6月2日】

  ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
          新しい日台交流にあなたの力を!!
<<INDEX>>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━[Vol.783]
1>> 許世楷代表ご夫妻送別会に800人が駆けつけ感謝の集い
2>>【読者の声】高砂義勇隊慰霊碑問題の朗報に接して [佐賀 久米 哲次]
3>>【読者の声】李清興さんを悼む [埼玉 猪鼻 嘉行]
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 許世楷代表ご夫妻送別会に800人が駆けつけ感謝の集い

 昨日夕刻、東京・港区のホテルオークラ東京において離任が予想される台湾駐日代表
処の許世楷代表と盧千恵夫人を送る「許世楷代表ご夫妻送別会」が開かれ、政財界はじ
め全国各地から有縁の人々約800人が駆けつけ、日華議員懇談会など65団体による共催
で盛大に行われた。

 司会の南丘喜八郎(月刊「日本」主幹)の案内により、許世楷代表と盧千恵夫人が拍
手で迎えられて会場に入ると、許代表とは学生時代からのお付き合いになるという何康
夫・在日台湾同郷会会長が開会の辞で、ご夫妻のエピソードを披露しつつお二人の人柄
を紹介、なごやかな雰囲気のうちに開会した。

 許代表ご夫妻を送る言葉は、安倍晋三(前首相)、櫻井よしこ(ジャーナリスト)、
金美齢(評論家)、!)徳勲(日本中華聯合総会会長)、ジュディ・オング(歌手・女優)、
阿川佐和子(文筆業)、中川昭一(衆議院議員)の順に述べられ、それぞれに許代表の
功績と盧夫人の内助の功などをユーモアを交えつつねぎらわれ、お2人に感謝の言葉を述
べた。

 次に、許代表には小川英子・在日台湾婦女会会長、盧夫人には小田村四郎・日本李登
輝友の会会長から花束の贈呈があり、また、杉並の台湾教会に通う熱心な台湾長老教会
のクリスチャンのお2人には、羅王明珠・東京華僑婦女会名誉会長と黄宗敏・僑務委員
から記念品として革張りの聖書がプレゼントされた。

 続いて、許代表と盧夫人がそれぞれに謝辞を述べ、この4年間の思い出とともに台湾
と日本の関係がさらに密接になるよう希望している旨を述べられた。

 午後6時からはじまった送別会はまもなく7時半となり、予定を30分近く押していたが、
登壇するそれぞれの方の許代表ご夫妻を思いやる心にあふれたスピーチが感銘を誘って
いたようで、ほとんどざわつきがない。

 ここでようやく乾杯となり、服部禮次郎・交流協会会長が音頭をとって開宴となった。

 許代表ご夫妻のこの4年間の歩みをつづったDVDがスクリーンに映し出されるなか、
ご夫妻は会場を巡回して挨拶する。

 そして、宴もたけなわとなったころ、盧夫人が代表をつとめるフォルモサ婦人会の方
々がおそろいの薄いベージュ系の服装で壇上に上がり、台湾でよく歌われている「我相
信」「玉欄花」「台湾是一ヶ美麗e国家」「福爾摩莎頌」の4曲を披露した。

 ここでプログラムにはないハプニングが起こった。許代表ご夫妻を裏で支えてきた陳
銘俊特別秘書と奥様の名前が司会から呼ばれ壇上に促された。なんと奥様から陳氏に花
束の贈呈。これには許代表ご夫妻からも会場からも大きな拍手が沸き起こり、陳ご夫妻
は照れることしきりだった。会場には聞こえなかったが、押されるように壇上に上がる
間際、陳氏が小声で「いや、僕が女房に贈りたいんだ」と言った一言が心に残った。

 閉会の辞は、台湾独立建国聯盟主席をつとめた許代表の盟友でもある黄文雄・拓殖大
学日本文化研究所客員教授が述べ、最後に、藤井厳喜・拓殖大学客員教授が「台湾万歳、
日本万歳、日台共栄万歳」と三唱し、滞りなく中締めとなった。

 昨日は報道関係者も60名ほど駆けつけた。本日の産経新聞にその模様が掲載されたの
でご紹介したい。                          (編集部)
--------------------------------------------------------------------------
辞令なき送別会に800人 台湾の許世楷・代表送別会
【6月2日 産経新聞】

 台湾の大使館にあたる台北駐日経済文化代表処で代表を4年近く務めた許世楷氏(73)
の送別会が1日、都内のホテルで開かれた。3月の台湾総統選で馬英九氏が勝利し、国民
党が民進党から政権を奪い、許代表の退任が確実視されている。送別会は許代表の処遇
について辞令など具体的な指示がいまだない中での実施。

 会には、安倍晋三前首相やジャーナリストの櫻井よしこ氏ら約800人が駆けつけた。
日台関係60団体の共同開催で、「私のなかのよき日本」などの著者で児童文学者として
も知られる盧千恵夫人(71)ともども、許代表夫妻を送る会として開かれた。

 冒頭、安倍前首相は官房長官時代に取り組んだ日台関係の実質的強化策を披露しなが
ら、「許大使には今後も日台関係を強化していただきたい」と語った。また、「台湾は
私の生みの親。育ての親は日本。どうぞ両国がいつまでも仲良しであってほしい」と語
った歌手のジュディ・オングさんは歌声でも許氏の功績をたたえた。

 許氏の代表在任中にはノービザで渡航が可能になり、運転免許証を日台相互で承認。
日台関係は年間250万人が相互に行き来する関係にまで発展した。

 独立運動を率いた許氏は国民党政権ににらまれ、33年間台湾に戻れず、津田塾大学で
教壇に立った。その経験を生かし、代表赴任直後から雑誌「正論」など論壇でも活躍、
台湾と日本の将来について積極的に発言した。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>>【読者の声】高砂義勇隊慰霊碑問題の朗報に接して [佐賀 久米 哲次]

 昨日のメルマで「烏来の『高砂義勇隊慰霊碑』問題が全面解決へ」との朗報に接し、
無上の歓びを感じています。

 立法院の選挙戦から今日までの出来事を通して、友人達の悲壮感に満ちた心情を思い
やる時、その嘆きに暗澹とした寂しさを感じていましたが、朗報に接し、国民党といえ
ども独裁体制への逆戻りすることは最早できないことを認識しているな、蒋経国が願っ
た民主国家形成に向けて進むのだな、と素人は推測しています。

 烏来の件は一瞬、「金に成るのなら何でもする」中華人特有のパフォ−マンスか、と
勘繰りましたが「日本語の碑文には中国語、英語、先住民語による訳文をつけ」、との
報告に接すると、李登輝氏に敬意を払い相談役として重用している馬英九総統の姿勢の
表れの一つ、と好意的に受止めています。

 「『霊安故郷』李登輝敬題」が薦被りの侭では『従面腹背』で、敬意を払っている証
しとは成りませんですからね。
 
 何はともあれ先ずは重畳と安堵して『台湾脱水症』が少しは癒えた様な気分になって
います。(5月31日)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3>>【読者の声】李清興さんを悼む [埼玉 猪鼻 嘉行]

 李清興さんの突然の訃報に接し、心よりおくやみ申し上げます。

 李清興さんには第5回李登輝学校で大変お世話になったばかりでなく、私とはなにか
馬が合うという感じで、旧来の友のような会話を交わしたことが思い出されてなりませ
ん。

 突然の訃報に触れ、しばしキーボードを叩く気持ちにもなれず、哀悼の気持ちを表現
することもできませんでした。

 私の記憶が正しければ、李清興さんの伯父(叔父)様が、2・28事件の最初の犠牲者
ではなかったかと思います。

 「最初の犠牲者」とは、タバコ売りの女性からタバコと売上代金を奪った中国人官
憲に「返してやれ」と周囲の台湾人が詰め寄ったときに、中国人官憲が発砲した弾丸に
当たって命を落とされた台湾人青年のことです。

 私が、「2・28事件は連合国統治下で、つまりサンフランシスコ平和条約で日本が台
湾を放棄する前におきたのだから、連合国統治下の日本領台湾で起きた事件であり、我
々日本人も『我が事』として歴史の事実として見つめるべきだと思っている」と言った
あとで、「猪鼻さん、実は2・28事件の最初の犠牲者というのは、僕の伯父(叔父)さ
んなんだよ。」と話してくれたのが、李清興さんだったという記憶があるのです。

 戦後生まれであったにも関わらず、李さんは日本時代の台湾も、今の日本もよく理解
なさっている方でした。

 いまは、李さんのご冥福をただお祈りするばかりですが、李さんのご遺志を継いで、
日本と台湾のなお一層の関係強化に微力ではありますが行動し続けていこうと決意を新
たにいたしました。

 李清興さん、どうぞ安らかにお休みください。(6月1日)
                  [日本李登輝友の会監事、第5回李登輝学校生]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●本誌の転載転送を歓迎
 本会活動をより多くの方々にご理解いただきたく、転載転送をお願いします。その際、
 本誌からの転載転送である旨を記していただければ幸いです。

●日本李登輝友の会へのご入会─入会申し込みフォームをお使いください
 本会へのご入会申し込みフォームをホームページに設けています。これでお手軽にご
 入会申し込みができますのでご利用ください。

 ■入会申し込み http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0005.reg

●本誌が届かなくなった方は【解除→再登録】の手続きを
 このところ、本誌「メールマガジン日台共栄」が届かなくなったという方が続出して
 います。通常は週に3回以上発行しております。購読を解除したわけでもないのに届
 かなくなったという場合は、いったん購読を解除し、それから再登録をお願いします。

1)解除手続き http://melma.com/contents/taikai/
  「メールマガジン日台共栄」のマガジンIDは「00100557」
2)メルマ!事務局から「メールマガジン解除完了のお知らせ」が届く。
3)本会ホームページのメールマガジン欄「購読お申し込み」から申し込む。
  ホームページ:http://www.ritouki.jp/
4)メルマ!事務局から本登録を完了させる「メールマガジン登録のご確認」が届く。
5)本登録。
6)メルマ!事務局から「メールマガジン登録完了のお知らせ」が届いて完了!
--------------------------------------------------------------------------
日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会
の活動情報とともに配信するメールマガジン。
●マガジン名:メルマガ「日台共栄」
●発   行:日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
●編集発行人:柚原正敬
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2007 Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。